対コロンビア戦を見て

 手に汗握るとは、こう言う試合の事を言うんですね〜。(^^;

 見事、初戦のコロンビア戦を勝利で飾る事が出来ましたね!

 早々に退場者を出してしまったコロンビアが自滅した感じだったとは言えますけど、その流れを早い時間に作ったのは確かに日本です。

 大会前は、色々と言われましたけどね。



 結果的には、ご覧の通り・・・ベテラン勢の力が光ったシーンが多かった様な気がします。

 経験則・・・守備の部分では、これが物を言ったんじゃないでしょうかね・・・そんな風に思います。

 攻撃面では、若さが光った気がします。

 若手とベテランの良い所が機能した試合だったんじゃないでしょうか・・・私にはそう見えましたけどね。



 確かに新鮮味には欠ける顔ぶれなんですけど・・・安定感と言う点では、計算できる選手達だとも言えるのかと思うのです。

 一か八かの人選を避けたらこんな顔ぶれになっちゃいました・・・って感じなんだろうと思います。(笑)

 確かにコロンビアが11人揃っていたら・・・負けていた試合なのかも知れませんけどね。

 チャンスを物に出来たと言う事は、日本にもチャンスを手にする資格があった(積み上げて来た物があった)と言う事なんだろうと思います。



 本田選手が言う様に、決して内容としては褒められた物では無かったのでしょうけど・・・。

 それが、今の日本の実力なんです。

 それでも、1勝を挙げる事が出来たと言う事を今は、素直に喜んで良いのだと思うのですよ。

 引き分けでは無く、勝ち・・・この価値は大きい筈なんです。



 悲観的な意見が多かったんですけど・・・現状を嘆いても仕方が無いですからね。

 この辺は、少年サッカーにも通ずる所がある様な気がします。

 悲観からは、何も生まれませんから・・・。

 気持ちを切り替えて、前向きに進んで行くって大事なんですよね。



 課題は課題として受け入れつつも、じゃぁどうする・・・って所も考えられれば、今回の様に道が開ける事もある・・・って事なんだろうと思います。

 少年サッカーの世界は、とにかく悲観する声が色々なシーンで聞かれますからね。

 楽しようと思い過ぎじゃないですかね?(笑)

 もっと、苦しんで、悩んで、考えて・・・子供達と一緒に勝利を目指して頑張って貰いたいな〜って、W杯を見ていて思ったのでした〜。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

テスト週間突入!

 帰りが早かった「なでしこ」。

 「あれっ?何でこんなに早いのさ?」って訊くと、「明日から、期末テストだからだって」との事。

 「兄ちゃんは?」って訊くと、「1年生だけ、初めての期末テストだからって早く終わったの」だそうです。(^^;

 いそいそと、何やら身支度を始めた御嬢・・・これ幸いにと、遊びに行くつもりなのか・・・。



 「えっ?何処か出掛けるのか?」って訊くと、「サッカー部の皆で勉強するの!明日の社会のテストやばいから、教えて貰おうと思って・・・」と意外な答えが返って来ました。

 皆で図書館に行って、勉強会なんだそうで・・・。(^^;

 まぁ、良い事なんだけど・・・何処まで本気なのか・・・?

 「ちゃんと、教わってきなよ〜」とだけ言って送り出してやりましたけどね。(笑)



 実は、3年生の方が・・・この時期のテストの結果に関して言えば、非常に重要なんですけど・・・。

 どう言う訳か、1年生だけが早く帰宅する事を許されたみたいでした。

 もっとも、どうせ早く帰って来ても勉強なんてしないんでしょうけどね〜。(汗)

 だったら、部活動で全然OKですか・・・。(^^;



 夏の中体連の予選がもう直ぐなので、部活動も休みにはしたくないみたいなんですよね。

 毎年の事なんですけど、テスト週間中の練習実施(短時間)への許可を保護者に求める書面を持って来ます。

 名前を書いて判子を押して・・・OKの旨を先生に伝えるのですが、難色を示す方も勿論いる訳です。

 そして、それは全くもって正しいのだと思います。



 3年生は進路に関わって来る大事な時期ですからね〜。

 親御さんの中には、ピリピリしている方もいるのだと思うのです。

 サッカーなんかやってる場合じゃないって。

 ただ、部活動もこれが最後の公式戦となる訳で・・・そちらは、そちらで、良い結果を残して欲しいと願う訳です。(^^;



 部活動で良い結果を残せれば、それだって進路選びの助けとなる事だってありますからね。

 高が部活動と侮れない部分でもある訳です。

 特に、学力の低い子達にとってはね〜くもの糸になるかも知れないんですからね〜おろそかには出来ない部分なんですよね。(^^;

 この時期は、色々な思惑が交差し、絡み合うのです。



 さて、どんな結果を出して返って来るのか・・・もう、どんな得点を見たって、驚きはしませんけどね。(^^;

 そちらの方には、悲しいかな免疫がちゃんと付いてしまった様です。(T-T)

 「なでしこ」にとっては、初めての期末テスト。

 息子にとっては、進路を決める判断材料になって来るであろう大事なテスト。

 その自覚が息子達3年生からは、一部の子を除いて全く感じられないから困ります。(汗)

 馬鹿・・・なの?(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

試合勘

 『試合勘のない子』と言う検索ワードがあったので、今回は試合勘と言う物を取り上げてみます。

 この試合勘と言う言葉、良く耳にしますよね〜。

 レベルが上がれば、上がる程、この試合勘と言う物がプレイを大きく左右して来る様です。

 でも、「試合勘て何?」って子供に訊かれたら・・・答えられますかね?



 辞書通りの意味だと、『試合の流れの変化を瞬間に感じ取る感覚。』の事なんだそうです。

 分かる様な、分からない様な・・・。(^^;

 試合の流れに乗れていないプレイヤーは、試合勘が鈍っていると言われる事が多いんじゃないかと思います。

 本当にそうなのかどうか・・・疑わしい時もありますがね。(^^;



 上手く行かなかった時に、こう言う言葉を使って誤魔化している様な気もしますけどね。

 ただ、長い事試合から遠ざかっていた様なプレイヤーは、この感覚が鈍ってしまうであろう事は想像出来ますでしょうか?

 プレイヤーは試合に出て何ぼだと言われる所以の1つですね。(^-^)b

 それだけ、真剣勝負の場と言う物は、練習では味わい難い独特の緊張感スピード駆け引き等が存在していると言う事でもあります。



 これは、子供達のサッカーを観ていても感じられる事なんじゃないでしょうかね?

 何時もよりも緊張した面持ちで、明らかに硬くなっていたり、スピードに着いて行けなかったり・・・ルールギリギリの際どいプレイに翻弄されたり・・・。

 大人も子供も似た様な物なんですよね。

 この真剣勝負の場で、ダラダラやっていたら・・・本当に目立ちます。(汗)



 試合勘が在ると言う事は、つまり・・・試合の流れにちゃんと乗れている状態なんだと言えます。

 流れに乗れていない子って、確かにいるものなんです。

 試合から消えてしまっている子なんかは、正にこれ・・・なんだろうなって思います。(^^;

 高学年になって、ハイボールを多用する様になって来ると・・・自分の頭の上をボールが行ったり来たりしているだけ・・・なんて場合もあるんですよね。



 でも、どうしたら良いのか・・・自分では、中々解決策が見出せない物なのです。

 とにかく、ボールに触れる事が出来る様に努力してみると言うのも1つの手です。

 どうしても、ボールに触れる事が出来なかったら・・・良〜く観察してみる事です。

 ボールの動きと人の動き・・・そして、自分の立ち位置・・・ズレているんですよね。(^^;



 予測が間違っている事が圧倒的に多いんです。

 この予測の部分『勘』と呼んでいるんでしょうね・・・きっと。

 ボールが次に何処に向かうのか、人がどう動くのか・・・そして自分はどう言うアクションを起こすのか・・・このどれもが噛み合っていないのです。

 そのシーン毎のキーマンが読めないんですよね。(^^;


 低学年の子達なんかは、こんな事は茶飯事ですから・・・気にしないとしても、高学年ともなると・・・こう言う子が1人でもいると、8人制では試合の流れを左右して来てしまいますからね〜。

 観ていて歯痒いのですけど・・・本人は、『?』が頭の中をグルグルと巡っているに違いありません。

 大事な事なんですよね・・・試合勘を保ち続ける事って。

 その為に、練習の時間にはゲームをさせたり、練習試合を組んだり、ミニカップ戦なんかにエントリーしたり・・・試合勘が鈍らない様にチーム側でも努めてくれている訳です。



 まぁ、実際には理屈じゃ無いですからね。

 頭で考えている内は、流れには本当の意味で乗れないんだろうと思います。

 ある意味、野生の勘の様な物ですからね。

 だから、常に真剣勝負の場に身を置く必要があるんですよね。

 プレイヤーにベンチは似合いませんよ・・・。

 研ぎ澄ませ!!(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

日本代表の意外なデータ

 西野ジャパンの初陣は、残念ながらと言うか・・・予想通りと言うか・・・0−2でガーナ代表に完封負けを喫してしまいました。(^^;

 その後行われた壮行セレモニーを伝える・・・JFA公式ツイッターアカウントが炎上してしまうと言う騒ぎにまで発展してしまった様ですね〜。

 まぁ、結果を急ぎ過ぎるのは、どのカテゴリでも同じと言う事でしょうか。(汗)

 昨日の今日で、結果なんて出る訳が無いのですけどね〜。



 さて、そんな中・・・【サッカー日本代表に"部活出身"が多いワケ】と言うニュース記事が出されました。

 ご覧になった方もいるのかな・・・って思います。

 正直、意外なんじゃないでしょうか?

 まぁ、記事自体はね〜「ん〜どうなんでしょう・・・」と長島さん並に唸ってしまう内容ではありますけど・・・当たらずとも遠からずと言う所でしょうか。



 そもそも、この『日本代表に部活動出身者が多い』と言う括り自体が、ちょっと誤解を招く言い方でもある様に思います。

 ここに時間軸は存在していないのですね。(^^)b

 どんな環境でサッカーをして来たか・・・と言うのは、各世代で大分異なって来ています。

 20年前より10年前、5年前より今・・・と言う具合に、年々改善されて来ていると言う事には、目を向けられていないんです。



 特に、J下部を中心とするクラブチームなんかでは、元プロが指導に携わっているチームも多くなって来ています。

 元プロと言っても、何ちゃってプロから、トップチームで活躍していた人まで、幅は大分あるのですけどね。

 指導方法も年々改善されて来ています。

 クラブ上がりの選手が、実はもう既に部活動上がりの選手を抜いて、日本代表に選ばれていると言う現実を知らないと、間違った認識だけが世間を一人歩きしてしまいます。

 都市伝説化してしまう訳です。(笑)



 この辺の事は、【無精者のかわら版】と言うHPに面白い記事が載っていますので、そちらを参考にしてみて下さい。

 これも、現状の話です。
 
 部活動のハードワークでの育成を、クラブ側の論理的な育成が超え出して来た・・・と言う事でしょうか?

 ただ、サッカー馬鹿を作り上げるのには、部活動は依然として特化しているのかも知れませんけどね。(笑)



 今後どう変化して行くのか・・・は、全く分からないのですけど、クラブも部活も互いに意識しあって切磋琢磨して貰えれば・・・って思います。

 もっと、交流戦を頻繁に行える様になって来ると刺激になって良さそうなんですけどね。

 部活動の存在価値は再認識出来る記事とはなってたのかな・・・とは思いますけど、やはり根性論だけが注目されてしまう所は少し切ないかな・・・って思います。

 今なんか大分やんわりとした物なんですけどね〜部活動なんて。

 嫌われてますよね・・・完璧に。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

懇親会

 先週の土曜日、サッカー協会主催の懇親会なる物がありました。

 うちの中学からは、保護者会の役員が参加するとの事でして・・・私も参加するハメになりました。(^^;

 この辺の中学のサッカー部の方達が集って、親睦でも深めようって会なのかなって程度のイメージで出掛けたのですが・・・。

 何の何の・・・各世代のサッカー関係者が一同に集うと言う大規模な物でした。(汗)




 周囲を見渡しても、スーツ姿の人の多い事、多い事・・・。

 超ラフな格好で出掛けてしまった、うちの保護者会一同は・・・完全に浮いてしまっていましたね。(汗)

 こう言う会が定期的に行われている事すら全く知りませんでしたから、何の情報も無いまま来てしまった事が恨めしい・・・。(笑)

 完全に場違いな所に来てしまった感じでしたね〜。



 会自体は、立食形式で行われました。

 仕事終わりで行った私ら田舎者は、これもキツかった・・・。(^^;

 表彰式や役員の話等が最初にあり、テーブルの上に用意されていたビールが、十分温くなってからやっと・・・乾杯です。(笑)

 若手Jリーガーも数名来場していたみたいでした。



 テーブルを囲んだのは、うちと八幡さん、南部さん、丸塚さん・・・。

 このブログの読者の方の中には、ピン!と来た方もいるかと思います。

 引き寄せてますでしょ〜。(笑)

 これが縁の力なんだな〜って、改めて思い知らされた様な・・・ローカルな話題なんですけど。(^^;



 その話題も少し出ましたね〜。

 少年団の時から、何かと縁があるね〜って・・・向こうも同じ様な事を感じていたみたいです。(^^;

 よく考えてみたら・・・こうやって、他所の保護者と顔を突き合わせて話をする事なんて、滅多にありませんからね。

 しかも、向こうは殆どが奥様方でしたから・・・尚の事、お話しする機会なんて無いですからね・・・もの凄く新鮮だったとは言えます。



 皆さん、良く気が利くので・・・料理を取り分けて下さったり、ビールを注いで下さったり、恐縮しっ放しだったんですけどね。(^^;

 話も弾んで来た所で、お開きになってしまったのが残念なんですけど・・・いや〜美味しいお酒だったとは言えます。(笑)

 普段は、全く呑まないですからね〜。

 下戸なもんで・・・。(^^;



 こう言う会がある事は、全く知りませんでしたからね〜。

 何だか秘密結社のパーティーにでも潜入しているかの様な、変な緊張感と言うか、場違いな感覚は覚えましたけど・・・総じて楽しい時間だったとは言えますかね。

 1人7000円ですからね・・・決して安くは無いのですけど。(^^;

 そう言う集いが在るって事が分かっただけでも勉強になった様な気がします。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

中体連選抜練習会を初見学!

 6回目にしてやっと、練習会を見る事ができましたよ・・・もう半分、終わっちゃってる・・・。

 全10回の予定ですからね〜もっとも、内3回は雨で中止となってしまっていますから、息子達にしても持ってないとは言えますか。

 何でも8月に招待試合があるそうで、それに向けてのチーム作りの最中なんだそうです。

 どんな活動をしているのか・・・興味深々なんですけど・・・。



 息子が「見てもつまらないよ・・・きっと。」なんて言ってましたけど・・・何の何の・・・中々面白かったですよ。

 最初にちょろっと、アップがてら合同練習をして・・・残りはゲームでした。

 15分を3本です。

 それも、ガチ・・・Aチーム対Bチームの熱戦です。

 Aの方は、主力がテストの為ごっそり抜けていたみたいなんですけどね。(^^;



 息子は、もちろん安心安全のBチームです。(笑)

 左サイドバックでの起用でしたね〜。

 フィールドに出た子供達を見ると・・・デカイ・・・流石に3年生ですよね〜。

 息子なんか、より一層ヒョロっとして見えます・・・大丈夫なんでしょうか。(^^;



 それでも、ゲームが始まると・・・どうして、どうして、それなりにやれてましたか。(^^;

 1年生の時に初めて受けた選考会の時を思い出す様な、ちょっとこちらが驚いてしまう程のプレイを見せていました。

 息子曰く「あの中だから、出来るんだよ・・・うちのチームじゃあぁは行かないよ!」なんだそうです。

 まぁ、分かる気もしますけどね。(^^;



 全体的な印象としては、やはりBチーム・・・と言った感じでしょうか・・・視野が狭いの一言です。

 右利きが多い事もあって、右サイド中心のゲーム展開なんですが・・・逆が見れていないのですね。

 ず〜っと右サイドで、鳥かごをやっている様なゲーム運び。

 狭い中でパス回しを行ってばかりいるから、直ぐに捕まってしまう・・・そして、先ずドリブル在りきなプレイも目に付きましたか・・・。



 スピード感と言う点では、確かにあるのかな・・・とは思いますけど、そればかりなんですね。

 緩急が無い・・・だから、相手も付いて来易い・・・で、行き詰る・・・。

 スピード勝負なら、Aの方が上ですからね・・・少し工夫が必要なのかな・・・って見てましたけど。

 ショートパスを多用するのは良いのですけどね・・・ロングが無い・・・だから、狭い中に集中して来てしまうと言う悪循環も目立ちましたかね〜。



 息子はと言うと、時々パスを受けると・・・そこから、チャンスとなる事が多かったと言えます。

 左は暇してましたからね〜待ってましたと言わんばかりに、生き生きとプレイしてましたか・・・。(笑)

 かなり上がり気味にプレイするシーンも多かったですね。

 トラップからそのままドリブルに入り、中央へ切り込んでからのラストパス・・・惜しくもオフサイドになりましたけど、珍しくそんなプレイも在ったりして・・・楽しそうにやってましたか。



 中でも再三目に付いたのは、ロングフィード。

 何度かチャンスを演出してました。

 それも、精度が高め・・・。

 アシストも決めて、本人も納得の出来だったみたいです。



 守備面ではね〜走り負けするシーンも在りましたけどね〜。

 カバーリングやインターセプトは、それなりに効いていたとは言えそうです。

 こう言う少しレベルが上な環境にいる間に、1対1や球際の強さを多少なりとも身に付けられると良いのですけどね〜。

 出来る事、出来ない事、ストロングポイント、ウィークポイント、その辺が自分自身でも分かって来ているのかな・・・とは観ていて思いましたけどね。



 総じて、面白かったとは言えます。

 やっ、新鮮でしたね。

 友達の輪も少しずつ広がって来ているみたいだし・・・楽しそうです。

 何より、自信に繋がってくれれば・・・って思います。



 「いや〜疲れた!」って、お決まりの台詞を吐きながら車に乗り込んで来る息子の顔も何処か笑顔がこぼれていて、「楽しかった〜」って言っているのが良く分かります。

 「15分3本フル出場はキツイわ!」なんて言ってましたけど・・・それも嬉しかったって事なんだろうなって分かります。(笑)

 車中では爆睡です・・・流石に。(^^;

 初めて観ましたが、少しだけ上の世界を楽しめている様で何よりでした。

 もう少しダメダメかと思っていましたけど・・・いや、意外でした。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

アピールできたかな?

 ヘルプしている子達の練習試合がありました。

 大会前と言う事もあって、ちょっと様子を見にグラウンドへ・・・。

 何時も通り、コーチが手を焼く元気の良さは今日も健在です。(^^;

 そろそろ、大会に向けてポジションも決まって来る時期ですから、精一杯コーチにアピールして貰えればね〜。



 前半はAチーム、後半はBチームと言う括りで練習試合に臨む様でした。

 後半になって、Bチームの面々が元気良くフィールドに出て行きます。

 試合が始まると、動きが良い・・・。

 ここの所、練習試合でも余り良い所が無かった分、この日は良く見えましたし、実際に良かったとは言えます。



 得点も出来、守備の方も今やれる事はやったのかな・・・とは思います。

 新しい司令塔も予想以上に活躍出来ていて、何だか大会に少し期待が持てそうな・・・そんな感じには見えました。

 前日に4年生とゲームをして負けているんですよね。(^^;

 それも含めて、今のこの子達に出来る精一杯のサッカーだった様に思います。



 自分より大きな体格の良い子が多かったですから、逃げずに良くがんばったな〜って感心して見てましたけどね。

 その点は、個人的に何人か褒めてあげました。

 名誉の負傷をアピールして来る所なんか笑えましたけどね。

 ここの所「後2秒、ビビルのを我慢しろ!」って、冗談交じりで常に子供達に言って来たんですよね〜その効果でしょうか?(笑)



 攻撃に転じた時のスピード感は、以前よりも上がったなって感じる所でもありました。

 持ち過ぎないって点も、意識できていて適切な所でボールを離す事が出来ていたのかな・・・って思います。

 キックの精度・・・と言う点は、もっと意識付けしないとせっかくのチャンスをパスで潰してしまっていたシーンが相当ありましたからね。

 ポジショニングも少しおかしくなってしまう時がありました。



 まぁ、最近のゲームを見て来た感じからすれば、及第点と言えますかね。(^^)

 少しずつ、サッカーらしくなって来ています。

 繋ぐ意識も、パスを貰おうとする意識も以前よりは大分付いて来たし、守備の意識も以前よりは大分高くはなっているのかな・・・って思います。

 勝利を手にするには、まだまだ遠い道のりなんですけどね。(^^;



 それでも、少しずつ出来なかった事が出来る様にはなっています。

 もう少し、練習にまじめに取り組めるとね〜もっと、上達も早いんでしょうけど・・・。

 まぁ、そこはこの子達の色と言う事で・・・辛抱しなくちゃなんですよね・・・きっと。

 前半と後半とのスコアを比較しても、戦況を見ていても・・・Aチームとの差は、本当に僅かな所までは来ているな・・・って思います。

 個々の力の差は、大きいんですけどね〜チームとしては、大分良い方向へ向かっている気もします。

 先ずは、直近の大会に向けて・・・頑張れるかな〜頑張ってくれると良いのですけどね〜。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

弘法筆を選ばずの心で・・・

 『弘法筆を選ばず』と言う言葉があります。

 その心は、上手い人は、道具のせいにしない・・・って事ですよね。(^^;

 まぁ〜ボールのせいにしたり、スパイクのせいにしたり・・・今の子供達は、恵まれ過ぎてしまっているんでしょうね。

 大人並みのハイスペックな物を欲しがる傾向がありますよね〜。(汗)



 スパイクなんか、一度良い物を履いてしまうと・・・後戻りしてくれません。(笑)

 カンガルー革の物なんか買い与えてしまった位なら・・・もう2度と人工皮革や、合成皮革、オックスハイドレザーなんかには、見向きもしなくなります。

 もちろん、それだけの代物なんですけどね。(^^;

 子供が履くには、正直過分・・・なんだろうな・・・って思います。



 相当、ハイレベルな所・・・例えば日の丸を背負うレベルに近付けば近付く程、道具がプレイに与える影響と言う物は大きくなるのかも知れません。

 ある程度、その年代としては、行き着く所まで行った子達ですからね。

 技術レベルでは、甲乙付け難い位拮抗している集団なんでしょうから・・・軽さやフィット感、グリップ力等の僅かな差が大きな差として現れてしまう事もあるんでしょうね。

 オリンピックの競技なんかも、そう言った本の僅かな差が勝敗を分けるって言われていますよね。



 で、子供達のレベルまで・・・グ〜ンと視線を落とし込んでみると・・・そんな道具が勝敗を左右するレベルではない事は一目瞭然なんですよね・・・残念ながら。(^^;

 それ以前の所に課題は山積してしまっていて、道具の方が泣いています。(笑)

 高学年になると、どうしてもスパイクに対する変な拘りが出て来るから厄介なんです。

 息子にも大分やられましたよ。(^^;



 ただ、それもサッカーの楽しさの1つではあるんですよね・・・今の子達には。

 ちょっとした、コレクター感覚でスパイクを選んでいる感も無きにしも非ずなんです。(^^)

 スパイク選びは楽しいみたいですからね。

 息子と行くと2〜3時間は、普通に掛かりますよ・・・私ら夫婦は、店内のベンチに腰を下ろして今か今かと待っています。(笑)



 今なんか、高校生だってブランド品を持ち歩いている時代ですからね。(驚)

 パパでもいるんじゃないか・・・って心配になってしまいますよ。(笑)

 そう言う高価な物・・・本来なら大人だけが、身に付ける事を許されていた筈の物が、低年齢層まで降りて来てしまったのが、現在なんですね〜世の中ドンドン低年齢化が進んでいます。

 親の方が時代に置き去りにされてますよね〜面食らう事の方が多いでしょうか・・・もう、価値観が全然違います。



 そんな世の中を生きている子供達ですから、ある程度は仕方のない事なのかも知れないのですけどね。

 こう言う事は、流行り病の様に蔓延して行きますから・・・親の抵抗も虚しく陥落・・・と言う事も多いんです。

 まぁ、それでも大事に使ってくれれば・・・と言う願いもすぐに裏切られますけどね。(笑)

 子供にとって、道具なんてその程度の物にしか映っていないんですよね〜。



 ただ、どんな場合でも道具のせいにだけはしないで貰いたいかな・・・って思うのです。

 道具は本来、活かす物であって、頼る物ではないんですよね。

 道具の良し悪しでプレイの良し悪しが決まるなんてレベルには殆どの子がいません。

 高価な道具を使うのですからね・・・それに恥じないプレイをしないと、その道具の価値も地に落ちてしまうと言う物です。(^^;



 願わくば・・・「アイツが履いているスパイクなんて履きたくね〜」なんて言われない様に・・・逆に「アイツと同じスパイクが欲しい」って思われる様になって貰えるとね〜嬉しいのですけど。

 ボールもシンガードも、練習着だって、そう言う憧れを抱かれる様なプレイヤーになろうと頑張って貰いたいですよね〜。

 弘法筆を選ばずの心で、「運動靴でやったって負けね〜ぜ」「ゴルフボールでリフティングしたって負けね〜ぜ」なんて、道具に一切拘り無くプレイ出来る格好良さもあると思うんですけど・・・。

 そっちには、シフトしてくれないんですよね〜。(泣)

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

自由が満喫できない!

 子供達の行っている(教えられている)サッカーは、非常に秩序だっています。

 何も言わなくてもゲームともなれば、フォーメーションを決め、ポジションを割り当て、試合さながらの動き方をしてみせます。

 これは、これで悪くは無いのでしょうけどね。

 何処か、頭が固い・・・様な気もしなではないのです。



 秩序だって行うのがサッカーだって、思う込みがあるんでしょうね。

 ポジション無しでって言うと、「え〜何処でも良いの?」って返って来ます。

 「何処でも良いんじゃなくて、無しなの・・・分かる?」って言われても「・・・?」な感じなんです。(笑)

 「それでもGKだけは決めようか・・・」って言う時もあるし、「誰でも近くに居る人で・・・」と言う時もあります。



 そんな混沌とした中で行われるサッカーは、見ていて非常に面白い発見があるものです。

 子供達の考え方が見えて来るんですよね。

 日頃やらされている秩序だったサッカーから開放されると、本性を表すと言いましょうか・・・抑え付けていた物が解き放たれると言いましょうか・・・その子本来のサッカー感が良く見えて来ます。

 サボり出す子もいますよね。(笑)



 ただ、そんな時であっても、日頃やっているは抜けない様なんです。

 言い方を変えれば、他の選択肢が見付けられないとも言えます。

 何も縛る物が無い筈なのに・・・見えない何かに縛られ続けているかの様なんですね。

 自由な発想を持てていない事が分かります。



 自分で考えて動くと言う事が出来ていない・・・今、どうしたら良いのかが見えて来ない・・・そんな感じなんです。

 何時もなら、後ろに誰かいる筈・・・でも、いない・・・「あれっ?」って思っているのが分かる時もありますか。(^^;

 混沌とした中で行われるサッカーでは、常に周囲を確認しなければなりません。

 どうも、そう言う意識が希薄みたいなんです。(汗)



 秩序だって行われるサッカーの利点が、混沌とした状態で行われるサッカーでは何も無いのですよね。

 あそこにいる筈・・・と言う発想自体が無意味なんです。

 だから、その都度確認しながらプレイしなければならず、まぁ〜中々上手い事行かないんですね。

 子供達もイライラが募るゲームでもあります。



 結果、ドリブルに頼ってしまう子が何と多いか・・・。

 それも悪くはないんですけどね。

 せっかく仲間がいる訳ですから、役立てて貰いたい所でもあります。

 自由にやって良いよって言われると、逆に自由が失われてしまうと言う皮肉な結果でもあります。



 普段、やっているサッカーが如何に凝り固まった考え方の基で行われているのか・・・分かる様な気がします。

 ルールブックには、ポジションについても、フォーメーションについても何も書かれていません。

 GKだけは、1人決めなければなりませんけどね。(^^;

 ポジションやフォーメーションを決めるのは、やる方もベンチも、その方が分かり易いから・・・と言うだけなんです。



 自分達にとって分かり易いと言う事は、相手にも分かり易いと言う事でもあるんですよね。

 そんな中で、型破りな発想と言う物が出来る子が、やはり上手に感じられるんじゃないでしょうか?

 自由な発想が出来ない分、多くの子は苦労してサッカーしているんじゃないでしょうかね。

 自由な発想だって、経験なんですよ・・・経験しないと出て来ないんですよね。

 時には、何時もと違ったサッカーで子供の頭を鍛えると言うのも良いのかな・・・って思います。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

辞めて後悔

 検索ワードに『サッカー辞めて後悔』と言うのがあったので、これをお題にしてみます。

 うちの「なでしこ」も小学生の時は、5年間続けて来たサッカーを辞めてしまった1人です。

 まぁ、辞めるのは本当に簡単なんです。

 ただ・・・辞めた後に、寂しくなってしまう子もいるのですよね。



 人間なんて不思議な物で、もう2度と出来ないと思ってしまうと・・・無性にそれをやりたくなってしまうんですよね。(^^;

 「なでしこ」でさえ、辞めた直後は「パパと一緒にサッカー場に行こうかな〜」なんて言っていた位です。

 そして、結局・・・中学でもう1度、サッカーの道を選んだのです。
 
 胸中、何か後悔にも似たモヤモヤした物があったんでしょうね。(^^;



 「だったら、辞めなきゃ良かったのに・・・」家族中に集中砲火を受けた訳なんですが、復帰すると言うのも又勇気の要る事なんじゃないかな・・・とは思います。

 辞めて行く子の多くは、サッカーが本当に嫌いになって辞めて行く訳じゃないんです。

 むしろ、辞めさせられる子の方が多いんですよね。

 親御さんであったり、指導者であったり、チームメイトであったり・・・そう言う者達からの圧力で辞めて行く事が多いんです。

 後ろ髪を引かれる思いで・・・去って行くんですよね。



 「なでしこ」にしても辞めた当初は、普通の女の子に戻れる物だと思っていました。

 再三、「(女の子の)友達と遊びたい・・・」って言っていたのですからね〜。

 しかし、それを満喫できたのもつかの間だったと言えます。

 結局、気が付いてみれば・・・サッカー少年団の仲間と再び繋がりを持ち、その子達と遊ぶ機会が増えて行ったのです。



 同じBチームだった子達を軸に、ゲームで遊んだり、外で遊んだり、映画を見に行ったり・・・と、少しずつサッカー少年団を辞めてしまった事に対する後悔の念の様な物が湧いて来たみたいでした。

 最後の大会は、私に同行して試合の応援をしてましたしね。

 卒団式も同行して、団長やコーチと話をしていたみたいです。

 気が付いたんでしょうね・・・苦楽を共にした仲間って、やはり特別な存在なんだって・・・。



 サッカーが出来なくなった事が寂しいと言うより、仲間と離れ離れになってしまった事、同じ時間を共有できなくなってしまった事への寂しさ・・・なのかも知れませんよね。

 サッカーが下手でも上手でも、体が大きくても小さくても、足が速くても遅くても、そこにいるだけで仲間でい続ける事が出来るのですよね。

 弱音を吐く事も、泣き言を言う事も、口喧嘩する事も、励ます事も・・・そこにいれさえすれば出来るのです。

 そして、その環境は・・・サッカーを辞めてしまったら、失われてしまう・・・ものだったんでしょうね。



 失楽園にも似た、サッカーロスの状態は、心にポカ〜ンと大きな穴を空けてしまった様でした。

 「なでしこ」の場合は、サッカー自体がどうこうと言う事じゃなかったみたいなんですね。

 元々、体を動かす事が大好きでしたから、スポーツなら何でも良かった筈なんです。

 ただ、部活動を見学しに行って感じたのは・・・「やっぱ、サッカー・・・かな?」だった様なんですね。(^^;

 同じ仲間と違う環境でもう一度やれる・・・と言う変化も背中を後押ししたのかも知れませんけどね。



 辞めた事を後悔してしまう事は、仕方が無い事なんです。

 でも、何時でも戻れるんですよ・・・その気にさえなればね〜。

 後悔を引きずったまま、その後の長い人生を生きて行くのはねぇ〜良くないと思いますよ・・・やはり。

 女の「なでしこ」にでも、出来た事ですから・・・男なら勇気を持って・・・さぁ!(^-^)

 先ずは、その一歩を踏み出してみて欲しいかな・・・って思います。

 プーマオンラインストア
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
内緒の話、秘密の話は、コチラからどうぞ!!
ナイショの話はこちらからどうぞ!!
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
yellow10
主力でなくなる・・・ (06/20)
まるこ
主力でなくなる・・・ (06/19)
yellow10
コーチが嫌い! (06/19)
悩める親
コーチが嫌い! (06/18)
yellow10
コーチが嫌い! (06/18)
悩める親
コーチが嫌い! (06/18)
yellow10
コーチが嫌い! (06/15)
まるこ
コーチが嫌い! (06/14)
yellow10
完敗に乾杯 (06/12)
yellow10
完敗に乾杯 (06/12)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf