パスが来ない!?

 よく子供達は、「だって、パスが来ないんだも〜ん」なんて愚痴る事があります。

 確かに、中々パスを出してくれない子はいますよね。(^^;

 ボールが取られるまでドリブルしてしまう子なんかそうです。

 そう言う子が、ボールを持ったら・・・パスを貰う事は出来そうもないですよね〜。

 その子がパスを出来る様になるまで・・・ちょっと大人になって、しばらく我慢しましょうか・・・。(笑)


 逆に、パスをしたいのに・・・って子もいます。

 こう言う子に言わせると、「パスが出せる所にいないんだも〜ん」て言われてしまう事があります。

 パスが来ないと嘆く子とパスが出せないと嘆く子・・・お互いパス交換がしたいのに・・・すれ違う2人・・・彼らを阻むものは一体・・・待て、次号!(笑)


 そもそも、パスって来るのを待つものか・・・どうでしょう?

 そう言う受け身的な考え方では、中々貰えない物なんだと思います。

 だって、それを邪魔しようとする相手が常にいるのですから・・・。

 じゃぁ、どうしたら良いか・・・そこを考えないといけませんよね。



 誰でも動く所までは、思い付きます。

 それでも、貰えない事って少なく無いのです。

 それが運命であるかの様に・・・。(笑)

 違いますよね。

 動く場所が良く無いのだと気が付かなければいけません。



 フリーになろうと空いているスペースに走り込む事は、思い付きます。

 確かにそこには誰もいないかも知れませんが・・・2人の間にはどうでしょう?

 子供達にはこの部分に考えが及ばない事が多々あります。

 間に『邪魔者』がいるのに、「ヘイ、パスッ!」って、ひたすら叫び続けている子も多いのですよね〜。

 パスを出す側からしてみれば、「出せるかっ!」って言いたくなる所です。(^^;

 これも移動先で止まって待っている事に原因がある事が多いのですよね。

 止まった状態でパスを貰える状況ってそれ程多くないのだと思います。



 それじゃ〜と、今度は動きながらパスを受けようと・・・動きまくります。

 当然、お邪魔しま〜すと、マークも付く事が多いのですよね。

 そうなると今度は、パスを出すタイミングが難しくなってしまう事があります。

 出したくても、出せない・・・出すタイミングが分らない・・・。

 それもその筈で、こう言う子はず〜っと同じスピードで動いている事が多く、マークを振り解く事が出来ていない事が多いのです。

 それでも最後は、「全然パスしてくれないんだも〜ん」ってスネてしまったりします。(^^;



 『パスを引き出す』のが上手な子を観察してみると・・・幾つかヒントが見付かりそうです。

 例えば、急にスピードを変える、急に方向転換をする、こう言うアクションを見て取れる事があります。

 静から動へ急に変わる事で、マークし辛くなったりします。

 その一瞬の隙にパスを引き出すのですよね。

 緩急のある動きや急な方向変換を上手に使ってみようと言う事です。



 もう1つ、非常に上手いな〜って思うのは、相手の死角に入り込んで来るのが上手な子がいます。

 例えば、マーカーにすーっと寄って来て、突然裏を取りに行ったり、前に出て受けたり・・・ボールと人を同時に見られない位置取りを見事にしてみせる子って時々います。

 凄いな〜って思うのですが、こう言う事もチャレンジしてみるとコツが掴めるかも知れませんよね。

 背後からの飛び出しと言った所でしょうか。



 パスが来ないと嘆くよりも、パスを引き出す事を考えないといけませんよね。

 そこに止まってパスを受けようなんて『横着』していては、貰える物も貰えません。

 考え方は色々です。

 頭を使ってプレイするって言う意味でも、こう言う事を常に考えてサッカーすると上手になれるんだろうな〜って思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

中盤の底を任されたら

 『中盤の底』と言うと、『ボランチ』『アンカー』なんて呼ばれるポジションの事なのですが、名前が違う様に役割も違うものなのです。

 ただ、その役割は、チーム毎に指導者が決める事でもあります。

 何だかややこしいのですが・・・1つだけ、中盤の底を任されたら意識して欲しいかなって事はあります。



 うちの少年団は、2−4−1を採用していますが、中盤はダイヤ型を形成しています。

 その為、中盤の底・・・ボランチと便宜上呼んでいますが・・・のポジションが存在しています。

 ここを任された子は、本当に難しい対応を迫られる事が多いのです。

 「あ〜でもない」「こ〜でもない」と常にダメ出しされているポジションでもあります。

 『攻守の要』なんて一言で言われる事も多いポジションなんですが、それだけに難しい役割を色々と押し付けられてしまう物です。



 中学の部活動では、殆ど4−4−2を息子達は採用しているのですが、時折・・・気まぐれに、3−5−2なんかも採用しています。

 この時は、『ダブルボランチ』を採用している様です。

 息子がここを任される事もありますね。

 観ていてやはり難しそうだなって思います。

 それは、守備に関してです。



 守備に転じた時、ここにいる子はどうすれば良いのか・・・本当に考えさせられます。

 気持ちとしては、ボールを追い掛けたい時もありますし、マークに付きたい時だってあります。

 ただ、そんな時にちょっと考えて欲しい所があります。

 それは・・・『バイタルエリア』に関してです。



 本来、中盤の底のポジションは、このバイタルエリア(MFとDFの間)を埋める事を目的としたポジションでもあります。

 バイタルエリアとは、侵入を許すと『危険な領域』だと言えます。

 ここを、空けてしまう事は、失点に繋がるリスクを背負い込む事になります。

 去年、息子達のチームは、正にここを突かれての失点が多かったと言えます。

 どうしても、誘き出されてしまうのです。

 そして、空いたスペースを自由に使われてしまう・・・その繰り返しでした。



 ただ、動くなと言う事も言えません。

 全ては状況によって・・・と言う事になるのですが、その判断が本当に難しいのだと言えます。

 DFラインに同化してしまっても、バイタルエリアは空いてしまうのです。

 小学生の8人制では、本当に厄介なポジションだと言えます。

 これを何とかしようとすれば、どうしてもDFラインの上げ下げや、左右への全体的なスライドなんかを意識させて、バイタルエリアをなるべく空けない様に工夫しないといけなくなってきます。

 難しい話ですよね。(^^;



 バイタルエリアを意識したポジショニングが出来れば、このポジションは何とかやっていけるんじゃないのでしょうかね。

 で、DFラインや攻撃的MFに常に声掛けをして、全体をコンパクトにまとめる努力をすれば、負担も少なからず減ってくるのかな・・・なんて観ていて思います。

 素人考えですから、何処まで的を得ているか分かりませんがね。(^^;

 ただ、こう言う事を「あ〜でもない」「こ〜でもない」って考えながらプレイするのも楽しい物です。

 そうしている内に、そのポジションのスペシャリストになっちゃたりして・・・。(笑)

 中盤の底を任されたら、意識するのは常にバイタルエリア・・・じゃないでしょうかね?
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

遠くから撃ってはいけないの?

 『ロングシュート』って決ると格好良いですよね〜。

 子供で無くとも、憧れ・・・じゃないのですかね?

 ただ、ロングシュートを嫌う向きもある様です。

 子供達って、本当に大変なんですよ・・・。


 ロングシュートを打つ為には、それなりの『キック力』が必要です。

 十分なキック力が有る子なら、狙っても良いんじゃないのって思います。

 何処からでも、ゴールを狙って来る・・・そんなチームは、本当に怖い物です。

 GKに対してゴールが大きく見えてしまう4種のサッカーでは、このロングシュートと言うのもが非常に有効な場合があります。

 山なりのボールが飛んで行けば、GKがセーブ出来る確立はグ〜ンと低くなって来ます。

 どんなゴールでも1点は1点です!

 素直に喜びゃ良いのに・・・眉をひそめる頑固な指導者もいたりします。(^^;



 下手な鉄砲数撃ちゃ当たる的なプレイには、やはり苦言を呈する指導者もいます。

 もっと、良い選択肢は無かったかと言われると・・・自信が持てないのも確かです。

 撃つと決めたら、もう周囲の事なんて見ていないものですし・・・。

 そこを、責められると返す言葉も無いのが現実です。(^^;



 要は、ロングシュートを狙って良いシーンか否かを判断してくれよって事を言いたいのだと思って良いのだと思います。

 もっと、良い条件下でゴールを狙える子がいるのなら、そちらに任せるべきじゃないの・・・って事です。

 また、そう言う子をを探したのかって所も問われます。

 もっと言うのなら、闇雲にシュートを撃つなと言われていると思って良いのです。

 外しまくる事もまた、士気に関わって来る所かも知れないからです。



 でも、そう言った事より、本音は『崩して』得点をして貰いたいと言う所なんだと思います。

 ロングシュートそれ自体は、否定する物では無いけれど・・・そればかりでは、ダメですよって事です。

 例えば、体格の良いGKが相手なら、ハイボールの処理もお手の物って事は、高学年なら良くある話です。

 そうなると、ロングシュートで得点を奪える事なんて、非常に稀となってしまいます。

 そうなった時、君は何が出来るの・・・それでも、ロングシュートに頼るのなら、いずれ試合に出場出来なくなるかも知れないよ・・・って遠回しに言われていると思って良いのだと思います。

 まぁ、もっともと言えばもっともな話ですが・・・。



 何でもそうですが、何かに頼りきったプレイは続ける物じゃありません。

 余程、それを磨き切って極められた物ならともかく・・・そうでないのなら、何時か行き詰る事になります。

 ロングシュートもその1つです。

 撃ってはいけないと言う訳ではありません。

 それで良い時もあるのです。

 ここも、良い『判断』が求められる所ですよね。

 ロングシュートは、『安易な選択』と受け取られがちなプレイですから、御利用は計画的に・・・って事で。


 検索ワードに『ロングキック だめ』ってのがあったのでちょっと触れてみました。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ボールを持ち過ぎる

 ちょっと、上手な子は『ボールを持ち過ぎる』嫌いがあります。

 私個人としては、小学生の内はそれでも良いのかな・・・なんて思うのですが、大会に出場して勝ち負けを争うとなると、それを許してくれない大人も大勢出て来ます。

 これ、良いとか、悪いとかの話では無いのです。

 以前にも書きましたが・・・指導者の数だけ考えるサッカーがあるのです。

 ドリブル等の個人技を駆使する事を推奨する指導者、チームもあれば・・・パスを巧みに廻し効率良く試合を運ぶ事を良しとする指導者、チームも当然あるのです。

 要するに・・・指導者次第・・・な訳です。



 「ボールを持ち過ぎるなっ!」って声が掛かる事って多いですよね。

 息子も低学年の時は、そうでした。

 そう言う事を言われ続けて・・・ドリブルを辞めてしまいました。

 そんな事もあって、今・・・ドリブル下手です。(^^;

 コーチは、してはいけないと言った訳では無いのです。

 時と場合を考えて・・・って指導だったのですが、息子にはそうは伝わらなかった・・・って言うか、しなければ叱られない・・・なら、止〜めたって事だったんだと思います。

 楽な道を選んでしまった・・・と言う事です。

 逆に言えば、それ程のストレスを与えてしまう事もある訳ですよね・・・大人の声って。



 今は、欧州のサッカーの真似をしたいのか・・・パス回しを徹底的にやらせるチームも相当出て来ました。

 『ポゼッション』を高め、リスクの少ない戦い方を子供達に仕込んでいます。

 洗練された高度なサッカーが、その目線の先にはある様です。

 それが、結果に繋がっているチームばかりでも無いのですがね。(^^;

 クラブチームは、そう言うサッカーをやらせている所が目に付きますかね。

 『セレクション』のあるチームは、最初からそこそこ個人の能力が高い子が集まって来ますから、パスサッカーをすんなりと指導出来るのでしょうが、少年団はそう簡単には行きませんよね。

 一様、パスサッカーも仕込んで見るものの・・・いざ試合ともなると個人技で・・・って事になりがちです。

 全てが、中途半端って感じもしないでも無いのですが・・・そこは、少年団ですから多くを望まない様にしないと・・・。



 さて、ボールを持ち過ぎる事は悪い事なのでしょうか?

 個人的には、悪い事だとは思いません。

 これも、その子の個性なのかな・・・って気はします。

 その子の考えるサッカーは、そのレベルなのです・・・今は。

 周囲の事とか、一切考えてないのですよね。

 今、ボールを自分の物としている事が楽しいのです。

 奪われてしまえば、もうつまらない物になってしまいます。

 その子にとって、サッカーはその程度の物なのです。

 サッカー文化なんて、未だ日本には無いですから・・・仕方が無い事なんですよね。

 もっと、サッカーを見て、触れて、これからサッカーと言う競技を知って行かなければならない状態なのですから、責められない所なんだと思います。



 そこを、指導で補う事をしてくれる指導者の方がいます。

 そうでは無く、思う様にやらせてくれる指導者もいます。

 その違いなんだと思います。

 どちらが良いと言う事でもないのでしょうね。

 子供や親御さんが、それを良しと出来るか否か・・・ただそれだけなんだと思います。

 持ち過ぎる事を責められて、親御さんの方がイラっとしてしまうのは間違いです。

 サッカーに対する考え方の違いですから、我慢出来なければ移籍・・・を考えても良いのかも知れません。

 そのチームにいる限り、多分そう言う指導を受け続けますからね〜。



 ボールを持ち過ぎると言われたら、「まだ、うちの子はサッカーって物が分っていないんだな」と思って、沢山試合を見せてあげて欲しいと思います。

 『ダイジェスト』なら、飽きないでしょうかね。

 良いプレイを沢山見て、「こう言う手もあったか!」って思って真似し始めてくれる様になってくれば、次第に周囲との連携も視野に入って来るのかなって思います。

 その時までは、ボールを何とか奪われない様に頑張ってみれば良いのだと思います。

 そっちの腕前を上げる事だって、サッカーには必要な事ですから・・・。

 何事も順番がありますから・・・今は、そう言う時期なんだって思って、指導者に悪態をついたり、子供を責めたりしない様にしたいですね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

差別?区別?

 検索ワードに『チーム分けは差別か区別か?』と言う物が有りました。

 貴方には、この違いが分りますか?



 チーム分けは、指導者の考える『判断基準』に基づいて行われるのが普通なのだと思います。

 中には、何らかのテストや課題、ノルマ等があるチームもあるのかも知れませんね。

 それでも、最終的には指導者の『独断と偏見』で・・・と言う事になるのかも知れませんが・・・。

 この判断基準を共有する事は、非常に難しい話なのだと思います。

 そうである以上、どうしても不満が出て来てしまうものです。

 そうすると・・・『差別』と言う言葉が独り歩きし始めます。



 どちらも、『分ける』と言う事に変わりは無いのですが、その違いがちょっと分り難いと言えますかね。

 何らかの違いによって分けられる場合は、『区別』と呼ばれる事が多いと言えます。

 例えば、U−12とかU−11とか・・・年齢の違いによって区別されているのが分ります。

 それによって『不利益を被る』子はいません。

 身長、性別、足の速さ、判断基準も比較的ハッキリとしていて、『曖昧さ』を感じる事は少ないのかと思います。

 一方、『差を付ける』為に分けられる場合は、『差別』と言う言葉を用います。

 『差別化』なんて言葉も良く耳にしますよね。

 例えば、上手い下手、強い弱い、そう言うハッキリしない曖昧さを回避出来ない基準で分けられる事が多いのかな・・・と思います。

 それによって、不利益を被ったと感じる場合もあるのかも知れませんね。



 そうなのです。

 何を基準に分けたかで、区別か差別かは決って来るのですね。

 基準が曖昧なら差別である可能性が高いと言えます。

 Aチームは強いチーム、Bチームは弱いチームと言うのは定番ですよね。

 では、その構成メンバーは・・・と言うと、ハッキリした差がある子もいるのですが、ハッキリとした差が見付けられない子達もいたりします。

 こう言う子が、後々のトラブルの種になって来るのですね。

 ちゃんとした、説明が出来ないと・・・厄介な事になって来ます。

 だ・か・ら・・・差別だと言われてしまうのですよね。



 で、実際にはどうか・・・と言うと、やはり差別なのだと思います。

 ここを認められないと、本当に話がこじれてしまう事がありますから・・・ハッキリそう言ってしまう方が後から楽なのだと思いますよ。

 AチームとBチームでは、その取り扱いに明らかな差がある事の方が多い為です。

 ただ、これは『悪意のある差別化』では無い筈です。

 分相応の子達同士が集まった方が、やり易いよね・・・って考えで、そうしている事の方が多いのだと思います。

 強化リーグ等もそうですよね。

 大体似た様な力のチーム同士が対戦出来る様に、ここも差別化を測っている訳で、ここに悪意は無いのだと思います。



 分ってもらいたいのは、差別化が全て悪いと言う訳でも無いと言う事です。

 ただ、やはり差別されていると感じる人は必ずいます。

 そして、それもまた仕方のない事なのです。

 どんな理由であれ、差別される事を気持ち良く思う人は先ずいませんからね〜。(^^;



 これは、チーム分けに限っての話です。

 そのチーム内で又差別があると言うのであれば・・・それは、問題となっても仕方がありませんかね。

 指導者側には、『説明責任』がある筈だと思うので・・・自身の『差別意識』を上手く説明してあげて下さいね。

 皆、そう言う意識を持っていますから・・・恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ〜。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

夏休みに差を付けられるかな?

 子供達も『夏休み』を迎えた様ですね。

 昼間、エアコンの効いた部屋でゴロゴロしていませんかね。

 長〜い、休みですから・・・頭も身体も鈍らない様に気を付けないといけませんよね。


 私達が小学生の頃は、学校のプールを『一般開放』してくれていたので、お金を払ってプールへ行く何て事は、高学年になってから・・・だった様に思います。

 今は、学校もプールを一般開放してくれていない様ですね。

 子供達の遊び場が1つ失われてしまいました。

 水の中に入って動いていれば、それだけでも結構な運動になります。

 泳げば、『心肺機能』を高める事も多少なりとも出来るのでしょうね。

 そう言う事が、出来難い環境が子供達を取り巻いている事は、ちょっと残念な気がします。



 海や川も今では、事故の多さから近寄る事すら出来ない状況です。

 私達は、普通に遊泳していたのですが・・・。

 体育の授業を見ていると・・・確かに、行かない方が良い・・・そう思える程、『水泳が苦手』な子が目に付きます。

 小さな時から、水と親しめていない事が良く見て取れます。

 今は、小学校の部活動も『希望者』のみ、しかも期間的にも短いと言う事もあります。

 私が小学生の頃は、担任によっては『強制』でしたから・・・。(^^;



 ただ、今の暑さは当時と比べると洒落にならない位の暑さです。

 部活動の時だって、「水なんか飲むな!」ときつく言われていた時代です。

 それでも、『熱中症』なんて聞いた事もありませんでしたから、今とは大分状況が違います。

 そんな環境の中で、「外で遊べっ!」って言うのも又酷な話なのかも知れませんよね。

 自然と、快適な屋内に留まる様になってしまいます。

 インドなんて気温50度越えたって言ってましたものね。

 地球規模で異変が進んでいる様です。



 それでも、ヤル気のある子はやはり違う物です。

 朝の涼しい時間を見計らって、『走り込み』を行ったり、『リフティング』したり、夕方になってから少しボールに触ってみたり・・・やはり、言い訳はしないものなのです。

 長い時間行う必要も無く、遠くまで出向いて行う必要も無いのですよね。

 『縄跳び』だって良いのです。

 身体を毎日動かしていると言うだけで、多少は違う物なのだと思います。

 外に出れば、脳に良い刺激を与える事も出来るのですよね。

 景色を見るだけでも、脳は喜ぶ物なのですよ。



 効果は直ぐには表れません。

 そこで飽きてしまわずに、続けてさえいれば2ヶ月、3ヶ月後に効果が表れて来ます。

 『ボールコントロール』もそうですし、『体力作り』だってそう言うものなのです。

 この夏休みに自分に負けてしまったか、否かは、気候が良くなった秋頃から差として表れて来ます。

 ここで、怠けてしまうのか、奮起するのか・・・それは、勉強でも同じ様に2学期に差として表れて来ます。

 暑くて大変ですがね・・・ちょっとだけでも、頑張ってみて欲しいかなって思います。

 もちろん、無理はしないで・・・心と身体と相談して下さい。

 あ〜後、脳ミソとも・・・。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ワンタッチかツータッチか

 『ワンタッチ』で、なんて良く耳にします。

 要するに『ダイレクト』でと言う要求なんですが、そこに拘り過ぎるあまり、失敗する事も多いのが少年サッカーです。

 もちろん、そのチャレンジを叱ったりしてはいけないのですが・・・。

 『トラップ』しては、本当にいけないのかと言うと・・・そうでも無いシーンも多いのです。

 この辺の使い分けも難しいのですよね・・・子供にとっては。



 『ワンツー』『ポストプレイ』も、練習ではワンタッチで行う様に指導される事って多いのかなと思います。

 出来るのなら、それに越した事はないのですが・・・パススピードが余りに速過ぎたり、逆に相手が来るのが遅かったり、その状況によってはワンタッチでは上手く行かない事もあります。

 でも、試合では『やり直し』が聞かないのですよね。(^^;

 じゃぁ、どうする・・・と考えた時、トラップも1つの選択肢となる訳です。



 例えば、難しい球が来た時、速過ぎたり、イレギュラーしたり、浮き球だったり、ライナーだったり、こんな時は、迷わずトラップをしてしまって良いのだと思います。

 ただ・・・ここが肝心なのですが・・・トラップした後を素早く・・・なのです。

 本来、望まれているのが、ワンタッチでのプレイなら、それに匹敵する位の早さで・・・トラップ&パスをすれば、何とかなる場合は本当に多いのですよね。

 そこで無理して、ワンタッチを選ぶ必要はないのです。

 出来ないのなら・・・。

 むしろ、しっかりとボールを受けて、無理無くパスが出来る方が、結果として良い場合も相当在ると言えます。



 味方との『連係プレイ』でもそうです。

 タイミングが合わないのに、ワンタッチで叩く子も相当います。

 ワンツーやポストプレイ等は、息が合わないと上手く行きません。

 こう言う時も、トラップ&パスで上手く行く場合もかなりあります。

 ワンツーと言うと、ワンタッチで折り返す・・・こう言う癖が抜けない子って見ていると多いのです。

 タイミングが合うのなら、それで良いのです。

 むしろ、トラップすれば叱られちゃいますよね。(^^;

 しかし、タイミングが合わない事が分ったら、『溜め』を作る為にもトラップを入れる事は、間違った選択ではありません。

 もちろん、周囲の状況にもよるのですが・・・。



 何が何でも、ワンタッチでなければいけないシーンて、それ程多くは無い気がします。

 ゴール前ですら、トラップした方が良いシーンも少なくないのですよね。

 それを、慌ててダイレクトで・・・失敗する事も相当あります。

 ワンタッチの技術を磨く事は素晴らしい事です。

 でも、ツータッチの技術、トラップ&パス(キック)の素早さに磨きを掛ける事も、同じ位必要な事なのです。

 特にトラップの技術、狙い通りの所にボールをコントロールする事が出来ないと、もたついて必要以上の時間を費やしてしまいます。

 これでは、上手く行きませんよね。

 次の事を考えて、ボールを扱う癖は付けたい物です。



 ツータッチでと言う縛りを設けた練習なんかもしてみて欲しいと思います。

 ワンタッチよりもむしろ、こちらの方が試合での使用頻度は高いのかも知れません。

 その中にワンタッチが入る事で『リズム』が変わり、相手の嫌がるパス回しが出来て来る気がします。

 ワンタッチばかりでも、『単調』なのですよ・・・慣れてしまえば。

 ちょっと、工夫して欲しい所ではあります。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

動いてパスを貰えって言われても・・・

 「もっと、動いてパスを貰おう」と言われる事ってあります。

 突っ立っているだけでは、良いパスは貰えません。

 なかなか、この辺が子供達には理解出来ない様で・・・動けと言われれば動くものの・・・動き方が何とも・・・。(^^;

 それじゃ、疲れるし付かれるだろ・・・。(笑)



 動いてパスを貰う事って、どう言う事なのでしょうか?

 動けば相手のマーカーも付いて来ますから、結局自由になれていない事の方が多いと言えます。

 それでも、動けと言われるのは、僅かでも先にボールに触れる事が出来る様に・・・と考えて良いのだと思います。

 もちろん、上手く行けばフリーでボールを受ける事も出来るのです。



 で、実際に子供達に動く様に指示を出してみても・・・右に行ったり、左に行ったりを繰り返すだけな子がいたり、何故だかマーカーと小競り合いになっている子がいたり・・・色々です。

 本当に真面目な子に多いのですが・・・ひたすらフリーになろうとして、動き続けている子がいます。

 真面目ですよね〜。

 そんな子に、時々アドバイスする時があります。

 「それじゃ、マラソンしてるのと同じだよ。ずーっと同じスピードで走っているだけだよね?」

 そうなのです。

 同じスピードで走り回っていても、疲れるだけだし、マーカーも付いて来るのです。

 だから・・・。



 「ボールを受けようとするその瞬間だけ、ダッシュで動いてみなよ。」とアドバイス、実際にやってみせると分り易いのですが・・・。

 それまでは、その時を待ちながら、ふ〜らふら、ゆ〜らゆら、していて良いのです。

 目があったその時、全力でスペースに飛び込んで行きボールを受ける。

 たったこれだけの事で、ボールに先に触れる事が出来る確立はグ〜ンと上がって来ます。

 後は、アイデア次第です。



 ちょっとした事なのですが、こう言う駆け引き的な事も覚えるとサッカーは、もう少し楽しくなって来ます。

 相手を出し抜く事にもう少し頭を使っても良いのだと思いますよ・・・。


 

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

守れってばよっ!

 子供達の『守備』に関する考え方ってどうなんでしょう?

 観ていると・・・どうも、『守備』『ボールを奪う事』と考えている子が大勢います。

 勿論、間違いではありませんよね〜。

 でも、それは守備の中の1つの形でしかありません。

 ボールを奪おうと、勢い良く飛び込んで行っても・・・ヒラリとかわされてしまう・・・こう言ったシーンも多いですよね。

 守備って難しいのです。



 試合中に良く「守備をしろっ!」とか「守れっ!」とか、子供達に発破を掛けるベンチからの声を聞く事があります。

 『守備の意識』を常に持っていないと、中々心も身体も動いてはくれないものです。

 言われてから、ハッと気付き動き出すものの・・・時既に遅し・・・と言う事も多いのですよね。

 疲れてくれば尚の事、守備の意識が頭から薄れて行く子も多くなって来るのかと思います。



 ボールの近くにいるのか、遠くの方にいるのか・・・それによっても、守備の仕方は違いが出て来ます。

 ボールの近くにいる子は、ボールに向かって何らかのアクションを起こす事が求められる事が多いのです。

 此処でどんな選択をするのか・・・子供達のセンスが問われる所ではあります。

 『ゴールとの位置関係』『距離』『相手の能力』等色々な事を考慮してアクションを起こさないといけないのです。

 それが、ベストチョイスかどうかは・・・直ぐに結果が出ます。



 相手のアクションを遅らせれば良い時もあります。

 例えば、味方の戻りを待つ時等がそうです。

 自分の後ろに味方が誰もいないのに・・・無闇に飛び込んでかわされてしまうのでは、即ピンチを招いていしまいます。

 そう言う時には、相手の『進路を断つ』だけでも立派な守備の形だと言えます。

 飛び込まず、距離を保って抜かれない様に時間稼ぎをする訳です。

 その後どうなるのかは、味方の戻りや相手の上がり等で変わって来ますが・・・その時出来る最善手は打てたんじゃないのかなと言えますよね。



 味方のフォローに回る必要がある時もありますよね。

 これも、直接ボールに対して行うアクションではありません。

 味方の後方で、次を考えた守備の形だと言えます。

 味方がボールを奪おうと『チャレンジ』に行った時の『フォロー』と言う物も必要なのです。

 『セーフティーネット』の様な役割を担う事になりますか・・・。

 そうでなければ、常に1対1の繰り返しな訳で、何時までもボールが奪えない状況が続く事になりそうです。 

 これも、立派な守備の形だと言えます。



 『パスコース』を潰す事も立派な守備の形です。

 もっと踏み込んで、『スペースを消す』事だってそうですよね。

 『シュートコース』を消す事だってそうです。

 これら全て『危ない所』を察知して起こすアクションです。

 『予測』する事で可能となります。

 これは、ボールから遠い位置の子達でも出来る守備の形です。

 

 『ディフェンスライン』を押し上げる事も守備の形の1つですよね。

 これなんかは、積極的な守備の形と言えます。

 『オフサイド』と言うルールを味方に付ける事が出来る様になりますよね。

 『スローイン』の場合、オフサイドと言うルールを味方に付ける事が出来ません。

 が、誰かがボールに触れた直後(此処からオフサイドの適用再開)に、ラインをス〜っと上げる様な事も行われます。

 高度なプレイですがね。(^^;



 『マーク』だって守備です。

 終始マークし続ける事もあれば、一時的にマークする事もあります。

 誰かから、マークを受け継ぐ事もあるかも知れません。

 ピッタリ寄り添う事もあれば、やや距離を取って行う事もあります。

 『ポジショニング』に注意を払わないといけない高度な守備です。



 ボールと共にGKが移動する事だって守備の形です。

 ど真ん中に常に立っていれば良い訳では無いのです。

 FWが前線でボールを追いかけるのだって守備です。

 相手のミスを誘う事が出来るかも知れませんよね。

 声を掛け合う事だって、パスを回す事だって・・・守備の1つの形です。

 どうでしょう?

 ボールに絡む事だけが守備では無いのですよね。



 守備と一言で言っても、そりゃもう色々な方法があって、色々と指導されている筈です。

 その時々に、どれを選択したら良いのか・・・常に考えなければなりません。

 だ・か・ら・・・難しいのですよね。

 ただ、基本的には・・・皆ゴールを守っている事に違いは無いのです。

 その心は、『失点したくない』と言う事なのだと思います。

 失点しない為に、何が出来るか・・・それを考えて行動する事が守備なのですよね。

 1人では出来ない事も、仲間と一緒ならば出来る事もある筈です。

 逆に、1人でも出来る事が必ずある筈なのです。

 それを常に探す事が出来るかどうか・・・ここに、守備力の差が表れて来そうではあります。

 守備の意識を常に持ってプレイするって、本当に大変で難しい事なんですよね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

言われる内が華

 自分にどんな癖があるかって、自分自身では良く分らない物ですよね。

 例えばキックをする時、どんな癖があるのか・・・指摘されてもピンと来ない物です。

 本人にその自覚が無いのですから・・・無理も無いのですがね。(^^;

 でも、そこで一々言い訳をしている様では、やはり成長は望めないのも確かなのです。



 この前の、体育館での練習の時に転んでしまって、軽い怪我をした子がいました。

 「だって、思いっきり蹴ったら、後ろに転んじゃったんだもん」とその子。

 「〇〇は、蹴る時後ろに身体を傾けるから・・・転んだんだよ」と私が言うと・・・別の子が、「だから、シュートすると上に上がっちゃうんだよね〜」って、横から口を挟みます。

 「え〜、そうなの?」と、少し驚いた様子。

 何度指導されても、それを認められなかった子なのですが、友達の言葉はすんなりと耳に入って来た様です。(^^;

 「今度、父ちゃんに動画とって貰えば良いよ。動画で観れば納得できるだろ?」と私。

 「へ〜そうなんだ〜そんな気はないんだけどな〜」なんて言ってました。

 さて、この子がこの後蹴り方を意識して直せたかどうか・・・まだ観ていません。(笑)

 ただ、今度同じ事を指摘されれば、素直に受け入れる事が出来そうではあります。



 決定的な証拠を見せられるまで、頑として認められない子は多いのです。

 そう言う子は、同じ失敗を何度も繰り返し易い子でもあります。

 更に、周囲から上手だと言われている場合は、絶望的に修正しようとしない場合が多いと言えます。

 悪いのは常に自分では無いからです。

 来たパスが悪い、グラウンドが悪い、スパイクが、服が、ママが・・・色々と理由を並べては、自分を守ろうとします。

 最悪の場合、動画等を見せても・・・認めません。(^^;

 こうなると、もう手の施しようが無いのかな・・・なんて思ってしまいます。



 アドバイスを聞く耳を持てないのでは、次第に誰も何も言ってくれなくなります。

 「勝手にしろ」なんて、サジを投げられたら最後・・・気が付いたら、周囲は皆出来る事が唯1人だけ出来ないなんて事にもなりかねません。

 騙されたと思って、一度やってみると良いのですが・・・そうしていると、色々な所から・・・あの手、この手と、更なるサポートが得られる物です。

 頑張っている子を、周囲は放って置いてはくれませんよ。

 頑張れない子は、次第に声も掛けてもらえなくなります。

 この差は大きいのです。



 ま〜中々分らないのですけどね。

 自分達が子供の頃だって、それ程人の話が聞けた訳でも無いし・・・。(^^;

 その分、叱られた事に関しては、今でも良く覚えています。

 今は、叱られる事が少ない事もあって、中々記憶に残らない事も多いのかも知れませんね。

 大人が子供に本気で接していないと言う事でもあるのかも知れませんね。

 何処まで・・・って言う線引きが難しい時代ですから、仕方が無いのかもしれませんが・・・。

 それを逆手に取って、人の話を聞けないのでは、その子自身が損をする事にもなりそうです。

 叱られるからでは無く、自分の為にもう少し人の話に耳を傾けられると良いのですがね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf