ボールから目を離さないで

 ボールを前で受けようと走り出すまでは良いのですが、その時『ボールから目を離す』子が案外います。

 前を向いて走り出すので、後方にあるボールから目を離してしまうのですね。

 そこへ、パスが出て来ます。

 当然、ボールを見失ってしまい・・・相手に奪われてしまったりする訳です。(^^;

 ボールを受けると言う事も、簡単ではないのですよね。



 1つには、『体の向き』の悪さがあります。

 自分の左後ろにボールがあるのに、右からボールを見ようとして・・・見辛くて・・・左から見直そうとして・・・目を離してしまうのですね。

 また、上手い事そのタイミングでパスが出て来るものなのです。(笑)

 こう言う子って思いの外多い気がします。

 ボールに『視線を残す』事が苦手な子です。

 これなんかは、練習で直す事が出来そうに思うのですが・・・癖なのでしょうね・・・また、やらかします。(^^;

 意識付けから始めないといけない様です。



 ゴールキックやパントキックを受けようと、前線へ全速力で上がって行く子の中にも、ボールから目を離してしまう子がいます。

 「直ぐには、蹴らないだろう・・・」と言うちょっと甘い考えを持った子と言えるのかも知れませんね。

 もちろん、キッカーもその辺を見て蹴る必要があるのかも知れませんが・・・上手い事、そう言う子の所にボールは飛んで行く様になってます。(笑)

 案の定、ボールを見失ったり、バウンドの山の下に入ってしまったり・・・最悪、自分の頭に当たってしまったり・・・こちらも、ボールを自分の物とする事が出来ない事が多いと言えます。



 ボールを受ける意思がある時は、ボールから目を離さない様にしないと出す方も困ってしまう事が多いのです。

 親切な子は、名前を呼んでくれたりするのですが、こう言う子は振り向くのも遅い事が多いのですよね〜。

 『自分のペース』で動いている為なのだろうと思います。

 自分の準備が万全に整ってから、パスを出して欲しいのですね。

 だから、悪いのは自分じゃないのです。

 「何で待ってくれないの〜」とか「何でそっちに出すの〜」とか思っているのだと思います。

 こう言う事で言い合いになる子も実際にいますから・・・。(^^;



 走りながらも、しっかりとボールを受ける準備はしておかないといけません。

 目が合えば、来ると思って・・・ボールから目を離さない様にする癖は練習で付けていかないといけない気がします。

 試合は常に流れの中にあります。

 自分のタイミングに相手が何時も合わせてくれるとは限りませんから、自分が相手に合わせると言う気持ちも必要な時があります。

 相手とのタイミングを計る意味でもボールから目を離さない事は大事な事でもあります。

 実際には、ボールだけ見ていれば良い訳ではないので・・・ボールを『視界』に入れておくと言う言い方の方が良いですかね。

 その為にどうすれば良いか・・・これを練習で身に付けて欲しいと思います。

 動き方や身体の向き等、工夫すべき所は沢山あるかと思います。

 チャンスを物に出来るか否かは、こう言う所でも差が出てくると言う事は覚えておいて貰いたいですね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

移動は、ダッシュでお願いします!

 練習時の移動って、どうしているでしょう?

 ダラダラと歩きながら・・・では、時間を浪費している様な物です。

 移動さえトレーニングとして有効活用出来るのと、出来ないのとでは、ちょっと差が付きそうです。



 サッカーには『持久力』が必要だと言われています。

 しかし、それはマラソンの様に一定のスピードで走り続ける為の能力とは、ちょっと違う気がします。

 どちらかと言うと・・・50〜60m位でしょかね・・・小学生の8人制なら。

 この位の距離を何度も『全力走』が出来る能力を指すと思って良いのだと思います。

 これが出来るのと出来ないのとでは、試合での動きに大きな違いが生じて来ると言えます。



 時間を取って、『ダッシュ』の練習をするのも良いのですが・・・せっかくですから、練習時間中の移動をダッシュで行う様にしてみてはどうでしょう?

 これだけでも、1日2時間の練習時間だとしても・・・相当走れますよね。

 ボールを持って移動する時なら、全力走での『二歩一触』の練習なんかも出来ますよね。

 移動をただ移動するだけで終わらせてしまうのはもったいないのです。

 ボールの扱いと同じ位、この全力走の能力も必要です。

 30分毎に、取り入れる様な感じでも良いのだと思います。

 「今から30分間は、全ての移動をダッシュで〜!」と言う具合でOKなのだと思います。

 流石に全ての時間をダッシュで・・・と言うのでは、ちょっと気の毒な気もしますから・・・。(^^;



 こう言う事を取り入れる事で、練習にもある種の『緊張感』を持たせる事が出来そうでもあります。

 中々、ダッシュをする癖って付かない物ですから、最初は厳しく声を掛けてあげる必要があるかも知れません。

 息子のコーチもそうでしたね。

 「俺の練習の時は、絶対に歩くなっ!」って、何時も言っています。

 私もそうですかね。

 「だ・か・ら・・・ダッシュって言ってるだろ〜っ!」と猛る事も多いです。(笑)

 そうでも言わないと、中々全力を出そうとしない物です。

 手を抜く事は、簡単ですが・・・それが、試合で出てしまう訳ですから・・・そこは、厳しく!



 ちょっとした事なのですが、別途時間を取って行うより習慣化されてしまえば、これだけでも十分なトレーニングとなるんじゃないのかな・・・と思います。

 限られた時間の中で『効率的な練習』を行う為にも、移動はのんびりとしていては・・・やはり、いけない気がします。

 少人数で行う練習なら尚の事ですよね。

 無駄な時間を作らない為に、移動は全力でお願いします・・・ねっ!(^^;

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

門を閉めろ!

 よく『門』と言う言葉がサッカーでは使われます。

 今は、『ギャップ』と言う方がオシャレなのかも知れませんね。

 どちらも、人と人との間を指すのに使われます。

 この空間が広ければ広い程、ボールも人も通り易くなる事は想像出来ますよね?

 守備をする上で、この門とかギャップと呼ばれるスペースを小さくする事は、非常に大切な事だと言えます。


 この門と言うスペースが広いと、『裏を取られる』事が非常に多くなって来ると言えます。

 守備陣としては、この裏を取られる事だけは、最も避けたい事なのです。

 それは、自陣のゴールに向かっての『戻りながらの守備』を余儀なくされると言う事でもあります。

 最も危険な状態ですよね。

 この点に限って言えば、8人制では克服しがたい問題なのかも知れません。



 3バックで挑むにしても、2バックで挑むにしても、やはり門は大きな口を開けている事が多くなりがちです。

 チームによっては、コンパクトに中央へ絞っている事もありますが、こう言うチームは稀・・・かなと思います。

 それは、中盤でも同じ事が言えます。

 多くのチームで試合が進むにつれ、次第に門が開いていってしまうものです。

 それは、仕方の無い事です。

 それでも、何とかボールのある近くでは、この門を意識出来ると多少なりとも守備が楽に出来そうではあります。

 少なくとも、ロングボールが来ない限りは、速攻を防ぐ助けにはなりそうです。


 2対2や3対2の対人練習等をどのチームでもやっているのかと思います。

 試合でのワンシーンを練習に落とし込む事は、『意識付け』に役立ちそうです。

 ここで、しっかりと門を意識した守備をさせる事を考えてみます。

 門が開いているか否か・・・は、ボールホルダーの主観による所が大きいと言えます。

 実際に、広いスペースがあったとしても、ボールホルダーから見た場合、必ずしもスペースがある様に・・・少なくともボールが通せる様に見えない事もあります。

 ボールに対して鋭角に2人が並んでいる場合等がそうです。

 こう言った事を利用して、常にその様になる動きとポジショニングをする事も1つの手ではあります。



 所がです。

 これは、ボールから見た門であって、そこに『飛び込んで来る』人にとっては、必ずしもそうではありません。

 ここが厄介な所です。

 ですから、やはりボールに対して鋭角となる様にポジショニングを取ったとしても・・・そのスペースは小さくする様に努める必要が場合によってはあります。

 この2人の『距離感』て非常に大切なのです。

 広過ぎてもダメ、狭過ぎてもダメ・・・難しいですね。(^^;

 何度も練習をして身に付けるしか無いのです。



 相手の立場になって・・・パスが貰えない位置に動くと少なくともボールに対しての門は狭く出来るのかも知れませんね。

 後は、そこへ走りこんで来る者へも意識を向ける・・・と言う事になるのかと思います。

 ただ、ドリブル突破された時の事も考えなければいけません。

 この時の対応の仕方も頭の片隅には置いておかないと・・・守備って難しいですよね〜。

 味方との『連携』がとても大事な事と分ります。

 ボールウォッチャーでもダメですよね。

 繰り返し練習してみて、コツを掴んで欲しいと思います。

 門を閉める事が上手に出来れば、守備はもっと楽にできるかも知れませんよね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

その走りで大丈夫なの?

 攻撃と守備とに分かれた練習をする事って、多いのだと思います。

 例えば、1対1の様な・・・。
 
 こう言う練習を見ていると、何時も感じる事なのですが・・・守備の時間を消極的に過す子があまりにも多いと言う事です。

 本気でボールを取りに行く姿勢が見られないのですね。

 これが、試合にもそのまま出てしまいます。

 何の為の練習なんだか・・・。(^^;



 非常に多く見かけるのは、のんび〜りと寄せて行く子です。

 当然、ボール等奪える訳も無く・・・難なくシュートまで持って行かれてしまいます。

 「もっと全力で寄せて!」と声を掛ける物の・・・次もまた、同じ事を繰り返します。

 「寄せが遅いDFなら、直ぐに顔を狙ってシュートを撃ってしまえっ!」と子供達には、言う様にしています。

 顔を狙われたくなければ、素早く寄せるしか無い様に仕向ける為です。

 寄せ切ってしまえば、せいぜい当たっても足です。

 怖くは無いですよね?



 「なでしこ」には、ボールが当たるのが怖ければ、目一杯寄せろと教えています。

 ゼロ距離から、顔やお腹を狙って蹴る事は先ず出来ませんよね。

 ここまで近付いて、ようやく勝負になります。

 ダラダラと寄せて行くから、ボールが当たる事に恐れを抱かなければならなくなります。

 だから、全力で・・・なのです。



 ゆっくりダラダラと、練習をしている子の多くは、試合でも消えている時間が多いと言えます。

 ず〜っと全力で走り続ける事なんて、誰も望んでなんかいません。

 ただ、必要な時位は、全力で走る様にしてもらいたいものです。(^^;

 ほら、今日もまた・・・ダラダラと走っている子がいます。

 お宅のお子さんじゃ無い・・・ですよね・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

陰に隠れない為の練習

 『パス』交換をする時、最低でも2人要りますよね。

 サッカーでは、この2人でのパス交換が上手に出来ないとボールを失う事になり易いと言えます。

 特に8人制の場合、3人、4人と周りにいてくれる状況は期待出来ません。

 2人で突破を図らなければならないシーンも多いのです。

 しかし、子供達を見ていると・・・ディフェンスの陰に隠れてしまっていて、パスをもらえる位置にいない事が多いと言えます。

 パスをもらう為に、『動く癖』を作る為の練習です。



 4人(3人でパス回し、1人がディフェンス)で行う『鳥かご』と言う練習がありますが・・・その前に、こう言った2人でパス交換をする練習を低学年の内にしておく事は、大事な気がします。

 2対1
 適当な長さの平行な2本の線を引きそのライン上でパスを受ける事を行います。

 中には1人、ディフェンス役を置いてパスカットを狙わせます。

 ライン上をドリブルで移動しても構いません。

 パスの出せるタイミングでしっかりとパスを出します。

 この練習では、『走らせるパス』は取り合えず禁止です。

 受け手が、しっかりとパスのもらえる位置へ移動する事が求められます。

 ボール保持者は、ディフェンスを騙す様な仕草も取り入れると良いですね。

 同様に受け手も急に反転したりして、ディフェンスの陰に隠れない様に位置取りする事を狙います。

 2人でディフェンスの裏を掻く事に終始してみましょう!



 時間内に何本パスが通せたか競わせるのも良いかも知れませんね。

 ラインの長さを調節したり、ライン同士の間隔を変えたりして色々なパスの練習をしてみて下さい。

 ディフェンスの練習にもなるかと思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

必要?

 ん〜ここの所、ちょっと気になる検索ワードがチラホラ・・・。

 それは・・・「〇〇は、必要?」って言うワードです。

 『リフティング』にしても、『スーパージンガ』にしても、この『必要?』って言葉が続く事が多いと言えます。

 おそらくですが・・・親御さん・・・なのでしょうね〜検索しているのは・・・。



 例えば、リフティングです。

 これが、無駄なトレーニングかどうか・・・どうやって知る事が出来るでしょうか?

 それが分るのは、徹底的にやった人だけです。

 ちょっとかじった程度では分りません。

 人の話なんかは、当然信頼するに値しないのですよ〜。

 実際に徹底的にやってみて、初めて必要だったか否かが分るのです。

 でも、それは・・・その人にとって・・・であって、他の人にも当てはまるかどうかは、また別の話だと言えます。



 何でもそうなのですが、やる前から『無駄』だとか、『無意味』だとか言うのは、どうなのかなと思います。

 そもそも、無駄なトレーニングってどの位あるのでしょうかね?

 サッカーに限って言えば、それ程多くないんじゃないのかな〜って思います。

 何せ身体全体を酷使するスポーツですから、水泳だって役に立つのかも知れません。

 武道だって役に立つかも知れませんよね〜。

 それは、長い時間の中でほんの一瞬だけ役に立つ事なのかも知れません。

 でも、そう言う時は、やっておいて良かった〜なんて思うものです。

 ご都合主義って言うのでしょうかね・・・こう言うのって。(^^;


 ボールの扱いに関しては、とにかく色々とやってみる事が大事だと思います。

 『ボールを意のままに操る』事が、究極の目標と言ってしまっても良いのかも知れませんよね。

 その方法論の1つに、リフティングやスーパージンガなんかもあると言うだけです。

 これらのトレーニングから何を掴み取るかは、その人次第ですよね。

 例えば、フェイント。

 これだって、色々あります。

 極端な話、フェイントなんて使わなくたってドリブルで人を抜く事は出来ます。

 じゃぁ、フェイントの練習は無意味なのでしょうか?

 そう言い切れる程、ボールの扱いが神レベルな人ってどの位いるのでしょうかね?



 限られた時間の中で、子供達により良い道を探してあげたいと思う気持ちは分かります。

 ただ、親が与え過ぎるのもやはり考え物なのだと思います。

 必要か否かは、子供達自身が実際にやってみて決めれば良い事の様に思います。

 あれこれ、提案する位にしておいた方が良いのではないのでしょうかね。

 特に、『自主トレ』レベルの話ですから・・・色々かじって良いのだと思います。

 何をやったって、無駄な事ってそんなに無いのですよ・・・実際には、気が付かないだけです。

 サッカー以外の所で、役立つ事もあるかも知れませんし・・・。

 何より、何かに集中して取り組む事が出来れば、それだけでもその練習をした価値はある様に思います。

 もしかしたら、遠回りしてしまったかも知れませんが・・・それを損したなんて思わないで欲しいのです。

 近道を探したくなる気持ちも分かりますが・・・そんなに簡単な物では無いのですよね・・・サッカーに限らず、世の中って・・・。

 そう言う事を知る事もまた、子供達にとっては成長なのかも知れませんよね。

 まぁ、あまり親が手を廻し過ぎるのも考え物なのですよ。

 上手く付き合って上げて下さい。


 

 

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

振り向かせるな!

 ボールを持った相手に、背後からディフェンスをする時、よく「振り向かせるな!」と言う声が掛かる事があります。

 ゴール前でなら尚の事、振り向かれてしまえば即シュートを撃たれてしまう事もあります。

 それ以外の場合でも、前向きとなった相手を止める事は、思いの他難しい事だと言えます。

 通常、ボールを持っている方に分があるからです。

 せっかく、後ろ向きでボールを持ってくれているのですから、出来ればそのままで・・・お願いします。(笑)



 後ろ向きの相手は、それ程怖くは無いのですが・・・振り向かれ、正対されてしまうと・・・途端に、怖さがグ〜ンと増してしまう事があります。

 『プレイの幅』が広がってしまうからです。

 極稀に、後ろ向きでも十分怖いプレイヤーもいたりしますが・・・。

 通常、こう言った背後から守備をする場合には、『隙間を空けない』事に努めます。

 つまり、『0距離』を保つ事に終始する訳です。

 たったこれだけの事で、案外効く物なのです。

 但し、横や斜めからでは、効果も半減・・・どころか、無いに等しいのです。

 ここが難しい点でしょうか・・・。



 ピタリと貼り付かれる事は、好意を持った人にされる場合を除いて、多大な『ストレス』を与えます。

 よく、電車でも見かける光景ですが、わざわざ1人分間を空けて座ったりするのもこの為です。

 サッカーは、元々『コンタクトスポーツ』なので、接触自体はそれ程ストレスを感じる事は無いかも知れませんが・・・やはり、動き難いとは言えます。

 特に、自分が行きたい方向を塞がれると、別の選択肢を模索する場合が多いのかと思います。

 もちろん、上手な子には、それすら織り込み済みなのですが・・・。(^^;

 それでも、一時『自由を奪う』事は出来ます。

 全くのフリーにするよりは、マシ・・・ですよね?

 

 とにかく、振り向かせない為には、ピタリと貼り付く事、これに尽きます。

 それは、『身体を密着させる』と言う事です。

 「気持ち悪い〜」と言う声も聞かれますが、相手も同じ気持ちなのでノープロブレムです。

 それが、狙いの1つでもあるからです。

 気持ち悪がって、去って行ってくれればその方が助かります。

 ここは、確信犯的に身体をグリグリ密着させましょう!(笑)

 同時に、隙有らば股下からボールを狙ったりする事も出来れば行います。

 ボールを手放すまで、執拗にこう言う行為をし続けてやるのです。

 『変態』と思われてナンボなのです!(笑)

 

 練習もそのままで良いのだと思います。

 2人1組で、1人が後ろ向きでボールを持ち、背後からもう1人がディフェンス役となって、攻守それぞれの立場で練習が出来ます。

 攻撃側は、何とか相手を抜き去るか、隙を見てシュートを放つまでを目標にします。

 守備側は、それを阻止する為にピタリと貼り付き『粘り強い守備』に終始します。

 ボールを奪う事が出来れば、守備側の勝ちです。

 勝負が付くまで何分でも・・・それで良いのだと思います。

 しっかりと、貼り付いて振り向かせない事を先ず心掛ける・・・それだけでも、味方は助かる物です。

 相手の動きに着いて行くと言う点では、『マーク』する場合と良く似ています。

 変態の称号を手にするまで、練習に励んでもらいましょう。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

浮き球の処理は苦手です

 子供達の苦手な事の1つに『浮き球』の処理が挙げられます。

 ボールの『落下地点』を予測出来ない子も相当数いますよね。

 以前、『落下地点を先取りせよ!』と言う記事で落下地点の予測を身に付ける為の練習について触れた事があります。

 落下地点の予測は、浮き球処理には欠かす事の出来ない『勘』だと言えます。

 これが出来ないと・・・絶望的です・・・『バウンド』したボールの山の下に入り込んでしまいます。

 先ずは、これが出来る様にしてあげて下さいね。


 さて、落下地点の予測は出来るのに・・・と言う子もいます。

 原因は、大きく分けて2つある様に思います。

 
 【 恐怖心 】

 ボールが当たったら痛い・・・そう考えてしまうのは、低学年の子なら当たり前の事なのだろうと思います。

 逆に、そう言った『恐怖心』の無い子を見ると・・・大丈夫なのか・・・と私なんかは、心配になってしまう位です。(^^;

 この恐怖心を取り除く為には、身体にボールが当たる事に慣れさせると言うのが一番なのかと思います。

 『ドッヂボール』なんかは、遊びながらそう言った事を体験出来るのかなと思います。

 身体全体を使う遊びですから、その他にも色々と身に付けてくれそうですね。



 2人でなら、向かい合って優し〜くボールを投げてもらって、身体だけでボールを受け止める練習なんかでも良さそうです。

 何なら・・・仰向けに寝てもらって、上からボールを落としてやる・・・と言うのも効きそうではあります。

 どちらにしても、最初は近くから超優し〜くやってあげる必要がありますね。

 ここで、意地悪したい気持ちをグッと堪える事が非常に大事です。(笑)

 1度でも、痛い、怖い経験をさせてしまうと・・・本当に『トラウマ』になってしまいかねませんから。

 大事なのは非常に沢山の『成功体験』を与えてあげる事です。

 それが、出来れば1度や2度の失敗がトラウマになる事もなさそうです。

 

 1人で・・・なら、ボールを地面にバウンドさせて、その上に身体を被せる事をしたり、上にポーンと投げ上げたボールを色々な所で受けてみたり・・・ボールと戯れる事を繰り返す事しかなさそうです。

 ネットのボール入れが有るのなら、適当な高さで固定してブ〜ラブ〜ラさせて頭や胸等でボールを受ける等も出来そうです。

 『ヘッディング』の練習にもなりますかね・・・でも、ネットが逆に痛そうではありますが・・・。(笑)

 とにかく、ボールを色々な所で受けて慣れるしかない気がします。



 【 技術不足 】

 落下地点の予測も出来、ボールに対する恐怖心も無いのに・・・浮き球の処理が上手く出来ないのなら、単に『技術不足』だと言えなくもないのです。

 先ずは、『リフティング』『ボールの中心』をしっかりと捉える事に集中してみて欲しいと思います。

 そして、ボールを扱う部分を次々と変えて行くのです。

 ボールが来た位置で・・・と言う受け身なやり方ではなく、腿、胸、頭・・・と宣言しながら次々にボールを扱う部位を変えて行くのです。

 上手にコントロール出来ないのは、何故か・・・と言う事です。

 浮き球を扱う時も、同じ様な事が要求されると言えます。

 ただ、回数をこなすだけのリフティングではダメなのですね。

 狙った所にボールをコントロールする事に意識を向けて欲しいと思います。

 こう言う事が出来れば、浮き球を・・・先ず腿で受けに行って、頭の高さまでボールを上げて、頭で前に押し出す・・・なんて事が走りながら出来る様になるのだと思います。

 そして、こう言うプレイが実戦では要求されるのですね。


 つまり、身体全体を使ったボールコントロールとでも言いましょうか・・・そう言った意識が無いと、試合では先ず通用しないのです。

 のけぞって、足先だけで何とかボールを処理しようとして、失敗する子が本当に多いですよね。

 顔も逃げて横を向いてしまっていれば、尚の事成功率は下がって来ます。

 仮に、ウェッジコントロールが上手く出来たとしても、その直後を狙われてボールを失うと言う事も茶飯事です。

 これは、ボールが『着地するまで待つ』事に原因がある事も多いのです。

 そうでは無く、身体全体を使ってボールを受け止める必要があります。

 ● ボールを後ろへ逸らさない

 ● ボールが来るのを待たない

 ● 必ずコントロールする

 この3つを意識出来ると良さそうな気がします。

 落下地点の予測が出来て、ボールへの恐怖心も無いのなら、後はこう言った意識を以って練習に取り組む事しか無い様な気がします。

 例えば、ボールを強く地面に叩きつけてもらって、それを走り込んでコントロールする練習なんかも良さそうです。

 バウンドしたボールを身体全体を使ってトラップしコントロールするまでを繰り返し練習するのです。

 出来れば待つことの無い様に・・・走りながら出来ると良いのですが・・・。

 バウンドしたボールに身体を覆い被せてしまうと、後ろに逸らす事も無く、次のコントロールが比較的し易い気がします。

 スピードも必要以上に落とす必要が無いので、試合でも十分使えると思いますよ。

 自分のタイミングで・・・なんて試合ではいかないのですから。

 

 色々なイメージを持ってこの浮き球の処理を練習してみて下さい。

 浮き球を制する者は、サッカーを制する・・・かも知れませんよ〜!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

クリアーの練習です。

 以前、あまり『クリアー』を好まないと言う事を話した事があります。

 もちろん、悪い事ではないのですよ〜。

 時と場合によります。

 ただ闇雲にクリアーするだけじゃ、次に繋がらない・・・と言う事が気に入らないだけです。

 せっかくですから、『ピンチをチャンスに変える』様なプレイをしたい物ですよね。

 また、そうでなくとも・・・イージーな『クリアーミス』も防がなければいけませんよね。

 大きくクリアーするつもりで・・・ミスキック・・・地を這う様な強烈なゴロが・・・相手プレイヤーの目の前に・・・なんて事になったら、即ピンチですものね〜。(^^;

 こう言うシーンは、高学年になっても相当目にします。

 そ・こ・で・・・ちょっと、クリアーの練習も必要かなと思って考えてみました。



 抑えるべきポイントとして・・・次の3つを練習に組み込みます。

 @ プレッシャーが必要。

 A しっかりと、上に蹴り上げる事。

 B 味方へのパスとなり得る事。

 以上を踏まえて・・・次の様な練習を考えてみました。



 先ず、GKのクリア練習です。

 バックパスの処理等手の使えないシーンで必要となります。

 センター周辺から、強いボール(インサイドキックで)を蹴り出すと同時に、プレッシャー役としてGKに向かって全力で走り出します。

 GKは、前に出ながらこのボールを走ってくるプレッシャー役の子の上を越えて行くボールを蹴らなければなりません。

 と、同時に次のプレッシャー役の子(この時は、味方と言う体で)へのパスである必要があります。

 闇雲にクリアーするのではなく、味方へのパスを期待する為の練習ですから、しっかりと『距離感』『力加減』が分らないと成功しません。

 また、上手く上に上げる事が出来ないと・・・プレッシャー役の子に当たってしまいます。

 試合中なら、これが大ピンチに繋がる訳です。

 しっかりと、どうやって蹴ったら上手く行くのか身体で覚える必要があります。

 試合中、ミスが許されない状況を想定しましょう。

 こう言うシーンは、相当目にしますからね。



 ステップアップとして、センターライン辺りに子供達を横1列に並べます。

 同様に1人がGKへ強いボールを蹴りプレッシャーを全力で掛けに行きます。

 今度は、センターに並んでいる子なら誰にでもGKは、ボールを返す事ができますが・・・必ず名前を呼んでから、ボールをクリアーします。

 狙った所へしっかりと飛ばす為です。

 『結果オーライ』なプレイをさせない事は、試合の流れを自ら掴む為に必要な事です。

 パスを受けた子がまたGKへのパスとプレッシャーを繰り返して行きます。

 これなんかは、受ける側もトラップの練習となりますから、一石二鳥です。

 ただ、慣れるまでは・・・スムーズに行かないでしょね。

 無駄な時間を費やさない為には、子供達を2グループに分けて、ボール拾いの子を作る必要もあるのかも知れません。

 交代で・・・と言う方が良さそうです。

 GK以外でも、DFの子にも必要なスキルですから、クリアー側も交代で行って行くと良さそうです。

 クリアーしたら、プレッシャー側へプレッシャーを掛けたら、クリアー側へと繰り返すのが効果的です。

 パスアンドダッシュ、キックアンドダッシュで時間を無駄にしない様に促す事が出来るとより良さそうです。

 色々な要素が入っているので、もっと工夫出来そうです。

 こう言う練習も低学年から、やっておいた方が良さそうに思います。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

狙い目は・・・何処?

 GKと1対1の状況となったとして、何処にシュートを撃つべきか・・・これって、結構悩むものです。

 GKとの位置関係やゴールへの角度等、条件によって変わって来るのかと思います。

 また、得手、不得手と言うのもありますかね。

 得意な角度・・・なんて言うのも聞いた事があるのかと思います。



 子供達の多くは、知らぬうちに『変な癖』が身に付いているものです。

 ゴールの近くまで行かないと撃たない子もいれば、かなり遠くからしか撃たない子もいます。

 インステップでフルスイングする子もいれば、インサイドで流し込もうとする子もいます。

 どんなシュートを撃つにしても、大事になってくるのは『コース』です。

 よく言われる、『ゴールの四隅』は子供達にも『神様コース』なんて言われる程浸透しています。(^^;

 その一方で、案外知られていないのが・・・GKの周辺です。



 プロ選手でも『ストライカー』なんて言われている人は、この事を熟知しています。

 例えば、『股下』は至近距離からのシュートでは、良く狙われる所です。

 その他にも、左右両足近辺・・・特に『膝より下』は、手でセービングし辛い為、GKの嫌がる所です。

 顔周辺も至近距離からは、有効です・・・余り狙わない方が良いのかも知れませんが・・・。(^^;

 こう言った所を、至近距離から十分な球威で狙えると得点の成功率は上がって来るものです。

 優しさ溢れるボールでは、勇敢なGKには通用しない事が多いですかね。



 こう言う場所を狙う時、注意しないといけないのが・・・『目線』です。

 ある程度距離があると、目線を盗まれてしまいます。

 かなりGKと近付いた状態ならば、そこまで見られる事は少ないのだと思いますが・・・。

 そして、スピードです。

 狙いを定める為にスピードを落としてしまうと、案外止められてしまう事が多いのかと思います。

 出来るだけ、そのままの流れで撃ち込む様にしたいものです。

 それから、大振りしない事です。

 気持ち的には、走っているついでに蹴る位の感じで、膝から下だけの振りで、素早く蹴り込む様に出来ると良さそうです。

 そうする事で、ボールが必要以上に上に上がる事も防げるかと思います。

 更に、ボールに体重が乗った蹴りが出来る筈です。

 この辺は、以前少し触れた事なので覚えている方もいるかと思います。


 
 練習でこう言った事も意識して、コースを選択する癖も付けられると得点力の向上に役立つかも知れませんね。

 ゴールの四隅も狙い目ですが、GKの周辺も同じ位狙い目なのです。

 こう言ったコースを狙う事も覚えておいて損は無いかと思います。

 実際、メッシやスアレスなんかは、こう言ったコースをかなり『正確』に突いて来ます。

 『得点力』のある選手の特徴の1つなのかな・・・と思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
誰が応援なんかするものか! (05/24)
りょう
誰が応援なんかするものか! (05/24)
yellow10
馴染めない・・・ (05/23)
そうちち
馴染めない・・・ (05/23)
yellow10
馴染めない・・・ (05/22)
yellow10
11人制になってから・・・ (05/22)
yellow10
練習を上手に? (05/22)
hirotsubo
馴染めない・・・ (05/22)
arkroyal
11人制になってから・・・ (05/22)
ビビリBOYの父
練習を上手に? (05/22)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf