トランジション

 サッカー雑誌なんかを観ていると・・・よくトランジションと言う言葉を目にします。

 この言葉は、何もサッカー用語と言う訳でも無いのですけどね。

 占星術なんかでも使われる言葉ですから、一度位は耳にした事があるかも知れませんね。

 トランジションと言う言葉自体は、『移行』とか『変遷』『移り変わり』なんて意味があります。

 もうこの辺で、ピンと来たのでは無いでしょうか?



 サッカーにおけるトランジションとは、良く耳にするであろう攻守の切り替えを差す言葉です。

 子供達のサッカーの試合でも・・・「攻守の切り替えをもっと早く!」なんて悲痛な叫び声を聞いた事があるでしょ?

 アレの事です。(笑)

 攻撃から守備へ、守備から攻撃へ移行する正にその瞬間を切り取って局面化したのがトランジションと言う概念だと言えそうです。



 前述の通り、トランジションと言う状態は2通りあります。

 1つは、攻撃から守備へ移行するネガティブ・トランジションと呼ばれる状態、もう1つは、守備から攻撃へ移行するポジティブ・トランジションと呼ばれる状態です。

 ネガティブポジティブかなんて、どうでも良い事なのですが・・・気持ちの問題なんでしょうね。(笑)

 やはり、ボールを奪われた時には、ネガティブな気持ちになるのでしょうかね・・・。

 逆に、相手からボールを奪った時には、ポジティブな気持ちになり易いのかな・・・。(笑)




 冗談はさて置き・・・攻守の切り替えが重要な事だと言う事は、皆さん御存知の事と思います。

 この時間が短ければ短い程良いとされているのは、相手に時間を与えない為です。

 それはつまり・・・余裕を与えないと言う事でもあります。

 では、例えばボールを失ったら・・・どうするか・・・サ〜ッと自陣に戻って陣形を整える・・・素早く出来れば良いのですけどね〜中々そうは行きません。

 そこで考え出された物の1つが、ゲーゲンプレスと言う方法です。



 奪われた直後に守備を開始すると言ったら良いでしょうか・・・。

 ボールに近いプレイヤーが数名で直ぐにプレスに行くのです。

 とにかく、ボールを奪われたその時、その場所から・・・ボールを奪い返しに行こうと言う考え方です。

 実際には、罠を仕掛けて・・・と言う方が適切なんでしょうけどね。

 主にセカンドボールを狙いに行く・・・囮作戦なんですが・・・見た目、守備の形に見えてしまうんですよね。

 相手陣内でボールを奪う事が出来れば、それだけ楽に相手ゴールに近付く事が出来そうですよね。

 同時に自陣への侵入を妨げる事にもなります。

 そして、ボールを奪ったら・・・直ぐに縦パスを入れて行きます。

 攻撃に切り替えるのも早く・・・と言う事です。



 ハイプレスなんて呼ばれる類の物もあります。

 こちらも、相手がボールを保持した瞬間から行なわれるゾンディフェンスでは割と良く見られる方法だと言えます。

 陣形を大きく崩さずに・・・追い込んで行くんですよね。

 ただ、体力がね〜どうしても必要なんですよね〜。(汗)

 前線でもボールを追い駆け回すのですからね・・・FWも楽じゃないんですよね〜。

 闇雲にボールを追い掛けるのでは無く、コースを限定させながら・・・つまり、ワンサイドカットを上手く仕掛けながら、追い駆けないといけません。

 同時に、残りの者達でパスコースを消して行くのですね・・・そうしながら、追い込んで行く今では広く使われている漁法です。(笑)



 色々な方法が考えられるのですが・・・とにかく、時間を掛けない(与えない)と言う事が非常に大事なんですね。

 攻守の切り替えが遅いチームは、やはり勝てません・・・悲しい程に。(^^;

 トランジションと言う言葉を見聞きしたら・・・攻守の切り替えの事を言っているんだな・・・って思って下さい。

 この局面を制する者が、試合を有利に運ぶ事が出来るのだ・・・と、思って良いのだと思いますよ!(^-^)b

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ハーフスペース

 ここの所、ハーフスペースと言う言葉を耳にする機会が増えて来てます。

 ハーフスペースって聞いて、どんな意味か想像出来ますでしょうか?

 半分の空間・・・なにそれ?ってなものですよね。(^^;

 何が半分なのか・・・それが分かれば、何となく見えて来るかも知れません。



 ドイツ発祥のこの概念自体は、別に目新しいと言う訳でも無いのですが・・・強いて言えば、その重要性再認識された・・・と言うだけの事なんだと思います。

 知らない内にこのスペースを利用していたプレイヤーももちろん山程いると想像出来ます。

 ただ、そこを意識して積極的に利用しようと言う考え方自体が斬新な発想だったとは言えますか・・・。

 意識して良〜く見ると、そこかしこにあるスペースなのです。 



 通常、私達はフィールドを横に分割して見る癖が付いています。

 DFのいる最終ライン、MFのいる中盤、FW陣のいるトップ・・・なんて具合に、大まかに3本程のラインを意識して見ています。

 なので、これまではラインの裏を取ると言う事に心を砕いて来たと言えます。

 ハーフスペースの考え方は、逆にフィールドを縦に分割して考えます。


 ハーフスペース.jpg
 分かり易く・・・両チーム同じフォーメイションだったとして・・・仮に4−4−2の場合を考えて見ます。

 ざっくり、中央と両サイドとで3分割してみます。

 中央2名と両サイド1名ずつ人のいる幅で縦にラインを引いてみましょう。

 どうでしょう・・・見えて来ましたか・・・誰も人のいない領域が2本縦に伸びているのが・・・そこがハーフスペースと呼ばれている中央とサイドとの中間のスペースなんですね。

 下手な図で申し訳ありませんが・・・ハーフスペースのイメージは沸くかと思います。(^^;



 ここに侵入して来た人であれボールであれ、誰の責任で対応するのか曖昧な領域でもあります。

 ほんの一瞬の判断の迷いを利用して効果的な攻撃に繋げようと言う訳です。

 ギャップの考え方に似ていますよね。

 サイドの選手は、よりゴールに近い位置でプレイする事が出来る様になります。

 中央の選手も中央にいる時と大差ないプレイがほんの少しズレるだけで出来る訳です。

 更に、その空いたスペースを他の選手が利用出来る訳ですから・・・攻撃の幅は、広がりを見せて行く事が期待出来る訳ですよね。


 もう1つの利点は・・・ディフェンダーの目を外から中へ、中から外へと変える事にも役立ちます。

 それはつまり、その背後への侵入がし易くなると言う事でもありますよね。

 マークがずれ始める瞬間でもあります。

 流石ドイツ・・・目の付け所が違います。(^^;



 言われて見れば、な〜んだって事なんですけど・・・コロンブスの卵的な発想ではあります。

 見えている筈なのに、見えていなかった・・・その重要性に気が付かなかったなんてね・・・サッカーも未だ未だ進化して行きそうです。(汗)

 ハーフスペースと言う言葉を耳にしたら、責任の所在がハッキリしない領域・・・の事なんだなって程度の理解で良いのかな・・・と思います。

 子供達の試合でもハーフスペースを見付けてみて下さい。

 きっと、変な楽しみ方が出来ますよ。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

リアクションサッカー

 言うまでも無く、サッカーは相手の在るスポーツです。

 相手の在る事だから・・・自分達のしたい事が必ずしも出来るとは限らない訳で・・・何とか自分達のペースで試合を運びたいのですけどね・・・そうはさせてもらえない事の方が多いのかと思います。

 自分達のペースで試合をしているつもりが・・・実は、相手の術中にはまっている・・・なんて事もあるのですよね。(^^;

 パスサッカーの落とし穴の1つだと言えますか・・・。



 相手の事を無視した、ゲーム展開・・・出来れば素晴らしいのですが・・・そうは上手く行きませんよね。(^^;

 ボールも奪いに来るし、マークも付かれてしまうし・・・こっちの意図する通りには、中々なりません。

 何度もチャレンジして、失敗して・・・この繰り返しです。

 その内にチャンスらしいチャンスが何度かやって来るか否か・・・と言う所ですよね。



 だから・・・相手の存在を意識してプレイする事って大事なんですよね。

 そんな中から生み出されたのが、相手の出方を見て自分のアクションを決めて行くと言う戦い方です。

 そう言うサッカーをリアクションサッカーなんて言います。

 これは、これで理に適った戦い方と言えますか・・・。




 攻めているつもりが、ボールを持たされているだけ・・・なんてシーンもあります。

 ポゼッションは確かに高いのですがね・・・突破口が見出せずに困っているなんて事もありますかね。

 何処かのタイミングで、縦パスを入れたいのだけど・・・放り込む所が無い・・・なんて状況です。

 その内に、ボールを失えば・・・前がかりになっている分、即ピンチなんて事もあるのですよね〜。



 後の先(ごのせん)なんて言葉が、剣術にはありますが・・・これに似ています。

 先に相手に仕掛けさせておいて、それに合わせてこちらから仕掛けるのですよね。

 カウンターと言って良いでしょうね。

 サッカーでも、こう言う戦い方が実際にあるのですね。



 ただ、こう言うサッカーをするには、非常に高い能力が要求されますかね。

 何せ、どう言うプレイを選択するかは、相手の出方次第・・・なんですからね。

 攻撃に転じた時も、相手の事を良〜く見て、アクションを選択して行きます。

 隙間を突いて行くイメージでしょうか・・・。

 要求されるレベルは高いのです。(^^;



 柔軟な対応が売りのこの戦い方・・・柔軟なだけに、各プレイヤーの対応がしっかりした物で無ければ、直ぐに破綻してしまう危うさも持っています。

 1人でも、ぼ〜っとしていれば・・・そこが穴になるんですよね。(^^;

 常に相手の事を観察し、相手のアクションに合わせたアクションを起こすと言う事がこの戦い方の胆です。

 気が抜けませんよね。(汗)



 ただ、だからと言って受け身消極的なサッカーな訳でもありませんか・・・。

 相手の力を上手く利用した、力まないサッカー・・・そんな感じでしょうかね。

 以前、書きましたが・・・柳に雪折れ無し・・・を地で行く戦い方だと言えます。

 北斗の拳で言えば、トキの柔の拳と言った所でしょうか・・・。(古)

 相手次第で変化して行く変幻自在なサッカー・・・そんなサッカーがリアクションサッカーだと言えそうです。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ポリヴァレント(polyvalent)

ポリヴァレント


 以前、日本代表監督であった、イビチャ・オシムが使って話題になった言葉にポリヴァレント(polyvalent)と言う言葉があります。

 よく『多様性』なんて訳されていましたっけ。



 ポリヴァレントは、多原子価と言う意味の化学用語としても使われる言葉です。

 ざっくり言うと、他の元素の原子と結合する能力を表す数の事を原子価と言うのですが、それが多いと言うのですね。

 つまり、より多くの原子と結び付く事が出来る能力を持っていると言えるのかと思います。

 そして、その結合によって別の新たな機能を持つ事が出来るのです。

 どうでしょうか・・・イメージ出来ましたか?



 これを人に対してオシムは使ったのですね。

 複数のポジションをこなせるプレイヤー・・・これが、1つのキーワードになっていた気がします。

 じゃ、ユーティリティープレイヤーと何が違うのか・・・と言う疑問が残ります。

 ポリヴァレントと言う言葉だけが1人歩きしてしまい、その実態は分らないまま埋もれて行ってしまったと言えます。

 オシムの頭の中にあったポリヴァレントとは、一体・・・。



 オシムの頭の中には、常にスペシャリストと対でポリヴァレントと言う言葉があった様に思います。

 この2つの言葉は、互いに正反対の性質を持っている言葉の様に思われますが、切り離して考えなければならないと言う訳でも無いと考えていた様です。

 スペシャリストな上にポリヴァレントであればなお良い・・・オシムはそうも言っています。

 『アンビヴァレントなポリバレント性』が日本にはあるとも言っています。

 アンビヴァレント(ambivalent)とは、感情・性質・態度・意味などが相反するとか、 曖昧なとか言う感じの意味を持つ言葉です。

 両価的ななんて日本語に訳されます。

 同一の対象の中に、矛盾する2つの感情や評価を同時に抱いている様な状態なんだそうです。(汗)

 好きだけど嫌い・・・みたいな感じですね。



 スペシャリストだけどポリヴァレントと言うアンビヴァレントなプレイヤー・・・何の事やら・・・。(^^;

 何かに特化したプレイヤーであるにも拘らず、プレイする位置を選ぶ事無く誰とでも絡む事の出来る器用さを持っているプレイヤーこんなイメージなんでしょうか・・・。

 オシムが頭の中で描いていたサッカーがトータルフットボールであった事からも、それは窺えるのかと思います。

 トータルフットボールとは、流動的に各プレイヤーが必要に応じてポジションチェンジを繰り返して行く様な、非常に柔軟性に富んだサッカーを指す言葉です。

 人とポジションが1対1では必ずしも無いのですね。

 そう言うサッカーをオシムはどうも目指していた様なのです。


[ PR ] 楽天プレミアムカード 入会キャンペーン実施中!作らにゃ損損!

 
 では、求められていたのは器用さでしょうか・・・それも、少し違う気がします。

 おそらくですが・・・即興力とか順応力とか適応力をもったプレイヤー・・・それがオシムが考えていたポリヴァレントなプレイヤーなんじゃないでしょうかね。

 守備にしても、攻撃にしても職人(=スペシャリスト)は必要ですが、その上でこう言った能力(=ポリヴァレント)も併せ持つ(=アンビヴァレント)プレイヤーを望んでいた様に思います。

 もちろん、全員じゃありませんよね。

 そう言うプレイヤーが多ければ、多い程目指すトータルフットボールに近付けると考えていた様に思います。



 ただ単に、色々なポジションが出来ると言う事では無いのですよね・・・きっと。

 そして、何かに特化したプレイヤーは必要ないとも言っていません。

 何かに特化したプレイヤーである事は、トップチームに長く君臨するなら必要不可欠な事なんだと思います。

 その上で、ポリヴァレントであればなお良いと言っているのだと思うのです。

 また、オシムは日本のアンビヴァレントなポリヴァレント性に関して、「日本人の皆を尊重するやり方」の事だとも述べています。

 そして、それが面白いとも・・・。

 日本人である私にはちょっとピンと来ませんが・・・。

 日本人には当たり前の事も、外から見たら当たり前じゃない事もあるんでしょうね。

 そして、それがサッカーに活かされれば、日本のサッカーの日本化が出来ると考えていたのでしょうか・・・?



 今は、もう聞く事も無くなったポリヴァレントと言う言葉ですが・・・そこには、子供達が目指すべき物がある様にも思います。

 ただ単に色々なポジションを経験するのではなくて・・・その位置で求められるプレイを意識する事って大事です。

 めまぐるしく変わって行く景色の中で、自分がすべき事って何なのか・・・それを常に探さなければならないのでしょうね。

 でも、それが独り善がりな物ではやはりダメなのであって、他のプレイヤー達との関係の中で生まれて来る物でなければならないのでしょうね・・・きっと。

 サッカーがチームプレイである以上は、そう言う事も常に意識出来ないと良いプレイヤーにはなれないんだと思います。

 ただ、単に器用と言うだけでは生き残る事は出来ないと言う事なんでしょうね・・・。

 厳しい世界ですよ・・・ほんと。(^^;




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ダイアゴナルラン

ダイアゴナルラン


  『ダイアゴナルラン(diagonal run)』って、言葉があります。

 私が、子供達にしつこく言っている事の1つなんですが・・・。

 ダイアゴナル(diagonal)とは、『対角線の』とか『斜めの』とか言う意味です。

 つまり、斜めに走ると言う事なんですが・・・中々試合中に見る事が出来ません。(汗)



 子供達は、皆一様に縦と横には動けるのです。

 しかし、この動き・・・守備する側からすれば、非情に単純な分かり易い動きです。

 おそらくですが・・・子供達の頭の中には、ポジションに対する強い意識があるのだと思います。

 自分の持ち場を離れる事を嫌がっている様にも見えますか・・・。

 この辺は、ちょっと頭の柔軟性が足りないのかな・・・って思う所です。



 もしかしたら、持ち場を離れた事を酷く叱られた事があるのかも知れませんね。(^^;

 そう言う経験が、自由な発想を押さえ付けてしまっているのだとしたら・・・非情に残念です。

 守備の時は、持ち場に返る事も大事なんですが・・・攻撃の時は、相手の嫌がる動きをして見せる必要があります。

 その1つが、ダイアゴナルランだと言えますかね。


[ PR ] 【 急募 】 ママや主婦の方大歓迎!!<<人気のコールセンター求人♪高時給・短時間・シフト制OK・派遣style♪>>



 今は、ゾーンディフェンスが主流ですから、マーク流動的に行なわれます。

 そして、そこにこそ狙い目があるのですよね。

 誰が、マークに就くのか・・・一瞬混乱させる事が出来るのが、斜めへの動きでもあります。

 ギャップ(人と人との間、門とも言う)で受ける時には、良くダイアゴナルランが使われますかね。

 スピードを殺す事無く、ボールの出し手を視界に入れながら前に向かって走る事が出来る利点があります。

 中から外へ、外から中へ・・・こう言った動きが増えれば、増える程守備がし難いと言えますかね。




 マークの受け渡しもスムーズに行かない事も多いのです。

 守備陣を引き付ける事が出来れば、そこにスペースが生まれます。

 そのスペースを有効に使えれば、チャンスも増えて来ますよね。(^-^)b

 そう言う動きが子供達には足り無いと言えます。

 もっと、守備のし難い攻撃をして行かないと・・・ねぇ?

 

 斜めに走って、ボールを呼び込む練習って余りしないのでしょうかね。

 ボールは斜めに出るのですがね〜人は斜めに中々動いてくれませんよね〜。(^^;

 縦と横にしか動けない・・・将棋で言えば『飛車』ですよね。(笑)

 相手陣内に入っても、成って裏返っても『竜王』ですよ・・・斜めには1マスしか動けない・・・そう言う制約はサッカーには無いのですがね〜。

 もう少し自由にフィールドを動ける様にならないとね〜サッカーが窮屈過ぎますよね。

 ダイアゴナルラン・・・出来ている様で、出来ていない・・・簡単そうで、難しい・・・子供達にとっては、そんな動きなんでしょうね。(^^;




 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

一発で行くな!

 よく「一発で行くな!」って声を聞きませんか?

 守備に回った時に良く言われる言葉です。

 この意味分るでしょうか・・・。

 実は、子供達も良く分っていない事が多い言葉なんですよね〜。



 「飛び込むな!」って言う時もありますか・・・。

 それにしたって、子供達は「・・・?」な事が多いんですよね〜実際には。

 「取りに行くな!」って言ってくれる方がありがたいのですよ・・・実は。(^^;

 行くとは、取りに行く、奪いに行くと言う意味だと思ってくれて良いのです。



 じゃ「一発で」はどう言う状態を指しているのでしょうか?

 『躊躇する事無く』と言った感じでしょうかね。

 良く子供を観察していると分るんですが、ボールを持っている相手に対してそのままのスピードでボールを取りに行く事って良くあります。

 まるで、猪の突進です。(笑)

 そして・・・ヒラリとかわされてしまうんですよね。

 左右どちらかにボールを動かせば、勢いに任せて突っ込んで来る相手は簡単にかわせてしまいます。

 こう言う状態を良く、一発で行くと表現するのですよね。



 一発で行くなと言われたら・・・ボールを持っている相手の手前で『一時停止』して下さいねって事です。

 そうする事で、相手に簡単に抜かれる事が無い様にお願いしますよって言われているんです。

 『時間稼ぎ』が要求されている事が殆どなんですよね。

 そう言う目で、よ〜く見てみれば・・・確かに、その後ろには誰もいない・・・なんて状況であったりするのです。

 確かに・・・そんな状態で簡単に抜かれてしまっては、大ピンチとなってしまいますものね。(^^;

 言われてみればなる程なのですが・・・子供達の気持ちとしては、今此処でボールを奪わないとピンチなんですよね。

 そこに、考え方の違いがある訳です。



 『遅らせる』事が出来れば、その間に仲間が戻って来る事を期待出来ますよね。

 もしかしたら、自分の所にもう1人位応援が来るかも知れません。
 
 そうすれば、1対2の『数的優位』な状況が作れます。

 そうこうしている内に、味方も自陣に戻って守備の体勢が整うかも知れません。

 あくまでも、全て期待ですが・・・。(汗)



 目の前にボールを持っている相手がいるのに、取りに行けないのは子供にとってもどかしい事なのかも知れませんよね。

 それでも、そこをグッと我慢するだけで味方をピンチから救う事が出来るかも知れないのです。

 ただ、残念な事に期待を裏切られてしまう事もあります。

 相手も早く目の前のストレスを回避したいのですから、立ち止まっていてはくれません。

 で、勝負!って事になったら・・・仕方が無いので・・・更に後方へ下がって、抜かれない様にするのか、奪いに行くのかを選ばないといけなくなります。

 ここの判断は難しいんですよね。

 結果として、お小言を言われてしまう事の方が多い様な気がします。

 場数を踏んで覚えて言ってもらうしか・・・。(^^;



 子供達に考えて欲しいのは、その目の前にあるボールをどちらが先に触る事が出来るのかって事です。

 自分の方が先に触れるのなら、奪いに行って良いのです。

 でも、相手の方が先に触りそうなら、奪いに行くのを我慢して抜かれない事に『プレイを切り替える』事も必要なんですね。

 そう言う思いが「一発で行くな」って言葉には込められているのだと思います。

 柔よく剛を制す・・・的な考え方ですかね。

 力と力でぶつかるばかりが勝負では無いって事です。

 頭の方も使わないと・・・サッカーは勝てませんから・・・。(^^;

 「一発で行くな!」って声が聞かれたら・・・「頭使えよ!」って言われているのかも?(笑)


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

潰せっ!

 『潰せっ!』って声を聞いたことが無いでしょうか?

 サッカー用語かどうか分かりませんが・・・サッカーで良く聞く言葉ではあります。

 子供達も良く分らない言葉かな・・・って思います。



 簡単に言ってしまえば、『プレイさせない』と言う事で良いのだと思います。

 やろうとしている事をさせないと言う事ですね。

 ファールまがいの事をしろと言っている訳ではありません。

 この辺を勘違いしている人も少なく無いのですよね。



 ただ、言葉の持つイメージは、必ずしも良くはありませんか・・・。

 何だか危害を加えられそうですよね〜。(笑)

 ただ、求められているのは、『気迫溢れるプレイ』ではあります。

 守備の時に使われる言葉ですから・・・。



 足だけをヒョイっと出してボールを奪おうなんてプレイは求めていません。

 フィジカルコンタクトありまくりの激しいプレイを求めているのです。

 『潰す』と言うのは、『相手の心を潰す』と言う意味合いもあるのだと思います。

 「あいつには勝てない」なんて思わせる事が出来れば最高なんでしょうけど・・・「あいつは厄介だ」って思わせる事が出来れば上出来なんだと思います。



 これも相手が嫌がるプレイをしようねって事の1つです。

 ドリブラーには、ピタリとマークして離れない様にするとか、パサーになら、パスが入らない様にブロックするとか・・・考え方は色々なんだと思います。

 『潰し屋』なんて呼ばれる様になると本物なんですけどね!

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

パワープレイ

 『パワープレイ』と言う言葉があります。

 あまり良い意味では使われる事はありませんが、これでも立派な『戦術』でもあります。

 少年サッカーでも多用される事が多い戦い方なのですが・・・『諸刃の剣』でもあります。



 敗戦色が濃厚となって来ると・・・特に1点を争う試合等では、残りの数分間『前線の人数』を増やして、そこへボールを配球する事に力を注ぐ事があります。

 多くは、最終ラインやGKからの『ロングフィード』です。

 完全に『中盤を無視』する事が出来るのなら、その分人を前線に割ける様になる訳です。

 前線で『数的優位』を作る事が出来れば、得点チャンスも増えるだろうと言う理屈です。

 こう言うプレイをパワープレイと呼びます。



 前線の人数が増えると言う所がミソです。

 単に、中盤を無視してロングフィードを多用する場合は、パワープレイとは言い難いのですが・・・そう言う時にも使われる事が多くなってますかね・・・特に、少年サッカーでは。

 『縦ポンサッカー』なんて言葉もありますが、どちらかと言うとこっちの方がしっくりと来る言葉なんだろうと思います。

 前線に人数が割かれていないのなら、単に雑になっただけと言う気もしないでもないのですが・・・。(^^;



 スピードスターがいるチームなら、そこにボールを集める事に集中するかも知れません。

 しかし、単独で・・・と言う事なら、パワープレイとはちょっと違うのかも知れません。

 でも、こう言うサッカーも最近ではパワープレイなんて呼ばれる事も多い様ですね。

 8人制では良く見る光景ではあります。

 そして、結構効くのですよね・・・こう言うシンプルなサッカーって。(^^;



 しかし、こう言うサッカーは、余り好まれない傾向があります。

 どのチームも今は、『繋ぐ』事に力を入れているからです。

 それは、『中盤を作る』と言う事を特に意識したサッカーであるとも言えます。

 『ショートパス』を有効に使い、中盤でボールを失わない事、その流れの中で前線に配球する機会を作り出す事、こう言う事に練習の多くの時間を割いている訳ですから、それを全否定する戦い方に好意的である筈が無いのですよね。

 しかし、その戦い方が通用しなかった訳ですから・・・仕方無く、指揮官はパワープレイを選択する・・・と言うのが通常の流れなんだろうと思います。

 これは、結果に拘る姿勢の表れでもあります。

 熱い時間帯でもあります。



 前掛かりになってしまう分、『カウンター攻撃』を受けると大ピンチに早代わりしてしまうと言う欠点もあります。 

 そう言う『リスク』を犯しても1点が欲しい時に使われるのですね。

 だから、怖いのです。

 ただ、こう言うパワープレイが有効なのは、基本的な技術がしっかりと身に付いている場合です。

 ロングボールを受ける事って、それ程簡単ではないのですよね〜。

 だって、まだ小学生ですもの・・・ねぇ?

 それでも、こう言うシーに遭遇したら・・・それは、激アツな時間なんだと言う事は言えそうです。

 しっかりと、応援してあげましょう!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

フリーマンって・・・

 『フリーマン』を用いた練習をする事が最近では多いのかと思います。

 私が子供の頃にはやった事の無い練習方法ですね〜。(^^;

 最初見たときは、ちょっと訳が分らなかった様に思います。

 多分子供達も、最初はそうだったに違いありません。

 観ている親御さん達も・・・の人少なく無いのだと思います。



 フリーマンとは、簡単に言ってしまえば・・・ボールを保持しているチームの味方です。

 フリーマンは、必ずパスを受けたチームにボールを返します。

 裏切りは無しです。(^^;

 状況によって、相手チームにも味方にもなる・・・そんな役割を担うのがフリーマンです。

 謎は解けましたでしょうかね?



 フリーマンになると、何が違うのでしょうか?

 どちらのチームから、パスが来るのかをしっかりと把握しないといけません。

 そして、そのチームにボールを返すのですから、全体を見れないといけないのですよね。

 ボールが来て初めて味方を探すのでは、遅過ぎて練習にはなりません。

 また、良い状態でボールを受ける必要がありますから、『ポジショニング』にも気を使う必要がある訳です。

 マークされっ放しのフリーマンでは、フリーマン失格ですよね。(^^;



 ですから、誰でもフリーマンが出来ると言う訳でもないのですよね・・・実際には。

 でも、小学生なら・・・色々な経験をさせると言う意味で、皆に交代でフリーマンをやらせる事も多いのだと思います。

 ただ、ボールは上手く回りませんよね・・・根気がいる練習となりがちです。(^^;

 実際、誰が行うのが良いか・・・と言うと、DFの選手なんだと思います。



 実戦を想定した練習としては、DFこそがフリーマンの役割を担うべきなのかな・・・って思います。

 まぁ、個人的な意見ですので・・・聞き流してください。

 パスを受けて、ワンタッチか2タッチでボールを捌く必要があるポジションて、DFなんだと思います。

 常にクリアーでは、残念ですものね〜。

 中でも、センターを努める子は、特にこう言ったプレイが必要なんだと思います。

 大きくドッカン、ドッカン蹴るだけでは、バックパスしようって気にもならなくなってしまいます。

 しっかりと、繋ぐ意識を持たせる為に、フリーマンを任せる事って大事な気がします。

 だって、後方から全体が見渡せるポジションですものね〜。

 マークされる事も無いですし・・・。



 と言う訳で、GKもフリーマンをやっておくべきです。

 『バックパス』への対応なんて正にコレが生きるシーンですよね〜。

 手が使えない分、慌てて蹴り出してしまう子の何と多い事か・・・。

 慌てずに繋ぐ処理が出来る様に、GKもフリーマンを徹底的にやっておいて損は無いのだと思います。

 こう言う事が、落ち着いて自信を持って出来るのなら、試合中でも安心してGKにパス出来る様になりますよね。

 そして、『数的優位』が作り出せます。

 GKから攻撃が始まるって格好良いと思いますけどね〜。(^-^)



 まぁ、何はともあれ経験です。

 難しいですけどね・・・慣れるまで、根気良くフリーマンさせてあげて下さい。

 色々と気付く事もある筈ですから・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

スルーパス

 『スルーパス』と言う言葉があります。

 今は、小学生でも頻繁に使われるパスです。

 それだけ、『裏を取る』事を意識しているんだと思います。

 凄い事です。(^^;



 で、スルーパスとは、どんなパスかって言うと・・・相手守備陣の間を通す味方を走らせるパス・・・簡単に言うとそう言う事です。(^^;

 守備陣の間とは、いわゆる『門』『ギャップ』と呼ばれる比較的小さめのスペースです。

 って、そんな難しい事言うのは、サッカー馬鹿ですよね・・・人(DF)と人(DF)との間の事です。

 ただ、頭上を通す事もありますから・・・その場合は、門もギャップも意識しないで良いのです。

 しかし、そう言うボールは受け手が扱い難い為、グラウンダーで出す方が親切ではあります。

 要は、受け手の技量によるのですがね。(^^;



 守備陣の裏へとボールを出す訳ですから、そこにはある程度のスペースが必要となります。

 そして、そのスペースに最初から味方がいればオフサイドな訳ですから・・・パスの受け手は、そのスペースへ走り込むと言う形を取る事になります。

 動き出しが、早くても、遅くても、上手く行かないのです。

 出し手との呼吸が合わないと、失敗してしまう事の多いパスだと言えますかね。

 その分、ドンピシャで合えば・・・決定的なチャンスとなる事も多いのです。

 残るは、GKのみなのですから・・・。



 パスの出し手も様々です。

 トップ下の子が出す事が多い印象があるかも知れませんが、8人制に限って言えば・・・どのポジションでも狙う事は出来ます。(^^;

 DFからスルーパスが出る事も、珍しくはありませんかね。

 11人制ともなると、中々そうも行きませんが・・・それでも中盤の底、『ボランチ』『アンカー』等と呼ばれる所から出される事も多いですかね。

 何れにしても、『精度』『球威』が要求される高度なパスだと言えます。



 『キラーパス』なんて言われる事もあります。

 通れば即1点のチャンスとなるからです。

 味方にとっても、キラーパスになってしまう事もありますがね。(^^;

 誰も反応出来ない様な事もあったりします。

 どんなパスでもそうですが、『無茶振り』に付いて行ける人って少ないのですよ。

 『アイコンタクト』が取れると良いのですがね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
yellow10
独裁者!? (09/25)
yuji
独裁者!? (09/25)
yellow10
独裁者!? (09/24)
yellow10
油断大敵!! (09/24)
通りすがり
独裁者!? (09/23)
通りがかり
油断大敵!! (09/23)
yellow10
ママさんの嘆き (09/14)
パパイヤ
ママさんの嘆き (09/13)
yellow10
センターバックに必要な物・・・ (09/09)
パパイヤ
センターバックに必要な物・・・ (09/08)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf