ファン
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2017年03月24日

こんな列車が有れば乗ってみたいです

2017-0324-C.JPG

こんばんは。今日は3学期の修了式と卒業式で、小学生・中学生・高校生は明日から春休みですね。最も中学3年生・高校3年生の卒業式は既に、終了した学校が多いと思われますが。

さて明日からの春休みを利用して、前述の児童・生徒達も「青春18きっぷ」を利用して旅をすると思いますが、その中でJR西日本のキハ120で、もし後述する列車が有れば、面白いかも知れませんね。

キハ120はJR西日本のディーゼルカーとして、1991年〜1995年に掛けて合計89両が製造されました。国鉄型のディーゼルカーが老朽化し、メンテナンスコストの低減や効率化で誕生したキハ120ですが、その中で今日は岡山支社に配置されているキハ120は300番台16両配置のキハ120について、妄想的な運用の書き込みをいたします。

岡山気動車区配置のキハ120は、津山線全線、因美線の津山〜智頭間、姫新線の佐用〜新見間、伯備線の新見〜伯耆大山(山陰本線の米子まで運転されております。)、芸備線の備中神代〜備後落合間(伯備線の新見まで乗り入れて、運転されております。)と多種多様な線区で運転されております。

驚きなのは新見〜米子の普通列車でキハ120が運転されているのが興味深いですね。電化区間で115系電車や213系電車も有るのに、運用の関係で入っているのか、或いは後藤総合車両所へ検査入場を兼ねて運用しているのか定かではございません。しかし最高速度が95kmなので、伯備線の特急やくも号や115系等で運転する普通列車よりも、最高速度の遅いキハ120が運用に入るのも、不思議なものです。

私は伯備線の新見〜伯耆大山間の普通列車には未だ、乗った事が無いので1両単行のワンマン列車として運転されているのか、2両編成で車掌が乗り込み営業運転しているのか分かりませんが、小型車体の伯備線運用では県境を越える区間での運行とは言え、団体客が乗車して来たら身動きが取れなくなりそうですね。

今のところ伯備線のキハ120は、新見11時18分発米子13時26分着の827Dと、米子13時37分発新見15時54分着の826Dで運用されている様ですね。機会が有れば乗って見たいですが、車両がワンマンで混雑して移動となる場合は、ご遠慮したいですね。

しかし不思議なのは岡山気動車区配置なのに、吉備線の岡山〜総社での運転が、全く無いのも理解しがたいですね。伯備線の全線電化区間で営業するよりも、吉備線の全線非電化区間でデータイムの閑散時間帯に、運転する方が有益ではないのかと私は思います。

津山線・姫新線には快速列車も運転されておりますが、キハ120の運用は有るのでしょうかね。私も岡山へ足を運び津山線で移動したのは、今から8年前のダイヤ改正で廃止された、キハ48使用の急行つやま号以来、ご無沙汰しておりますからその間に、軽快な運転が得意なキハ120が快速列車として、運転されているのか気になります。また姫新線は佐用〜新見間での乗車体験が全く無い為、現在はキハ40・キハ47・キハ120で運用されている姫新線の快速列車で、キハ120が使用されているのかも分かりません。もし有ればキハ120の快速列車に乗車し、15km制限速度区間の快速も面白そうですね。

運用は線区毎に分断されておりますが、岡山〜備後落合を通しで運転する列車が有れば、学生を中心に乗車するのではないでしょうかね。岡山(津山線)津山(姫新線)新見(伯備線・芸備線)備後落合で運転し、津山線内は快速列車として運転し、姫新線・伯備線・芸備線は普通列車で運転する運用のキハ120で有れば、面白い運用になるでしょう。

まあ津山線からの通し運用で無理が有ればせめて、姫新線と芸備線は通し運用して欲しいですね。津山〜備後落合のキハ120として運転し新見で伯備線の上下線と接続を取るダイヤで運転しても、悪くは無いと思います。

姫新線と芸備線を直通する列車は過去にございましたし、急行やまのゆ号(懐かしい愛称名ですね。)が津山〜広島間を走っておりましたからね。ただこの急行列車は中国自動車道の開通後は、乗車率も著しく低下し1980年10月のダイヤ改正で廃止されましたね。まあ姫新線・芸備線もあまり線形は宜しくないですし、スピードアップもままならない状況でしたからね。

しかし姫新線・芸備線の直通列車で津山から新見を経由し、広島県庄原市との県境に有る東城までは運転しても良いのではないでしょうか。一応東城の駅は折り返し設備も有りますし、1駅広島へ入りますが新見〜野地は岡山県ですからね。直通列車を運転して快速やまのゆ号でキハ120を使用すれば、バスに奪われ青色吐息の芸備線の備後落〜新見間と姫新線の新見〜津山間で、マッタリと鉄道旅もできると思います。

キハ120に快速「やまのゆ」号として、ヘッドマークを付けて運転するのも乙かも知れませんね。(笑)

今夜はちょいと妄想を交えて、岡山のキハ120に関するブログを書き込みいたしました。それでは良い週末をお過ごし下さい。

写真は津山線 弓削〜神目を走るキハ120の岡山行き。(2003年9月撮影)



posted by soloonly at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6088718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。