サッカー少年達のその後・・・

サッカー少年達のその後・・・


 日曜日、中学の練習試合を観に行きました。

 息子もAチームとして出場させてもらっていましたが・・・良く見ると・・・サイドバックとしての起用・・・珍しい光景です。(笑)

 何でも、ここ数試合・・・サイドバックで出場しているらしいのですね。

 「お前は、センターバック向きじゃないな・・・」って、言われてしまったそうです。(^^;

 ポジションングの問題、カバーリングの問題、色々と指摘されたそうです。

 無理も無いですか・・・中学で初めてですからね・・・ディフェンスなんて。

 逆に、良くここまでセンターバックが務まっていたものだと感心しますよ。(^-^)b



 サイドバックもね〜違うなって思って観ていましたがね。(^^;

 顧問の先生も迷っているのか・・・起用方法・・・こりゃ、近い内にAチームをお役御免になりそうな予感がします。

 それでもね、一時とは言え・・・小学校の時にレギュラーだった子達を追い越しての飛び級ですからね。

 Bチームのしかも6年生の時には、殆んど公式戦には出場していない子ですからね。

 ここまで、良く頑張って来られたものだと感心しますよ・・・誰の子だろう・・・?(笑)

 今日も何だかんだで、2試合フル出場をさせて貰えた事に感謝です!!



 試合を観ながら、親御さん達と雑談する事があります。

 今日は、たまたま上に兄弟がいる子の親御さん達と、話をする機会がありました。

 そんな中で、話題となったのが・・・高校に行ってからの話でした。

 話が部活動に関しての話題に及ぶと、サッカー少年のその後が色々と話題に挙がりました。

 まぁ、想像通りと言うか、何と言うか・・・現役のサッカー少年の親としては、何とも複雑な思いで話を聞いていましたが・・・。

 「中学までで良い思いした子だけだよ・・・続けてるのは、後は『もうサッカーは、良いよ・・・』って辞めてしまうの」

 この言葉には、ちょっとハッとしましたね。(^^;


[ PR ] え〜未だ迷ってるの?そんなぶよぶよの身体で〜だったらこれ!!30日間無条件全額返金保証/ライザップ



 高校に入ると、再びサッカー少年達の大移動が起こります。

 クラブチームに在籍していた子達の多くが、高校の部活動に流れ込んで来ます。

 そうなると、中学生時代に部活動で過して来た子達では、高校の部活動で活躍する場は殆んど無くなってしまうのだと言うのですね。

 それ程までに、レベルに差があると言うのです。

 その為、仮入部の段階でサッカーを諦めてしまう子が相当数いるとか・・・。

 聞いてみれば、その親御さんの息子さんのチームメイトで高校でもサッカーをしているのは、レギュラー組の中の数人だけ・・・後は、サッカーからは身を引いたと言います。



 部活動に選べる幅が出来る様になるのもサッカー離れの原因なんだろうと言う話もありました。

 中学では無かった部活動、例えばうちの中学なら・・・ラグビー、体操、ボート、弓道、水球、ハンドボール等々、そう言う運動部が高校にはあったりします。

 そう言う物に惹かれてしまう事もサッカーを辞めてしまう原因なんだろうと言うのですね。

 逆に言うと、サッカーにはもうそれ以上の魅力を感じなくなってしまっていると言う事でもありますかね。

 もう、楽しくないのですよね・・・部活動としてのサッカーが。



 試合に出場出来なかった子達は、本当にサッカーなんて何の未練も無く辞めてしまうんだそうです。

 小中と9年間もの間続けて来たのにです。

 レギュラー組みであっても、続けて行くのは大体トレセン組の子達・・・後は、続けようか、辞めようか・・・最初は迷うらしいのですね。

 仮入部の時の顔ぶれを見て・・・と言う子が大半な様です。

 そこで、皆の力量を見て・・・最後の決断をしているらしいのですね。

 最初から、サッカー続けるって意気込んで行く子は本当に少ないんだそうです。


[ PR ] 1ヶ月無料お試しキャンペーン中の今がチャンス!!DMMならDVD、CDがネットで借りて〜自宅に届き〜ポストへ返却♪


 練習試合が終わり、帰宅すると・・・息子は、遊びに行くと言って着替え出しました。

 どうみても、サッカーやる服装です。(^^;

 「何処行くんだよ?」って聞くと・・・「公園!」との事。

 「そんな格好で、何して遊ぶんだよ・・・」って聞くと・・・「サッカー!」。

 「今、試合して来たばかりじゃん!まだ、足りね〜のかよ?」って聞くと・・・「最近、何だか足りないみたい・・・」って言うと、5号球を片手に家を出て行きました。(^^;

 帰ってきた息子に、「サッカーやってたのか・・・本当に?」って聞くと、「大学生6人位と、高校生6人位と、俺達中学生6人位でサッカーやってた」ですって。

 「大学生?高校生?知り合いか・・・?」って聞くと、「別に・・・でも、大学生の人達が一緒にやろうって声を掛けて来たから・・・皆でやったんだよ」ってあっさり。

 「お前ら、サッカーの神様に愛されてるね〜」って、大笑いです。



 息子達は、こう言う事が非情に多いんですよね。

 外人さんと一緒に遊んでもらったり。

 高校生に遊んでもらったり、今日の様に大学生に遊んでもらったり・・・幸せ者だね〜って思います。

 何かそう言うオーラが出ているのか・・・って思う程です。

 でも、それは少年団に入った時からでもあります。

 何時も上級生に遊んでもらっていた・・・そう言う子達です。

 サッカーボールで遊んでいるのが、本当に楽しそうに見えるのか・・・声を掛けてくれる子が多いんですよね。

 サッカーが本当に好きなんだな〜って思います。

 下手ですけどね。(^^;



 この子達も高校に進んだら、何人かはサッカーとは決別してしまうのかな・・・って思うと、少し寂しい気もします。

 でも、それが子供達の置かれている現実なんですよね。
 
 次第にサッカーが楽しく無くなってしまうんです。

 そう言う扱いを受け続けてしまう為に・・・。

 まるで、子供達を淘汰する為に部活動、クラブ、少年団・・・は、存在しているかの様です。

 カテゴリが上がる度に、減って行くサッカー人口・・・続けて行く事って難しいんですね。

 だからこそ、今・・・サッカーで気が済むまで遊んでおいて欲しいかなって気もします。

 最後に「もう十分やったよ!」って、笑顔でサッカーから身を引ける日が来るその時まで・・・。 




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ジェネレーションギャップ?

 世は21世紀・・・平成の世も既に29年目です。

 昭和生まれの20世紀少年は、もう初老を越えて小学生の親としてもかなり年配の方になってしまいました。(汗)

 ここの所、感じるのは・・・親御さんも、子供達も今までとはちょっと違う・・・と言う事です。

 長年指導に当たっている方は、こう言う事に薄々気が付いているのでしょうけど・・・。



 学級崩壊を経験した世代・・・現在20代後半位でしょうか・・・この辺の世代と私達校内暴力が盛んにニュースとなっていた世代との間には、やはり多少の違いがある様に思います。

 世代の分け方も色々とあって、私の場合はギリギリバブル世代なんて言われる世代です。

 その少し後にプレッシャー世代なんて言われる世代を経て、かの悪名高いゆとり世代へと世代は移って行きます。

 ゆとり世代の頃に、学級崩壊がメディアで取り上げられ始めたのかな・・・って思うんですけどね。

 この時の子供達の行動は、私達には理解が出来なかったのを覚えています。



 そんな子達も大人になって、今では人の子の親となっています。

 各世代には、時代背景が反映された特徴があるとされていますが・・・どうでしょう?

 ただ、考え方には違いがある様に感じてしまう時があります。

 これが、世代に起因する物かどうかはハッキリとは分かりませんがね。(^^;

 でも、何となくそんな気がしないでもないのですよね。

 子供との関わり合い方も大分違うかな・・・って感じる事も有ります。



 厳しい物言いに対する反応も大分差があるのかなって思います。

 慣れていない・・・のでしょね。

 怒鳴られたりすると、ハッキリと拒絶反応を示す子達も相当見受けられます。

 親御さんも、拒絶反応を示す場合がありますよね。

 我が子が叱られる事に耐えられない方がいます。

 もちろん、気持ちの良い物では無いのですが・・・それにしても・・・って言う親御さんが最近は目に付きますかね。

 速攻、退団して行く親子も少なからずいます。(^^;

 時代は変わった・・・私なんかにはそう映りますかね。



 指導する側も、親御さん同士もその辺の違いに柔軟に対応出来ないと、何かとトラブルを発生させ易い状況を作り出してしまうのかなって思います。

 多様性を認められないと、本当に上手く立ち回る事って難しいんだと思います。

 それ程までに価値観に違いがあるんですよね。

 子供達にしてもそうです。

 指導方法も時代と共に変えて行かないと、上手く行かなくなってきてしまうかも知れませんよね。

 嫌な事からは、直ぐに逃げてしまう・・・そんな親子が最近は多いのかなって思います。

 まぁ、我慢する事が必ずしも良い事とは限りませんがね。

 にしても、安易な選択が目に付きますか・・・。



 世代なんて、偏見の目で見てはいけないんでしょうけどね。

 何か、そう言う物を感じる時ってないでしょうかね?

 年を取ると、そう言う事に目が行き易いのかも知れませんが・・・。(汗)

 年下の親御さんからは、私も奇異の目で見られているかも知れませんよね。

 お互いに理解する努力をしないと・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ヘボトレセン?

ヘボトレセン


 以前、こんな事を言った子がいます。

 「上手い子はトレセンがあるから良いよね。下手な子にも『ヘボトレセン』が在れば良いのに・・・」

 その子は、試合に出してもらえない子でした。

 練習もちょっと着いて行けない感じだったのですが・・・サッカーは、大好きな子でした。



 チームで下手と言われている子ばかりが集うトレーニングセンター(トレセン)と言う発想は、面白いなって思いました。

 チームの練習にもついて行けない様な子達が集まって、合同練習を行う・・・考えただけでも根気のいる活動だなって思ってしまいますが、そう言う活動って本当は必要なのかなって思います。

 チームの枠を超えて、レベルに合った練習をする場が与えられれば、子供達も楽しくサッカーが出来そうです。

 チームにいては、叱られっ放し・・・そうなん子達が、少しずつでも上手くなって行く為のトレーニングを積む場・・・そう言う物があっても良さそうなんですがね・・・ありません。



 試合への出場機会も先ず無い事が多いですからね。

 特別にそう言う枠を作って、競技としてのサッカーから一歩引いた場所で、サッカーを純粋に楽しむ事から始めてみる・・・レベルが同じ位の子達だから、上手い子に気兼ねする必要も無い・・・なる程ねって思います。

 トレーニングもレベルに応じた物を行う事で、上達を図れるかも知れませんか・・・。

 面白そうではあります。

 実現はしないでしょうがね。(^^;


[ PR ] 新年度が始まります!!新たにサッカーのユニフォーム作るなら、

超簡単シュミレーション搭載。フットボールマックス




 上手い子には、そう言う場が与えられるのに・・・下手な子には、そう言う場が与えられない・・・。

 サッカーを楽しみたくてチームに入ったのに、楽しめない子達・・・ここは、サッカー協会と言う組織から切り捨てられてしまっている感があります。

 早生まれの子には、こう言う境遇に甘んじている子が少なく無いのかなって感じる部分です。

 こう言う子にも、専門的なトレーニングの出来る場であったり、純粋にサッカーを楽しめる場であったり、そう言う物があっても良いのかも知れませんね。



 チームのお荷物・・・そんな扱いを受けている子もいますものね。

 チームで面倒を観られないのなら、そう言う子達は本当に居場所が無くなってしまいます。

 その子がそんな事を言ったのには、何かそう言う疎外感の様な物が在ったのかも知れませんね。

 今のまま、日陰暮らしに甘んじるか、去って行くか・・・どちらかしかないと言うのも又、寂しい話です。



 「で、お前はどうしたいんだよ・・・もっと練習して上手になろうって思わないの?」って訊くと・・・「それはね〜」って有耶無耶な答が・・・。(^^;

 ダメな奴なんて言う気は更々ありません。

 少年団には、色々な子が集まって来ていますからね。

 ただ、サッカーを楽しみたいだけなのに・・・って事なんだと思います。

 「実現すると良いね〜」って言っておきましたけど・・・その子はチームを去って行きました。

 そう言う子にとっては、今の少年サッカー界は居心地の悪い世界なんだろうな・・・って、ちょっと考えさせられました。

 いつから、こんな風になってしまったんだろう・・・。

[ PR ] 昔の写真を見るとため息が出ちゃうあなたには・・・若返り成分配合のオールインワン美容食品「NMN ACTIVATOR」


主な成分:NMN,デキストリン,ナイアシン,トリプトファン,サイタイエキス,
マリアアザミ,冬虫夏草,ビタミンE,トコトリエノール,ビタミンC,グルコン酸亜鉛,

クロム酵母,セレン酵母,生酵素,酵母,コラーゲン・ヒアルロン酸生合成促成分



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

やれば出来るのに・・・。

綱渡り


 逆上がり登り棒雲梯(うんてい)平均台、子供の頃は体育で出来るまでやらされた人も多いんじゃないですかね。(笑)

 今の子達は、これらが本当に苦手です。

 6年生でも出来ない子が相当多いんですよ!

 サッカー少年の中には、この手の事が全く出来ない子も思いの他います。

 上手に身体を使えないのですね。



 校庭で練習が行われる時、ちょっと遊具を使ってみる事があります。

 周囲に配置されている遊具を順番にクリアして行く競争です。

 観ていると、「マジか・・・」と絶句する状況が広がります。

 得手不得手がある事は、問題無いのですが・・・殆んど全てが出来ていない子のなんと多い事か・・・。



 息子や娘と同じ保育園上がりの子達は、保育園でこの辺はやらされるので難無くクリアして早々に帰って来るのですが・・・それ以外の子達が中々戻って来ない・・・。

 逆上がりが出来ずに鉄棒で足止めを喰らう子は、相当数います。

 鉄棒も・・・靴を脱いで、足裏を駆使して何とかクリア出来る子もいます。

 雲梯に至っては・・・最初の手が出せない子もいます。

 ジャングルジムでさえも登るのに手こずる子がいますね。(汗)



 出来ない事がどうこうと言う事も無いのですが・・・子供の頃にクリアしておきたい事ではあります。

 以前、試合会場でも他所のチームが逆上がりに挑戦しているシーンを目にしましたが・・・ほぼ全滅でしたね。

 6年生ですよ。(^^;

 平均台もとある学校で試合があった時に目に入ったので、定番の両端からやって来て出合ったらジャンケンをし、勝ったらそのまま進んで行き、負けたら降りてスタートへ戻ると言うゲームをやらせた所・・・ジャンケンするまでも無く落ちてしまう子がチラホラ。(^^;

 ゆっくりなら大丈夫な子でも、スピードを上げた途端に落ちてしまったり・・・ゲームとしては盛り上がりましたが、観ていてちょっとショックでしたね。


[ PR ] 欲しいものがきっと見付かる楽天市場


 
 体育の授業で、この辺はやるそうですが・・・出来ないまま良しとしてしまう子が多いみたいです。

 体育の時間が過ぎ去るのを待っているだけ・・・なのでしょうかね。

 サッカーの練習でもそう言う子は確かにいます。

 苦手な事嫌な事は、時間稼ぎをしながら早く終わらないかな〜って態度でやっていますかね。

 勿体無い話なんですが・・・それも子供らしいと言えばそうなんですよね。(^^;



 コレが将来、何かの役に立つか・・・と言うと、おそらくそう言うシーンは無いのだと思います。

 サッカーにおいても、こう言う能力を使う事はありませんかね。

 でも、身体を自由に動かせない事は、きっと何かの折に足を引っ張ります。

 サッカーの時間でもそうですかね。

 ラダーさえもまともに出来ない子って1人2人居るんですよね。

 スキップも変な子がいます。

 ケンケンも直ぐに足を着いてしまう子が相当います。

 身体を使った遊びをしていないのが丸分りなんですよね。

 今は、そこからサッカーの指導も始めないといけないのか・・・と思う程です。(^^;



 どんな遊びが子供の為かなんて分かりません。

 でも、ソファーに座ってゲーム三昧では良くは無さそうですよね・・・その姿勢が、また身体を硬くしてしまいます。

 柔軟体操をやらせても、硬い事、硬い事・・・コレじゃ怪我も多い訳だって思います。

 でも、それも生活環境の変化なんですよね。

 仕方の無い事なのかも知れません。

 ただね。

 何だか寂しい気がするんですよ。

 鉄棒でも何でも・・・出来るまでやらないって事が・・・。

 やれば出来る様になれるのに・・・。

 そう言う所が、サッカーやってても見え隠れしちゃうんですよね〜。

 ハァ〜、残念!!
 



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

そうよ私は、ギリギリガ〜ル!

 昨日は、「なでしこ」の陸上部の『記録会』でした。

 市内の小学校が集まっての記録会です。

 自分の足の速さがどの程度か・・・大体分ると言う事で・・・「なでしこ」もヤル気満々です。

 短距離が得意と自称する「なでしこ」は、女子100mにエントリーしたとの事。

 さて、その結果は・・・。



 先ずは、予選。

 緊張しているかと思いきや・・・全くその様子は無く、私を見つけると小さく手を振って見せます。

 ニコニコとまぁ、リラックスしている様子。

 いつも通りと言えば、いつも通り。

 順番が回って来ると・・・生意気にも『スタート練習』を2〜3度行なって感触を確かめている様でした。(^^;

 アナウンスが流れ、名前を呼ばれると、一礼をし用意・・・スタートッ!

 スタートは悪くは無かったと思うんですけどね〜3位でゴール。(^^;



 決勝には、上位8人だけがエントリー出来るとの事だったので・・・ここで、終了!

 「じゃ、パパ帰るから〜」と会場を後に・・・すると、暫く走った所でメールが・・・「なでしこ」決勝進出決定のお知らせです。

 マジか・・・。

 引き返して、先程の予選結果のランキングを見てみると・・・なんと、予選8位・・・『ギリギリ』で通過してました。(^^;

 タイムは15秒95位です。

 9位は、16秒台でしたから、ここがボーダーラインとなった様です。

 想定外の事にビックリです。

 何せ、練習ではもっと遅かったんですよね〜16〜17秒台をふらふらしてまいたから・・・。



 で、決勝です。

 8人中4人がうちの小学校の児童・・・足速いな・・・女子。

 そりゃ、「なでしこ」が遅く見える訳です。

 運命の決勝は・・・どうやら6位・・・だったんじゃないかとの事。

 タイムの方も更に記録更新し、16秒6位だった様です。

 本人も大満足の様子。

 「ギリギリ賞状もらえるみたいだよ〜」ってニコニコ。

 こちらも、ギリギリですか・・・。(笑)



 全てにおいてギリギリな「なでしこ」は、本当に微妙な存在です。

 運動会のリレーメンバーにもギリギリ選出されてたし・・・良くも悪くもギリギリな子なのです。

 だから、面白いのですが・・・ヒヤヒヤもする。

 ちょっと量りがたい女の子ではあります。



 「記録会参加して良かっただろ?」と尋ねると・・・「うん、やって良かった」との答え。

 「だろ?水泳部も陸上部も頑張ったもんね〜頑張れば結果は付いてくるものさ〜」って言うと・・・。

 「まぁ、ギリギリだけどね・・・」って自覚してる様で・・・。(^^;

 まだまだ、ギリギリガールの挑戦は続く・・・次はマラソン大会じゃ〜。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

小学生の内はドリブルだけで良い?

 『小学生の内は、ドリブルだけで良い?』と言う検索ワードをお題に。

 こう考えている指導者の方も少なからずいます。

 ドリブルしかしてはいけない・・・『パス禁止』のチームだってある位です。

 嫌いじゃないんですよね〜そう言うのも。

 勝ち負けに全く拘らないのなら・・・とう言う前提となるのでしょうが・・・有りなんだと思います。



 実際問題として、どうなのか・・・難しいのですが、このブログでも再三触れて来た事なのですが、小学生の内はやはり『個』を作る事に専念した方が後々の為ではあるのです。

 トラップやキック、ヘッディングにドリブル・・・こう言った事は、ちゃんと出来る事が望ましいのですよね。

 それが出来て初めて、2人組で、3人組で・・・って言う複数人でのプレイが可能となって来る訳です。

 さて、では何処まで個に拘るか・・・此処が指導者で意見の分かれる所なんだと思います。


 
 幾ら6年間在るとは言っても、週2日程度の練習では、個を作りこむにはちょっと時間が足りないのです。

 そこは、ある程度『自主トレ』をして欲しい所なんですよね〜。

 で、多くのチームは、見切り発進する事を選ぶのです。

 「まぁ、大体出来ていればOK!」って。(^^;

 それが、6年生になった時に足を引っ張り出す訳です。

 ミスの多いチームは、そう言うものなんだと思います。



 多少でも、勝ちに行く事を考えるなら、『パス』と言う選択肢を取り入れない訳には行かなくなります。

 これも以前書きましたが・・・『パスより速いドリブルは無い』と言う当たり前の事に基づいた指導です。

 パスもサッカーを構成する重要な要素の1つです。

 指導しない事の方が、逆に凄い事なんだと思います。

 ただ、考え様によっては・・・逃げ・・・とも受け取れるのかも知れません。

 個が作りこめないから・・・パスに逃げる・・・そんな風に考える事も確かに出来そうではあります。

 当たらずとも、遠からず・・・と言う所でしょうかね。



 ドリブルだけで試合に臨む事も悪くは無いのです。

 次第に、その限界を子供達自身で知る事となるのでしょうから・・・むしろ、その方が『パスの重要性』も理解出来る子になってくれるのかも知れませんよね。

 ドリブルだけでは限界があるのですよ・・・やはり。

 中には、物凄いドリブラーに成長する子も出て来るかも知れませんがね〜。

 多くの子は、パスが使えたら・・・ってきっと思う筈なんです。

 そうなってから、パスを仕込んでも遅くは無いのかも知れませんね。

 それまでは、馬鹿みたいに個人技を磨くと言うのも選択肢としては有りなんじゃないかな〜って思います。



 まぁ、これも以前書いた事なんですが・・・ドリブルが出来るからこそ、パスが効いて来るんですよね。

 どちらで来るか分らないって、守る側からすれば厄介なんです。

 ドリブルで来る・・・と思ったら、パスですかされたり、パス出を出すと思ったら、ドリブルを仕掛けて来たり・・・虚と思えば実、実と思えば虚・・・こう言う『駆け引き』もサッカーの面白い所ですよね。

 だから、ドリブルの技術もしっかりと身に付けていないといけないのですよね〜。



 個人的には、ドリブルだけで良いとは言えません。

 でも、有りなんだと思います。

 子供達も楽しく出来そうですものね〜。

 1人で何も出来ない子が、何人集まっても何も出来ないままで終わる・・・そう言う物なんだと思いますよ。

 だから、必要な事なんです。

 でも、何時かそれだけでは、そう遠くない未来に限界がやって来ます。

 その時、どうするか・・・なんだと思いますよ。

 頑張りましょう!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

伝統芸能?

 先日、6年生の強化リーグがありました。

 勝つ事は勝ったのですが・・・20本位シュートを撃って、1得点しか出来なかったと・・・パパさん達の嘆き。

 試合自体は、全く危な気無い一方的と言っても良い感じだったらしいのですが・・・『フィニッシュ』が決められないと言うのです。


 思い返してみれば・・・息子達も6年生の時は、撃てども撃てども得点が出来ず、県大会ではカウンター一発で負けてしまった苦い思い出もあります。

 その時も、エースが20本位撃って・・・得点出来ず・・・でした。

 「なでしこ」の学年も同様に、撃てども撃てどもゴールネットを揺らせない事が多いのですよね〜。

 どんなに押し気味に試合を進めていても、最後の最後で決め切れないのです。



 この間の『日本代表』もそうでしたよね。

 もちろん、レベルは全く違いますが・・・より高いレベルで、撃てども撃てども入らない・・・のです。(笑)

 タイ戦の本田の空振りには、ひっくり返りそうになった人も多いんじゃないのですかね?

 少年サッカーそのものですよね。(^^;

 本田の言う『個の力』の重要性って・・・正に、こう言う所なんだろうなと思います。



 で・・・日曜日も、中学校の練習試合を観に行きました。

 そこでも、撃てども撃てども入らない・・・見慣れた光景が・・・。

 こちらも20本位撃って、1得点・・・世代を超えて受け継がれる『伝統芸能』なのか・・・?

 うちの団にとっては、深刻な問題な筈なんですけどね〜。

 そこを正す人は少ないのです。(^^;



 シュートまで持って行ければ満足なのか・・・シュートが決まらなかったのは、『運が悪かった』くらいにしか思っていないのか・・・一向にこの部分だけは直されないのですよね〜。

 『インステップ』で思いっ切りが、うちの団の定番シュートです。

 確かに入れば気持ち良いのですがね〜。

 入らなければ・・・ねぇ?

 で、『インサイド』で落ち着いて狙った筈なのに・・・枠を捉えられない時もあれば、GK正面に蹴ってしまう事もあったり・・・。

 だから、PKを貰っても・・・何だか有利になった気がしないのです。(^^;

 

 周りがワーワー言っても、本人が意識して練習に取り組まないと、改善されない部分ではありますがね。

 点を取ると言う事にもっと拘らないと、内容で勝って試合に負けるのでは、ちょっと寂しいですよね。

 うちの団は、そう言う試合が本当に多い気がします。

 『決定力』に欠けるのです。

 特にAチームですがね〜。

 もうちょっと、フィニッシュの精度に拘る必要がありそうです。

 つまり、それは・・・『キックの精度』と言う事になりますかね。

 此処に拘らないと、何時まで経っても撃てども撃てども入らない伝統芸能を継承し続けて行く事になりそうです。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

まだ小学生。でも、もう小学生

 この暑いのに、『水筒』を持ってくるのを忘れる子っています。

 『帽子』も持って来る様に言ってあるのに、持って来なかったり・・・。(^^;

 暑さを舐めたらアカンぜよ!



 で、何で持ってくるの忘れたんだよ〜って訊くと・・・「だって、ママが・・・」との答えを殆どの場合頂きます。(笑)

 「そう、ママね・・・自分で用意しないの?」って訊くと・・・「だって、何時もママが・・・」との答えをまたしても頂けます。

 自分で用意して忘れたのなら・・・まぁ、仕方が無いかって感じですけど・・・ママが・・・となると、何処に責任の所在があるのか子供達に理解させる事って難しい事が多かったりします。

 連絡して持って来て貰っても、「もう、何で忘れるの〜!」って親に八つ当たりです。(^^;

 高学年でさえ、こう言う事はあったりします。



 親御さんの方も、「入れるの忘れちゃって・・・ごめんね〜」なんて平謝りだったり・・・何とも、ほのぼのするシーン・・・な訳無いですよね。(^^;

 忘れ物以外にも、親御さんが『召使い』『執事』の様に、子供達の手足となっている事も良く目にします。

 子供達からの『指示待ち』状態の親御さんいないですかね?

 「あれやって、これやって」って子供達に言われると、「ハイハイッ!」ってそれに従う親御さん、本当に多いですよね。



 うちの場合は、支度を全て子供達でやります・・・やらせます。

 息子は、何も言わなくても自分で支度出来ました。

 今でもそうですね。

 お弁当も自分で用意します。



 娘の方は・・・直ぐに「水筒用意しておいて〜」なんて頼み出します。

 その度に、「知るかっ!自分でやれっ!」って突き放していますが・・・それでも、ダメ押しして来る所は、流石に末っ子のなせる業なのか・・・。

 うちで唯一私に『毒を吐く』女だけあって、中々手強いのです。(笑)

 妻の言う事なんて全然聞く耳持ちません。

 それでも、何とか自分で用意してサッカー場へ行きます。

 その分、遅刻する事も多々あるのですが・・・そっちは、そっちで叱られろって事で・・・。

 だた、忘れ物をしても私のせいにはしませんよね。

 そこは、自身で納得出来ている様です。

 そんな時も脳天気な態度で軽〜く過せちゃう変なたくましさは、既に身に付いていたりしますが・・・。


 サッカーの上手い下手なんてどうでも良い事なのです。

 何か1つでもサッカーやってて良かったって思える事があれば。

 自分の事は自分で・・・ってのもその1つなんだと思います。

 チームカラーの緩さに呑まれてしまっても、そこ1つだけでもちゃんと出来る様になってくれれば、無駄な6年間ではなかったって思える気がします。



 何でも手を貸すのは、考えないといけませんよね。

 手を掛けなさ過ぎも良く無いとは思いますが・・・。

 その辺のバランスを上手に取れると良いのでしょうね。

 ただ、子供達の『メイド』になってはいけない気がします。

 確かに、まだ小学生です。

 でも、もう小学生でもあります。

 出来る事は、やってもらいましょうよ・・・やっぱり。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

上手くなりたいけど・・・負けたくないけど・・・

 お盆休み中は、6年の大会にエントリーしてお疲れだった『なでしこ』のいる5年生。

 結果は、そこそこ・・・かな・・・と言いたい所ですが、決して勝てない相手ではなかった試合が多かったのに・・・結果を出せなかったのは、観ていてちょっと残念です。

 息子の時と比べてしまうのは良く無いのですが・・・あの時の息子のいたBチームとやっとトップチームが並んだかも・・・って言うレベルです。

 身体能力は、断然上なんですけどね・・・。(^^;

 伸び悩んでいます。



 時々、子供達と話をする事があります。

 また、息子がこんな事言っていた・・・なんて話も親御さんから聞いたりもします。

 その話をまとめてみると・・・彼らの思いが、何となく見えて来ました。

 伸び悩んでいる原因は、コレなんだろうな・・・って思います。



 「上手くはなりたいし、試合にも負けたくない」ここは、ホッとする所です。

 ただ、「勝てなくても良い」のだそうです。(^^;

 勝てなくても良いけど、負けたくは無い・・・そう言う事の様です。

 そして、ここが考えさせられる所なのですが・・・「今のまま、勝ちたい」のだそうです。



 ガミガミ言われながら、キツイ練習をしてまで勝ちたくは無い・・・って事の様です。

 「もっと優しくして欲しい」なんて、親御さんに言っていた子もいたそうです。

 自分達のやりたい様に・・・って言うのが本音の様です。(^^;

 それは、練習でも試合でもハッキリと見て取れます。

 純粋にサッカーで遊びたい子が多い様です。



 中には、最後に「県大会出場」を夢見ている子もいます。

 でも、そう言う子であっても練習を真剣に行ってはいない事が圧倒的に多いですかね。

 ワイワイ楽しく、時に口喧嘩なんかもして、楽しくサッカーしてます。(笑)

 それで良いのかも知れないね・・・この学年は・・・って思ってます。

 キツイ練習には、見学者も多いですから・・・『なでしこ』を筆頭に。(^^;



 思い返してみれば、色々な人に指導をされて来た学年ですが・・・何1つ身になっていないのは、こう言う事が原因だったのかな・・・って思います。

 「何も教わっていないの?」って首をかしげるコーチも何人かいました。

 知っているけど、やらない・・・やりたくない・・・ただそれだけです。(^^;

 「だって、疲れるもん」なんて普通に言えちゃう子達の集まりですから。

 自分に正直な子達です。



 比較的真面目に取り組んでいる子もいます。

 その子達がレギュラー組に何人かいるのですが・・・8人までは遠いのです。

 その穴を埋める事が中々出来ないまま気が付けば5年生になっていました。

 期待されていた学年だけに、期待に押し潰された・・・のかも知れません。

 レギュラー組からも何人か退団して行きました。

 もう直ぐ辞める子もいます。

 辞めそうな子もいます。

 これまで、見て来たどの学年とも少し違う・・・そんな気もします。



 最初は、勝つ事の喜びしか知らない子達でした。

 それも、学年が上がるにつれ負ける事が多くなって来ました。

 今では、負ける事に悔しさを感じているのかさえも分らない感じです。

 一部の子達だけが気を吐いている・・・そんな風にも見えます。

 でも、それさえもバラバラなのですね。

 試合中に口喧嘩が始まる事も多いのです。

 

 20人以上いた学年でしたが、気が付けばもう直ぐ15人になってしまいます。

 ちょっと寂しい気もします。

 期待すればする程、子供達は逃げて行く・・・そんな風にも見えます。

 自己主張の強い子達です。

 押し付けられる事を本当に嫌います。

 こう言うチームをまとめてゆくのって大変なんだろうな〜って思います。

 「今のままで・・・」子供達の願いは何処まで叶えられるのでしょうか・・・。

 そして、卒団の時・・・どんな事を思うんだろう・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

今か明日か

 皆さんのお子さんが、活動しているチームってどう言うチームか・・・御存知ですかね?

 『育成』を掲げて、実践しているチームなのか?

 育成は掲げているが、その実今現在の結果を求めるチームなのか?

 結果を求めるチームだけれど、育成にも力を入れているチームなのか?

 結果を求めるチームだけれど、結果が出せないチームなのか?

 結果が全てのチームなのか?

 どうでしょう?

 チームの方針と言うか、色を理解しているでしょうか?



 チーム選びを慎重にして来た人達にとっては、「何を今更」な話かも知れませんね。

 でも、多くの人は、それ程真剣にチーム選びをして来なかった筈です。

 近いから・・・が一番の理由なのかなって思います。(笑)

 少年サッカーに求めている物によっても違うのかと思います。

 私は、近いから・・・と言う事も勿論ありましたが・・・町クラブの存在すら知らなかった位です。(汗)

 息子を少年団に入れて、試合を重ねる毎に色々と知った事ばかりでした。

 それ程、興味のある話でも無いのですが・・・自然と耳に入って来る物です。



 例えば、中学の部活動は、結果を求めるチームです。

 中3の『夏の中体連』を目指して、そこで結果を出す為に活動しています。

 サッカー自体の育成には、正直無関心だと言えます。

 育成を部活動に求める人もいないでしょうね。(^^;

 これが、クラブチームとなると、サッカー選手としての育成も絡んで来ます。

 そうなって来ると、結果を出しているチームは、育成も上手な筈・・・と言う思い込みをし始める親御さんが出て来ます。

 でも、考えてみて下さい。

 結果を出している・・・それって、その年代での話・・・つまり今現在の強さでしかありません。

 育成・・・もっと長期的な物なのだと思います。

 今を見ても、育成の上手い下手って分り難い物なのです。

 1つの目安として、プロサッカー選手がどの位輩出されているのか・・・って言う物があります。

 でも、これだって『生え抜き』であったかどうか分りますかね?

 案外、他所から移籍して来た子もいます。

 そうなって来ると、そのチームの育成力のお陰とも言い難い訳で・・・。



 何が言いたいかって言うと・・・チーム選びは、『賭け』の部分も大きいのだと言う事です。

 随分色々と調べて決めたのに、実際入ってみたら・・・何て事は、茶飯事です。

 小学生でも中学生でもそれは同じ事です。

 色々な講釈を聞く事も多いのだと思いますが・・・そのどれもが、そのチームの一側面でしか無いと言う事は言えます。

 皆に合った育成、汎用的な育成と言う物があるのかどうか・・・私には分かりません。

 それは、何年か後になって初めて評価出来る事なんだろうなって思います。

 ですから、育成と言う言葉は、魅力的なのかも知れませんが・・・過度な期待を持たない方が良い様に思います。

 今か、明日か・・・現在か、将来か・・・親御さんの関心事ではあるのでしょうね。

 ただ、プロになる様な子って、多分ですが・・・常にトップ集団を走って来た子なんだろうと思います。

 その年代の常にトップクラスを維持し続けて来た子・・・今も明日も関係無かったんだろうって思います。

 常にベストを尽くして来ただけ・・・常に『ピーク』を維持して来ただけ・・・じゃないのかな〜って漠然とですが思います。



 何でもそうですが、過度な期待はしない方が良さそうではあります。

 例え、コーチが元Jリーガーと言う触れ込みでも、それは同じなんだと思います。

 子供次第って所が結局の所なんだと思います。

 お子さんのサッカー熱を良〜く見て決めてあげると良いのかも知れませんね。

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 試合に出られない子
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  4. 4. no img 試合に出せない子
  5. 5. no img 何を今更・・・
  6. 6. no img 体育会系は、もういらない!
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  9. 9. no img 位置付けも様々なのです
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 親としての立ち位置
  12. 12. 伸び期
  13. 13. no img 成長の為に試合に出さない?
  14. 14. no img 張り合いが無い
  15. 15. no img 頑張っているのに・・・
  16. 16. no img キーパーグローブ(フィンガープロテクト)
  17. 17. no img 雨と寒さは、審判の敵
  18. 18. no img パスサッカーとドリブル
  19. 19. no img チーム分けについて
  20. 20. no img 服装に関する都市伝説
最新記事
最新コメント
yellow10
サッカー少年達のその後・・・ (04/25)
GOBO
サッカー少年達のその後・・・ (04/25)
yellow10
サッカー少年達のその後・・・ (04/24)
GOBO
サッカー少年達のその後・・・ (04/24)
yellow10
辞めさせないと言う選択 (04/21)
パパイヤ
辞めさせないと言う選択 (04/21)
yellow10
ダメだこりゃ・・・ (04/19)
もみじ
ダメだこりゃ・・・ (04/19)
yellow10
ダメだこりゃ・・・ (04/19)
パパイヤ
ダメだこりゃ・・・ (04/18)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf