下手なんて言わないで・・・

 ここの所、『サッカー 下手』なんて検索ワードが目立ちますかね。(^^;

 我が子の試合や練習を観てそう思ってしまうのでしょうが・・・それって、誰と比べてなんでしょう?

 試合で活躍している子と比べたりしてませんかね?

 もしそうなら、ちょっと視点を変えてみて欲しいかな・・・って思います。



 サッカーの上手い下手って、線引きが難しいのですが・・・まぁ、仮に試合で活躍出来ているように見える子を『サッカーの上手な子』だとして、活躍出来ていない様に見える子が『サッカーの下手な子』だと思い込んでしまうのでしょうかね。

 それ以外にも、ミスの少ない子やミスを取り返せる様な子は上手で、ミスばかりしている子なんかは下手と言う烙印を押されてしまうのでしょうかね。

 まぁ、否定はしませんけどね〜。

 見た目の華やかさにばかり気を取られてしまっては、サッカーウォッチャーとしても、我が子のNo.1サポーターとしても失格なんだと思いますよ。



 我が子を応援する際に、他の子と比較してしまうのはどうなんでしょう・・・あまり、好ましく無い事の様に思います。

 だって、それって・・・他の子にばかり目を奪われているって事でもありますからね。

 だから、我が子が本当はサッカーが下手では無い(上手とは言いませんけどね)のに、下手だと決め付けてしまっているのかも知れませんよね〜。

 よ〜く見てみれば、何か分かる事がある筈なんです。

 どうでしょう・・・以前より出来る様になっていると思いませんか?

 

 もちろん、見違える程と言う訳では無いかも知れません。

 よ〜く見てみないと、見落としてしまいそうな程の僅かな上達ぶりなのかも知れませんが、それでも確実に何か前より進歩している事がある筈なんです。

 ただ、他所の子の事ばかりが気になって、我が子の変化に気が付いていないだけ・・・だとしたら、親としては残念な方なんだと思います。

 ミスも多いし、試合では全く目立たないかも知れません。

 ベンチから、怒鳴られっ放しかも知れませんけどね。

 何か違いに気が付きませんかね?


[PR] ジュニアから大人まで豊富な品揃えで勝負!!【サッカー用品専門店】サッカーショップKAMO


 こう言う事って、動画をマメに撮って見ている方なら、ふと気が付く事なんですけどね。(^^;

 下手だ下手だと思っていたのに・・・ちゃんと上達はしているんだな・・・って。

 改めて、過去の動画を見た時なんか、今との違いがはっきりと分かるものです。

 逆にそうでもしないとその違いに気が付かない・・・情け無い話だと思いませんかね・・・何時も見ている筈なのに・・・。



 他の子と比べてばかりいるからですよ。

 ちゃんと成長している我が子に気が付かないなんて・・・。

 でも、そう言う親御さんは多いのですよね〜。

 私もグラウンドに来た親御さんに、上達している事を伝えてあげる事があります。

 特にベンチ組なんて呼ばれている子の親御さんにですけどね。

 一緒に見て、「ほらねっ!」って・・・。(^^;



 そう言う時でも、一々説明しないと分らないものなんですが・・・「そう言われれば・・・」って気が付いてくれる親御さんも少なからずいますかね。

 大体、我が子のダメっぷりにため息をついている親御さんが多いのですが、まだまだ・・・捨てた物じゃないのですよ。

 ちゃんと、その子のスピードで成長はしているのです。

 もちろん、トップを走っている子達に比べれば、天と地程の違いがあるかも知れませんがね。

 それでも、昨日より今日、今日より明日と、毎日少しずつ前に進んではいるのですよね〜。

 時々後退してしまう事もありますが・・・そこは、365歩のマーチ方式と言う事で。(笑)

[ PR] 違いの分かる男が身に纏う・・・アンダーアーマー公式通販

 まぁ、下手には下手なのかも知れませんよね。

 そこは、認めるとして・・・でも、少しずつでも上手になって来てはいると言う事も見落としてはいけない気がしますよ。

 そこに気が付かずに、嘆いてばかりいるのでは子供が気の毒です。

 何より、自分の子です!

 もっと、温かい目で見てあげられないものかな・・・って思います。



 親子サッカーなんか参加してみると良く分かりますよ。

 下手だ下手だと嘆いていた親御さんが、我が子に簡単にやられてしまう事なんて珍しい事じゃ無いのです。

 高学年になると特にね〜。

 私は、毎年参加して子供達の成長を肌で感じてましたから・・・随分と上手くなったな〜って思いましたけどね。

 そう、ちゃんと上手くなってるんですよ。



 どうしても、他の子より上手じゃないと嫌ですかね?

 もっと、試合で活躍出来ないとダメなんですかね?

 ミスをする事を許せませんかね?

 他の子と比べるより、その子自身の過去と比べましょうよ・・・きっと、以前より上手になってますよ。

 そう、サッカーが上手に・・・。

プーマオンラインストア
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

サポーターとしての親

観戦マナー


 ここの所、プロサッカーでサポーターの行動が問題となっていますよね。

 旭日旗問題では、政府まで記者会見の席で言及する程の大事になってしまっています。(^^;

 確かにね・・・旭日旗自体に差別意識は無いんでしょうけどね・・・誰がどう見たって、当て付けですよね。

 あそこに、あの旗を持ち出せば、ああなる事は分かり切った事だと思うんですけどね・・・。

 自分がされて嫌な事は人にしない・・・子供達に言っている事ですが、竹島慰安婦の事で、再三スタジアムで嫌な思いしている筈の日本人がやって良い事では無いと思いますよ・・・我が国の道徳観(まだあるのかな・・・)に照らし合わせてもね。

 で、我が国の道徳観て何よ・・・って言う話になると又、面倒なので・・・各自で考えてくださいね!(笑)



 少年サッカーでサポーターと言えば、言うまでも無く親御さん達の事なんだと思います。

 私もそのつもりで、チームとは接していると思っているのですが・・・。

 試合会場でのマナーって、どの位意識しているかって言うと・・・それ程でも無い気がします。(汗)

 慣れて来てしまうとね〜配慮に欠ける事もしてしまっている事に気が付かない事もあるのかも知れませんよね。

 ちょっと、気を付けないといけない所です。(^^;



 応援の仕方もチームによって色々と差があります。

 シーンと静まり返っているチームもあれば、うちの様にとにかく賑やかに応援するチームもあって、試合毎に色々な印象を受けるんじゃないでしょうか?

 会場が盛り上がってくれればね〜良い応援なんだと思います。

 中には、子供達の歌が聞えて来たり、メガホンを手に応援してくれているチームもありますね。

 応援合戦とまでは言いませんが、応援で試合を盛り上げてくれる事は、ありがたい事でもあります。



 ただ、熱くなり過ぎると・・・暴走する人も出て来る事も事実なんです。

 海外でも、殴り合いになって病院送りになった事件が、少年サッカーでありましたね。

 大体・・・大人気無い一言が原因で険悪な状況を作り出してしまうのですよね。

 有名人となってしまっている人もいたりもしますか・・・。


[ PR ] 楽天プレミアムカード 入会キャンペーン実施中! 年会費無料なのに楽天市場でのお買い物はポイント2倍!!今直ぐ作らなきゃ損しちゃう!


 タッチライン沿いでの応援禁止との処分を受けた人もいるとか、いないとか・・・。(^^;

 限度を越えてしまうとそう言う目に会う事もあります。

 最悪、チーム自体が今後、その大会にエントリー出来なくなるって事もあるのですよね。

 応援団である保護者の教育も、チームが負うべき責任の範疇と言う事でしょうか・・・。

 こう言う事は、プロの世界でも同様に扱われている様です。

 サポーターの暴走はチームの責任・・・の様です。



 今回の旭日旗問題も処分が決定した様ですね。

 最悪、無観戦試合にまで発展してしまう事もあるのだとか・・・。(驚)

 何だか、とばっちりと言う気もしないでは無いのですがね。

 少年サッカーなら、子供達が一番の被害者となるのだろうと思います。

 招待試合の様な大会では、「来年からは、もう呼びません!」って・・・主催者側から通告されてしまうチームもあるそうです。



 背番号12と言えば、11人制ではサポーターを指す事もあります。

 実際にユニフォームを着ていなくとも、チームを構成する一員だと言う事なんだろうと思います。

 8人制なら背番号9番を付けて観戦しているのと同じなんですよね・・・扱いは。

 だからこそ・・・観戦マナーには、気を付けないといけない様に思います。

 そこかしこで、公式戦が始まっていますよね。

 せっかく子供達が頑張っているのですからね・・・良い思い出として残る様な試合を一緒に作って行ってあげて欲しいかなって思います。

 まぁ、子供に肩身の狭い思いはさせてはいけませんよね・・・子供じみた真似をして・・・。


 
※ 以前書いた関連記事です。宜しければ、御一読を・・・。(^^;

 『観戦マナーに対する指摘』

 『観戦・・・ちょっと気を付けて!』

 『観戦マナー・・・大丈夫ですか?』

 『観戦マナー以前の問題』

 『聞えてますよ・・・』

楽天市場
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ゴールできない・・・。

ゴールできない・・・。


 今回は、『ゴールできない』と言う検索ワードをお題にしてみたいと思います。

 親御さんにとって、我が子が活躍出来たかどうかの判断基準になりがちなのが・・・このゴール・・・つまり、得点出来たか否か・・・なんだと思います。

 特に、ママさんには、こう言う傾向が強い様に思います。

 まぁ、分かり易いですものね!(^^;

 

 試合で一度も得点を上げたことが無い・・・そう言う子の親御さんにとっては、一度は観てみたいシーンなんですよね。

 うちの「なでしこ」もそうでした。

 とうとう、退団まで・・・大会では一度も得点する事が出来ませんでした。

 惜しいシュートは、高学年になってからそれなりにあったのですがね。(^^;

 ゴールネットを揺らす事は、出来ないまま終わってしまいました。



 本人もその点は、意識していた様ですが・・・そればかりを考えていた訳でも無かった様です。

 そこが大人と子供の目線の違いなんだろうと思います。

 得点チャンスなんて、試合中のほんの数秒の間の出来事です。

 子供達は、それ以外の時間も自分なりに一生懸命サッカーしようとしています。

 だから、得点にだけ拘っている訳でも無いのですよね。

 何とかボールを奪おうと必死に追い駆けたり、何とかボールを奪われない様にしようと身体を張ってキープしようとしたり・・・そう言う事だって、上手く行けば嬉しいし、褒められたい・・・観ていて欲しい所でもある訳です。



 なのに・・・「今日も得点できなかったね・・・」なんて開口一番、言われてしまうとね・・・「えっ、そこ?」って思ってしまう事もあるのだと思います。(^^;

 「もっと、他に言う事無いの・・・」なんて、内心は思っているかも知れませんよ。(^^;

 試合後は、先ず良かった事、出来た事、そんな所をくすぐって欲しいのが子供と言う物なんだと思います。

 得点出来なかった事自体はね・・・子供は十分分かっているんですよ・・・今日も出来なかったって。

 「でも・・・」この部分を、親御さんだけには真っ先に褒めて貰いたいんじゃないでしょうかね?

 子供ってそう言う物なんじゃないでしょうかね?

 甘いのかも知れませんけど・・・。(^^;


[ PR ] TVショッピングで大ブレーク!!ワンダーコア スマート 絶賛発売中!!



 一方で、最近・・・であったり、大事な時に・・・ゴール出来ないとお嘆きならば、それは子供達自身が乗り越えて行かなければならない課題でもあります。

 今迄と何かが違う・・・そんなモヤモヤとした思いがきっと子供達自身にもあるのだと思います。

 高学年になると、こう言う子がちょくちょく現れ始めますか・・・。

 それまで、得点を量産していたエースの子が、急に得点出来なくなって来る・・・スランプの一言で片付けてしまって良い物かどうか・・・ちょっと見極めが難しい所でもありますかね。

 だからそこ、親御さんは・・・余計な事を言わない方が良い気がします。



 得点にだけ拘ると言うのも、サッカー全体を通してみれば愚かな事なのかも知れませんよね。

 例えば、息子の場合・・・試合に出場しさえすれば、まぁ得点を上げる事は多かったと言えます。

 あわやハットトリックなんて事も珍しくは無かったですかね。

 しかし、ベンチ組で小学生最後の年は終わっています。

 ここには、得点だけ上げればそれで良い・・・と言う考えは、全く通用しないんだと言う事が見て取れるかと思います。



 実際、息子の場合は、致命的に守備力が低かった・・・そして、足が遅かった・・・と言うマイナス面がありました。

 だからこそ、本人は出場の機会が与えられれば、本当に得点に拘った・・・そう言えます。

 気が付けば・・・6年生の時には、出場機会は非常に少ない物の得点だけ見れば・・・チームでも上位にランキングしていた程です。

 それでも、使ってもらえない・・・そんな1年を過したのでした。

 ゴールが出来ない・・・それでも良いのでは無いのでしょうかね?

 その他の時間、ちゃんと役に立っているからこそ・・・フィールドに立てている訳でしょうから・・・得点シーン以外の所にも・・・もう少し目をやってあげられるとね・・・「ゴール出来ない」なんて愚痴は出なくなると思うんですけど・・・。

 どうでしょう?

 どうしても、得点シーンじゃなきゃダメなんでしょうかね・・・。(^^;

国内・海外土産通販サイトのギフトランド
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

辞めさせないと言う選択

辞めさせないと言う選択


 『なでしこ』がサッカーを辞めて、もう半月が過ぎました。

 週末は、お気楽に過せています。(笑)

 うちは、娘の「辞めたい」に応えましたが・・・実を言うと、もう1年も前から辞めたがっていたんですよね。



 女子トレセンの話が来た事が、継続する力となった事は間違い在りませんでした。

 女子と一緒にやりたい・・・その1点だけなんですけどね。

 そんな理由で、もう1年頑張ってみた・・・結果、「やっぱり、辞めたい」だったんです。

 女子トレセンで習った事をチームに持ち帰り、ちゃんと使っていた事もあって、周囲が気が付く程に今まで以上にサッカーになっていたんです。

 自分から練習を始める様になったのも、恥ずかしいと言う思いが在ったればこそ・・・。

 でも、チームではサッカーをさせてもらえないのです。

 「試合に出られない事は我慢できるけど、試合に出させてくれない事は我慢できない」そう言ってました。

 微妙な言い回しなのですが・・・。



 試合に出られないのは、自分の責任・・・下手だから、それだけ練習もいい加減にやって来たから・・・でも、勝ち負けが決った試合でさえ1秒も出してくれない・・・そんな扱いが許せなかったと言う事の様です。

 だったら、女の子の友達と日曜日に遊びたい・・・それを我慢するだけの魅力が、もうサッカーには無かったと言う事の様でした。

 「トレセンも行けなくなっちゃうよ・・・いいの?」と言う言葉にも、「月1回だけだもん」とあっさり。(^^;

 そんな経緯があっての退団への道でした。

 皮肉な事に、2名の退団が決まってから・・・ベンチ組の子達も試合に出場する機会がグ〜ンと増えて来ています。

 良い傾向です。

 もっと早く・・・そう思わないでも無いのですがね・・・失って初めて気付かされる事もあると言う事でしょうか・・・。


[ PR ] 着るだけでバッキバキの身体を手に入れろ!!加圧シャツなら【スリムゼウス】


 さて、うちは辞めさせる選択をしました。

 それが、良かったかどうかは、全く分かりません。

 逆に、辞めさせないと言う選択も勿論あります。

 続ける事自体が尊い事・・・そう言う意見もありますしね。

 「辞めたい」と思っている子は、何処のチームにもいるんだと思います。

 ただ、中々口に出せない・・・そんな子も多いんですよね。

 耐えに耐えた結果として、「辞めたい」と口に出したのなら・・・その勇気は相当な物だったんだと思います。



 さて、その勇気に親としてはどう応えてあげるべきか・・・です。

 辞めるのは本当に簡単なんです。

 呆気無い程に・・・。

 でも、続けさせるには、それなりの理由を見出させてあげないといけない気がします。

 私には、それは出来ませんでした。(^^;

 頑張って続けさせる為の理由を見付けさせてあげられなかったのです。

 本人と話をすれば、する程続けて行く理由が見付からなくなってしまったと言えますか・・・。



 子供が辞めたいと言い出した時には、先ず話を聞いてみてあげると良いかと思います。

 説得する為では無く、ただ話を聞いてあげると言う事です。

 以前にも記事にした事がありますが・・・恋人に話し掛ける様に・・・その心の内を引き出して行く作業がどうしても必要な気がします。

 根気の要る作業ですが、少しずつ核心に迫って行くしか無いのですよね。

 実際は、子供達もなぜ辞めたいのか・・・心当たりがあり過ぎて自分でもハッキリと原因が分らない事の方が多いんです。

 あえて言うならば、それら全てが嫌で・・・なんですよね。

 しかし、その奥底には全ての元凶となった原因が潜んでいるものです。

 それが分かれば、そこに至った経緯も全てが繋がって来ます。



 原因が分かれば、どうにか出来る事なのか、出来ない事なのかも想像が付きますよね。

 続けさせる為の理由を考えられるのは、それからなんだと思います。

 子供達自身が納得できなければ、また直ぐに辞めたくなるに決っていますから、ここは大事な所なんだと思います。

 思い付きで、何とか理由付けしようって思ってもね・・・子供も馬鹿じゃないですから・・・直ぐに反論されて論破されてしまいますよね〜。

 で、力ずくで言う事を聞かせようとしたら、そこで試合終了です。

 もう大人の事なんて信じてはくれなくなりそうですよね。(^^;

 家族ですらそうなら・・・。


[ PR ] 汗がピタッと止まる!スイスで生まれた驚きの制汗剤【AHC制汗剤】


 多くは、人が原因の中心にいます。

 指導者かも知れないし、友達かも知れません。

 全ての嫌は、その人に繋がっているんですよね。

 それ以外では、サッカーの心のランキングがデータ圏外になってしまった・・・と言う事も多そうです。

 周囲を見渡せば、サッカーをしていない友達の姿があるのですからね。

 そう言う事を、乗り越えられるだけの理由を一緒に見付けてあげられると、シブシブかも知れませんがね・・・続けてゆく事自体は出来るんだと思います。

 『なでしこ』は、それがトレセンだったと言う事です。

 まぁ、ちょっと弱い理由でしたか・・・長くは続きませんでしたがね。(汗)



 続けて行く事って、本当は凄い事なんです。

 息子を観ていてもそう思います。

 だから、事情が許すのなら・・・なるべく続けさせる方向で考えてあげられると良いのかなって思います。

 それは、移籍と言う形でも良い筈です。

 辞める事より、続ける事で得る事の方が大きいと信じたいですよね。

 継続は力なりとも言いますから、続ける事自体が大事な事なのかも知れませんしね。

 ただ、どんな選択をするにしても、その中心にちゃんと子供を置く事だけは忘れてはいけない気がします。

 親がやらせたいだけではね・・・子供が壊れてしまうかも知れませんし・・・。

 続けさせると言う選択も、簡単じゃないんですよ・・・。


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ボランティアコーチの苦悩

ボランティアコーチの苦悩


 少年団の指導員は、ボランティアです。

 彼らのお陰で、サッカーをしたい子供達の受け皿が地域に存在する事ができています。

 本当に貴重な存在なんですよ。

 そんなボランティアコーチの苦悩を御存知でしょうか・・・?



 我が子が、チームに在籍しているのなら、毎回グラウンドに足を運ぶ事はそれ程大変な事でもありません。

 パパさんコーチなんかはコレですね。

 既に、我が子はチームに在籍していないのに、指導に来て下さっているのが少年団の指導員・・・ボランティアコーチの方々です。

 長年、指導員をして下さっている方もいますよね。

 ありがたい話です。

 パパさんコーチは、期間限定の臨時コーチと言う意味合いが強いのに対して、指導員の方は無期限ですから・・・家族の理解と協力がないと、中々続けられないと言えます。




 「そんなの好きでやってるんだから・・・良いんだよ」なんて言う人がいます。

 まぁ、そうなんですけどね・・・。(^^;

 でもね・・・彼らの多くは、色々な物を犠牲にして来た方も少なく無いんです。

 特に団長さん・・・団の最高責任者ですからね。

 その一番の犠牲者は、家族だったりします。

 我が子の事はそっちのけで、他所の子の世話をしている姿に家族から非難を受ける事もあります。


[ PR ] 2児の母『ゆうこりん』も絶賛!!成長期応援飲料アスミール 詳細はこちら

 


 「娘の結婚式の時にね・・・『お父さんは、少年団の事ばかりで何も相手をしてくれなかった』なんて言われちゃって・・・」なんて話を団長さんから聞きました。

 他のコーチの方も、「少年団が忙しくてね、息子の一番良い時を見てやる事が出来なかった・・・」なんて話を聞いた事もあります。

 長い事やっている方なんかは「もうそろそろ、俺を家庭に返してくれ〜」なんて冗談半分で言う方もいます。

 まだ、小学生の子を持つ指導員の方もチラホラいますし・・・家族サービスもままならない・・・なんて悲鳴も聞こえて来ますか・・・。(^^;

 それでも、指導者不足のせいで、辞めたくても辞められない・・・なんて団もあります。



 若い指導員が入って来てくれない・・・なんて声も聞かれますかね。

 後継者不足の声も聞かれます。

 期待しているのは、卒団生が指導員として帰って来てくれる事・・・そう言う方もいます。

 しかし、魅力がないのでしょうか・・・中々その願いは叶わない様です。

 ただ、卒団生の方はと言うと・・・在籍していた時の『嫌な思い出』があるから・・・と言う人も少なく無いんです。

 上手く行かない物ですね。(^^;


[ PR ] 知ってた?肩こりは万病の元!!磁気のチカラで肩コリ改善!RAKUWA磁気チタンネックレス【ファイテン公式】



 上手く行かないと言えば・・・保護者との関係ですか・・・。

 少年団は、保護者との距離が近い・・・近過ぎると言う事もあって、クラブチームと比べて余計なイザコザが生じ易いと言えます。

 しかもお互い地元に住んでいる人間ですからね・・・デリケートな問題も少なく無い訳です。

 不平、不満、愚痴・・・色々とぶつけられる事もあります。

 風の頼りに人伝に耳にする事もあるでしょうね。

 素人のボランティアコーチなのに・・・望まれる事が多過ぎるんですよね。

 また、そう言う立場だからでしょう・・・言い易いんだと言えます。



 好きでやってくれている事に間違いはないんでしょうね。

 色々と言われてしまう事もある程度は織り込み済みで引き受けてくれてはいると思うんです。

 中には多少の事には動じない、豪快な人もいますけどね。(^^;

 そんな人は一握りなんだと思います。



 ただ、子供が好きで・・・と言う人もいれば、サッカーが好きで・・・と言う人もいます。

 それ以外にも不順な動機で・・・と言う人も・・・稀にですがいますか・・・。(笑)

 いずれにしても、皆さん色々な悩みを抱いて指導に当たってくれています。

 言いたい事もあるかも知れませんが・・・こちらも温かく見守ってあげて貰えると、チームとしての雰囲気も良くなるのかな・・・って思います。

 ボランティアでやってくれている姿勢には感謝しないと・・・ねぇ?





【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

嫌われてる?

127-woman-girl-picture.png


 親御さん達の中には、我が子が指導者に嫌われてしまっていると感じている方が、少なからずいる様です。

 どうしてそう思うのかは、それぞれなんですが・・・。

 多くは、他の子との扱いの違いを感じている様です。


 
 反りが合わないって、言葉があります。

 この人とは、どうしても上手くやっていけない・・・そう言う間柄も大勢集まればチラホラ出てくる物です。

 コーチと子供の間にもこう言う関係が見て取れる事があります。

 多くの場合、それでも何とか取り繕ってみる物なんですがね。

 一端ヒートしてしまうと・・・修復不能な程にもつれてしまう事もあります。



 他の子との対応の違いが気になりだすと・・・その他の何もかもが、何だか気になりだす物です。

 子供が、コーチを嫌いになる理由も色々なんだと思うんですが・・・一番嫌になるのは、やはりダメ出しの声でしょうか・・・。

 何やっても、ダメ出しされている気がして・・・次第に、試合からも遠ざかってしまって・・・そうなると、ドンドン嫌いになって行ってしまうんですよね。

 次第に、嫌いだと言う感情が態度にも表れ始めてしまいます。

 コーチに何言われても、素直に聞けないのですね。



 ただ、こう言う事って子供の前で親御さんが口に出していないでしょうか・・・。

 「あのコーチ嫌い!あんたばっかり、責めて・・・」なんて事言ってませんか?

 コーチの悪口を子供の前で言っているのなら、そうなってしまったのは、親御さんのせいかも知れないのです。

 パパやママが言っているんだから・・・って思うのが子供と言う者です。

 親御さんの後押しがあるのですからね・・・自信を以って嫌いになれる訳です。

 その事で、少なくとも親御さんに叱られる事はないのですからね〜。


[ PR ] 絶対ダイエットに成功したい・・・ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。



 そう言う子の親御さんに限って、「うちの子嫌われてるかも・・・」なんて言い出すんじゃないのでしょうか?

 実は、嫌っていたのは何を隠そう・・・親御さん。

 子供は、その真似をしていたに過ぎない・・・なんて話は、実際多い様に思います。

 最初は、試合の出場機会の少なさだったり、起用方法だったり・・・そう言う事への不満から始まった愚痴だったのでしょうがね。

 気が付けば、我が子も親色に染まってしまって・・・。

 嫌っていたのは自分達だったのに・・・「あのコーチ、うちの子が嫌いなんじゃないの?」なんて言い出してしまっているのかも知れません。

 ちょっと、一息付いて考えてみてもらえたら・・・って思います。



 コーチも人間ですからね。

 自分に好意的な人には好意を持つのだろうし、敵意を持つ人には敵意を持ってしまう物なのかも知れませんよね。

 そう言う事もちょっと、考えてみて欲しいかなとは思うんですよ・・・。

 「うちの子嫌われてるかも・・・」って言う前に・・・。


 


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ママさんの苦悩

ママさんの苦悩


 我が子に対するコーチの態度が気になってしまう・・・こんな親御さんがいます。

 パパさんよりもママさんに多い様に思います。

 コーチが皆を平等に扱っているつもりでも、そう言う風に映ってしまう事もあるかも知れません。

 それは、ママさんにとって我が子が特別な存在だから・・・なんでしょうね。(^^;



 こんな話を耳にしました。

 パパさんコーチが、我が子にキツク当たり過ぎるんじゃないか・・・と言う物です。

 我が子がパパさんコーチの事を良く思っていないと言う事は、ママさんも知っています。

 そのパパさんコーチの話を素直に聞く事が出来ないんだそうです。

 そう言う気持ちは、態度にも表れてしまっているらしくて・・・パパさんコーチも我が子にキツク当たるんじゃないか・・・って考えている様でした。



 試合も最近では出場機会が少なくなって来て、出場してもキツイ言葉でダメ出しされてばかり・・・直ぐにベンチに降ろされてしまう事も多いとか・・・。

 他の子への対応と比べると、どうも我が子にばかりキツク当たっている様に見える・・・そう嘆いていました。

 そう言う目で見てしまうと、そのパパさんコーチの言動全てが気になり始めてしまって・・・子供達に何の配慮も無い言葉を日頃から発している事に気が付いたそうです。

 「そんな言い方無いよね・・・」って、ママさん達で顔を見合わせる事もあるとか・・・。



 でも、誰も何も言わない・・・「どうして?」って思ってしまった様です。

 ミーティングの時、酷い言葉を子供達に浴びせていた事があったそうです。

 でも、誰も何も言わない・・・。

 血が上ったそのママさんは、一言言ってやろうと思ったそうなんですが・・・旦那さんに止められたそうです。

 「もっと、酷い目に遭うかも知れない・・・」

 ましてや、パパさんコーチですから、その子も同じチームメイト・・・この先も顔を付き合わせなければならないのです。

 忙しい中、時間を割いて子供達を見てくれていると言う思いもあります。

 皆も同じ様な気持ちで、グッと我慢しているのか・・・我が子が酷い扱いをされない為に・・・サッカーってそんな思いしてまでやらなければいけないスポーツなのか・・・って、悲しくなって来たと言う事です。



 今は、まだその子はサッカーを辞めたいとは言っていないそうです。

 練習は楽しそうに出かけて行くのだそうですが、試合には出たいけど・・・出たくない・・・そんな複雑な気持ちでサッカーを続けている様だと言っていました。

 もう少し気持ち良く子供達がサッカーを出来る様に気遣い、心遣いをして欲しい・・・そんな願いも漏らしていました。

 試合の度に「つまらなかった・・・」って口にするそうです。

 何時か爆発してしまいそうで・・・親としては、どうしたら良いのか分らない・・・そう漏らしていました。



 親は、どうしても我が子を中心に見てしまうものです。

 偏った目で観てしまう事も多いんですよね。

 「何でうちの子だけ・・・」って、思ってしまう事も時にはあるかも知れません。

 でもね・・・そう言う気持ちが子供に伝染してしまう事の方がもっと悪影響なんだと思います。

 子供達は、今ある環境でサッカーをするより他無いのですよね。

 それを拒むなら、道は2つしか無い様に思います。

 その環境を改善するか、その環境を離脱するか・・・。

 どの道も一長一短なんだと思います。

 子供がそこで続ける意思のある内は、親御さんも一緒にそこで踏ん張ってみて欲しいかなって思います。



 愚痴りたくても愚痴れない方は、メールフォームから愚痴でも送って下さい。

 多少はスッキリ出来るかと思いますよ。

 ガス抜き・・・程度には役に立てるかと思います。(^^;

 大した事は書けませんがね・・・ブログ見ても分かる通り・・・。(笑)
 


[ PR ] 低予算、小ロットOK!!招待試合やイベントを盛り上げるプチギフトに最適!!森永製菓の【 おかしプリント 】

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

聞こえてますよ・・・

観戦マナー


 観戦もヒートアップして来ると、色々な言葉が飛び交う事があります。

 まぁ、聞き流せる類のものなら良いのですがね。

 中には、耳を疑ってしまう様な事を言う方もいます。

 興奮し過ぎて周囲が見えなくなってしまっているのでしょうか・・・?



 少年サッカーの試合では、互いのチームの保護者達が非常に近い位置で観戦をする事が多いと言えます。

 そんな状況下では、小さな声で話しているつもりでも・・・聞こえて来てしまう事も多いんですよね〜。

 この間もうちの直接フリーキックの場面、結果として外したのですが・・・「何だ大した事ないな・・・」って隣でボソッと言ってのけたKYな方がいます。(^^;

 そりゃもう、キッカーの親御さんは・・・想像にお任せします。(笑)



 案外、気にされている人が少ないと思いますが・・・女の子にも注意をして欲しいかなって思います。

 「女になんかやられてるなよ〜!」なんて、自分のチームに向かって言う事なんかもあります。

 でもこれ、女の子からしてみたら・・・男より劣る筈の女になんか負けてんじゃね〜・・・って聞こえるらしいんです。

 「女の癖に上手いね〜」なんてのもそうですね。

 男の子の方が、上手いに決まっているって・・・無意識にそう思っている所があるんですよ・・・やはり。

 「女の子なのに頑張っているね」って言うのも、聞こえて来ると嫌な言葉なんだそうです。

 未だ未だ、男性社会と言う事でしょうか・・・少年サッカーの世界も。



 最近では、プロの世界でも差別発言が問題となっています。

 特に人種差別ですか・・・。

 Jリーグでも問題となった横断幕がありましたかね。(^^;

 少年サッカーにも、外国籍の子供がチラホラ見受けられる様になっています。

 外国籍の子と言うと・・・上手いに違いないって思い込みもあったりして・・・実際プレイを観てみると・・・「何だ、大した事ないじゃん!」なんて、ついポロリと言ってしまう方がいます。

 思い込み通りずば抜けて上手だと、今度は・・・「あんなの卑怯だよ!」なんて言い出すんですよね。(^^;

 容姿の事を口にする方もいますね。

 胸の中でそう思うだけならまだしも・・・口に出してはいけませんよ・・・やはり。

 その子達は、見た目は外国人ではありますが・・・日本語は分かりますから・・・嫌な思いしていると思いますよ・・・色々な意味で・・・試合の度にね。

 会場では、何も観戦中だけが要注意と言う訳でもありませんよ〜。

 多くの人が行き交う会場です。

 何気無い話も擦れ違い様に聞こえてしまう事もあります。

 うちの団もやらかした事がある様です。(汗)

 「次の対戦チームは、大した事無いみたいよ〜」なんて事、つい話しながら歩いてませんかね?

 大体、そう言う試合は負けてしまうんですよね・・・不思議と。(^^;



 観戦する大人の方に少しの気遣いがあれば、皆が気持ち良く会場を後に出来るんだと思います。

 失言した人の事って、案外覚えられているものなんですよね。

 そのお子さんまでも・・・。

 又、何処かで同じ会場となった時に、「あ〜いたいた、この間の人」なんて思われているものです。

 で、そのお子さん共々影で笑われてしまっているんですよ・・・。

 ちょっと、気を付けたいですよね・・・お互いに。(^^;

TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

親馬鹿な馬鹿親の独り言

 ふと、家のフォトフレームに目をやると・・・小学1年生の時の息子の姿が・・・。

 それは、初めての大会の時の写真。

 この大会から、あの子達のサッカー人生は始まったんだな・・・って、まぁ〜しみじみと思いにふける訳です。(^^;

 あの日の事は、今でもよ〜く覚えています。



 胸にひらがなで書かれた、チーム名が懐かしさに拍車を掛けます。(笑)

 そう言えば、こんなユニフォームを着ていた時期もあったね〜。

 その大会は、入団して初めての大会でした。

 決勝でクラブチームに負けてしまって、準優勝と言う成績。

 小学校の時は、準優勝から始まりました。

 そして今、中学校でも準優勝から始まったのです。

 この時の決勝の相手はクラブチーム・・・今回も元クラブチームと元少年団の混合チームに一年生大会決勝で負けたのでした。

 こう言う所に、勝手に運命的な物を感じるのも親馬鹿の馬鹿親たる所以です。(笑)



 こんなに小さかったのに・・・今では、もう少しで私に追いつこうと言う身長・・・足のサイズは、もう私よりも上です。

 可愛らしかった声も、声変わりをしてしまい低めの声に・・・ただ、返事は今でもあの頃のままです。(^^;

 泣き虫なのも変わってません。

 唯違うのは、今ではチームの大黒柱になりつつある事です。

 守備が出来ない・・・そう言われ続け、試合から次第に遠のいて行った子が、今ではセンターバックとして、1つ上の学年で試合に出ています。

 プレイスタイルが変わった訳ではありません。

 ちょっと、足が速くなったと言うだけです。




 一年生大会を準優勝で終えて、泣きじゃくる子達を見ていると・・・こちらまで、ウルッと来てしまいます。

 実際、帰りの車中で・・・何ででしょうね・・・涙が溢れてしまって。(^^;

 嬉しさ半分、残念な思い半分・・・良くやったと思う反面、まだまだやれた筈と思う気持ちもあって・・・あの子達の指導に関わって来た事を誇りに思う気持ちもあれば、もっと上手に指導が出来れば・・・と思う気持ちもあって・・・でも、本当は・・・県大会のフィールドを駆け回る息子の姿が見られた事・・・それが一番嬉しくて、でも最高の結果が付いて来なかった事が残念で・・・そんな感じなんだろうな・・・と思います。

 去年は、あまりに冷静で、泣く事も出来ませんでしたから・・・。

 それが、私にとっての忘れ物だったんだと気付かされます。

 あ〜、本当は、勝っても負けても去年息子達と一緒に泣きたかったんだって・・・。

 馬鹿でしょ。(笑)

 まぁ、これで小学生の時にやり残した事はクリア出来たかなって・・・。

 イタイ親の独り言は、この辺で・・・。(^^;

[ PR ] 頭にも春の息吹を感じよう!育毛剤なら【プロミノ】
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

土下座させられるコーチ

土下座させられるコーチ


 コーチが保護者に詰め寄られ、土下座をすると言う耳を疑いたくなる様な事が少年団では実際に起きている様です。

 保護者に強要される事もしばしばあるのだとか・・・。

 子供のサッカーごときで「どうかしてるぜ・・・」そう思ってしまいます。

 モンスターを通り越して、ちょっとしたボスキャラですね。(^^;



 土下座させられる理由も様々な様で、試合に勝てない事を咎められたり、練習の内容を咎められたり、選手の起用方法を咎められたり、指導方法を咎められたり・・・聞いてみれば、保護者が口を挟む様な事は殆んど在りません。

 ただ、これは保護者達のイライラの一端に過ぎないんでしょうね。

 もっと他の所に真の原因が潜んでいる事もあります。

 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言う言葉が在りますが、実態はこんな所なんだと思います。

 結局、その人の何もかもが気に入らないんですよね。(^^;



 例えば、既に兄弟が同じ指導者の指導を受けていた経験がある場合、その時の事を根に持っている保護者の方もいます。

 恨みとは恐ろしい・・・。(汗)

 他にも自分の方が指導者として上だと勘違いしているサッカー経験者の保護者の方も、こう言うモンスターになり易いと言えます。

 とにかく、自分の思う様にならないとカンシャクを起こす保護者の方もいます。

 我が子中心のチーム作りをさせようと目論んでいる保護者の方もいます。

 コーチよりも勝つ事に拘り過ぎる保護者の方もいます。

 コーチの座を奪って自分が君臨しようと企んでいる保護者の方もいます。

 まぁ、色々な問題児が保護者の中には潜伏しているものです。 



 ただ、そのどれも原動力となっているのは、我が子の存在である事は間違い在りませんかね。

 我が子可愛さで、変なスイッチが入ってしまって魔物が覚醒してしまうんでしょうが・・・。

 時として周囲もこれに同調してしまう事もある様です。

 集団で詰め寄られたら・・・やっぱり怖いですよね。(汗)

 1対1ならまだしも、数的優位を作られてしまうと・・・話も何もあったものじゃありません。

 もう、感情を一方的にぶつけられるだけです。

 こう言う事は、ママさん達に多い様ですが・・・。


教師のためのモンスターペアレント対応55

新品価格
¥1,836から
(2017/1/27 11:25時点)




 こう言う保護者に対して、毅然とした態度で臨めるコーチは少なくありません。

 体育会系が多いですからねぇ。(^^;

 ただ、中にはこう言う事態に対応出来ないコーチもいます。

 少年団には、サッカー未経験者のパパさんコーチの方も多いんです。

 指導者不足から、頼まれて引き受けて下さっている方も相当います。

 そんな人達が、サッカー経験者の方に指導方法を責められると、本当に萎縮してしまうんだと思いますよ。

 そう言う姿を見て、更にモンスターは増長する物でもあります。

 何とか踏ん張ってもらいたい所なんですが・・・その場の雰囲気と言うか、プレッシャーから早く解放されたくて・・・安易に土下座をしてしまうと言う事もある様です。



 少年団の様に、保護者と指導者、そして子供の距離が余りに近過ぎる団体は、こう言う事が起こり得ると言えそうではあります。

 実際、全ての事に於いて垣根が低いんですよね。

 良い面でもあるのですが、悪い面でもある訳で・・・。

 ただね〜こう言う事をして、気持ち良くなっている親御さんは良いですけどね〜その子の立場は、複雑なんだと思いますよ。

 それに、これだって立派な弱い者イジメです。

 大人が積極的にこう言う事をすべきではないですよ・・・高がサッカーで土下座はないですよ・・・やはり。

 そんな思いまでして、モンスターの子供達を指導しなくちゃいけない理由もコーチには無いですものね。



 最後に『新劇場版エヴァンゲリオンQ』から、渚カヲルの名言を・・・。

 
生命とは本来世界に合わせて自らを変えていく存在だからね。しかし、リリン(人間の事)は自らではなく世界の方を変えていく。


 モンスターって、自分では無く周囲の世界を変えて行こうとするんですよ・・・悪いのは、何時だって世界なんですね。(^^;

 付き合い切れません・・・。

モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち (シリーズCura)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/27 11:27時点)



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf