ファン
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年03月08日

こう言う時じゃないと出来ない事を!

 休校となってから1週間が経ちました。

 そろそろ、子供達も退屈して来たんじゃないのでしょうか?(笑)

 こう言う時でないと、出来ない事ってのもあります。

 今回はサッカーに限定して話をしますが・・・それ以外にも、時間を色々な事に使えると良いですよね〜。



 
 チーム活動は休止中なんだろうと思います。

 かと言って・・・グラウンドまでわざわざ出かけるともなると、休校の意味も無くなってしまうのかも知れませんし・・・事故や犯罪に巻き込まれない様にする為にも、1人でフラフラすべきでは無い気もします。

 そこで・・・家の前等、近場で出来る練習を少し考えてみたいと思います。

 こう言う時にやったかやらなかったか・・・で、随分差って付いてしまうものでもありますから・・・もし、心配だと言う人は参考にでもして貰えたらって思います。



 直ぐに思いつくのは、リフティングなんだろうと思います。

 これなら、僅かなスペースさえあればできそうですものね!

 それぞれのレベルに合わせて、目標を以って出来ると良いですね。

 回数がこなせない子なら、先ず回数が出来る様にと言うのでもOKなんだろうと思います。



 もう100回程度は出来るよ・・・って子なら、右、右、左、左・・・なんて、狙い通りにリフティングが出来る様に挑戦してみて欲しいかなって思います。

 色々な部位を使って・・・と言う事でも良いし、とにかく狙い通りにボールをコントロールできると言う自信を付ける為の練習ですね。

 まぁ、それがサッカーでどの程度活かされるのか・・・って事は、今は考えなくても良いのだろうと思うのです。

 ボールと親しむ時間、戯れる時間、ボールタッチの感覚を鈍らせない・・・そんな程度の気持ちで全然良い筈です。



 家に塀(壁)が在るって幸せな子なら、壁撃ちで色々な練習が出来るかと思います。

 跳ね返って来たボールをトラップしたり、狙った所に蹴る練習をしたり、使い方は色々です。

 少し走って、ワンツーの練習なんかも出来ますよね!

 想像力を活かせば色々な練習が出来る筈です。



 目の前に空き地があるとか、グラウンド、公園なんかが在るって言う恵まれた環境の子なら、そこを使わない手は無いのかなって思います。

 ただ、人が多い様なら避けた方が無難ですけどね。(^^;

 広い場所が確保できるのなら、キック練習がお勧めです。

 何度も繰り返し練習する事で、キックの質は向上するものですからね。



 ただ、闇雲に蹴るだけではいけません。

 1人で行う訳ですから、毎回毎回蹴ったボールがどうなっている(回転や高さ狙いとの差等)のか?

 色々と分析をしながらやってもらいたい訳なんです。

 特に上手く行った時の蹴り方(軸足の位置や踏み込みの距離や角度、足のどの部分で蹴ったか等)を忘れない様に繰返して欲しいんですね。



 ボールを使った練習はちょっと難しい・・・と言うのであれば、縄跳びなんかもお勧めなんです。

 心拍数も上げられるし、普段あまり使う事のない腕の筋肉も使うので、サッカー少年にはお勧めのトレーニングでしょうか。(笑)

 YouTubeなんかで調べれば、色々な飛び方があるのでそう言うのに楽しみながら挑戦してみるのも良いかと・・・。

 リズム感なんかを養うのにも良いかも知れませんね。



 考え方は色々なんです。

 とは言え・・・焦っても仕方の無い事でもあります。

 今は、先ず健康を維持する事・・・これに尽きる訳なんです。

 ただ、屋内で過ごす事がストレスになるのでは逆効果でもあるのかなって思う部分も在る訳でして・・・。



 心身共に良好な状態が健康なんですから・・・ストレスを感じてしまうのであれば、多少体を動かす事も健康維持の為には必要なんですね。

 ただ、そんな時でも感染予防にだけは気を使って貰いたいのです。

 基本は、出かけない、集まらないなんだろうと思います。

 そして、極力外の物に触れない・・・これも今の時期は大切な事なんですね。



 一刻も早く、元の生活に戻る為に・・・大人も子供も我慢の時なのかな・・・って思うんですよ。

 なので、なるべくなら外出しない方向で考えられると良いのかなって思うんです。

 サッカーなんて、命を賭けてまでやるスポーツじゃありませんからね。

 今は、自分1人の事だけを考えないで・・・家族の事まで最低でも考えた生活、行動が出来ると良いのかなって思います。



 子供達自身は、確かに感染しても重症化するリスクが少ないのかも知れません。

 しかし、年齢が上がる毎に重症化、死亡するリスクは上がって行く傾向がある様ですし、持病がある場合も同様の傾向があると報告されていますよね。

 子供が必ず感染するとは言いませんし、大人の方が感染のリスクにさらされているのだろうとは思いますけどね。(^^;

 防げる物は防ぐ・・・今は、これが最善の策なんだろうと思うんです。



 だから・・・各家庭で話し合って頂いて、万が一感染した時の家族に襲い掛かるであろうリスクをしっかりと、子供達も含めて話し合ってもらって、協力と理解を求めると言うのが今は正しい在り方なのかも知れませんよね?

 子供達に取っては、本当にストレスまみれの辛い時期なんだろうとは思うのですが・・・今は我慢の時なんだろうと思います。

 焦っても良い事なんてありませんからね。

 練習できない事に不安を感じたりする必要は無いのかな・・・って思うんですよね。



 公園や空き地でワイワイサッカーやっている子もいるのでしょうけど・・・それって、褒められた事なんでしょうか?

 サッカーの世界から、一歩離れてしまえば・・・「こんな時期に何やってるの?」って子達なのかも知れないのですよね?

 少しこれまでのサッカー熱をクールダウンする良い機会なのかも知れませんよ・・・考え様によっては。

 そう言う事で・・・各御家庭で色々と、話し合ってみて下さい!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年02月28日

God be with you・・・

people-3278311_640.jpg



 JFAから関係各所にコロナウイルス対策の指針が示されたようですね。

 2月27日から、3月15日まで、JFA主催の全てのイベントが延期もしくは中止となりました。

 その後は、1週間ずつ状況を見極めながら決定して行く事となるようです。

 日本では、まだパンデミックと言う事態にまでは陥っていませんが、潜在的なキャリアは相当いそうな雰囲気が漂って来ていますからね・・・先手先手で、行かないと・・・。



 今週末は大会の予定でしたが、JFAの意向を汲む形で中止の運びとなったとLINEが入っていました。

 まぁ、これで良かったのだろうと思います。

 海外のニュースを眺めてみると・・・日本の被害がこの程度なのが不思議な位、感染者も死者も増えて来ています。

 確かに日本政府の対応は、褒められたものじゃ無かったのだと思いますが・・・ここに来て、思いの外功を奏しているのかもって気にもなって来てます。(笑)



 政府なんて全く頼りにならないと言う事が分かっただけでも儲け物だったって事ですよね。

 結局、この程度で何とか収まっているのは、1人1人が警戒し、感染予防に努めて来たから・・・これに尽きます。(^-^)b

 そんな中でのJFAの決定です。

 英断なんだろうと思いますが・・・もう少し早く、JFAが先頭を切って・・・と言う形でやってもらいたかったかな〜って思うんですけどね・・・サッカーに関わっている者としては。(^^;



 いずれにしても、これで色々な団体が大会やイベントの自粛と言う方向に向かって舵を切る事となります。

 学校も春休みまで休みなんて地域も出てくるみたいですしね。

 あくまでも、政府からの要請であって、命令じゃありません。

 なので、各自治体、各団体が責任を持って最終決定して行くと言う形となって行きます。



 これも、国民にとってはね・・・その運営側の人間がどんな思考の持ち主かを知る良い切欠となる訳なんです。

 運営側がどんな対応をしてくるのか・・・試されていると言う訳なんですね。

 運営側のエゴを通すのか、人命を尊重するのか・・・大袈裟に言ってしまえば、このどちらを最優先する運営かを見定める良い機会となりそうなんです。

 在る意味怖いですよね・・・運営側も。



 元AKBの指原さんが言っていましたが、興行に保険を掛けていない場合、その損害を運営側は被らなければならなくなってしまいます。

 それを避けるために、無茶を承知で、批判がでる事を承知で、興行に踏み切る事も少なくないんだそうですね。(^^;

 ただ、何かあった場合・・・その責任も被る事になってしまう訳で、危険な賭けである事には変わりないんです。

 その覚悟が在っての事なんだろうとは思いますけどね。



 話が逸れてしまいましたが・・・少年サッカーがこの危険な賭けの対象になるか・・・と言えば、もちろんそんな価値は無い筈です。

 未知のウイルスが相手ですからね。

 今後も全く予測が出来ていません。

 今後コロナウイルスが弱毒化して行くのか、強毒化して行くのかすら見通しが立っていないんです。



 若年層には影響が少ないなんて都市伝説的な話もありましたが・・・国内でも20代の若者が重篤化してましたし・・・全く情報が当てにならない状態なんです。

 もしかしたら、ウイルスの種類が1種類じゃ無いのかも・・・なんて物騒な話も出て来ている始末なんです。

 一度パンデミックが起きれば、中国の様に強権を発動して都市封鎖なんて出来るお国柄じゃありませんからね。(^^;

 そうならない様にするしか生き残る道は無さそうなんです。



 子供達のサッカーは、安心して出来る環境が在って始めて実現できる代物です。

 不安要素満載で行うべき物じゃありませんよね。(^-^)b

 試合や大会、イベントの中止に怒りを露にするちょっと頭が沸いている人もいるかも知れませんが・・・そう言う人の事は放っておいて・・・先ずは、感染しない様に細心の注意を払って暫くは生活をして行く事が望ましいのかな・・・って思います。

 ちなみに・・・うちの地域は、学校は通常営業との事で・・・部活動も校外活動は中止しますが、活動自体は行うそうです。(^^;



 大人の事情なんでしょうけどね・・・。

 少年団の方も、日曜日に指導者に召集が掛かっていましたから、そこで今後の活動についての話し合いが持たれる事となりそうです。

 まぁ、ナイターなんかは中止で良いかなって思いますし、何なら通常の練習も暫く休みでも全然問題無いとは個人的に思いますけどね。

 何時まで・・・って言う期限を切れない問題ですから、色々と悶々としてしまう方もいるのかも知れませんけどね・・・命あっての物種ですからね〜。



 こんな時だからこそ、チームJAPANとして一丸となって、コロナウイルスに戦いを挑む時なんだろうと思う訳です。

 協力すべき所は協力して、助け合うべき所は助け合って・・・被害を最小限に留める為に尽力すべきなんだろうと思うんですよね。

 何か特別な事をしようと言う事じゃなくて、当たり前の事を当たり前に出来る様にしようってだけの話なんです。

 生きてく上で不必要な外出は極力避け、集わない・・・たったこれだけでも、かなり感染は抑えられる筈です。



 この危機を乗り越えられれば、又元気な姿でボールを追い駆ける子供達の姿に出会える筈です。

 こんな時こそ、大人が大人を、親が親を精一杯演じて未来在る子供達を守る必要が在るんじゃないかなって思うんですけどね。

 悲観し過ぎる必要は全く無いのでしょうけど、楽観して良い時期じゃ無いんですよね。

 今は、辛抱の時なんじゃないのでしょうか・・・ご自愛下さいませ。


 God be with you・・・。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年02月20日

我が子の代弁者にならないで!

8192e840a00f132640a454f76c8a8edc_s.jpg


 クラブだろうと、少年団だろうと、在籍していれば小言の1つ2つ指導者に言いたくなる事って在るのだろうと思います。

 我が子が不利益を被っている、何らかの被害にあっている・・・そう言う風に一度思い込んでしまうと、もうそう言う風にしか映らないんですよね。(^^;

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いなんて、昔から言いますが・・・もう、何を言われても、何をされても、マイナスにしか受け取る事が出来なくなってしまうんですよね。

 ・・・で、とうとう言わなくても良い一言を指導者に言ってしまう・・・そんな所から、不幸の種は芽を吹き始めるんです。



 親が子供の代弁者に積極的になろうとする時があります。

 チーム事情にも寄るので、一概には言え無い事なんだろうとは思うのですが・・・どんな指導者とであっても、チームと言うのは指導者と子供達との関係の中で色々な問題を乗り越えて行く所に1つの意味と言うか価値が在るのではないかと思う所があります。

 なのに・・・我が子の代弁者となって、指導者と対峙してしまう親御さんが少なからずいるのも又現実なんです。

 子供達自身が指導者と向き合う気が無いのなら、そのまま見守っておけば良い物を・・・。



 息子もコーチや顧問の先生に意見をしたり、逆らったりなんて事の出来る子じゃありませんでした。

 それは、今でも変わっていないのだろうと思います。(^^;

 ただ・・・サッカーに関しては、親に頼る事はしませんでしたし、今も愚痴をこぼす事はあまりしませんね。

 多くの子は、そんな感じなんだろうと思うのです。



 極一部に、自分の意見をはっきり言える子がいて、逆に親に泣き付く子も僅かながらいる訳です。

 泣き付かれたからと言って、指導者に一言言ってやるって親御さんは、これ又極めて少数派なのが普通です。

 本当に極稀に、徒党を組んで一気に押し寄せて来る怖〜い親御さん達もいるみたいですが・・・。(^^;

 まぁ、多くの親御さん達は、子供の愚痴を聞いてあげて良しとしている訳なんです。



 決して、我が子の為に世界を変えてやろうなんて思わないのが普通なんですね。

 だって、それは我が子の為にならないと解っているから・・・違いますかね?

 親が一々でしゃばって行く様なものじゃないんですよ・・・少年サッカーなんて。

 クラブでも、少年団でも、部活動でも同じです。



 自分で意見する事が出来ないのなら、その状況を甘んじて受け入れるしかないのが世の中の常です。

 これは、大人になっても何ら変わることはありません。

 なのに・・・この時期に親が子供の代弁者として、子供の代わりに指導者と対峙するのでは、子供はこの時期に学ぶべき事を学ぶ機会を奪われてしまっているのかも知れない・・・そんな気もするのです。

 何時までも親が面倒を見てあげられる訳じゃありませんからね。(^-^)b



 少年サッカーの世界で起きている事を私は、些細な事なんて言う気は全くありません。

 世に言うハラスメントの類も確かに存在している訳ですし、そもそもこの子供達の所属している世界自体が差別的なんです。

 だから、色々な問題と言うか、辛い事、悲しい事、悔しい事、沢山在る訳で、その1つ1つは子供達に重く圧し掛かってくる来る事も確かにあるんです。

 ただ、そんな時であっても・・・法に触れる様な酷い物(暴力等)はともかく・・・理不尽だと思える様な事であっても、なるべく子供のネガティブな気持ちに同調して染まらない様にして欲しいなとは思うのですね。



 サッカーの世界での事が、日常生活にまで影響を与えてしまう事だってあるんです。

 息子もそうでしたね。

 学校の先生が心配して「何かあったんですか?」って尋ねて来る程、自信を失いそれまでとはガラリと変わってしまった時期もありました。

 それでも、私が息子にしてあげられた事は、唯寄り添ってあげる事だけだった様に思います。



 これは、中学になっても、高校生となった現在でも何ら変わっていませんかね。

 一時期は、不登校気味にまでなって、高校進学もしたくない・・・就職するなんて言った時期もあったんですよ・・・お恥ずかしい話ですけど。(汗)

 それ程、息子にとってサッカーって人生そのものだったと言えます。

 だから、サッカーの世界で起きる事って、決して軽んじてはいけない部分て子供によってはあるんですよね。



 ただ、だからと言って・・・我が子の代弁者には決してなって欲しくないなって思うんです。

 やはり、子供達自身の力で最後は乗り越えて行ってもらいたい・・・そう思うんですよね。

 息子も、紆余曲折を経て現在高校生活をエンジョイしていますしね。

 「高校行って良かっただろ?」って聞くと、「うん!」って答えられる位今は明るく楽しいサッカーライフを送る事が出来ています。



 私がした事は、息子の思いを聞いて、受け入れてあげて、一緒に色々な道を模索してあげただけです。

 いつも「そっか・・・」って言っていただけだった様な・・・。(笑)

 サッカーが息子を救ってくれるかもって思っていましたし、結果サッカーに息子は救われて今が在る訳なんですね。

 私に同行して小学生の相手をしている内に、もう一度本気でサッカーがしたくなって・・・。



 結局、少年団の頃から色々な事・・・良い時も、悪い時も、その時々に何か学んだ事があって、それが息子の血肉となって今が在るんだと思うんです。

 決して、親が何かしてあげたって訳じゃ無かったんですよね。

 少なくとも、息子の代弁者になった事は一度もありませんでしたし・・・。

 もし、代弁者になっていたら、今の息子は在りませんよね・・・きっと。


 だから・・・と言う訳でも無いのですが、我が子の代弁者になりたいと言う誘惑に駆られてしまう事も在るのかも知れませんけど、子供の成長の為と思って・・・ぐっと堪えて貰えたらって思うんですよね。

 大切な我が子の為に、指導者に言ってやりたい・・・って気持ちは解るのですが、おそらく我が子の為にはなりませんよね。

 その時は、良いのかも知れませんけど・・・きっと、後で最悪な形で返って来る様な・・・そんな気もします。

 大切な我が子だからこそ、突き放す必要はないのでしょうけど・・・人生の先輩として、それなりのナビゲーターになれると良いのかな・・・って思います。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年02月16日

パンデミック前夜でも・・・サッカー三昧が当たり前っしょ!?

gatag-00000806.jpg



 新型コロナウイルスが日本でも感染拡大の気配がしてきました。

 中国と同じ様なパンデミックにならない事を祈りたい所なんですけど・・・どうも、もはや手遅れ感が否めません。(汗)

 先日、新型コロナウイルスの発症後に愛知東京間を新幹線で移動した感染者がいた事がニュースで取り上げられていましたし・・・怖いですよね。

 メディアによっては、致死率は低いから必要以上に恐れるな・・・的な戯言を言っている所もありますけど、確率の問題じゃ無いんですよね・・・頭の中がお花畑なのは相変わらずの様です。(^^;



 さて、子供達のサッカーもこんな状況の中、相変わらず大会が開かれているのではないのでしょうか?

 危機感ゼロ・・・ですよね?

 実際、感染経路が日本ではもはや謎の域に突入しています。

 何時何処で誰が感染するかなんて、もはや誰にも分からない領域に入って来ました。



 それでも、大会、試合を続ける理由ってなんでしょう?

 「いや、感染が心配なら各家庭で判断して休んで貰えれば・・・」って意見がある事を私は良く知っています。

 でも、この言葉の裏を人って薄々感じ取ってしまう物でもあります。

 「大袈裟だな〜」「臆病だな〜」「うるさいな〜」「気持ちが弱いんだよ」「そんな事言ってたら何も出来ないよ」等々・・・日本で集団生活を送ると言う事は、常にそう思われてしまうリスクが存在しているのが現状なんだろうと思うのです。



 そしてそれは、スポーツの世界において顕著なんだろうと思います。

 体育会系のノリ・・・と言ったら良いのでしょうかね?

 根性論が幅を利かせる局面でも在るのかなって思います。

 「そんなもの気合と根性で乗り切れる」的な・・・。(笑)



 サッカーは、接触プレイが多いスポーツです。

 もし、子供達の中に1人感染者がいたら・・・。

 このウイルスの潜伏期間は最長で24日とも言われています。

 症状が出るまでの間も、ウイルスは人から人へ感染して行くのです。



 日本政府の対応が謎過ぎて、国内に感染者をドンドン増やしています。

 海外からは「第2の震源地を日本が作り出した」なんて非難を浴びせられ始めています。

 政府がそんな感じですから、国民も・・・ってのも分る気がしますが・・・せめてサッカー界だけでも常識的な対応をして欲しい所なんです。

 気になって、JFAのHPを見てみましたが・・・。



新型コロナウイルスに関する医学委員会からのお知らせ

2019年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が報告されてから、世界各地で報告が続いています。国内でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者発生が複数確認されていますので、拡散防止のための次の施策を励行し、最新情報を確認してください。

1.対策のポイント 〜手洗い、咳エチケット、消毒の徹底〜
季節性インフルエンザと同様に、手洗いや咳エチケットなどの感染症対策が有効です。
また、体調管理も予防に有効です。十分な睡眠と栄養を取るように心がけてください。
 
− 流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
− 咳やくしゃみをする場合には口と鼻をティッシュペーパーや手で覆いましょう。その後、ティッシュペーパーは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。
− 皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコールを用いてください。
− 物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(製品に表示されているとおり希釈したもの)が有効です。消毒薬液を十分に含ませたペーパータオル等で拭き取るようにしてください。噴霧は、不完全な消毒やウイルスが舞い上がる可能性があるため、避けましょう。
また、換気をするなど、「使用上の注意」をよく読んで使いましょう。

2.最新情報の確認と相談窓口
厚生労働省、各公的機関や各自治体からの新型コロナウイルスに関連する最新情報を
確認しましょう。

参考:
1.厚生労働省:中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について
2.国立感染症研究所:新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について
3.内閣官房:新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
4.外務省:海外安全ホームページ
5.厚生労働省:咳エチケット
6.東京都感染症情報センター:新型コロナウイルス感染症 Q&A


 現状たったこれだけです。(汗)

 こんな時こそ、JFA主導で大会等の凍結を呼びかけるべきなんじゃないかと・・・そう思うんですけどね。

 だって、自主的にってのは先ず出来ませんからね。

 JFAが悪者にさえなれば良いんです。(笑)




 「だって、上からの命令だから・・・」って言い訳が出来るでしょ?

 それで、爆発的な感染が少しでも防げるのなら意味のある事なんだろうと思いますけどね。

 スタンドを埋め尽くす観客の中に感染者がいるかもなんですよ。

 会場に来るまでの電車、新幹線、バス、タクシー・・・至る所で感染するリスクが在る訳ですしね。



 選手間でも当然あり得る話ですし・・・。

 先手を打つべきなんじゃないのでしょうか・・・?

 誰かが感染してからでは、もう手遅れなんですよね。

 感染力が高そうですもの・・・新型コロナウイルス。



 まぁ、考え方は色々です。

 ギャンブルや宝くじと似ていますよね。

 リスクを嫌って+−0を良しとするか。

 運に任せてリスクを敢えて取りに行くのか・・・。



 どちらが堅実か・・・と言う事は、火を見るよりも明らかなんだろうとは思うのですが、そうは分っていても従えないのも又人間ですからね。

 最終的には、各個人の判断に委ねられてきたのがこれまでの日本です。

 ただね〜今回は、少し今までとはリスクの大きさが異なっている様にも思うんですよ。

 インフルエンザの様に有効な薬も未だ存在していない訳ですしね。



 親御さん達の中には、持病の在る方もいるかと・・・糖尿病などを患っていると、重篤になるリスクが格段に上がるなんて話もありますからね。

 そもそも、情報が錯綜していて・・・何が真実なのかさえ分からない状態なんです。

 権威者の話もマチマチで、実際の所・・・何も確かな事なんて無いのが現状なんです。

 楽観的な意見もあれば、悲観的な意見もある都市伝説レベルの話ばかりなんですよね。



 こう言う時こそ、サッカー協会はリスペクト(大切に思うこと)の意味をよく考えて、サッカー協会主導でこのウイルスの封じ込め対策に乗り出して欲しいな〜って思うんですけどね。(^^;

 下々の判断に任せていたら、続けますよ・・・間違いなく試合も大会もね。

 だって、中毒なんですもの・・・正常な判断は期待できませんよ。

 だからこそ、サッカー協会主導で・・・強制的に・・・これが後になって正しい判断だったって評価される唯一の道なんじゃないかと・・・。



 自分達が『毒王』(スーパースプレッダー)になってしまうかも知れないと言う事も忘れてはいけない気もしますけどね。(^^;

 今年はオリンピックもありますが・・・大丈夫なんでしょうか・・・?

 今年は新年早々、暗い話題ばかりが目立ちますね。

 ハハッ・・・また、寝言を言ってしまいました・・・変われる筈ないのにね・・・いけませんね。(^^;
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年02月02日

期待する親、快く思わない指導者(休日限定記事)

bukatsu_shigoki.png



 色々な理由があって、移籍を考える事ってあります。

 少年団なんかだと・・・どうでしょう、より高みを目指して・・・と言う感じの移籍が多い様に思われます。

 特にエース級の子なんかは、そんな感じの移籍が多いのかなって思います。

 うちの団でもそう言う子達の多くは、移籍後のチームでもエースを張って活躍していた子が多いでしょうかね。



 本人の希望や親の期待で移籍する事は、全くの自由なんです。

 この部分が、どうもややこしくなっているチームも相当在るみたいですよね。

 まぁ、移籍される側としてはね〜確かに残念な話では在るのかも知れませんけどね。

 気持ち良く送り出して上げる事も又、古巣としての役目なんじゃないかなとは思うんですよね。



 卒団が少し早くなっただけで、いずれ羽ばたいて行く子達ですからね。

 温かい目で送り出してあげられると良いのかなって思うのですが・・・。

 どうもそう言う訳にはいかない方々も少なくないのが現実の様なんです。

 素直になれないその気持ちも解らなくはないのですけどね。



 移籍の話が出ると、途端に機嫌が悪くなる指導者ってやはりいます。(^^;

 「お前なんか通用しないよ」とか「あ〜無理無理!」とか・・・そんな事を言っちゃう方もいるみたいなんですね。(汗)

 その心は、「行かないで〜」なんでしょうけど・・・もう少し何とかならないものなんでしょうかね〜。

 「裏切られた」とか「せっかくここまで育てたのに・・・」なんて言っちゃう方もいる様ですしね。



 色々な言い分は在るのだと思うのですが、チームとしての魅力が無かった・・・と言う事は、疑い様の無い事実なんだろうと思うのです。

 その子であれ、その親御さんであれ、このチームではより上のレベルを目指せないって見限られた訳なんですものね。

 もしかしたら、指導が酷過ぎて・・・なんて事が原因と言う事もありますよね〜。
 
 どうせやるなら、気持ち良くサッカーの出来る方が良いに決まってますからね。



 移籍の話が出る度に思う事は、やはり指導する側も考えないと・・・って事なんです。

 幸いにも、私が見ていた学年からは、移籍の話は出ませんでしたけど・・・だからと言って現状維持で良いと言う訳でも勿論無くて・・・いくら少年団と言っても子供達のと言うか、親御さん達のニーズに添える様な努力も在る程度は必要なんだろうと思うのです。

 まぁ、J下部並みの環境を・・・って言われるとね・・・ちょっと・・・落ち込みますけど。(笑)

 昨日より今日、今日より明日・・・って、指導する側も成長して行く必要って在る訳なんです。



 移籍した子達、その親御さんと話をする機会が在ると、まぁ〜出るわ出るわ・・・不満の嵐!(笑)

 黙って聞いていると・・・他所のチームの話なのに、何だか私が悪い事したみたいな気になって来ちゃいます。(^^;

 色々と私の知らなかった事ってやはりあって・・・移籍を考えるのもやむを得ないよね〜って変に納得してしまう事の方が多いのも事実なんですよね。

 大体、「もっと上を目指したい」なんて言うのは建前で・・・指導(者)に我慢できないと言うのが本当の所なんです。(汗)



 よく耳にするのは「このままじゃうちの子は潰されちゃう」って声ですよね。(汗)

 少年団とクラブでは、トレーニングの量も質も全く異なっている事が多いですから・・・この辺は、子供や親御さんがどう捉えるかで大分違って来る部分でもありますけどね。

 一般的に言えば、クラブチームの方が体にも心にも優しい・・・と言えるのかなって思います。

 少年団は、やはり昔の部活動そのものって感じの所が多いですものね。(^-^)b



 今の風潮からすれば、昔の部活動をそのまま映した様な少年団なんか受け入れ難い存在であっても何ら不思議じゃ無い部分も確かに在る訳です。

 その点に危機感を感じずに続けて来たツケを今払わされている少年団も相当多いんじゃないのでしょうかね〜。

 うちの団も例に漏れずそんな感じですよね〜。(^^;

 指導陣も大分入れ替わって、さてこれから・・・どう変わって行くのか・・・楽しみです。



 移籍の話が上がったら、もう観念してですね・・・気持ち良く送り出してあげる!

 これで良いじゃ無いですか?

 同時に、繋ぎ止められなかった自分達の指導を省みて改善に取り組む・・・そうしましょ!?

 じゃないと、次から次へと移籍希望者が出て来て・・・その内チームを維持できなくなってしまうと言う未来も在り得るんじゃないのでしょうか?



 少年団に限った話じゃなく、町クラブなんかでもこう言う事は、始まっているみたいですし・・・。

 やはり、移籍する者が現れたら、チーム側としては危機感を持って活動に当たって行くべきなんだろうと思う次第であります。

 チームによっては、ごっそり・・・なんて事もあったって聞いた事がありますしね。

 いくら無償で子供達を見ているとは言っても、傲慢に振舞っては人は離れて行きますよ・・・やっぱり。(^^;
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年01月31日

サッカーに執着し過ぎてませんか?

8192e840a00f132640a454f76c8a8edc_s.jpg



 サッカーに執着し過ぎてるかな・・・って子供は確かにいます。

 どちらかと言えば、息子もそっち系でしょうか。(笑)

 ただ、一時は「もうサッカーは十分やったから・・・高校になったらサッカー辞めて別の部活に入る」なんて言っていた時期もあって・・・今は、それ程執着している風でもないみたいなんですけどね。

 一方で、サッカーに執着し過ぎる親御さんも確かに存在している訳で・・・どちらも、ちょっと考え物なのかも知れないな〜って思う事もしばしばなんです。(^^;



 子供達にとって、サッカーなんて数ある遊びの中の1つに過ぎません。

 その本気度には、それぞればらつきが見て取れますけどね。

 どんな遊びでも本気で、ムキになれる間はそれなりに面白いし、楽しいものなんです。

 しかし、在る時突然・・・飽きてしまう事ってどうしても在る訳なんですよね。



 子供の遊びなんてそんなものなんです。

 カードゲームにしても、TVゲームにしても、飽きてしまうのは、仕方の無い事なんですよね。

 サッカーも然りです。

 何時までもサッカー熱にうなされている子達ばかりではないのですね。



 これは、親御さん達にとっても同じ事が言えます。

 子供の遊びを熱心に観ている時期もあれば、興味を失ってしまう時期だって当然在る訳で・・・それも仕方の無い事なんです。

 親だから・・・って強迫観念にも似た感情だけで、子供達の遊び(サッカー)と関わって行くって・・・何かの罰ゲームなんでしょうか?

 そう言う関わり方って、ストレス以外の何物でもないんじゃいかと・・・そんな風に思うのです。



 子供がサッカーを辞める理由なんて、飽きたから・・・それ以上でもそれ以下でも無い事の方が多いのだろうと思います。

 飽きたの内訳はね〜それぞれ違うんでしょうけど・・・。

 ただ、サッカーを遊びとして続けるのが正直キツくなったと言う事だけは確かなんだろうと思うのです。

 なら、「辞めたって良くねっ?」って言うだけの話なんですよね。



 そう言う子供達の声に中々首を縦に振ってくれない親御さんがいるんです。

 どうしても続けさせたい・・・そう考えている親御さんて思いの外多いんですよね。

 親御さんの方が、サッカーに対して変に執着してしまっている・・・そんな感じなんです。

 楽しかった時期の記憶がそうさせている・・・と言う訳でもなさそうなんですけどね。(^^;



 投資した分が損益に繋がると考えてしまうから・・・なんでしょうか?

 でも、続けさせてもおそらく・・・もう何も得る事は出来無いのかなって思うんですよ。

 もう、子供の心がサッカーに向いていないんですもの。

 そんな状態でも続けさせますか・・・って話なんです。



 特にジュニアの時代にサッカーが全てなんて生き方を刷り込む必要性って無いですよね?

 全く他のスポーツを知らないで、大人になって行くって・・・それも又不幸な話なんだろうと思うのです。

 他のスポーツを知っているからこそ、サッカーとの違いが分るし、その楽しさが再認識できる事ってあります。

 スポーツ以外でも、興味を持って取り組める事なら何だって、その子の血肉になって行ってくれる物の筈なんです。



 もしも、お子さんがサッカーを離れたいって言って来たら・・・その気持ちを大事にしてあげて欲しいかなって思います。

 サッカーを指導する側の人間がこんな事を言うのは少し変なのかも知れませんけどね。(^^;

 サッカーなんて唯の遊びです。

 そんなものに親の方が執着して子供を縛り付ける様な真似はして欲しくないかな・・・ってそう思います。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年01月28日

パス回し

fun-3023031_1280.jpg



 今回は、『少年サッカー パス回し』と言う検索ワードをお題にしてみます。

 今は、パス回しを重視するチーム、指導者が多いのかな・・・って思います。

 単にパスして終わり・・・って訳じゃ無く、パスを継続して繋いで行く・・・そんなイメージですね。

 パスしたら動く、パスしたら動く・・・この繰り返しを子供達に強いる事になります。



 御年配の人なら、かつてオランダ代表が見せたトータルフットボールなんかを連想するのかも知れませんね。

 今なら、ティキタカに代表されるFCバルセロナスペイン代表の様な非常に高度なサッカーのスタイルを連想する人もいるのかも知れません。

 どちらにも、故ヨハン・クライフが関わっていると言う事は、サッカーファンならご存知かと・・・。(^-^)b

 子供達も動画でFCバルセロナの試合なんかは見ていますから、イメージはし易いのかも知れませんね。



 ただ・・・次々とパスを繋ぐ事って、見ていても気持ちが良い物かも知れませんけど・・・その事自体には大した価値って無いのかなって思います。

 「あ〜上手いね〜」って感心はするかも知れませんけどね。(^^;

 要するに、何の為のパスなのか・・・を子供達自身が理解してプレイしているのか・・・が重要なんですよね。

 ポゼッション(ボール支配率)を気にし過ぎる、重要視し過ぎる為に、ボールを回す事自体が目的となってしまっているチームも時々見受けられますかね。(^^;



 『数字スライドパズル』って言うのでしょうか・・・ばらばらになっている数字プレートをスライドしながら数字を順番に並べて行くパズルゲーム・・・昔やった記憶が在るんじゃないかと思います。

 好い加減にスライドを繰返しても数字が全て順番に揃ってくれる事って先ずありませんよね。(^^;

 あれと同じで、ただパスを回し続けているだけでは、失点はしないのかも知れませんが、得点も期待できない訳なんです。

 そこに狙いを持った動きが無いのなら、延々とパスだけを繋いで行く事になってしまいます。




 指導する側の持っているイメージを子供達に伝える事って難しいんです。

 何処で攻撃のスイッチを入れるのか・・・とか、子供達の間でイメージを共有する事だって簡単じゃありませんしね。

 ちょっと、高度な事を子供達に求め過ぎているのかな・・・って思わないでも無いんです。

 それが在る程度出来ているチームも勿論あって、そう言うチームは強豪なんて言われるチームばかりなんですよね。(^^;



 指導者の腕・・・そう言う側面も確かに在るのだろうと思います。

 ただ、それ以上に子供達のレベルにかなり左右されてしまうと言う点も在る訳なんです。

 足し算も出来ない子に掛け算や指数を仕込もうとしている様な・・・そんな背伸びし過ぎなチームもチラホラ見受けられる様な気もします。(^^;

 まぁ、そのチームの方針ですから・・・良いのですけど。



 パス回しばかりを重要視し過ぎる為、子供達の目、意識からゴールが見失われてしまっている・・・そんな気もします。

 パス回しの合間にドリブルを挟むにしても、ゴールに向かって行く訳じゃ無く、パスコースを作り出す為のドリブルしか見られないなんて事も在る訳で・・・。

 サッカー本来の目的である、ゴールを奪うと言う点に意識が向いていない時間帯が多過ぎるんじゃないかと・・・。

 もちろん、焦って前へ前へって急いでも・・・それも又、上手くは行かない物なんですけどね。(^^;




 パス回し自体は、多かれ少なかれサッカーに必要な事ですから、何時から始めるのが良いかなんて論争はナンセンスなのかも知れません。

 子供達の能力を見ながら適切な時期に導入して行けば良いのだとは思うのです。

 ただ、パス回しがサッカーの目的になってしまう様な愚は冒したくは無いですよね。

 パス回しさせる事の意味、パス回しする事の意味、指導者も子供達もそれぞれに考え、理解した上で導入して行けると良いのかなって思います。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年01月27日

田んぼサッカー!?

kid-1465534__340.jpg



 グラウンドコンディションが悪い時ってどうしてもあります。

 ぬかるみの中で試合をしなければならない事もある訳なんです。(汗)

 子供達も試合前からテンション低めですよね〜。

 でも、そこは子供・・・一度泥だらけになってしまえば、変なスイッチが入る事も・・・。(笑)



 大会二日目となった日曜日、生憎の天候の中試合をする事となりました。

 グラウンドはもう田んぼと言った方が良い程のぬかるみ様です。(汗)

 ラインも見えないし、歩くだけでも泥が跳ね返って来る様な状態です。

 そんな中で試合なんて中々出来るものじゃありませんから・・・子供達にとっては、良い経験になるのかも知れませんけど・・・。(^^;



 試合が始まると、それはもう大変な事に・・・。

 ボールを蹴る度にベンチも泥しぶきの洗礼を受ける始末。

 レインコートを着ているとは言え、顔にも足にも泥がべっとりと・・・。(^^;

 子供達も転倒したり、泥しぶきを浴びたりと・・・全身まっ茶色で元のストッキングの色も分らないくらいの汚れっぷりです。

全品さらにP5倍 上下セット 耐水圧30000mm ストレッチ レインウェア メンズ レディース レインコート レインスーツ マウンテンジャケット マウンテンパーカー NAMS-SET カッパ 雨合羽 雨具 通勤 通学 自転車 ゴルフ ランニング 男性用 女性用 namelessage

価格:7,480円
(2020/1/27 00:20時点)




 観戦していたママさん達にとっては、後々の洗濯の事を思うと・・・目の前で繰り広げられているサッカーらしき物は、地獄絵巻その物だったんじゃないかと思います。(笑)

 蹴ったボールも水しぶきを上げて止まってしまうし、水を吸い切ったボールもスパイクもストッキングも重たい事この上ない感じです。

 試合中にストッキングがずり下がってしまって、シンガードを落とす子が続出したり、スパイクの紐が解けてしまう子もかなりいました。

 水の力って相当なものです。



 二試合目は、更にグラウンドの田んぼ化が進み・・・もう溶けたチョコレートの様に見える始末です。(汗)

 その頃には、雨こそ上がっていたのですが・・・今から起こる事を想像すると、レインコートを脱げない状態でした。(^^;

 背面でも試合が行われていた事もあって・・・今度は、前から後ろから泥しぶきが飛んで来ると言う笑うしかない状態です。

 「耳に泥が入った〜」なんて子もいたくらいですよ。(^^;



 髪の毛も泥だらけ、顔も、手も・・・全てが泥だらけです。

 しかも段々それが乾いてきて固まって来るんです。

 パンツの間に入り込んだ泥が乾き、腿を擦り続ける・・・「痛いから、腿お茶掛けて洗って下さい」なんて言って来た子もいましたね。

 手が泥だらけなので、水筒も持つ気になれないんです。(^^;



 まぁ、こう言う経験は息子が少年団にいた時に何度かした事はありますが、今回はそのどれもを上回っていワースト記録です。

 長靴を買おうって本気で思いましたよ・・・。(笑)

 ポンチョでは役に立たない事が良く分りましたね。

 フード付上下セットの合羽と長靴・・・これが最強と言う結論に今更ながら達した次第です。(^^;



 色々と経験する事も大事なんですけど・・・こう言う経験は、あまりしたくないものですね。

 帰宅した私の姿を見て、妻が嫌そうな顔をしたのが印象的です。(^^;

 「息子が休みでやれやれと思ったら、今度はあんたか・・・」って言いた気な表情でしたよ・・・。
 
 泥だらけの服を水で洗い流して「はぁ〜」とため息が漏れた日曜日でした。

COLTEYE レフリー専用ピステ上下セット

価格:9,460円
(2020/1/27 00:10時点)



 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年01月23日

自信が在るのも考え物

l_224.png



 自信が在ると言う事は、良い事なんだろうと思います。

 ただ・・・自信が在るが故の独り善がりな振る舞いをしてしまう事も少なくないんですよね。

 自信が過信に変わってしまえば、勿体無い人に自らを貶めてしまう危険性もあるものです。

 まぁ、私なんかには自信が持てるものが在るってだけで羨ましい話なんですけどね〜。(笑)



 変に足元に自信を持っていると、ボールを持ち過ぎてしまう嫌いがあるものです。

 まぁ、これ自体はね〜責めて良い物かどうか・・・正直迷ってしまう部分もある訳なんですが・・・チームとしての勝利を第一に考えるのなら、改善しなくてはいけない部分となり得ます。

 要するに判断が悪い子なんですよね。(^-^)b

 ボールが持てる・・・奪われない自信がそこそこ在る為に、情報収集等の前準備を怠ってしまいがちなんです。



 なので、ボールを受けたら先ずドリブル・・・こんなスタイルに終始します。

 そう言う子は、ボールを見るのに一生懸命で・・・視線も下に落としがちなんですよね〜。

 だから、尚の事・・・周囲が見れなくなってしまい、気が付けば囲まれているなんて事も茶飯事なんです。

 こう言うシーンは、高校生であっても相当目にします。



 中途半端に自信が在る為の悲劇なのかも知れませんけどね。(^^;

 先ず、ワンタッチのプレイは期待できません。

 速攻のチャンスを遅攻に変える天才でもあります。

 更に言うなら・・・「周りが動いてくれないから・・・」が口癖だったりするのです。



 周りが動いてくれないから、ボールキープに入らないといけないと言うのが言い分なんですね。

 いやいや・・・君、周り見てないでしょ・・・始めから。(^^;

 だから、ボールを受けて初めて周囲を見ようとする・・・その時間を稼ぐ為にボールを捏ね始めるんです。

 本人にその自覚が無いのが厄介なんですよ・・・。



 先日の息子達の新人戦県大会でも同じ様な光景がそこかしこに見られました。

 小学生と何ら変わらないんです・・・試合内容自体は。

 強豪と呼ばれるチームであっても、それは同じ事なんですよね。

 ただ、そのミスがミスと映らないと言うだけ・・・だったりします。



 もちろん、判断の良し悪しは又別の問題としてある訳なんですが・・・その速さに関して言えば、カテゴリが上がる毎に速くなって行って貰いたい部分ではある訳なんです。

 ところが、そうはなっていない子が多い・・・。

 息子達もクラブ上がりの子が多い事もあって、皆足元に在る程度自信を持っている子達が多い様です。

 確かに、観ていても足元に関しては息子なんか足元にも及ばない感じでしょうか・・・。



 ただ、やはりダイレクトプレイは殆ど見られませんし、ボールを失ってしまう事も多いでしょうか・・・。

 せっかくの速攻のチャンスを台無しにしているシーンは相当在りますよね。

 組織的に戦っていると言うよりも、個の力で戦っていると言った印象を受けてしまうチームも多いのです。

 小、中学生の時に何も指導されなかったんでしょうか・・・?



 持っている物を上手く使えていないな〜って感じてしまう部分です。

 もったいないですよ・・・十分武器となる物を持っているのに、宝の持ち腐れな感じなんです。

 まぁ、それでも本人は楽しくサッカーは出来ているんでしょうけどね。

 自信があるのも考え物なんだな〜って言うお話でした。(笑)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020年01月22日

今だけを見るなっ!?

 「今だけを見るなっ!」って言葉を良く耳にします。

 色々な意味で、恵まれない時期を過ごしている子に対して・・・そして、その親御さんに対して使われる事が多いんじゃないかと思います。

 ただ、頭では分ってはいるものの・・・心情的には中々受け入れ難い言葉でもある訳なんです。

 だって、皆今この瞬間を生きている訳なんですから・・・ねっ!?



 この言葉は、誰が発したかで大分印象が変わって来る言葉でもあります。

 信頼の置ける指導者から発せられた言葉なら、今と言うこの瞬間を通して未来に対して思いを馳せる事ができるものです。

 何の保障も無いのですけどね・・・何だか魔法にでも掛かった様な気持ちになるものです。(笑)

 息子の場合なんかは、これだったと言えます。



 逆に信頼の置けない指導者から、こんな言葉を掛けられたら・・・今と言う瞬間を通して過去に対してあれこれ思いを巡らせる事になりがちなんです。

 ともすれば、その指導者が免罪符代わりに使っているだけ・・・なんて受け取り方しか出来なくなってしまう事だってあります。

 これまで、どんな扱いをされて来たか・・・なんて事ばかりが脳裏を過ぎって行くものなんですよね。(^^;

 こうなれば、もう将来に対して目を向ける事なんて出来なくなってしまうものです。



 今と言うこの瞬間は、過去でもあり、未来でもある訳なんです。

 過去の積みかせねが今を作っている訳だし、今の積み重ねが未来を作り上げて行くのですよね。

 過去と現在、そして未来は本来不可分な関係なんです。

 だから、今・・・現状を変えたければ・・・今を懸命に生きる以外に方法は無いんだと気付かされます。



 人間、そうは言っても・・・中々重い腰を上げる気にはなれないものですよね。(^^;

 だから、私なんかもそうなんですが・・・中々現状も変わって行かない・・・。(汗)

 今に執着し過ぎてしまって、過去も未来も見れなくなってしまっている親御さんて相当いるものです。

 正直、子供のサッカーにそれ程の執着をする必要って無いんじゃないかと思うのですが・・・。(^^;



 例えば、今試合に出られないのは、その子が本気でどうにかしようと思っていないから・・・って考えられないんです。

 本気でその状況を変えようと思ったら、行動に移すものですよね。

 でも、そうはしない・・・だから、中学になっても、高校になっても相変わらず試合から遠のいたままなんて事が多いんです。

 その内、子供の方がそれでも良い・・・って思い出す様になってしまうんですよね。(^^;



 それはそれで、1つの境地なのかも知れませんから・・・それ自体は尊重するとしても、現状に不満があると言うのなら・・・やはり自身で変えて行かないと行けない訳なんです。

 ここで行動に移せるかどうか・・・そこが、将来を多少なりとも変えて行くんですよね。

 まぁ、何の保障も無いですけどね。(汗)

 そう信じてやって行くしかないんです。



 息子なんかもそうでしたが、何度も何度もコーチに「今だけを見るなっ!」って言われ続けて、試合に出られない時期も練習を殆ど休む事無く、黙々とサッカーに打ち込んで来たからこそ・・・中学になってから、活躍の場を与えられる事が出来たんだと言えます。

 あの辛い時期に、投げ出してしまっていたら・・・今の息子はありませんよね。

 高校になっても、クラブ上がりの子達を尻目に飛び級として活躍の場を与えて貰えているのも、あの時期の頑張りがあったればこそ・・・なんだろうと思うのですね。

 あの頃、身に付けた自分だけの武器が今でも息子をサッカーに繋ぎ止めてくれているみたいです。(^-^)b



 「今だけを見るなっ!」って言われてもね〜中々心には響いて来ない事の方が多いんですよね・・・実際。

 それ程悲惨な扱いをされているとも言えそうですが・・・。(^^;

 それ以上に、誰かのせいにしても何も変わらないと言う事なんです。

 移籍すれば済む話と言う子も中にはいますけどね・・・多くの子は、そうではないんです。



 移籍したって、境遇が変わりそうも無い子って相当います。

 そう言う子達こそ、今何かを始めて欲しいかなって思うんです。

 もちろん、「このままでも別に良いや〜」って思っているのなら、それでも全然構わないんですけどね。(^-^)b

 だって、高がサッカーですもの。(笑)



 お子さんが、どう思っているのか・・・その辺をしっかりと見極めて、親御さんも嘆くなり、腐るなり、泣き喚くなりして欲しいかなって思うんです。(笑)

 子供にその気が無いのに、親御さんだけ一生懸命になってもね〜。(^^;

 指導者が子供に対して「今だけを見るなっ!」って言っていると考えるより、実際には親御さんに対してそう言っているんだと考えて貰えたら・・・って思うんです。

 今に執着し過ぎて、前も後ろも見えなくなってしまっているのは、他ならぬ親御さん・・・なんじゃないかと・・・違いますかね?
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ここだけの話はこちらからどうぞ!
メッセージはこちらから!
検索
最新コメント
God be with you・・・ by (yellow10改め)愚鈍(仮) (02/29)
God be with you・・・ by まるこ (02/28)
我が子の代弁者にならないで! by (yellow10改め)愚鈍(仮) (02/23)
我が子の代弁者にならないで! by 様コーチ (02/21)
サッカーに執着し過ぎてませんか? by (yellow10改め)愚鈍(仮) (01/31)
プロフィール
[yellow10改め]愚鈍(仮)さんの画像
[yellow10改め]愚鈍(仮)
プロフィール
個別、少人数指導のエボルテサッカースクール