笑顔と涙

 先週末、「なでしこ」達の学年は、うちの少年団としてはおそらく初となる・・・とある公式戦の県大会出場を決めました。

 8割方、『くじ運』のお陰なんですが・・・そう言うチャンスをしっかりと活かせて良かった、良かったと皆大喜びでした。

 強豪と呼ばれるチームが次々と予選敗退となっている中で、うちの様なチームが決勝トーナメントへと駒を進めるのは申し訳ない気もしますが・・・『運も実力の内』と言う事でお許し願いたいと思います。(^^;



 そんな訳で、今日はその続き・・・決勝トーナメントの1回戦がありました。
 
 県大会の為の順位決定戦でもあるので、子供達も気合が入って・・・いるのかな〜とちょっと心配な雰囲気が漂っています。

 それでも、ここの所ナイター練習の指導に少し当たっていた事もあって、先週末同様アップから声を掛けて行きます。

 気持ちを上げて行かないと・・・勝てる試合も勝てないよ〜。



 試合は、五分五分の戦いだったと言って差し支えありませんでした。

 実力通りの戦いが出来ていたと言えます。

 が、それがMAXです。

 先制点を取れないと、後が厳しい・・・。

 時間が経つに連れて・・・次第に押し込まれ始め、守る時間が長くなって行きます。

 充電切れ間近です。(^^;

 
 何の事は無い、普通のミドルシュートをGKが処理し損ね失点してしまいます。

 後半も残り僅か・・・と言う所でした。

 これが決勝点となってしまい、一回戦敗退が決定してしまいました。

 僅か30分で決勝トーナメントを去る事となってしまいました。



 その後、別の会場では、中学の1年生大会の予選が始まりました。

 私も「なでしこ」と共に会場に向かいます。

 会場に着くと、そこにはあのコーチの姿も。(^^;

 応援に駆けつけてくれた様です・・・感謝!

 前半で既に10対0・・・それもその筈で相手は僅かに9人。

 部員が足りないとの事でした。

 結果は14対0・・・ちょっと、相手には気の毒な結果でした。



 続く2試合目も、大柄な相手チームを何とか退け5−0で勝利。

 見事、予選突破を決めました。

 GK殆どボールに触れてません。(笑)

 小学生の頃を思い出させる、あの強かったチームが帰って来たのか・・・と錯覚する程の試合でした。

 息子も各試合センターバックで出場するも・・・それぞれ1得点ずつ計2得点していました。

 2得点目は、ドリブル突破からのループシュート・・・綺麗でした。

<先行予約受付中!>KIDS プーマ福袋 2017【PUMA】プーマ ジュニア 福袋※発送は12月下旬の予定です(F17FBJ 01)

価格:10,000円
(2016/11/27 02:12時点)




 この2チームは非常に対照的でした。

 5年生は、『少数精鋭』で半分はベンチで寒さに震えていました。

 中1は、『全員出場』です。

 
 5年生は、試合中にネガティブな声ばかり聞こえて来ます。

 中1は、声を掛けながら、励ましながら試合を進めて行きます。


 5年生は、試合後に涙を流し、中1は、試合後に皆に笑顔がこぼれています。


 そして、一番の違いは・・・チームワークでしょうか・・・。


 何一つとっても、中1のそれには遠く及ばない5年生です。


 でも、それは練習の時からの差でもあります。

 その取り組み方、真剣さ、向上心、全てにおいて劣るのですね。

 先週も相当叱られています。

 練習態度が目に余る子が多過ぎるのです。

 私も再三注意と指導を先週はしました。



 試合後に泣いているGKに声を掛けました。

 「先週の練習態度で良い訳無いよな・・・再三俺やコーチに言われたけど直せなかったよな。結果として、お前がチームの足を引っ張ったんだ。分るな。」

 「県大会までには、時間が少しあるから・・・やり直せ。そうすれば、きっと勝てるさ。」

 そう言うと、泣きながら頷いていました。

 何人か泣いている子が目に付きましたが、私に言わせれば・・・厳しい様ですが、負けて泣くなんて笑わせるなって感じです。

 だって、誰一人真面目に練習出来なかったんですから・・・負けて当然なんですよね。 



 笑顔と涙と対照的な2つのチームを分けたのは、試合の結果だけではありません。

 そこまでの道程、長い長い道程の違いです。

 5年生の方は、中1の子達が5年生だった時のBチームの後姿がやっと見えて来た所・・・そんな感じでしょうか。

 強い、強いと言われて、持ち上げられて来た早熟な子達のチームの成れの果て・・・なんだと思います。

 でも、勝って来たのは、自分達より弱いチームに・・・だったんですよね。

 強豪クラブチームには、一勝もした事がありません。

 そこも中1の子達との大きな違いです。

 『弱い者イジメ』していい気になっていただけなんですよね〜。

 年々弱くなっている・・・他のチームに追い越されている事に周囲も気が付いているのか、いないのか・・・。

 ただ、力は十分持っている子達です。

 今からだって十分生まれ変われます。

 まぁ、相当努力しないといけませんがね〜。



 さて、後1年・・・どんな顔をして卒団の時を迎えるのか・・・。

 ・・・いや、どんな結果でもヘラヘラ笑って卒団して行きそうな・・・そんな子達ですがね。(^^;

 逞しいと言えば逞しい子達です。

 その逞しさをもっと有効に使おうよ〜。(笑)

 先ずは、県大会に向けて・・・って目標を以って練習を頑張ろう・・・でも、それは嫌なんだろうね。(^^;

<先行予約受付中!>KIDS プーマ福袋 2017【PUMA】プーマ ジュニア 福袋※発送は12月下旬の予定です(F17S2J 01)

価格:7,000円
(2016/11/27 02:13時点)



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

覚えよう!口は災いの元〜っ。

 日曜日は、「なでしこ」達は公式戦の2次予選トーナメントでした。

 ここで、2勝出来れば・・・決勝トーナメント進出となります。

 まぁ、「なでしこ」には何処吹く風なんですけどね〜。(^^;

 ただ、そんな「なでしこ」の耳に飛び込んできたのは・・・又しても・・・。



 会場に着いてから、アップまでバタバタとしてしまい、子供達もちょっと集中できてません。

 また、試合への入り方が悪くなりそう・・・「もっと、声を出して体操をしようか!」けしかけます。(笑)

 準備運動もダラダラと動きが小さい・・・これならやらない方がマシだよ・・・「もっと、動きを大きく〜っ大袈裟に〜っ」また吠えます。(笑)

 今回は、ナイターを見ていた事も合って、ちょっとお手伝いをします。

 その甲斐があってか・・・試合への入りも良く、先ずは1勝です。

 内容は褒められた物じゃないのですがね。(^^;


 続く2試合目の前のアップも、やはりバタバタのダラダラ・・・でも今回はGKの方の練習に付き合います。

 フィールドの方は、本来の指導者にお任せです。(^^;

 試合の方は、先制はする物の追い着かれ、勝ち越され・・・何時もの悪いリズムです。

 冷静さも次第に無くなって来ている様で、完全に相手のペースです。

 チャンスは作る物の・・・活かせない、フィニッシュまで行けないシーンの連続です。



 それでも、何とか同点に・・・そして延長戦・・・PKを取り・・・決勝ゴールをあげます。

 何とか勝ち切る事が出来て、県大会出場を決めました。

 うちの団としては、この大会では初の快挙・・・かも?

 こんなダラダラ軍団が県大会なんかに行ってしまっていのだろうか・・・ちょっと、予選敗退が決った強豪チームに申し訳ない気もします。(^^;

 まぁ、勝てば官軍と言う言葉もありますから・・・勝った方が強いと言う事で・・・素直に喜んであげましょう。





 試合終了と共に、フィールドに屁垂れ込んで泣き出してしまった相手チームを見ていると・・・何だか複雑な気持ちになります。

 それ程に思い入れがあったんだろうなって思います。

 親御さんの声援も半端無く、チーム全体で戦っていた感じはありましたし、試合後も「うちの分まで頑張ってきてよ!」なんて声を掛けてくれた方もいた程です。

 良い試合だった・・・皆そう思った筈です。



 ただ・・・後で知ったのですが・・・試合の前に勝敗は決していたのかも知れません。

 2試合目の前に、「こんなチーム楽勝〜っ!」と言う相手チームの子の声が「なでしこ」の耳に飛び込んで来たと言うのですね。

 あ〜なる程・・・そう言う事だったのね〜。

 入りが悪かったのは、相手チームの方だった様です。

 うちは、それに助けられた・・・と言えそうです。(^^;



 以前、記事にもした事がありますが、やはりそう言う事を言ってはいけません。

 相手を舐めて掛かれば足元をすくわれます。

 うちが先制点を上げる事が出来たのも、そう言う油断が相手にあったからなんだと思います。

 相手チームの耳にそう言う言葉が聞こえてしまえば、相手チームの闘争心に火を着けてしまう事にもなりかねませんよね。

 全ては余分な事です。

 口は災いの元・・・この言葉をそろそろ覚えましょうか・・・子供達よ!





【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

今が伸び期?

 我が子の成長が目に見えた時って、本当に嬉しい物です。

 それが、例え大した事無い、ワンプレイであっても・・・他の子と比べたら、全然劣る場合でも・・・他の誰も気が付かなかったとしても・・・良いんです。

 自分さえ分かってあげられれば。

 ねっ!!



 日曜日は、「なでしこ」の学年は練習試合でした。

 何時も通り、出場の機会は敢えて作ってもらわないと無い状態です。

 その日も、最後に元Bチームの面々が時間短縮のゲーム形式で、試合を組んでもらいました。

 「なでしこ」はトップで出場します。



 前回の練習試合では、良い動きをしていた「なでしこ」の成長が本物かどうか・・・見定めてあげる事としますしょうかね。(^^;

 試合開始直後から、勢力的に『チェイシング』をしようと、全力でボールを追い駆けています。

 これは、前回と同じです。

 「ハーフェーからこっちには来るなっ!」と居場所が分らない「なでしこ」に取り合えず、アドバイスです。

 どうしても、今までの癖が抜けなくて・・・ボールを無駄に追い駆けて自陣深くまで下がってしまうのですね。

 トップなんて、ここ2、3試合しかやってませんから・・・何処にいて、何をしたら良いのか分らない様子です。



 「なでしこ」にボールが入ると、その足の速さにDFが振り切られてしまうシーンもありました。

 ユニフォームを引っ張って、何とか止めようとするのですが・・・止められません。

 大きくユニフォームの裾が後ろに引っ張られています。(笑)

 倒されちゃうかな・・・と思って見ていると、何と・・・そのまま前にドリブルして行きます。

 DFの子の方が心が折れてしまった様です。(^^;

 そんな風にして掴んだ、GKとの1対1のシーン・・・フルスイングでシュートして外します。

 そんなに力入れちゃダメ〜っ。(YoY)


 2試合出場チャンスを頂いて、6本近くシュートを放つ事が出来ました。

 得点にはならなかったのですがね。

 自分の持ち味が少しは分ってきたのかな・・・って感じです。

 その他にも、最近意識している『ボールの受け方』『トラップの仕方』『ゴールへの意識』『速い寄せ』等、要所要所に成長の後が見られて良かったかなとは思います。

 一番良かったプレイは、ペナルティーエリア内で身体を回転させながらボールを受けてからのターン!

 と同時に、中央やや後方に居た仲間へのインサイドでの速いパスが決まったプレイでしたか・・・。

 左右どちらの足でもそこそこ強いボールが蹴られる様になって来たのも成長の跡です。

 試合中も『ボールを利き足に持ち替える』時間を必要とせずに、パスもシュートも出来てます。

 左足も自然に使えている様です。





 これらの事は、最近特に熱心に意識してプレイしているのですよね。

 1つには『女子トレセン』の良い刺激があります。

 周囲の子達の尋常では無い上手さに、正直『劣等感』を感じてしまっていた事が、多少なりとも真面目にサッカーに取り組む姿勢を芽生えさせてくれた様です。

 もう1つは、トレセンでのコーチの指導です。

 その指導が、私のアドバイスと同じである事に驚いていました。

 正直、私の言う事を馬鹿にしていたのでしょうね。(笑)

 ここの所、私のアドバイスを素直に聞いています。

 ともすれば、助言を受けに自分から来たりもしています・・・練習そっちのけで。

 練習の時は皆と同じ事をしようね!!(^^;



 それでも、少しずつサッカーっぽくなって来ています。

 娘にも今、やっと伸び期がやって来たのかな・・・と言う感じです。

 相変わらずマイペースですが・・・。

 考え始めた事は、観ていて良く分ります。

 そして、『向上心』も芽生え出している事も・・・上手く波に乗せられれば良いのですがね〜。




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

パワーアップ「なでしこ」?

 今日は、「なでしこ」達の練習試合でした。

 スケジュールを見る限り・・・「なでしこ」の出番は・・・ハーフのゲームで・・・あるかどうか・・・って感じです。

 3試合目で「なでしこ」に出番がやって来ました。

 サイドでの起用の様です。

 前後へ良く走り、この日チーム一番のスピードと運動量を見せます。

 途中出場ですから・・・当然なんですけどね。(笑)


 それでも、以前とは違う事に皆が気が付いた様です。

 『女子トレセン』での成果です。

 その上、市の『陸上記録会』『6位入賞』のギリギリガールとなった事も走る事への自信に繋がった様です。

 速い・・・正直な感想です。

 そこに、ボールへの執着心が少し付いた事もあって、以前よりサッカーになっています。

 それ程、女子トレセンでは、刺激を沢山受けたんですよね・・・この半年。


 トレセンのコーチの指導も、ヤル気を出させる事に成功しています。

 今日の練習試合だって、トレセンで行うゲームに比べたら・・・緩いんです。(^^;

 それ程、上手な子が大勢居るんですよね・・・女子トレセンて。

 しかも、ゲームとなると毎回ガチでやってます・・・皆。

 やはり、『真剣勝負』の中に身を置く事って大事なんです。

 あの、いい加減なうちの「なでしこ」がこんなに変わるのですから・・・誰にでもそう言うチャンスはあるんだって確信できます。


 対戦相手も、又抜きをされて驚いていたそうです。

 しかも、身体をぶつけてくる・・・女子相手ではやり難い所もあるんでしょうが・・・それでも、想定外ではあった様です。

 ただ、まだまだボールの扱いがヘボい。(笑)

 それでも、『ワンツー』等を狙ってシンプルなプレイを試みると同時に、ドリブルも見せようと必死で頑張っている事は分ります。

 初陣はマズマズの出来でした。


 続くハーフだけの試合でも、「なでしこ」がトップとして出場です。

 こちらは、出番の少ない子達でチームを作っての出場です。

 ・・・が、最初から「なでしこ」が全開で『チェイシング』(前線でボールを追い駆ける事)を仕掛けます。

 これも、女子トレセンで再三行なっているプレイです。

 速っ・・・皆の想像を超えるスピードと運動量で、度肝を抜きます。

 レギュラー組も同じ様な事をしてましたが・・・スピードも運動量も桁違いだと言えます。

 ちゃんと、コースを切りながらのチェイシングが出来ていました。

 ワンサイドへ追い込む事には成功していたシーンが多かったですかね。

 ただ、周囲との連携が乏しくて・・・中盤でボールを奪うまでには中々至りませんでしたが・・・。


 後は、得点を取る能力が足りないのが残念な所です。

 それでも、ゴール前まで詰めて行くシーンは再三ありましたがね。

 試合後「なでしこ」が・・・「久しぶりに試合に出た〜」って嬉しそうに帰って来ました。

 「トレセンに比べれば、全然余裕〜」ってニコニコ顔です。(笑)

 確かに、トレセンのゲームのスピード感は、もっと上ですから・・・「なでしこ」がぶっちぎられてしまう様な足の速い子も多いですし・・・。(^^;

 少しずつ上手にはなっている様です。

 それが、サッカーの楽しさを知る事に繋がり出しているのかなとは思うのですが・・・チームに戻ると何時も通りに戻ってしまうのが残念です。

 もっと、練習をしっかりとやれば・・・もっと上手になれるのに・・・なんて思うのですがね。

 チームの雰囲気に流されてしまう様で・・・ハァ〜。

 そろそろ、練習に付き合ってあげようかな・・・。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

清々しさだけを残して・・・

 6年生の最後の公式戦が終わりました。

 およそ半年間、本当に良く頑張った・・・そう言える練習の日々でした。

 これまで、勝利には縁が無かった子達が最後の半年で、現コーチに拾い上げられこの大会での予選突破だけを夢見て練習に励んできた日々・・・それもついに終わりを迎えました。



 ついこの間まで、勝つ事なんて考えられなかった程の強豪相手に、素晴らしい試合をして見せてくれました。

 予選2日目には、J下部を見事撃破して望みを繋いで来たのですが・・・僅かに手が届かず・・・『予選敗退』が決定してしまいました。

 大したお手伝いは出来ませんでしたが、この子達の成長振りには本当に驚かされました。

 『諦めなければ何とかなる』って事を見せてくれた子達なんだと思います。



 息子達の学年の強さに憧れて・・・でもなれなくて・・・胸を借りる度に、その力の差を思い知らされて・・・それでも、コーチと共に歩んで来た半年の期間・・・あと少し時間があったら・・・皆そう思ったに違いありません。

 私もそう思っている1人です。

 ちょっと前までは、5年生との紅白戦でさえ負けていた子達がです。

 地元の強豪と互角に戦える程になるなんて誰も想像してなかった筈です。



 キツイ練習、辛い練習だったに違いありません。

 息子達が泣きながら行なった事さえあるハードな練習です。

 相当キツかったに違いありません。

 ただ、この大会に勝つ為だけに頑張って来たと言えます。

 「オレも本気で教えるから、お前達も本気で練習をやれ!」って、毎日の様に言い続けて来たコーチ。

 でも、もうそれも今日で終わりです。



 「これで、楽しいサッカーをやらせてあげられる・・・」コーチが試合後にポロリと言った言葉です。

 思えば、去年も同じ言葉を聞いた様に思います。

 2年連続でこの言葉を聞くとは思っていなかったのですが・・・関わってしまったので仕方がありませんね。

 私も去年、息子達と燃え尽きた筈だったのに・・・この子達を観ていたら、何だかまた熱い気持ちになってしまいました。
 
 こう言うのに弱いんですよね。

 私が手を差し伸べるのは、何時だって頑張っている子にだけです。

 「暇なら練習一緒に観ろや!」なんて、コーチに誘われたのが運の尽き・・・はまりましたね。(^^;



 特に突然GKに抜擢された子には、肩入れしました。

 たった半年でGKなんて・・・無茶ですよね。

 ちょっと、去年の息子の事を思い出していたのかも知れません。

 去年のこの大会、息子はGKとしての登録をさせました。

 予備のGKが怪我で出場出来なくなってしまったからです。

 僅か1月足らずの即席GKですから、練習に付き合った記憶があります。



 今年も又、GKに関わってしまいました。

 「絶対、GKのせいで負けたなんていわせるなよ」って、練習の度に、試合の度に言って来たのですが、立派に責任を果たしてくれたんじゃないかな・・・って思います。

 試合後、近付いて来たGKの子に「良く頑張ったね、ちゃんと守ったね」って、頭をなでながら一言告げると、恥ずかしそうに笑っていました。

 他の子達も笑顔がこぼれていましたか・・・結果は残念でしたが、精一杯やった結果として受け入れる事が出来たみたいです。

 おそらく、コーチからも労を労う言葉があったのでしょうね。

 清々しい表情をしていました。



 この子達の挑戦はこれで一区切りとなります。

 後は、卒団までの間、楽しみながらサッカーが出来る筈です。

 「中学校になっても困らない様に、基礎をしっかりとやってやる」ってコーチも言ってましたから、これからは将来を見据えた練習に切り替わる様です。

 去年もそうでした。

 去年の6年生に追い着く事は出来ませんでしたが・・・その背中は見えたんじゃないかな・・・って思います。

 GKに限って言えば、去年のGKに肩を並べる事が出来た筈です。

 共に練習に付き合いましたから・・・分るんです。



 切り捨てる事って簡単なんですよね。

 色々と理由を付けて、逃げ出す事も・・・でも、そう言う子達に手を差し伸べる事って本当に大変な事なんだと思います。

 想像以上にエネルギーを使います。

 途方に暮れてしまう事もあるのでしょう。

 それでも、最後まで希望を棄てないで、寄り添う事って本当に難しい事なんだなって思います。

 息子達のBチームもそうでしたか・・・。

 でも、終わってみればAチームと同じJ1リーグに名を連ねていました。

 過去最強のBチームなんて言われもしましたが・・・そんなに簡単な道程では無かった気がします。



 諦めちゃダメなんですよ・・・大人が。

 投げ出してはいけないんですよ・・・指導者が。

 腐ってはいけないんですよ・・・親も子も。

 失ってはいけないんですよ・・・夢や希望を。

 きっと道は見付かるんだと思いますよ・・・絶望さえしなければ。

 今年もまた、子供達に教わった様な気がします。

 コーチもお疲れ様でした。

 そして、親御さん達も・・・何より、子供達に・・・ありがとう!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

一喜一憂

 今日は、6年生の大会2日目、2試合があります。

 会場がうちのグラウンドと言う事もあって、『ホームの利』を活かしたい所ですが・・・。

 前々日の雨のせいで、グラウンドの土が一部流されてしまって大きく凹んでしまっていた部分も、土曜日に土を入れて修復し、何とか子供達が凹凸を気にしないで出来る様にと、トンボも掛けて・・・準備万端・・・とまでは言い難いのでしょうが、会場の準備は何とか出来てます。

 後は、子供達が何処までこう言う親御さん達の思いに応えられるか・・・頑張って貰いたいものです。



 初戦は、J下部・・・親御さん達の思いは、「何とか引き分けに出来れば・・・」と言う所の様です。

 続く2試合目は、こちらもクラブチームと言う事で、タフさが求められる1日になりそうな予感です。

 私としては苦手意識は無いのですがね〜。

 多分、コーチも同じ思いだったのだと思います。

 だって、同じ6年生ですもの・・・付け入る隙はきっと有る筈です。



 そのつもりで、私もGKの練習に付き合います。

 前回の反省点を重点的に、限られた時間の中練習をさせます。

 即席GKとしては、マズマズの成長振りなんですが・・・負けられない試合ですから、これで十分と言う事はありません。

 微力ながら、コーチのお手伝いです。

 技術的な事よりも、意識の持ち方の方を繰り返し、繰り返し・・・。



 フィールドの子達の方は、朝から叱られっ放しです。(^^;

 士気も覇気も感じられない子供達にコーチから檄が飛びます。

 相手がJ下部と言う事もあって諦めかけている様にも見えますが・・・コーチは許してくれませんよ・・・勿論、私も・・・引き分けで良いだなんて思っていませんから。

 その為にハードな練習を積んで来たんですもの・・・そうだろ?



 分は確かにうちの方が悪いのですよね。

 相手はJ1リーグ、こちらはJ2リーグです。

 最初から勝ち目など無い・・・それが、周囲の正直な意見だろうな・・・親御さん達も・・・。

 だからこそ、皆の鼻を明かしてやりたい・・・そう言う気持ちを以って、子供達に試合に臨んで欲しかったのです。



 一試合目は、J下部に対し見事に勝利を収めます。

 『奇跡』と周囲には見えたのかも知れませんが・・・十分やれると思ってましたから・・・それ程意外な結果でも無かったのですよね。

 ホームの利にも助けられたのですがね。

 それを差し引いても、十分出来ていたと言えます。

 もっとも、次は無いのでしょうが・・・。(^^;



 2試合目は、残念ながら健闘虚しく・・・負けです。

 1試合目の疲れが取れなかったのか、足が止まってしまうのが早かった・・・。

 ただ、先制もしたし、前半は同点で折り返しています。

 決め切れなかったのが、又しても手痛い敗因とは言えます。

 ボランチがもう少し判断良く攻守に回れると失点も抑えられたかも・・・と言う所ですが、両チーム共体力の限界の様に見受けられましたし・・・何より、崩されての失点でも無かったですから・・・個の力に負けた・・・と言う感じですか・・・。

 やはり、1対1の強さって必要なんです。

 攻守共に。


 正に『一喜一憂』の1日だったとは言えそうです。

 1試合目に勝った事で、親御さん達もちょっと夢を見られたのかな・・・って思います。

 コーチも言っていましたが・・・「よく、ここまで戦えるチームになったものだ」ってのが正直な感想なんでしょうね。

 格上相手に1勝出来ただけでも、胸を張って良い事だと思います。

 最後のカードを観ていて、皆・・・良くこんなチームに勝てた物だ・・・って言ってましたから。

 子供の試合なんて、やってみなけりゃ分らないんですよね。

 棄てたらアカン!

 投げたらアカン!

 それが、小学生のサッカーなんだと思いますよ・・・マジで。

 今日は、その事が分ってくれれば・・・それが一番の収穫なんだろうなって思います。



 『絶望』しなければ、『希望』は持てるものです。

 そして、それが『運を引き寄せる』事にも繋がって来るんですよね。

 ただ、その前にやるべき事はちゃんとやって、準備が出来ていないといけません。

 そう言う意味では、この子達は十分運を味方にする資格は有ったのだろうと思います。

 あと2試合・・・やる事やって、運命の時を待つしかなくなってしまいましたが・・・最後まで諦めなければ道は開けるかも知れませんし・・・最後まで1次予選突破を信じて頑張りましょう!

 上の世界を観に行くんだろ・・・頑張ろうぜ〜6年生!


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

血の気の引く瞬間

 子供達のサッカーを見ていると、時々『血の気の引く瞬間』てありませんか?

 危険なプレーとかそう言う事では無くて・・・。

 そうですね・・・例えるなら、『ドーハの悲劇』の様なシーンです。

 後少しで・・・って、所で足元をすくわれてしまうシーンです。



 今日は、6年生の最後の大会の初日でした。

 迷ったのですが・・・気になって、ちょっとだけ・・・応援させてもらいました。(^^;

 私が観たのは、初戦・・・前半の15分位からです。

 その時は、まだ0−0でした。

 押し気味に試合を進めるも、決め切れない状態の様でした。



 後半になって、試合が動きます。

 うちが待望の先制点を手にします。

 その後も、ピンチを何とか凌いで勝利まで後少し・・・と言う所で、やや『山なり』の嫌な感じのボールが右側から放たれます。

 比較的やんわりとしたボールでしたが、明らかにゴールを狙って蹴られたシュートです。

 こう言う時は、まるで『スロー再生』でも観ているかの様にゆっくりと映るものですね。

 小学生のGKでは手が届かない事の多い、ゴールマウスの上から落下してくる感じのボールが無情にもゴールネットを揺らします。

 正に皆の血の気が引いた瞬間です。



 負けた訳じゃないのですが・・・本当に、ドーハの時と同じですね。

 頭の中が真っ白になってしまったのだろうと思います。

 ボールをセンターに急いで持って来たのは、あろう事か相手のチームの方でした。

 『勝ちたい気持ち』が勝っていたのは、相手チームの方だった様です。

ペットのお薬うさパラ

 もちろん、誰が悪いとか言う話ではありません。

 本当に一瞬空いた間を突かれてしまった失点です。

 失点する時ってそう言う物ですよね。

 勿論、反省点は多いのでしょうが・・・責める様な物でもなかった気がします。

 それ位、相手の攻撃を良く凌いでいた・・・と私には見えました。

 ただ、あえて言うなら・・・決めるべき時に決められなかった事でしょうか・・・。

 それが、この結果を招いた最も大きな原因なんだと思います。

 その点は、息子達の時と同じですか・・・。



 私は、ここで帰って「なでしこ」の練習に合流しました。

 2試合目の結果は、後で連絡を貰いました・・・負けてしまったそうです。

 その結果は残念な物ですが、未だ始まったばかりです。

 未だ未だ、挽回のチャンスはある筈です。

 今週又、練習を頑張って、今日よりもっと頑張れる自分になって貰いたいかなって思います。



 グラウンドに後悔を残して来ない様に・・・出来る事を精一杯やって・・・残りの試合に臨んで欲しいな〜。

 頑張ってくれ・・・6年生!

 こんな所で終わるんじゃないぞ〜!

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

赤と白のエクスタシィ

 本気で勝ちに行く、全力で戦う、最後まで諦めない・・・こう言う事を口にするのは、本当に簡単なんです。

 ただ、それをフィールド上に体現させるって思う程出来ないんですよね。

 全員で勝ちに行く、皆で戦う・・・って言うのもそうです。

 『美辞麗句』な事の方が圧倒的に多いんです。



 週末の試合でそれは見る事が出来ました。

 正に死闘・・・そう言っても言い過ぎじゃ無い位の激しい試合です。

 何人もの子が、激しさ故に転倒をし、それでも又立ち上がり、必死で喰らい付いて行こうとする姿・・・。

 赤と白のユニフォームがフィールド上に闘神を出現させていたと言えます。

 子供達自身の「負けたくない」って意思がハッキリと見えています。



 GKの子がペナルティーエリアを飛び出して、対応するも・・・接触プレイでその場に倒れ込んでしまうシーンがありました。

 主審はそのままプレイを続けさせます。
 
 GKの子は、中々立ち上がれないでいます。

 仲間が必死に戻って来て、無人のゴールを死守しようと身体を張っています。

 シュートも止めてくれました。

 何とか、皆のお陰でピンチは去りましたが・・・まだGKは戻れずにいます。



 相手GKが機転を利かせて、ボールを外に出します。

 それとほぼ同時に倒れていたGKの子が立ち上がり、ペナルティエリアまで何とか這う様に戻ります。

 ここで、アウトオブプレイとなり、主審が確認に近付いて来ます。

 痛みを抑えながら、やれる意思を示します。

 もう、この辺で泣きそうでした。(^^;



 交代の時も、フィールドを去る時に、代わりに入る子に「後は任せた!」って口々に言っているんですよね。

 足を引きずりながらの子もいました。

 全員で戦うって、こう言う事なんだろうな・・・って思いますよ。

 ベンチの子はお飾りでは無いのですよね。

 もはや、動けないかも・・・って位まで、力を出し切って・・・後は、仲間に任せる・・・代わりに入る子だって手は抜けませんよね。

 凄く良い雰囲気のチーム同士の戦いでした。

 ベンチも一緒に戦っていたし・・・。


 他所のチームの試合で、泣けそうになる試合って余り覚えがありません。

 それ程までに感動的な試合でした。

 最後に白が逆転し、赤の負けが決定したのですが・・・終わった時の皆のユニフォームが試合の激しさを物語っていました。

 『誇り高い敗者』そう言う言葉が似合いのチームなんだと思います。



 一方、その頃・・・うちのチームは、次の試合の準備をしてました。

 この試合を観ていなかったんですよね〜。

 子供達に見せたかったな〜。

 こう言うのを全力って言うんだよ!

 こう言うのをチームワークって言うんだよ!

 まぁ、きっと「ふ〜ん」ってなもんでしょうけど・・・。(^^;

 こう言うチームになって欲しかったな〜。

 勝っても負けても、全力で・・・最後まで諦めないで・・・皆で・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

U−11 JCカップ 東海大会に参加です。

 今日は、『U−11 JCカップ 東海大会』に参加と言う事で、会場へと向かいます。

 この大会・・・『JFA公認』では無いと言うちょっと変わった大会で、昨年から開催されているのですが全国大会まであり、規模としては大きな大会なのです。

 ただ・・・ベンチ入り出来るのは12人までと言う縛り・・・今回「なでしこ」はベンチ外・・・試合には出場出来ません。



 最初は、全チームの登録メンバーがそれぞれのグループに分かれての活動です。

 自己紹介や色々な質問に対して答えて行く子供達の交流の場の様です。

 これも、「なでしこ」は『蚊帳の外』

 もう1人のベンチ外の子と一緒に、色々なグループの活動を外から見学・・・してるだけ・・・。

 試合以外は、一緒に活動させてやりましょうよ〜。



 続いて、『名就会』による『サッカークリニック』の開催です。

 これは、「なでしこ」達ベンチ外の子も参加出来る様です。

 会場に来てくれたのは・・・元日本代表の山口素弘さん。

 私もミーハー気分で、近くで見学です。(笑)

 約1時間の子供達との交流でした。

 暑い中お疲れ様です。



 これで、今日の「なでしこ」の活動は終了です。(笑)

 昼食後、直ぐに試合が始まります。

 1勝1敗1分・・・何とか2位で大会を終える事がで来て良かった・・・良かった?

 他所の地域の強いチームとの試合は、子供達にとっては良い経験となったのかなと思います。

 こう言う大会じゃないと、中々対戦する機会もないですから・・・。

 上手い子も大勢いましたね〜。

 イヤ〜頑張ったと思いますよ。

 ちょっと、ファールが多かったのが気になりましたが・・・そこは、技術の無さ・・・と言う事で、皆も分った事と思います。

 だ・か・ら・・・もっと、練習をしっかりやろうね〜。



 試合後は、これまた登録選手のみで行われるパスリレー大会です。

 「なでしこ」は、本部のテントの下で来賓の様に観戦・・・してるのかな・・・?
 
 その姿が、何とも偉そうで笑えるのですが・・・何を考えてそこに座っているのか・・・気になる所ではあります。

 まぁ、何も考えていないのでしょうけど・・・。(^^;



 さて、最後にボール入れ(ネット)をコーチから奪い取り、「なでしこ」は満面の笑み。(笑)

 試合に出られなかった事なんて、何とも思っていないダメ女・・・。

 ただ、『退屈だった』と言うだけの1日だった様で、「早く帰ろう!」とサッサと帰路に・・・。

 まぁ、それでも良いか・・・変に落ち込まれるよりも・・・。(^^;

 女ってたくましい・・・のかな・・・?
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

今日は、まさかの・・・カップ戦

 今日は、朝から雨模様・・・昨日の疲れを癒すのは・・・休養で〜す。

 ・・・と言う事で、雨天中止かと思いきや・・・LINEが忙しく鳴り響いています。

 「雨でもやるの?」的なメールです。(^^;

 何の連絡も無いと言う事は・・・やる・・・の・・・かな?




 はい、雨天決行です。

 会場に着いても、まだ雨は降っています。

 『インフルエンザ』『学級閉鎖』も出ている地域のミニカップ戦を雨の中行う理由は何でしょうね?

 大会の予備日も用意してあるのに・・・今日強行する意味が分りません。

 やはり、サッカー界は常軌を逸した人達の手で運営されている様です。(笑)

 サッカーの為なら死ねる人達ばかり・・・。




 ガタ落ちのテンションの中、試合まで2時間以上の待ち・・・既に足元は、びしょ濡れです。

 気温の高さだけがせめてもの救いと言えます。

 子供達もアップを行い、既にしっとりと濡れています。

 先ずは、フレンドリーマッチです。

 先日、出場出来なかった子達を中心にメンバーを組みます。

 息子もその中にいます。

 もう、気負う必要の無い試合です。

 気軽に行きましょう!

 時間の関係で20分だけの試合です。

 ポンポ〜ンと息子が2得点し、終了・・・まぁ、前座としては、こんな物でしょう。



 そして、本戦です。

 一向に止まない雨の中、先ずは「なでしこ」の学年が初戦に挑みます。

 こちらは、何とか勝ちました。

 後半、最後の5分程度「なでしこ」も出場し、女同士の激しいバトルを見せてくれました。

 続いて、息子の方です。

 息子の2ゴールもあって大勝です。

 ヘッディングシュートは、ビューティフルの一言。

 やはり、滞空時間が長い・・綺麗なゴールでした。



 
 お昼を過ぎて・・・まだまだ、雨は止みません。

 降ったり、止んだりを繰り返します。

 「なでしこ」の方のフレンドリーマッチが入ります。

 こちらも、Bチームだけで戦います。

 「なでしこ」も、攻守に絡みますが・・・プレイには、相変わらずムラがあるのが気になります。

 ただ、効いている・・・そうは言えました。

 スローインも相変わらず綺麗なフォームで遠くへ飛びます。

 完全に、スローインは「なでしこ」の係・・・そう言った感じです。

 最後に放ったミドルシュートがGKにキャッチされたのが残念です。

 今日も、初得点ならず・・・でした。(^^;



 続いて、「なでしこ」の方は、決勝戦です。

 こちらもポンポンと得点を重ね、見事優勝です。

 息子の方も決勝戦です。

 前半、シュートを2本左足で放ちますが・・・惜しくもゴールならず。

 息子は、前半で交代です。

 チームとしては、見事に優勝です。




 6年の方は、久しぶりのゆる〜い試合で、伸び伸びと出来た事でしょう。

 見ている親御さん達も、昨日とはまるで別人です。(笑)

 これが、本来の少年サッカーの有るべき姿なのだろうな〜と思った次第です。

 これは、全てが終わったからこその感想なのかも知れませんが・・・こう言うサッカーをやる機会がもっと増えれば、少年サッカーなんて、もっと競技人口が増えて行きそうなのですが・・・ねぇ?

 親御さん達もピリピリもギクシャクもしない、ほのぼのとしたサッカー環境・・・これを手にするまでに6年掛かるのか・・・そう思うと長いですね。

 コーチも久しぶりに笑顔でベンチに入ってます。

 やはり、こう言うサッカーが良いです。

 怒鳴り声が聞こえ、勝っても負けても大声で叱られ、応援席からも奇声が発せられ、子供達から笑顔が消える・・・そう言ったサッカーを嫌と言う程見て来ましたから・・・特にこの1年間・・・正直もう・・・うんざりです。



 表彰式の時間、やっと雨が上がった・・・そう言える天気になりました。

 優勝した事なんかどうでも良い・・・子供達にも親御さん達にも、昨日までと違う『険の取れた表情』が浮かんでいます。

 晴れやか・・・そう言う言葉がピッタリの最後の記念撮影を終え、帰路に着いたのでした。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
サッカーを通して (12/04)
羅山
サッカーを通して (12/03)
3級親父
サッカーを通して (12/03)
yellow10
サッカーを通して (12/03)
羅山
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
Maruo
サッカーを通して (12/02)
3級親父
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf