今日は、まさかの・・・カップ戦

 今日は、朝から雨模様・・・昨日の疲れを癒すのは・・・休養で〜す。

 ・・・と言う事で、雨天中止かと思いきや・・・LINEが忙しく鳴り響いています。

 「雨でもやるの?」的なメールです。(^^;

 何の連絡も無いと言う事は・・・やる・・・の・・・かな?




 はい、雨天決行です。

 会場に着いても、まだ雨は降っています。

 『インフルエンザ』『学級閉鎖』も出ている地域のミニカップ戦を雨の中行う理由は何でしょうね?

 大会の予備日も用意してあるのに・・・今日強行する意味が分りません。

 やはり、サッカー界は常軌を逸した人達の手で運営されている様です。(笑)

 サッカーの為なら死ねる人達ばかり・・・。




 ガタ落ちのテンションの中、試合まで2時間以上の待ち・・・既に足元は、びしょ濡れです。

 気温の高さだけがせめてもの救いと言えます。

 子供達もアップを行い、既にしっとりと濡れています。

 先ずは、フレンドリーマッチです。

 先日、出場出来なかった子達を中心にメンバーを組みます。

 息子もその中にいます。

 もう、気負う必要の無い試合です。

 気軽に行きましょう!

 時間の関係で20分だけの試合です。

 ポンポ〜ンと息子が2得点し、終了・・・まぁ、前座としては、こんな物でしょう。



 そして、本戦です。

 一向に止まない雨の中、先ずは「なでしこ」の学年が初戦に挑みます。

 こちらは、何とか勝ちました。

 後半、最後の5分程度「なでしこ」も出場し、女同士の激しいバトルを見せてくれました。

 続いて、息子の方です。

 息子の2ゴールもあって大勝です。

 ヘッディングシュートは、ビューティフルの一言。

 やはり、滞空時間が長い・・綺麗なゴールでした。



 
 お昼を過ぎて・・・まだまだ、雨は止みません。

 降ったり、止んだりを繰り返します。

 「なでしこ」の方のフレンドリーマッチが入ります。

 こちらも、Bチームだけで戦います。

 「なでしこ」も、攻守に絡みますが・・・プレイには、相変わらずムラがあるのが気になります。

 ただ、効いている・・・そうは言えました。

 スローインも相変わらず綺麗なフォームで遠くへ飛びます。

 完全に、スローインは「なでしこ」の係・・・そう言った感じです。

 最後に放ったミドルシュートがGKにキャッチされたのが残念です。

 今日も、初得点ならず・・・でした。(^^;



 続いて、「なでしこ」の方は、決勝戦です。

 こちらもポンポンと得点を重ね、見事優勝です。

 息子の方も決勝戦です。

 前半、シュートを2本左足で放ちますが・・・惜しくもゴールならず。

 息子は、前半で交代です。

 チームとしては、見事に優勝です。




 6年の方は、久しぶりのゆる〜い試合で、伸び伸びと出来た事でしょう。

 見ている親御さん達も、昨日とはまるで別人です。(笑)

 これが、本来の少年サッカーの有るべき姿なのだろうな〜と思った次第です。

 これは、全てが終わったからこその感想なのかも知れませんが・・・こう言うサッカーをやる機会がもっと増えれば、少年サッカーなんて、もっと競技人口が増えて行きそうなのですが・・・ねぇ?

 親御さん達もピリピリもギクシャクもしない、ほのぼのとしたサッカー環境・・・これを手にするまでに6年掛かるのか・・・そう思うと長いですね。

 コーチも久しぶりに笑顔でベンチに入ってます。

 やはり、こう言うサッカーが良いです。

 怒鳴り声が聞こえ、勝っても負けても大声で叱られ、応援席からも奇声が発せられ、子供達から笑顔が消える・・・そう言ったサッカーを嫌と言う程見て来ましたから・・・特にこの1年間・・・正直もう・・・うんざりです。



 表彰式の時間、やっと雨が上がった・・・そう言える天気になりました。

 優勝した事なんかどうでも良い・・・子供達にも親御さん達にも、昨日までと違う『険の取れた表情』が浮かんでいます。

 晴れやか・・・そう言う言葉がピッタリの最後の記念撮影を終え、帰路に着いたのでした。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

6年間・・・ありがとうございました

 最後の大会となるNTTの県大会に行ってきました。

 結果は、団の目標だった初戦・・・1−0で勝ち。

 続く2試合目・・・2−2で延長戦へ・・・0−1で負け。

 初戦から『決定力』に欠けるうちのAチームそのままの試合内容で、県大会まで来てしまうとそう言った所を誤魔化せないのが良く分ります。(^^;

 何時も通り、撃てども撃てども入らない・・・相手のGKの好セーブに阻まれた物もありましたが、それを差し引いても味方の覇気を奪って行く枠外のシュートが目立ちます。

 試合内容では押しているのに・・・決められないシーンの連続です。

 深めの芝も、子供達のメッキを剥がして行きます。

 ボールが上手に蹴れない・・・。

 『芯を捉える』事が出来ない子が、ミスキックを連発します。

 足を巻く蹴り方が、ミートさせるポイントを狂わせているのが良く分ります。

 慣れるまで時間が掛かってしまった・・・そう言えます。

 体力の無さも最後には目立ってしまいました。

 皆、足が止まってしまった・・・。




 うちのチームがフィールドに立つ事を許されたのは、僅かに90分だけ・・・でした。

 その中で、どれだけ自分の力を出す事が出来たのか・・・試合後に泣いていたエースの姿が全てを物語っています。

 頑張りきれなかった・・・事が窺えます。

 高台から観戦していた私達には、はっきりとそれが分かりました。

 真っ先に足が止まり、プレスも掛けたり掛けなかったり・・・それが失点に繋がっていたのですね。

 もっと出来た、自分に負けた・・・涙が『後悔の念』をはっきりと示しています。

 コーチからあれ程「悔いを残すな」と言われていたのに、悔いを残す形となってしまった事は残念な点です。




 ベンチにいた子達は、逆にシラケモードの様でした。

 負けた事は残念に思っているのは分りますが・・・「何で泣いてるの?」と言う顔でレギュラー組を見ているのが印象的でした。

 「だって、試合に出ただけいいじゃん」そう言いた気な子もいましたか・・・。

 それは、帰り道・・・駐車場までの長い坂道を歩く子供達の姿にはっきりと表れていました。

 ベンチ組の子達は、皆笑顔で何時もの様に話しながら帰路についていましたね。

 悔いが残らなかったのは、この子達の方だった様です。(^^;




 息子は、と言うと・・・。

 途中で、GKのユニフォームに着替えて、声が掛かるのを待っていた様です。

 アップもしていたのですが、出番はありませんでした。

 息子にしても想定内だったので、特に感想も無かった様です。

 「別に・・・」ただそれだけが、この県大会の感想でした。(^^;



 試合後、コーチが私の顔を見ると・・・両手を合わせて「スマン・・・」のジェスチャーをして見せました。

 アレが横にいては、思う様な采配も出来ないだろう事は、皆知っているので・・・謝る必要は全く無いのですが・・・。

 それでも、元Bチームの子が2人出場出来た事は、個人的に喜ばしい事ではありました。




 まぁ、それもこれも、全て終わった事です。

 今はただ、6年間指導してくれたコーチに・・・感謝の念と、労いの言葉を・・・。

 「6年間ありがとうございました。」

 そして、息子にも・・・「6年間良く頑張ったね!」
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

GKデビュー!

 今日は、寒〜い中ミニカップ戦に参加した息子達6年生チーム。

 故障者だらけのチーム事情で、何処までやれるか・・・ちょっぴり楽しみでもあります。

 初戦、息子が先発で起用されます。

 前線から良くチェイシング(「追い掛ける」の意)を繰り返します。

 球際は、相変わらず弱めですが、一生懸命ボールを追ってプレスを掛ける意識は見えます。

 結果は、1点差で負けはしましたが、今後に期待の出来る好ゲームだったと言えます。

 この試合、息子は1得点上げる事ができました。

 かなりの至近距離からの容赦ない『フルスイング』シュートです。(^^;



 2試合目は、息子がGKとして先発です。

 ふざけてる・・・と言う訳ではありません。

 県大会でもしかしたら・・・息子をGK登録しないといけないかも知れないチーム事情もあって、お試しと言う意味も込められています。

 それ程故障者だらけなのですね。(泣)
 
 実は、これ・・・息子が望んだ事でもあります。

 前半、強烈なシュートを何本か止めたり、ハイボールの処理もそこそこして見せます。

 流石に、フィールド上がり・・・DFライン後方のカバーへの意識もあり、ペナルティーエリアの外まで攻撃している時は上っています。

 キャッチング後も、パントで豪快に・・・と言うシーンよりは、スローで繋ぐ意識を持った場面が多かったのも印象的です。

 前半は、申し分無い安定した守護神ぶりに保護者席もびっくりです。

 ただ、メチャメチャ寒そうでしたが・・・。(笑)

 後半は交代か・・・と思いきや、引き続きGKで出場です。

 メンバーの交代等で、次第に押し込まれる事が多くなって来てGKも大忙しです。

 それでも、良く防いでいます。

 しかし、やはりDFの疲労が目に付き出し・・・フリーで豪快なシュートが至近距離から放たれます。

 ついに失点です。

 その後もう1失点、これも至近距離からの強烈なシュートでした。(^^;

 結局、引き分けでこの試合も終了です。

 何の練習も無く、ぶっつけ本番でやったにしては、合格点をあげられる新米GKだったのかなと思います。

 もう少し、練習を積めば・・・物になりそうではあります。

 こりゃ、中学校では・・・GK・・・もありうるか?



 3試合目、息子はまたトップ下での先発の機会が与えられます。

 1試合目同様、前線からよくチェイシングを繰り返しています。

 ただ、相手のスピードが速い・・・県大会に向けて、良い練習相手と言えるチームです。

 皆、不慣れなポジションでも、頑張ってボールを追い掛けていました。

 ただ、やはり及ばない所が多い・・・はっきりと違いを見て取れます。

 駆けっこでも及ばない、ボール捌きでも及ばない、こう言うチームって中々試合の出来る機会が無いですから、良い経験になったのでは無いかと思います。

 通用した点、しなかった点、これが分っただけでもやった甲斐がありました。

 結果は、負けでしたが、この試合でも息子は、2〜3度のシュートチャンスは得ています。

 決められなかった事は、反省するべき所ですが、そこにいた事・・・つまり、ポジショニングについては悪くなかったのかなと思います。



 『最優秀選手』は、息子に・・・GKで頑張った事に対するご褒美です。

 6年目でやっと・・・もらえた賞です。

 長かった・・・その選考がまた、笑えたのですが・・・まだ、何も個人的な賞を受けていなかったのは・・・息子だけ・・・。

 えっ?

 「こう言う時、中途半端に上手い子って本当に損するな・・・」とコーチの一言。

 思い返してみれば・・・候補に挙がった時は、「あの子は、また何時でも取れるから・・・」と他の子に譲って来た事がここまで来てしまった理由でもあります。

 また、それだけBチームの中で望まれていた事も大きかったと言えます。

 今は、もう力が抜けて、サッカーを楽しむ事が出来ている様子です。

 僅かでも、出場の機会が与えられれば、何とか出場した足跡を残そうとボールを追い掛けている様に見えます。

 最近、ゴールへ意識が高まったのもその為かも知れませんね。

 

 後少し、頑張れ息子よ・・・頑張れ6年生よ!

 そして、頑張れ・・・俺。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

穴埋め出来るかな?

 今週末は、10年に一度の『大寒波』が猛威を振るうと言う予報ですね。

 そんな中、今日も調整を兼ねた練習試合でした。

 主力に『故障者続出』で現在ピンチの息子のチーム。

 その上、体調不良もチラホラ・・・。

 その為もあって、元Bチームの主力達が先発の機会が回って来ました。

 息子もその1人です。

 お休み中の子達の『穴埋め』が出来るか・・・試される所です。

 結果から言うと、3試合全て勝つ事が出来ました。

 まずまずの出来です。

 息子も各試合1得点ずつ上げ、存在感は示す事が出来たのかと思います。

 3試合目のヘッディングシュートは、後ろに飛びながらの難しい体勢からの物でした。

 2試合目には、ハーフェーライン辺りからの『ロングシュート』だったとか・・・私、これ見てないのです。

 夜勤明けで、寝不足だった事もあって・・・ちょと仮眠をと思ったら・・・目が覚めたのは、3試合目。

 それも、息子に起こされて・・・と言うダメっぷり。

 アラームを無視し続けて約3時間、車中で爆睡していた様です。(^^;

 そちらの穴埋めに、3試合目は1人審判でモーニングランです。

 親子で穴埋めが出来た・・・のかな?



 問題は、明日・・・寒波の到来が噂される中、ミニカップ戦が予定されています。

 朝、路面が凍結していなければ良いのですが・・・。

 怪我人も多いし、ちょっと注意しないといけませんね。

 今日もそうでしたが・・・出たい気持ちは物凄く分かるのですが、故障者リストに入ってしまったら、完治するまでは出場しない様にしないと、更に悪化させてしまう事もあります。

 あくまでも、標準を県大会に合わせて自制しないと・・・。

 満足なプレイが出来ない状態で、無理する事は避けるべきだと言えます。

 それが、チームの為でもあります。

 目先の試合への出場より、より大きな舞台での活躍を皆は期待していると言う事も忘れないで欲しいですかね。

 そう言う時は、元Bチームの面々に任せておけば良いのです。

 それでこその1チーム・・・なのだと思います。



 明日は、チームの真の底力が問われる1日です。

 怪我人を出さない為に、交代を上手に使えると良いのですが・・・。

 それも、子供達次第です。

 集中出来ていない子は、怪我をしますから・・・出せないかも知れません。

 誰が出ても同じ結果を出せるチームとなれたかどうか・・・ちょっと、期待しています。

 ここの所、元Bチームの面々も好調ですし・・・得点力も大分上ってますから、Aチームの子達の中に入っても足を引っ張る事は少ないのかな・・・なんて楽観してます。

 また、面白い事に元Bの子達が入ってくると、Aの子達が『思いやりサッカー』に切り替わります。

 結果的には、それが『チームプレイ』を心掛ける事になって、思いの他良い結果を残しているのです。

 ここの所、元Bの子達が得点出来ているのには、そう言った理由もあるのですね。

 また、『緩急』のある試合展開になるのもこの時です。

 Aだけでは、この緩急と言う物が無いのです。

 お互いに『欠けている物』に、そろそろ気が付いてもらいたいのですが・・・それは、子供達自身で・・・。

 試合の度に、少しずつでも成長して行ってくれたら嬉しいのですが・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

練習試合って言うか・・・

 今日は、練習試合の日。

 朝から、緩〜い空気が漂っています。

 なぜなら・・・今日は、コーチが不在。

 だらけムードを子供達は隠し切れません。

 まぁ、怪我だけはしないでね〜って感じで出発です。



 会場についても・・・団長さんが来ない・・・アップしなきゃいけない時間なのに・・・どうなってんでしょう?

 会場にはパパさんも2人だけしかいないし・・・試合開始時間も迫って来てるし、ちゃんとアップしておかないと怪我が怖いし・・・。

 とりあえず、子供達にはランニングと体操を指示して、忙しいに決っているコーチに連絡を取ります。

 どうやら、こちらに向かっている様だと折り返し連絡をもらって一安心。

 そのまま、アップに入ります。

 その内に、団長さんが到着!

 後は、団長さんに丸投げです。(笑)

 入りがこんなのですから・・・その後は、想像が付くかと思います。



 まったりとした空気の中、試合開始です。

 前半早々、息子が投入されます。

 「えっ?」

 想定外の出来事にびっくりです。

 後から分った事ですが・・・サイドの子が、ちょっと足に痛みがあると事。

 大事を取った・・・と言う事なのかなと・・・。

 息子は、そのまま前半をプレイし、お役御免です。

 まぁ、以前経験のあるポジションと言う事もあって、上がり下がりは出来ていたのかな・・・とは、思いますが・・・やはり、サイドに求められる『突破』が全く無かった事が残念。

 ただ、サイドに『パスの起点』が出来たと言う点で、これまでとはちょっと流れが変わったのかな・・・とは思います。

 守備面でも、相変わらず『淡白な守備』が目立ったのが残念。

 ただ、マークに関しては、思いの他出来ていた気がします。

 息子のサイドからは、決定的なシーンが作れていなかった事からもそれは窺えます。

 ただ、やはり当たりが弱い・・・これさえ、克服出来れば・・・もうワンランク上のプレイヤーになれるのに・・・。

 後半、ゲームが動きます。

 ついに先制点を許してしまいます。

 これが決勝点となり、1−0で負け。(^^;



 総評としては、「つまらない試合」の一言です。

 攻撃が単調過ぎて、DFラインを突破し切れない・・・。

 中盤と言う物の存在感が全く無い時間帯が多過ぎて・・・ボールが右に行けば、右半分に寄ってしまい、左に行けば左に寄ってしまう・・・狭いエリアでのプレイに終始してしまった事も得点出来なかった原因だと言えます。

 何より、私が気に入らなかったのは・・・DFラインが上らない事。

 例えば、相手GKのパントキックの時、これは『オフサイド』が適用されますから、もっとDFラインを上げ切るべき所を、わざわざラインを低く保ってしまう様な愚を犯す事を徹底的に行います。

 これは、味方GKのパントキックでも同様の愚を犯すのです。

 DFラインを素早く上げられない為、跳ね返されたボールでピンチを招きます。

 おそらく、ルールを理解出来ていないのでしょうけど・・・。

 『ルールを味方に付ける術』をもう少し身に付けないといけませんかね。



 続く2試合目も負け。

 1試合目同様、単調な攻撃に終始します。

 DFラインも上がらない・・・今回は、団長さんからも指摘がありますが・・・その時限りで終わってしまいます。

 5年生の方が面白い試合をしています。

 展開力は、5年生の方が上・・・?

 フィールドを広く使って、緩急のある攻撃をしています。

 ちょっと時間掛け過ぎなシーンが多いのも事実ですが、チャンスを多く演出出来ています。

 6年生も頑張れよ〜。

 

 PK戦の練習(キッカー8人)もありました。

 うちは、全員が決め最後のキッカー(8人目)が息子・・・ニヤニヤ笑いながら、ボールをセットすると・・・強烈なシュートをど真ん中に・・・オイッ!

 GKが触るもボールはそのままゴールに・・・。

 結局、最後の1人が外してしまった相手チームの負け。

 GKは両チーム1本も止められずに終了。

 キッカーの上手さ・・・よりも、GKの勘の悪さの方が目立った気もします。

 運を天に任せる様な態度では、止められませんよね。

 もう、皆強烈なボールを蹴る事が出来ますから・・・ある程度、読みの拠り所を持たないと・・・この先は通用しませんか。

 

 最後に、追加でもう1試合です。(^^;

 「勝つまで帰れん」と団長さん。

 ハイハイ、分りましたと言わんばかりに、開始早々得点です。

 しかし、追加点はなかなか奪えず・・・勝つには勝ちましたが、何だかな〜な内容です。

 それでも、一番攻めれた試合だったのかな・・・とは思います。

 サイドが角(コーナー)を取る事の出来た仕掛けも多かったのがこの試合です。

 俊足な子が入った事による効果でしたが、こう言った攻撃が増えないと・・・中々チャンスは作れませんね。

 やはり、サイドをしっかりとえぐる・・・そう言った攻撃をもっとして行かないと・・・。



 さぁ、ここから気持ちを上げて行きましょう!

 出来る事からコツコツと・・・時間の許す限り・・・やり切って終われる様にしてもらいたいですね。

 今日は、全員出場出来たので、それだけが救いでしたか・・・。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

サッカーの神様が微笑むのは・・・

 日曜日は、運命の3次予選2日目でした。

 初戦の相手は・・・強豪クラブチームです。

 全勝同士の対戦です。

 ここで万が一、負けてしまうと・・・3次予選突破が難しくなってしまいます。

 何としても、負けたくない相手・・・昨日の好調を維持できるか・・・本調子に戻ったのか・・・期待と不安の中でのホイッスルです。

 昨日よりも、強い・・・そう言う印象を受けました。

 決して上手くはありません。

 しかし、気迫の篭ったプレイを続ける事が出来ています。

 先制したのは、うちのチームでした。

 しかし、直ぐに同点に追いつかれます。

 後半も残り僅か・・・ついに均衡が崩れます。

 追加点を上げたのは、うちのチームです。

 このまま逃げ切れるか・・・しかし、相手も強豪チーム最後の最後にゴール前での攻防が待っていました。

 DFとGKで、何とかゴールを守っていたものの、ルーズボールが・・・フリーの相手チームの子の前に、「やばいっ!」と誰もが思ったその時・・・『サッカーの神様』が微笑んでくれたのは・・・うちのチームにでした。

 ボールは、ゴール上を越えて行き、結局そのまま試合終了です。

 2対1で、見事にこの日の初戦を勝利で飾ります。



 続く2試合目、これに勝てば・・・県大会出場の切符を手に出来ます。

 しかし、コーチの意向でその事は、子供達には告げていません。

 とにかく勝つ事だけに集中させます。

 前の試合の疲れが残る中、前半から得点を上げる事が出来ています。

 3点を先取した状態で、息子に出場の機会が与えられました。

 トップ下の子に休息を与える為です。

 そして、息子にもサッカーの神様が微笑みます。

 コーナーキックにヘッディングで合わせます。

 頭1つ分周囲より高く抜けたその頭がボールをしっかりと捉えます。

 当たった瞬間に首をクルッと回転させてコースを変えたのが分かりました。

 ボールは、『神様コース』へと突き刺さります。

 4得点目をあげる事が出来ました。

 そして得点直後に、息子は交代となりました。

 4点目が決り、次々と元Bチームの子に出場の機会が与えられて行きます。

 何とか全員がフィールドに立つ事がこれで出来ました。

 私の願いも天にそしてコーチに届いた様です。

 試合もこのまま終了し、見事に県大会出場が決定しました。

 

 親御さん達は、ここでホッと一安心です。

 しかし、コーチの顔は曇っています。

 その理由は、県大会・・・ベンチ入り出来るのは、僅かに16人・・・うちのチームは、全員で20人です。

 4人の人選を『上から任された』事がその晴れない顔の理由でした。

 Aチーム、Bチームを6年間コーチの邪魔をしながら、いじられても、罵られても、めげないで見守って来たパパさん4人に意見を求めに来たのです。

 この『コーチの苦悩』は、察するに余りあるのですが・・・大会の規定ですから、決断しないといけないのです。

 私達も保護者と言う立場ですから・・・親御さんの気持ちを察すると・・・簡単には、決められない難しい問題です。

 ハッキリ説明の出来る理由が必要となります。

 慎重に・・・誰もが納得の行く人選を・・・難しいですね。(^^;

 こう言う事をさせてしまう、協会のやり方も疑問を感じます。

 全員参加を目標に掲げた8人制で・・・ベンチ入りを許されない子が出てくるなんて・・・『本末転倒』と言う感じがします。

 どちらも同じ『サッカー協会』が提示したものです。

 一方では、全員出場を呼びかけ、一方では、切り捨てる事を求める・・・『プレイヤーズファースト』の理念なんて『絵に描いた餅』でしか無い気がします。

 こう言う事は、本当にコーチや子供、そして親を苦しめます。

 『サッカー離れ』の原因の一因となってしまう事に気が付かないのでしょうか・・・?


 最後の試合前にそう言った事があり、その旨を対象となる子の親御さんに説明しているようでした。

 辛い仕事ですね。

 それでも、最後の試合の時間はやって来ます。

 最後の試合は、練習試合でコテンパンにやられた経験のあるチームです。

 ここにも勝つ事が出来れば・・・。

 試合が始まると、やはり一進一退の攻防です。

 しかし、苦手意識はなさそうに見えました。

 今日は、勢いがあります。

 3試合目で疲れているはずなのに・・・お互いに良く頑張っています。

 先制点は、うちのチームです。

 このまま勢いに乗れれば・・・何とか出来た様です。

 終わってみれば、全勝で3次予選を突破する事が出来ました。

 

 長く辛かった、予選を何とか乗り越え手にした県大会の切符です。

 どのチームがこの切符を手にしてもおかしくなかった・・・そんな3次予選だったと言えます。

 団としての目標は、4年連続で達成出来ました。

 団長も泣いていたと・・・子供達が言っていましたね。(^^;

 『神は乗り越えられる試練しか与えない・・・』そう言う事だったのかなと思います。

 でも、これで終わりではありません。

 ここがスタートです。

 今からは、自分達の為の戦いです。

 1ヵ月後・・・トーナメント戦が始まります。

 負けたら終わりの一発勝負です。

 エコパスタジアムへと続く道は、この子達には遠過ぎるのかも知れませんが・・・辿り着けない道でも無いかも知れません。

 何処まで行けるのか、最後まで見守ってやりたいと思います。

 サッカーの神様が後少しだけ・・・この子達を愛し続けてくれる事を祈りながら・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

残り60分

 ついに、運命のNTT西日本カップ3次予選初日です。

 ここで、2位以上の成績を修めないと・・・『予選敗退』が決定してしまいます。

 6チームでの総当り戦ですから、本当に力の有るチームしか生き残れません。

 2次予選の2位、3位、チームが入り乱れての最終予選ですから、実力伯仲の好カードばかりです。

 1試合も気の抜ける試合は残念ながらありません。

 『引き分けも負けと同じ』そう言うつもりで望んだ初日です。

 今日は、2試合・・・明日は、3試合となっています。

 私も、仕事が終わって、ほぼ寝ずに応援に駆け付けた次第です。(^^;



 1試合目は、おそらくですが・・・初対戦の相手です。

 全く予測が付かない相手に何処まで出来るか・・・しかし、今日は、私の想像を超えて強かった・・・そう言えます。

 ちょっと、不思議な光景が目の前に広がっていました。

 これまでの不調が嘘の様な試合展開です。

 もちろん、相変わらず『決定力』も低いのですが、次から次へとチャンスを作って行きます。

 良く集中出来ている・・・そんな印象です。

 結果は、見事に勝利です。

 先ずは、ほっと一安心と言った所です。


 続く2試合目・・・今日最も苦戦が予想される相手です。

 が・・・今日は、強かった・・・皆が、自分の仕事をしっかりと理解できていた・・・そんな印象を受けた試合です。

 ピンチも多かったのですが、皆が一丸となってよく防いでいました。

 危なげ無くとは行きませんでしたが、何とかこの試合も物に出来、先ずは無失点で2勝です。

 2試合で、総得点も7点・・・まずまずの出だしです。

 決めるべき所でしっかりと決める事が出来ていれば、もう少し得点を挙げられたのですが・・・そこは、今後の課題と言う所でしょうか。



 さて、息子は・・・と言うと、1試合目の後半残り5分と言う所で、出番が回って来ました。

 トップ下での出場です。

 夏から、昨年末までで、更に3cm程伸びた身長が存在感を与えます。

 結局、6年生になってから、今日まで(約9ヶ月)でトータル7.5cm程伸びたと言う事になります。

 ちょっと驚きです。

 まぁ、それでも152cm程度しか無いのですが・・・それ以上に体重が軽過ぎる方が問題です。

 『もやし』と言う言葉がピッタリな感じです。(^^;

 で、プレイはと言うと・・・こちらも、私の想像を裏切って・・・上手い・・・味方を良く見る事が出来ていました。

 パスがしっかりと『ピンポイント』で繋げています。

 守備面では、やはり淡白な守備が目立ち、コーチから激が飛ぶシーンもありましたが、それでもこれまでより堂々とプレイ出来ている様に見えます。

 そうしている内に、バウンドしたボールをボレーで・・・『ループシュート』を狙った様です。

 惜しくも、外れてしまいましたが、GKの位置を見て狙ったとの事でした。

 積極的にゴールを狙う事をやはり意識している様です。

 5分間、自分に出来る事を精一杯やった・・・そう言えるのかなと思います。



 明日、いよいよ結果が出ます。

 3試合全てを物に出来るか・・・なるべくなら、早々に2位以上が確定してくれると・・・少しの時間でも元Bチームの面々をフィールド上に送り出せるのですが・・・。

 Bチームに関わって来た者としての願いです。

 残り後60分・・・。

 サッカーの神様が微笑んでくれる事を祈って・・・。

 子供達はプレイで、親達は応援で・・・6年間の思いをぶつけようじゃあ〜りませんか!


 頑張れ、6年生!
 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

あか〜ん!

 今日は、本当に「あか〜ん!」と言うしかありませんでした。

 今年初のカップ戦決勝!

 ここまでの道程も決して褒められるものではなかったのですが・・・何とか決勝の舞台まで駒を進めた6年生。

 しかし、待っていたのは・・・惨敗の2文字でした。

 全く良い所が無く、何かが違う・・・その違和感の原因は・・・これまで、教えられて来た事を放棄してしまったかの様な印象を受けるプレイの連続でした。

 その為、攻守において『歯車が噛み合わない』のです。

 今日は、流石に業を煮やしたパパさん達から声が飛ぶシーンも多かった気がします。

 その全てが、今迄コーチやパパさん達が指導して来た事ばかり・・・。

 今日は、コーチが不在と言う事もあったのですが・・・それにしてもひどい試合内容です。

 来週末の3次予選を前に不安材料ばかりが目立つ内容でした。

 何より目に付いたのが・・・『ハッキリしたプレイ』が出来ていない事です。

 誰へのパスなのか、何がしたいのか、さっぱり理解できないプレイが目立ちます。

 『意思のあるボール』を蹴る事が出来ていないのです。

 取り敢えずなプレイ、単発的なプレイ、場当たり的なプレイが目立ちます。

 その為、それら全てが『ルーズボール』となってしまい、全て相手チームに拾われてしまいます。

 また、球際の緩さも目立ちます。

 相手がプレイするのを待っているかの様な、傍観している時間が目に付きます。

 プレッシャーが弱いのです。

 後ろを向いた相手にさえ、プレスを掛けない・・・簡単に前を向かせてしまう・・・息子以下のプレイもチラホラ・・・。(^^;

 マークの仕方も最悪だったと言えます。

 セットプレイでさえ、マークがいい加減・・・誰もいない所を守っている子さえいます。

 相手が飛び込んで来るのを待っているかの様なポジショニングには、パパさんから思わず声が飛びます。

 何でこうなっちゃたのか・・・今日ばかりは、パパさん達の苛立ちがハッキリ見て取れる程です。

 GKも精彩を欠きます。

 出るのか、出ないのか・・・DFが戸惑ってしまうシーンも目に付きます。

 出たと思ったら、戻ってしまったり、変なアピールをしてプレイが遅れてしまったり・・・このアピールに関しては、DFにも当てはまります。

 『オフサイド』に関してのアピールでプレイに時間的なロスが生じてしまい、それがピンチを招くと言う事が度々あります。

 この辺も、事ある毎に指摘して来た事なのですが・・・。

 そして、何より全てのプレイにおいて『間が悪い』のです。

 出せっと思う時には、パスは出ず・・・撃てっと言う時には、撃たず・・・待てっと言う時には、待てず・・・本当に間が悪いプレイが目立ちます。

 もっと簡単に・・・シンプルに・・・ハッキリとプレイ出来れば・・・得点くらいは、出来たかも知れませんが、今日はその気配も全く無く・・・。

 本当に「あか〜ん!」としか言い様が無い試合でした。

 残り1週間で何処まで調子を上げて行けるか・・・頑張れ〜っ!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

熱戦を物にした物の・・・

 運命の2次リーグ最終戦です。

 混戦を物にするのはどのチームなのか、余談を許さない緊迫した試合となりました。

 土曜日は、息子にも約3分間の出場機会が与えられ、その限られた時間の中で、精一杯のプレイをしたと言えます。

 2次予選に出場機会が与えられるとは思ってもいなかった・・・息子の正直な感想です。(^^;

 ベンチを立ち上がりアップする姿に、試合に出られる喜びが溢れていました。

 何時ものように、ニコニコとしながら・・・良い表情です。

 交代エリアに立つ息子の表情は、今度は真剣そのもの・・・戦う男の表情へと変わります。

 大分変わったものだな〜と、今更ながら思います。



 日曜日、運命の一戦です。

 例えうちが勝ったとしても、勝敗で3チームが並んでしまうと言う大混戦です。

 しかし、県大会出場が決るのは、その内1チームだけ・・・緊迫感がグラウンドに広がって行くのがはっきりと分ります。

 これが、6年生最後の戦いか・・・改めてその重たさを実感しました。

 4年生、5年生も練習を休みにして、応援に駆けつけてくれました。(^-^)

 「なでしこ」の姿もそこにはあります。

 練習の時も、「ボール拾いは4年に任せなさい!」なんて、生意気な事を言ってゴール裏でボール拾いをしてくれていました。




 試合開始と共に、子供達も親も、ベンチも内にみなぎる思いを爆発させているのが良く分りました。

 ママさん達は、声援と言うよりも・・・悲鳴に近い声を出してましたっけ。(^^;

 プレイの1つ1つに一喜一憂しながら、戦況を見守るのがこれ程辛い事だとは・・・正直、初めての経験です。

 6年間の思いって、凄いのだなと今更ながらに感じます。

 4年生も、歌で応援をしてくれていまいた。

 大合唱です。

 5年生は、グラウンドの周りに散らばり、ボール拾いをしてくれていました。

 少しでもプレイが切れる事の無い様に・・・時間を浪費しない様に・・・。

 皆の思いを背負っての一戦です。

 これ程の応援が付いた事は、過去にあったかどうか・・・。

 両チームとも、激しいプレイで・・・今出来る事の精一杯をやっていたと思います。

 相手は、引き分け以上で県大会出場が決ります。

 ゴール前には4枚・・・壁を作っての守備に徹しています。

 中々シュートまで持って行けません。

 均衡が崩れたのは、後半も残り少ない時間でした。

 うちが先制点を決めます。

 これで、相手も前掛かりに成らざるを得ない状況となりました。

 そこから、チャンスが訪れますが・・・時間切れ・・・その瞬間、遠くの方で子供達の歓声が上がりました。

 県大会出場を確信したチームの声です。

 その声を聞いて、応援していた親御さん達も2次予選の覇者を知る事となります。




 結果から言うと、2勝1敗で3チームが並び、『得失点差』で、うちともう1チームが並びます。

 『総得点』『総失点』も同じ・・・その為、『直接対決』の戦績でうちが敗れたと言う結果です。

 結果としては、残念でしたが・・・次の3次予選に望みを繋ぐ事は何とか出来ました。

 次の照準は、そこです。




 ・・・と言う訳で、子供達の冬休みは・・・その殆どを強化練習に当てられる事が決定しちゃいました。(T-T)

 何とか、年内に県大会出場を決めたかったと言うのが本音ですが、次の予選までにどれだけ修正出来るのか・・・頑張り所です。

 心配なのが、怪我です。

 この2次予選も怪我人がいた事で、急遽先発が変更となった訳で、練習で怪我をしない様にしてもらわないと・・・。

 また、今日の様な息の詰まる様な思いをしないといけないみたいです。(^^;

 しかし、その一方で、両者とも素晴らしい試合を作り上げたとも言えます。

 相手チームの親御さんも、「今年最高の試合だった」と言っていましたかね。

 泣き崩れていた相手チームの子達の姿が印象的です。

 しかし、そちらも3次予選に希望を繋げる事は出来たので、うち同様そちらで頑張って県大会を目指してもらいたいと思います。

 まだまだ、頑張れ6年生!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

6年間の総決算初日!

 ついに始まった、最後の大舞台への挑戦です。

 しかし、天候は・・・あいにくの雨。

 それでも、朝早く集合してライン引きです。

 ぬかるみを何とか無くそうとパパさん達とコーチで『土木工事』です。(笑)

 何とか会場の準備も終わると・・・もう直ぐに試合の時間が迫ってきます。

 コーチと子供達は総員戦闘態勢に入ります。

 もう私達に出来る事は、何もありません。

 まぁ、元々大した事なんてしてこなかったですけど〜。

 試合が始まると、会場はシ〜ンと水を打った様に静まり返ります。

 こんな事は初めてなんじゃないかな・・・そう思う程の緊迫感です。

 足場の悪さと、ボールが滑る感触が思う様なプレイをさせてくれません。

 しかし、初戦は見事に勝利で飾る事が出来ました。

 息子も後半出場機会を与えられ、ボールを一生懸命追いかけて走っていました。

 土曜日の練習試合では、以前のBチームの面々は好調と言える状態でした。

 そして、2試合目・・・今度は、立ち上がりが良くありません。

 コーチからも激が飛びます。

 何時もの悪いパターンです。

 撃っても撃っても入らない・・・それでも何とか前半の内に3得点を決めます。

 息子ともう1人、元Bチームの子も前半早々出場の機会が与えられます。

 後半、不思議な光景が目の前に広がって来ます。

 得点がドンドン入って行く・・・気が付けば、フィールドは元Bチームの面々で埋め尽くされています。

 それでも得点ラッシュが終わらない・・・。

 息子も2得点決めて交代となります。

 終わってみれば、16得点だとか・・・。

 それより、全員が出場出来た事が何より嬉しい・・・良い思い出となった筈です。

 これで、この大会は皆の大会へと昇華出来た筈です。

 私も審判としてチームのお手伝いが出来ました。

 先ずは初日、無事に終える事ができてホッと一安心と言う所です。

 まだまだ、先は険しく長いのです。

 頑張れ〜6年生!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
初のフル出場! (05/30)
フッキ
初のフル出場! (05/30)
yellow10
誰が応援なんかするものか! (05/24)
りょう
誰が応援なんかするものか! (05/24)
yellow10
馴染めない・・・ (05/23)
そうちち
馴染めない・・・ (05/23)
yellow10
馴染めない・・・ (05/22)
yellow10
11人制になってから・・・ (05/22)
yellow10
練習を上手に? (05/22)
hirotsubo
馴染めない・・・ (05/22)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf