最優秀選手選び

 大会で最優秀選手賞を貰った事がある子も多いんじゃないのでしょうか?

 うちの子達も頂いた事があります。(^^)

 6年間で何とか全員が貰える様に・・・なんて心を砕いて下さっているコーチの方も大勢いますよね!

 大所帯だと本当に大変なんだと思います。



 大会も終盤に近付くにつれ、最優秀選手を選んで下さいなんて、大会本部から通達が来る事があります。

 そんな時、誰にしようか・・・ってのが頭痛の種になる事なんかもあります。

 その大会で最も活躍した子を選ぶだけなら、それ程悩みもしないのですけどね・・・。

 そんな事を繰り返していると、同じ子が何度も何度も貰う事になりがちなんですね。



 別に、それでも問題は無いのです。

 その子の頑張りでもあるのですからね。

 ただ、なるべく皆がそう言う賞を貰える様に・・・と考えている場合、誰にしようか・・・ってのは、相当考えてしまう事もあります。
 
 事務的に、背番号順で・・・なんてチームは少ないんじゃないでしょうかね?



 少しでもその大会での活躍を認めるって体を取りたいと思うのは、人としては至って普通の感情なんだと思うのです。

 その方が貰った方も嬉しいものですからね。

 選ぶ側にとっても、そう言う目で大会全体を見る事が出来る方が、子供達の・・・ともすれば見逃してしまいそうな些細な成長なんかに気付く良い機会でもあります。

 そう言う試みが、子供達との心の距離を、より近くしてくれる助けになる事もあるんでしょうね。(^-^)b



 1チームで大会に臨んでいた日曜日は、正にこの最優秀選手を誰にしようか問題で大分担当コーチと意見交換をしました。(^^;

 選考基準もコーチによって様々なんです。

 その大会だけを選考基準にする事もあれば、ここまでの取り組みまで織り込んで・・・と言う事もあります。

 今回は、ここまでの取り組みまで考慮して・・・と言う形をとる事が担当コーチの方から提案されました。



 大分2人で思案しましたけどね〜最終的には、私が推挙した子で今回は意見が一致しまして・・・。

 ここまでの取り組みは勿論なんですけど、今正に伸びて来ているタイミングである事や、今後に掛ける期待も込めて・・・この大会でも良い仕事をしていたし・・・この受賞を機に、より一層頑張って貰えれば・・・って思いを込めての決定でした。

 Aチームの子達を差し置いて、Bチームの子にこう言う賞をあげるのには、お情け感だけは無い様にしないと、子供だけじゃ無く親御さんも素直に喜べなくなってしまいますからね。

 それだけは、選ぶ側の努力で避けないといけませんよね。(^^;



 閉会式でメダルを貰っている時の姿は、緊張を隠し切れない何とも言えない表情で・・・笑えました。(笑)

 大会本部の後ろからその様子を見ていた私を見付けると、ニコリと照れ笑いを浮かべたのがとても印象的です。(^^)

 貰ったメダルを見る度に、この大会を思い出すんだろうな・・・きっと。

 最優秀選手の選考には、こう言う舞台裏も在ったりするんですよ・・・選ぶ方も真剣に考えているんだって事は、知っておいて貰えると・・・賞の重みも増すのかな・・・って思います。(^^;

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

チャレンジャーであれ!

 練習中に例えば、私やコーチ、中学生が参戦して来ると・・・子供達から、色々な要望が出て来ます。

 「大人は、シュート無しね!」とか「中学生は、1人で良いよね!」とか・・・その心は、ズルイって事の様なんです。(^^;

 だ・か・ら、お前達は強いチームに勝てないのだよっ!(笑)

 息子達の時には、聞く事の無かった声なんですが・・・他の学年で行うと、必ずと言って良い程聞かれる声なんですよね。



 自分より体格のよい子、足の速い子、ボール捌きが上手な子・・・そう言う子は、何処のチームにも必ずいます。

 もしかしたら、そんな子達ばかり・・・何て事も珍しい事ではないのですよね〜。(^^;

 そんな子達を前に、覇気士気も無くしてしまう様なチームでは困りものです。

 逆に、そんな相手と戦うとなったら・・・燃えるくらいじゃないと・・・。



 実際に対戦してみれば、コテンパンにやられてしまう事もあります。

 そんな中に在っても、最後まで勝つ為に全力を尽くせる子・・・そう言う子を1人でも多く育てたいものです。

 息子達の時には、大人や中高生が練習相手になる事は珍しくありませんでした。

 子供達がしごかれているのか、大人達がしごかれているのか・・・分からない位でしたかね。(汗)



 その甲斐あって、自分達より強いかも知れない相手にも怯む事無く挑んで行けるチームにはなりました。

 相手がどんなチームでも「もしかしたら、勝てるんじゃないか・・・」って観ている方も期待してしまう・・・そんなチームだったと言えます。

 それは、中学生になった今でも変わりませんかね。

 相手が強ければ強い程燃える・・・そんな風に映ります。



 そんな子達でしたから、ゲームに大人が入っていても「大人はシュート無しね!」なんて事を言った事なんか無いのです。

 始めから練習に大人達が混じっていた事で、そんな状況に慣れていたのでしょうね。

 しかも、手を抜いてくれない・・・大人気無い大人達ばかりでしたからね〜。

 尚の事、鍛えられたのだとは思います。



 でも、他の学年は全く違うのです。

 今、少年団に在籍している子達の多くは、大人や中高生が入る事を嫌います。

 「うざい・・・」とか「ヤル気無くなった・・・」なんて、平気で言う子だっていますかね。(^^;

 そして、そんな子達ですから・・・戦績も振るわず・・・クラブチーム相手には、手も足も出ない状態だと言えます。



 勝てる相手としかやりたくない・・・そんな感じでしょうかね。(^^;

 良い物持っているのに・・・残念です。

 私が見ている子達も今は未だ似た様な事を言います。

 なので、中学生が来た時には、どんどん練習に混ざってもらって・・・徹底的にしごいて貰ってます。(笑)



 最近では、大人や中学生相手にムキになれる子も大分増えて来た様に思います。

 Bチームの練習としては、かなりの強度ですよ・・・本当はAチームにもやらせたい位です。(笑)

 最近では、中学生がドリブルで抜かれるシーンなんかも見る事が出来る様になっています。

 逆に、中学生相手にハードな守備をして見せる事もあったりして・・・中学生が「ヤバイ!」なんて思わず口にするシーンなんかも出て来て・・・面白いのです。



 ブラジルの子達なんかは、年の離れた子達と路上で普通にサッカーをやっているって聞きます。

 良い様にからかわれて、ムキになって・・・そして上手くなって行くのでしょうね。

 色々と盗める物も多そうです。

 ガツガツ感もこう言う所で身に付ける事が出来そうですしね〜。



 色々な相手と一緒にサッカーをやれるって、凄く幸せな事なんだと思うのですよね。

 年齢も、体格も、上手さも違う者達が一緒にサッカーを楽しむって素敵な事なんだと思います。

 中々、こう言う機会ってないですからね。(^^;

 そして、これが社会の縮図でもある訳です。

 だから、サッカー以外の事を学ぶ事にも一役買ってくれるのだと思うのですよね〜。

 縦の繋がりを作る良い機会でもありますし・・・。



 事情が許す範囲で・・・と言う事になりますけど、色々な人とサッカーに興ずる事も必要なんだと思うのです。

 その中から何を学び取るかは子供達次第なんですけどね。

 最近、息子がこんな事を言いました。

 「あ〜高校生と練習試合やりたいわ・・・」生意気な事を・・・。(笑)

 小学生の頃に培われた物がそこに見て取れる様な気がします。

 強い者とやりたい・・・今でもそう思っているんでしょうね。

 そして、強く、上手くなりたい・・・って。

 勝てないからやりたくない・・・なんて、ヘタレな事言わないで・・・ドンドン挑んで行って貰いたいのですけどね。

 子供達には、常にチャレンジャーであって欲しいものです。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

サッカーは、日本人に向いていないスポーツ?

 「サッカーと言うスポーツは、日本人には向いていないのかも知れない」って話が時々出て来る事があります。

 海外のサッカーと比較した時、そう言う風に感じてしまう様なんです。

 確かに、現状では・・・最先端の現代サッカーに遅れを取っていますけど・・・数年前のサッカーには追いついている筈なんです。

 つまり、それは・・・同じ事をしようとすれば出来る・・・と言う事でもある様な気が素人目にはするんですけどね。(^^;



 ここでポイントとなるのは、同じ事は出来るのだろうけど・・・同じ事をしていたら欧州や南米には敵わないと言う事なんだろうなって事です。

 もっと言うと・・・同じ事をしているつもりでも、所詮は真似事で・・・形だけを真似しても、そのスピリッツがまるで違う為に同じ結果を得られない・・・と言う事を言いたいのだと思うのですよね。

 その為、よく引き合いに出されるのが、国民性や歴史、文化、精神基盤なんかの話です。

 そう言う事を踏まえて世界のサッカーと日本のサッカーを比較した場合、日本人にはサッカーと言うスポーツは向いていないんじゃないか・・・と言う事の様なんです。

 海外のサッカーを知れば、知る程・・・そう言う風に感じてしまうんでしょうか?



 私の様な素人には、それが分かっているのなら・・・真似を止めてしまえば良いのに・・・って思うのですよね。

 サッカーが日本人に合わないって理屈が、ちょっと私なんかには分からないんです。

 おそらくですけど・・・海外との違いなんて、サッカーに対する本気度の違いと、情報量の違いでしか無い様に思えるのですよね。
 
 これは、プレイヤーも指導者も・・・サッカーに関わる全ての人に当てはまるんだと思うのです。



 そう言ったサッカーに対する熱量の差が、到達するレベルの違いになって現れているだけの事の様に思います。

 だって、家族の未来を背負ってサッカーをしている子供達なんて、日本にはまぁ〜いませんものね。(^^;

 でも、海外にはそう言う子が大勢いる訳です。

 そう言う子達から見れば、日本の子供達のサッカーなんてオママゴトなんだろうと思いますよ。

 そして、そんな子達に絶対に負けてなんかいられないのです。



 サッカーが盛んな国なら、情報量が日本と比べて圧倒的に多いのだろうと想像が付きます。

 生活の中にサッカーがちゃんと根付いているのですものね。

 物心付いた時から、ずっとサッカーが身近にあるのですから・・・長い年月を掛けて脳に蓄積されて行くサッカーに関する情報量は膨大なんだろうと思いますよ。

 日本人の子達とは、この辺も大きな隔たりが在るんだと思うのですよ。



 そして、指導する側もこれまた、そう言う子達の成れの果て・・・良い意味でサッカー馬鹿なんでしょうから、こちらの本気度も違うのですよね。

 そして、それをサポートしてくれる人達も、同じ様な人達なんでしょうから・・・日本人が真似しようと思っても足りない物が多過ぎるんだと思うのです。

 でも、世界と対等に渡り合いたいのですから・・・根本的な所を見直さないといけないんですよね。

 何か変えられる所が在る筈なんです。



 サッカーをしている者達の持っている背景がそもそも違うのですから、その辺を考慮して・・・先ず、出来る事と出来ない事を整理しないといけない様な気がしますよね。

 その上で、何処をどう変えて行けるのか・・・ハングリー精神なんて、植え付けようったって中々出来ないでしょうから・・・そう言う非現実的な事は抜きで考えないといけませんよね。

 今の様な、鎬を削るだけの育成年代の置かれているサッカーの世界なんかは、日本にはそぐわない物なのかも知れませんしね。

 ジュニア年代の指導者の多くが素人ばかりなのも、海外との大きな差を生み出している筈なんです。



 でも、それが日本と言う国のサッカーの背景なんですよね。

 そして、これは・・・おそらくこの先も大して変わって行く事は出来ないでしょう・・・と思います。

 なら、今ある環境で成し得るサッカーを模索しないといけない様にも思うのですよね。

 無い物ねだりしても仕方の無い事なんですよ・・・そして、その事を嘆いていてもね〜。



 私ら底辺の少年団で、サッカーに関わっている者にはこう言う難しい事を考える力はありません。(笑)

 今、子供達にサッカーが出来る環境を与えるだけで精一杯と言った所でしょうか・・・。

 仕事と家庭と、サッカーと・・・それぞれの草鞋を履いて、ボランティアで子供達を見てくれている人達の多さは、逆に日本の誇れる所でもある様な気がしますけどね。(^^;

 そして、そんな人達が日本の少年サッカーを支えてくれているのですよね〜それが現実なんです。

 だったら、その様なサッカーを築き上げて行くしか無い訳で、決してサッカー自体が日本人を排除したりはしませんよ・・・日本人がサッカーを排除しない限り・・・。

 知恵を絞って、サッカーを盛り上げて行ければ、きっと何時の日か・・・サッカーの神様が日本人に微笑んでくれる時がやって来そうな気がしますけどね。

 サッカーが日本人に向いていないなんて、寂しい事は言いっこなしで行きましょうよ・・・。

 もっと、ポジティブに・・・ねっ!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

希望とは・・・

 少し前に投稿した『自立と依存』と言う記事に関連してもう1つ・・・。

 『希望』と言う言葉についても考えさせられたので、書き残しておきたいと思います。

 これも、前回同様・・・熊谷晋一郎さんの言葉が元ネタなんですけどね。(笑)




 希望とは・・・と聞かれたら、どう答えるでしょうか?

 今置かれている状況であったり、過去の経験を通してであったり、そう言った物を踏まえて考える事となるのでしょうが・・・人それぞれ定義があるのかな・・・って思います。

 私には無かった発想なんですけど・・・熊谷さんは、『希望とは、絶望を分かち合う事』と言っています。

 中々、ピンと来ないかも知れませんけどね・・・それは、おそらく立ち位置の違いによる物なんだと思います。



 幸か不幸か、私はこの言葉を聞いて、「ハッ!」とさせられた側の人間です。

 母親が重度の身障者であったと言う事もありますが、そう言う人達にとっては絶望の共有が何よりの生きる力となり得るのですよね。

 『自分だけじゃない・・・』って、たったそれだけの事が分かっただけで、何だか心強くなれるものなんです。

 幼い時には、良く障害者の集いに連れられて行っていたのですが・・・そこに集う人達にとって、そこでの時間は生きる希望その物だった様にも今となっては感じられます。

 誰にも引け目を感じる必要の無い時間・・・日常の苦楽を共有できる仲間との時間を、母も楽しみにしていたのを覚えています。



 少年サッカーでも、我が子のチーム内での状況に絶望している方は少なくないのだと思います。

 私も息子が6年生の時にはその内の1人だった筈なんです。

 でも、やはりそれを共有できる仲間が周囲には居ました。

 だから、我が子とチームを何とか応援し続けられたのだと思います。



 今、中学になって・・・絶望を共有した仲間の子達は、試合に出られる程に成長しました。

 「今は、試合に出られるだけで幸せだよね〜」って、試合の度に言って来るものです。(^^;

 「あの時、親子で腐らなくて良かったね!」とも、よく話をしますかね。

 私も心からそう思います。

 息子なんかは、上の学年でもやらせてもらって・・・出来過ぎなんですけどね。



 あの絶望に満ちた1年間を、子供達は勿論、親の方も希望に変える事が出来た事が、今へと繋がっていると信じたいです。

 もちろん、サッカーのレベル的には非常に低い話なんですけどね。(^^;

 ただ、やはり現状の辛さや苦しさ、痛み等は、共有される事で大分和らぐと同時に、前向きになれるものなんだと思うのです。



 腐ってしまったら、もう心を共有する事さえ拒否してしまうものです。

 そうなる前に絶望を希望に変えて貰えたら・・・少しは、辛い時期も前向きに頑張れるのかなと思います。

 その先に、明るい未来が待っていると信じて・・・みましょうよ・・・。

 そうなれると、関わり合い方も変わって来るものですよ!

 腐らずに、頑張りましょう・・・我が子が辛い時こそ・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

指導者の成績表?

 子供達は、各学期毎に成績表を学校から持って帰って来ます。

 見たくないものの1つなんですけど・・・。(^^;

 そこには、学業の評価やら、生活態度なんかが、数字やローマ字、丸なんかで記号化されて表されています。

 一言、学校からのコメントがあったりもして・・・まぁ、気が滅入る事この上ない学期末の風物詩・・・と言うご家庭も多いのではないのでしょうか。(笑)



 以前、こんな事を言う子がいました。

 「コーチにも成績表があれば良いのにね〜」

 なぜ、コーチに成績表・・・と言う所までは、言わなかったのですけどね。

 子供は、面白い発想をするな〜って感心させられます。



 一体、誰がその成績表を見る事になるのでしょうかね?

 指導者に成績表があったとして、誰得なんでしょうか・・・?

 可能性は色々なんですけどね〜。

 子供達が念頭に置いていたのは、おそらく・・・コーチが叱られてしまう程の存在に見て欲しい・・・と言う事なんだと思います。

 日頃の恨み・・・でしょうか?(笑)



 もしも、指導者の成績表と言う物が作られるとしたら・・・どんな事が、評価されるんでしょうね?

 評価するのは誰が適任なんでしょうか・・・難しいのですけどね。(^^;

 子供達は、多分・・・普段練習や試合をあまり見る事のない人達・・・例えば、チームの一番偉い人だったり、親御さんだったり・・・そう言う人に見てもらいたいって思っているんだと思うのですよね。

 それは何故か・・・そう言う人に知ってもらいたい事が多い・・・と言う事なんだろうと思います。



 子供が何を言ったって、中々聞き入れてもらえないと言うのは、今も昔もそれ程大した差はないのだと思います。

 親子であってもそれは同じ事ですよね。(^^;

 その聞き入れてもらえない部分・・・そこを分かって欲しいと言う事なのかな・・・なんて思うのです。

 「ほら、僕の言ったとおりでしょ・・・」って、成績表を見た人に言いたいのかも知れませんね。



 一体何が子供達の心の中にくすぶっているのか・・・それは、分かりませんけどね。

 色々と、聞いて欲しいことも在るのだと思うのです。

 そして、それを皆に共有して欲しいと願っているケースもあるのだと思います。

 子供達は子供達で、何か思う所があるんですよ・・・きっと。




 指導者の方は、日頃から子供達を見ていてくれています。

 だから、子供達の事を色々と評価する立場にあるのですよね。

 でも、逆に子供達も・・・指導者を常に見ているのですよね。

 子供達の念頭にあった指導者の成績表、この評価を行うのは・・・間違いなく子供達自身なんだと思います。

 色々と、現状に不満があると言う事なんでしょうね・・・子供達にも。(^^;

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

Speed and Quality!

 新人に仕事を教える時、私が良く口にする事は・・・「慌てず急いで丁寧に」と言う事です。

 その心は、『スピード・アンド・クオリティ』なんですが・・・ここに辿り着くには、それなりに経験を積まなければなりません。

 サッカーでも、同じ事が言えます。

 どんなプレイも、慌てず、急いで、丁寧に・・・が基本なんだろうなって思います。



 慌てない事が大事だって事は、皆さん経験的に知っている事だと思います。

 慌てるなと言われ、でも急げと言われる・・・何だか一見矛盾している様に聞こえてしまうかも知れませんね。

 実際、子供達の反応はそんな物なんです。

 会社の新人さんも、実を言うとそうなんですよね。



 慌てている状態って、どんな状態なんでしょうか・・・一言で言えば、平常心が失われている状態なんだろうと思います。

 テンパッている状態ですよね。(笑)

 心には、波風が立ちまくっています。

 的確な判断も出来なくなってしまう事もありますよね。

 そんな状態では、どうしてもミスしがちになってしまうのです。



 じゃ、急ぐとは、どう言う事なんでしょうか?

 これは私の持論なんですが・・・無駄を省く事・・・なんだろうなと思っています。

 1つ1つの無駄を省いて行く事が、結果として時間の短縮に繋がる訳です。

 仕事の遅い人、特に初心者なんかを良く観察してみると、無駄な動作が多い事に気が付くものです。(^^;

 それを、1つ1つ無くして行く事で、目標とする早さに近付く事が次第に出来る様になって来ます。



 サッカーでも同じ事が言えるのですよね。

 動きに無駄があれば、その分遅くなってしまうものです。

 如何に余分な予備動作を無くして行く事が出来るか・・・ここへの関心は思いの他低い様に思います。

 シュートシーン1つ取ってみても、大きく足を振り上げて蹴る子なんかは、ボールに足が触れる前にボールを失ってしまう事も少なくないのです。

 シュートに至っても、目の前で足を出されてブロックされちゃったり・・・それもこれも、動作が遅い事が原因です。

 無駄があるのですよね・・・本人は、気が付かないんですけど。(^^;



 その一方で、早ければ良いって訳でもありません。

 精度が低ければ、パスでもシュートでも、ドリブルだって、ミスを犯します。

 狙い通りにボールを動かす事って難しいのです。

 難しいからこそ、そこは丁寧に・・・いい加減にボールを扱わない事が大事なんですよね。



 以前も書いた様に、丁寧にと言うと、スピードダウンしてしまう子も多いんです。

 でも、ゆっくりと・・・と言う訳ではないのですね。

 そこも、慌てないで・・・と言う事なんです。

 慌ててパスしたり、慌ててシュートしたり、慌ててドリブルしたり・・・全てこれらは、ミスに直結して来ます。

 運任せ・・・と言っても良いプレイです。



 結果オーライなプレイは、1つ1つ排除して行く努力をして行かないと、上達も次第に鈍くなって行ってしまう物です。

 目指すのは、常に狙い通りのプレイです。

 その為に必要な事は、平常心を保つ事が1つには挙げられるのですね。

 その為の反復練習でもあります。

 そして、その為には練習の強度を上げて行く必要があるのですよね。



 練習の為の練習では無く、試合のつもりで取り組む練習・・・簡単に言えば、本気で取り組む練習ですよね。

 その繰り返しが、慌てないプレイを可能にするのですよね。

 だから、プレッシャーは本気で掛けないと練習にはならないのです。

 ただ、レベルに応じて段階を踏んで行く必要はあるのでしょうけどね。

 そう言う練習の繰り返しが、結局・・・判断の早さだったり、プレイの早さだったり、それらの質だったりを高めて行く事に繋がって来る訳です。



 Speed and Quality・・・この言葉は、日本の物作りを支えて来た言葉でもあります。

 そのお陰で、Made in Japanと言うブランドは世界で認められている訳です。

 サッカーでも、この部分は拘りましょうよ・・・より上を目指すならね。

 そこそこの品質では、市場には出せないんですよ・・・商品は。

 プレイヤーも同じなんだと思いますけどね〜。

 どう言う訳か、この辺はあまり拘りが感じられないんですよね・・・目標だけは高いのに・・・。(^^;

 目指す物が高いのなら、そこを頑張りましょうよ・・・もっと。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

告白

 先週のナイター練習での事です。

 熱いゲームがこの日も行われていました。

 とにかく、負けず嫌い・・・そう言う言葉がピッタリな感じの白熱したゲーム内容です。

 そんな中・・・ス〜ッと1人の子が私の元に近付いて来ました。

 で、一言「皆、勝ち負けを気にしているけど・・・俺は、楽しければそれでいいんだ・・・」そう言ったのでした。



 思い掛けない告白に・・・一瞬、「えっ、何でそんな事を言いに来たんだろう?」って戸惑いましたが・・・。(^^;

 「そうか、じゃ楽しんでおいで〜」って、またゲームに返してあげました。

 それ以上、言うべき言葉が見付からなかった・・・が正解です。(笑)

 後になって、何でだろうって色々と考えても答えが見付からないんですよね〜今も尚です。



 その子は、最初に見た時には・・・パッとしない子と言うのが正直な感想でした。

 プレイもやる気があるのか無いのか・・・ハッキリしない子でしたかね。

 Bチームの中でも、特に自信が無さそうな子だったとは言えます。

 そんな事もあって、悪い癖です・・・少し気にしていた子ではあります。



 少しの成功も大袈裟に褒めてみたり、その時に頭をなでてあげたり・・・絡む機会を増やして、もっと自分に自信を持ってくれたらいいな〜とは思っていたのですよね。

 そう言う子が2,3人います。

 その中の1人です。

 ゲームをやっても消えてしまっている時間の非常に多かった子だったとは言えます。

 でも、ここの所・・・少し違うのです。



 以前なら、対人練習(主に1対1ですが・・・)をしても、負け組となる事が常だったのですが・・・ここの所は、比較的上手い子にも負けない様になってました。

 勝てませんけどね・・・負けないのです。

 以前よりも、今自分がすべき事が分かり始めている感じでしょうか・・・。

 ゴールを許さない事ゴールを奪う事、この2つを今は徹底的に意識させている事もあって、分かり易いと言う事もあるのでしょうが・・・それにしても、かなりの変わり様ではあります。



 諦めない粘り強さ・・・ゴールさえ許さなければ、負けじゃない・・・そう言う思いがあるのか、抜かれても抜かれてもゴールに向かって戻って行くのですね。

 絶対に独走だけはさせていません。

 最近では、得点シーンも増えても来ました。

 果敢にフェイントを使って頑張っています。

 ボールコントロール(こちらは担当コーチがみっちり教えてくれている様です)にも自信が少しずつ持て始めている様です。



 そんな子が、言い放ったあの一言・・・どんな意味があるのでしょうかね?

 勝手な想像でしかないのですが・・・今は、上手くなっている事が実感できている事が楽しいのでは・・・と言う事です。

 勝った、負けたと言う結果は、今はどうでも良くて・・・狙い通りのプレイが成功したり、負けそうになっても、そこから立場を逆転出来たり・・・そう言う、局面での小さな成功・・・それが嬉しいし楽しいと言う事なのかな・・・って想像しています。

 ゲームでも、積極的に守備をしている姿が目に付きます。

 ここでも、諦めない姿勢が見て取れるのですよね〜。



 サッカーの楽しさって、やはり1つには上達なんだと思います。

 上達してる事が実感できて、初めて練習にも身が入ると言うものなんだと思うのです。

 そして、それには成功体験がどうしても必要なんですよね。

 何とか、成功体験を上手く積む事が出来ていると言う事なんでしょうか・・・。

 でも、そんな大人の考える事なんて全く無関係で・・・本当は、サッカーをする事自体が理屈抜きに楽しい・・・のかも知れません。

 むしろ、そうであってくれたら・・・その方がこちらとしても嬉しいのですがね。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

突っつけ、突っつけ!

 最近、息子の守備も大分変わって来ました。

 以前は、インターセプト一辺倒でしたが、最近ではボールを突っつくシーンが多くなって来た事が見ていても分かります。

 そう言う指導を受けているのでしょうけど・・・。(^^;

 ボールが入るその時にす〜っと近付いて、ボールを突っつき又離れる・・・これを徹底的に繰り返しています。

 ヒット・アンド・アウェー・・・と言った所でしょうか。(笑)




 もちろん、インターセプトが狙える時には狙うんですが、インターセプトが難しい場合に後ろから突っつく事をするんですよね。

 相手が前を向いていない場合ですけどね。(^^;

 突っついた後は、深追いをせず元の位置に戻ります。

 このボールを味方が拾ってくれれば儲け物なんですよね。(笑)



 こう言う突っつくプレイは、攻撃の出鼻をくじく効果が期待出来ます。

 右から、左から、股下から・・・色々な所から足を伸ばして突っつきます。

 中々、奪うまでには行かない事が多いのですが・・・攻撃を遅らせる事は十分出来ています。

 こう言う守備も必要なんですよね。(^-^)b



 中々、小学生なんかでは、こう言う守備を見る事はありません。

 8人制だから・・・なのかも知れませんが、比較的前を向いた状態でボールを受ける事が出来ています。

 スペースが多いからでしょうかね。(^^;

 こう言う守備を指導しなきゃならないレベルの試合も少ないのかも知れませんね。



 でも、全日本全国大会なんかだと、こう言う守備が見られる事があります。

 J下部のチームなんかですよね〜。

 ちゃんと、そう言う指導が行われているんでしょうかね。(^^;

 攻撃面でもポストプレイの様な後ろ向きでのプレイも出てきますから・・・必要となって来るんでしょうね・・・きっと。



 中学になり、11人制になると、どうしても組織を意識した戦い方を指導される様になって来ます。

 息子なんかは、中学になって初めてこう言う守備の仕方を指導された訳です。

 遅いと見るか、適当と見るかは、人それぞれなんでしょうけど・・・。

 小学生の時から、経験しておいた方が良いプレイなのかも知れませんね。



 もっと、突っつけ!突っつけ!

 足を伸ばしてボールをツンと突っつく事から、始まる守備もあるのです。

 奪い取るだけが守備じゃない・・・って事ですよね。

 ディレイ(攻撃の手を遅らせる事)の1つの形と言えそうです。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

練習試合にも出してもらえない・・・

 『うちの子だけ練習試合にも出してもらえない』と言う悲しい検索ワードがあったので・・・今回は、これをお題にしてみます。

 練習試合と言うと、ちょっと軽〜いイメージを持っていませんか?

 ハッキリ言ってしまうと・・・「勝っても、負けても、どうでも良い試合」って、思っているんじゃないでしょうかね?

 ここに、ベンチとの考え方の違いがあったりする事があります。



 どんな位置付けで練習試合に臨むのかは、指導者の考え方次第です。

 親御さんの考え方は、全くここに反映されないと思って間違いありませんかね。(^^;

 大きな大会前なら、その準備として・・・特に差し迫った大会が無いのなら、勝ち負けに拘らずに色々と試してみようかな・・・って感じで、練習試合に臨む事が多いのかな・・・って思います。

 まぁ、あくまでも傾向です・・・傾向。(^^;



 指導者の方がその練習試合をどんな位置付けで考えているか・・・ここが、戦い方・・・子供達の起用方法を左右すると言って良いのだと思うのです。

 その考えの中で、試合に出せない子・・・と言うのが出て来てしまう事は珍しい事ではありません・・・非常に残念な事なのですが・・・。

 その理由も様々なんですけどね。(^^;

 指導者と子供達の間の非常にディープな関係の中で選択された起用ですから・・・外野には分からない『何か』が理由としてあるのだと・・・信じたい所ではあります。



 ただ、どんな理由があったにしても、1秒も出場出来ない子供がいると言う事は、チームとしては由々しき事態なんだと思うのです。

 ここにも指導者の考え方が反映されてしまうのですが・・・私の周りを見ても、ガチでやるゲームと、出場していない子達の為のフレンドリーマッチ的なゲームと両方用意する事がここの所は多い様に思います。

 もちろん、相手のある事なので、事情が許せば・・・って事になりますけどね。

 最初からそのつもりで、スケジュールを組んである場合も最近では多いですかね。



 こうしてもらえれば、勝負に拘るゲームには出られなくとも、フレンドリーマッチの方には出られる訳で、その方が出場時間も多少長くて、皆が気持ち良く会場を後にする事が出来るのかな・・・って思います。

 これだって、苦肉の策でしか無いのですけどね。

 何もしてくれないよりは、幾らか紳士的なんだと思います。

 少年団なんかでは、こう言う気遣いが出来ないと、親御さんの協力を得られなくなってしまう事だってあるのですよね〜。(^^;



 誰だって我が子がフィールドを走り回り、ボールを追い駆ける姿が見たいですものね。

 お弁当を食べている姿を見に来てる訳でも、ベンチに座ってうつむいている姿を見に来ている訳でも無いのですから・・・この辺は、指導陣の親御さんに対する配慮が在ったとしても罰は当たらない所なんだと思いますよ。(^-^)b

 ただ、それで良いの・・・って気もしないでもないのですよね〜。

 うちの子達が嘆いたのも、その部分に対してだったと言えます。



 確かに、試合に出る機会は与えて貰えてはいるのですが・・・それは、ハッキリ言ってどうでも良い試合なんです。

 ベンチからも檄が飛ぶ事なんて、余り無い事が多いんですよね。

 放置・・・と言うと言葉が悪いのかも知れませんが・・・外野から見ていると、明らかに先程までのゲームとは扱いが違うと感じてしまうのです。

 実際、子供達もそう言う事は感じている様です。



 「勝っても、負けても、どうでも良い試合しか出して貰えない・・・私は、このチームに必要ないの・・・」娘はこう言って、辞める決意を次第に固めて行ったのでした。

 「勝負が付いた時しか出してもらえないよ・・・」息子も試合に出た事自体は、嬉しいものの・・・その胸中は複雑だった様でしたね。

 やはり、勝負の懸かった試合に出たい・・・これが、子供達の本音ですよ・・・やはり。

 そして、親御さんもそう言う我が子の姿が見たい・・・のだと思います。



 この部分をクリアする事は、別に難しい事ではありません。

 ベンチが決断をするか、しないか・・・唯それだけの話なんですから。

 ただ、先程も言った様に・・・何か理由が在って出せないって事も確かにあるのです。

 約束事が守れなかったペナルティーである事もあれば、練習の参加率態度が悪過ぎて・・・なんて事が理由に挙がって来る事が多いですかね。

 この部分は指導者の中のルールに沿って起用を考えていると言う事なんだと分かります。



 指導者自身がそう言うルールの下に子供達の起用を考えているのなら・・・その部分は、事前に親御さんに説明があっても良いのかな・・・って思うのですがね。

 息子のコーチは、そう言う事はちゃんと伝えてくれていましたかね。

 そうすれば、ある程度の理解は得られるんだと思います。

 一言もそう言った話が無い状態で、こう言う事が続くと・・・やはり、何処かで不満が爆発してしまう事もあったりするのですよね。

 その時初めて説明を受けたって・・・納得は出来ませんよね・・・もう、感情的になってしまっていますから。(^^;



 本来なら、どんな試合も全員参加を目指すべきなんですけどね。

 どう言う訳か、未だに色々と屁理屈を並べて、試合に出られない子がいるチーム状態を正当化しようと懸命になっている指導者もいます。

 1試合で全員出場を果たせなくても、その日1日・・・何処かの試合で出場できればね・・・まぁ、納得して貰える筈なんです。

 でも、そうしない・・・出来ない・・・したくない・・・のですよ。



 だって、大人が勝ちたいんですもの。(^^;

 負けるかも知れない(と思い込んでいる)采配はしたくないのですよね。

 指導者だって報われたいんですよ・・・そう言うカテゴリじゃないと思うんですけど・・・4種って。

 子供達に勝負を託す事が出来ないんですよね〜。

 自分を消す事が出来ないんですよ・・・子供達のサッカーの筈なのに・・・。



 子供達の起用方法を見れば、その指導者の考え方が見えて来るものでもあります。

 良くも、悪くも、指導者です。

 親御さんが、子供達の起用方法に口を出す事は、こちらもルール違反なんですよね。

 だから、不満はあるのでしょうけど・・・そこは、グッと言いたい気持ちを押し殺して・・・どうしたら試合に出られる様になるか・・・って事を子供と一緒に考えて貰えたら・・・って思うのです。

 そして、子供自身、何らかの答えを見付けたら・・・その事について応援してあげて欲しいかな・・・って思います。



 一声掛けるだけでも違うと思いますよ・・・。

 そうしている内に、子供のサッカーに対する熱量も十分に分かって来る筈です・・・実際に練習を観にグラウンドに足を運ばなくてもね。

 試合に出して貰えない本当の理由が少しずつ分かって来るんじゃないでしょうかね・・・。

 それを受け入れられるか、どうかは親御さん次第なんですけどね。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ポゼッションとデュエル

 ハリル日本代表監督の記者会見での独演会が話題になりましたね。(笑)

 「日本のサッカーの教育は、ポゼッションをベースに考えられているのかと感じました。」と言ったハリルの言葉は印象的です。

 日本のポゼッションサッカー信仰に対する嫌悪感を持っていた様なのです。

 確かに・・・ポゼッションを高める事は、手段であって目的ではないのですよね。

 目的は、あくまでもスコアで勝つ事・・・それ1つです。


 
 あの大健闘だったと言えるオーストラリア戦の後、ハリルに浴びせられたのは、ポゼッションの低さを嘆く声だったと言います。

 「しかし、日本に戻ってくると、たくさんの方に批判されていました。それは、ポゼッション率が低かったからです。そういう批判を聞くと、その方々とのサッカー観の違いを感じます」と言う、ハリル。

 実際、日本で今行われているのは、正にポゼッション重視のサッカー・・・と言えそうです。

 ただ、ポゼッションに拘るのも分かる気はします。



 勝つ為と言うよりも、負けない為・・・なんだろうなって思うのです。

 こちらがボールを保持している以上、相手に得点を許す事はありませんからね。

 ボールを失うよりはマシ・・・なんでしょう。

 でも、それでは得点をあげる事が難しくなってしまうのかも知れません。

 ボールを失わない為のパス回しなのですからね。



 そう言う点が、日本の得点力の低さに繋がっているのかも知れませんよね。

 格下相手には得点出来ても、同等か各上相手には得点をあげる事が出来ない・・・弱い物虐めしか出来ない様にも確かに映るのですよね。

 仮にポゼッションにポジティブとネガティブがあるのだとすれば・・・日本のそれは、ネガティブに映るのかも知れません。

 よく言う、ボールを持たせれている状態・・・そんなボールポゼッションの時間が長いとは言えそうです。



 ハリルが重要視するのは、ポゼッションよりもデュエル・・・つまり、1対1の勝負強さだとハッキリと断言しています。

 「デュエルについても以前から言っていますが、地上戦、空中戦の両方で重要です。昨夜の試合を観て、この一戦を説明しながら私の考えを伝えたかった。日本のサッカーは日本人選手の特長を生かした独自のアイデンティティーを築くべきです。私にとって重要なのは、デュエルとスコアです。唯一の真実は結果です。」

 欧州チャンピオンズリーグのバイエルン対パリサンジェルマン戦を念頭にこう話しています。

 その試合、パリサンジェルマンはポゼッションではバイエルンに劣るも、デュエルでの成功率では上回り結果として3−0でパリサンジェルマンが勝利したのでした。



 まぁ、ネイマールが移籍した事も追い風となったとは思うのですがね・・・彼のデュエル成功率は、相当高そうですものね。(^^;

 その点は、ハリルも別格に扱うべきだ・・・とは、述べていますが・・・。

 日本には、ネイマールの様な個人で試合の流れを変えてしまう様なプレイヤーはいませんから、1人1人がある一定のレベルにある強さを身に着けるしかないのですが・・・。

 そうなると、当然・・・話は育成年代の方にも及んで来ます。(^^;



 「ポゼッションが高いチームが勝つというのは正常ですが、私はポゼッションが高いから勝つのだと思っていない。モダンフットボールではそれと違った側面もあります。ポゼッションが高ければ勝てるという罠に、日本のサッカーは陥ってほしくない。A代表だけでなく、アンダー世代の監督やコーチにもしっかりこのメッセージを伝えたいと思います。多くの指導者がポゼッションに対して、脅迫観念に近い気持ちを持っている。それだけがすべてではない、それだけが真実ではないということを理解してもらいたいと思い、私の意見を伝えています」

 A代表だけ強化しようとしても、そりゃ無理な話だよ・・・って事ですよね。(^^;

 デュエルを成功させる個の力を育成年代から、もっと作り上げないと・・・と言っているのでしょうね。

 その個の強さが、ポゼッションと融合して初めて強いチームになれる・・・と言いたかったんでしょう。

 その点は、同意見です。



 8人制も局面を切り取れば、全てデュエル(1対1)だと言えます。

 せっかく4種では、8人制を導入しているのですから・・・こちらも、パス回し同様に向上させて行けると良いのでしょうけどね〜。

 リスクの高い事は、4種でもあまり好まれないのが現状なんですよね。

 気が付けば、逃げのパスを多用する事が常となってしまっている事も少なくない様ですし・・・。

 もっと、決闘させるシーンを増やしてあげる事も4種辺りでは大事なのかな・・・って思います。



 チームプレイを重要視し過ぎるあまり、個々の勝負は身勝手なプレイだと取る向きもありますからね。

 上手い事バランスをとって、勝負所を増やして行けると良いのでしょうけどね。

 息子達の時は、アタッキングサードに入ったら、どんどん勝負しろって指導されてましたけど・・・それでもまだ不足なのかも・・・。

 それこそ、子供達の判断に任せる・・・って方が良いのかも知れません。

 この辺のさじ加減も、難しい所なんでしょうけどね。(^^;

 A代表が抱える問題点は、そのまま育成年代の問題点でもある・・・とは言えそうですよね。

 
 【参考引用元】

 『Livedoor'NEWS』
 

 【 関連記事 】

  『ボールポゼッションを考えて見る』

  『パスサッカーとドリブル』

プーマオンラインストア
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
内緒の話、秘密の話は、コチラからどうぞ!!
ナイショの話はこちらからどうぞ!!
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
まるこ
毎週末のサッカーに疲れた (04/23)
yellow10
マーク (04/21)
yellow10
マーク (04/21)
もみじ
マーク (04/21)
卒団しました
マーク (04/20)
yellow10
長かった道程・・・中体連選抜初日 (04/19)
yellow10
再起 (04/19)
パパイヤ
長かった道程・・・中体連選抜初日 (04/18)
元パパコーチ
再起 (04/18)
yellow10
再起 (04/17)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf