日本の練習風景

 オリンピック日本代表の戦いを受けて、色々な人が評価を紙面に発表しています。

 日本サッカー界の育成年代の問題点も多く挙げられていて、少年サッカーに身を置く者としては考えさせられる所です。

 特に、国際試合の『経験不足』を挙げる人は多かった様に思います。

 そして、育成年代・・・特に4種までのサッカーへの取り組み方に問題があると言う意見もありましたね。

 難しい所ではありますが・・・。



 何でも海外と比べると言う事は、賛成できないのですが・・・考え直さないといけないかなって思う所は確かにあります。

 中でも、4種に限って言えば、『ボールに触れる』と言う事の時間と質を考え直さないといけないのかも知れません。

 結果を求める余り、『走り込み』に多くの時間を割いているチームもあります。

 これもサッカーには必要な事ではありますよね。

 最後は体力・・・そこは否定しません。

 でも、それが『故障者』を作り出す原因にもなっている事があります。

 特に、上の学年でプレイしている子達・・・練習も上級生と同じメニューを・・・となって来ると、身体への負担は相当な物となっている筈です。



 1年の差をどう考えるかにもよりますが・・・小学生の1年の差は、大きいのだと思います。

 特に5年生と6年生との間には、相当な差がある場合も少なくありません。

 各自の体格や身体能力に合った練習が出来ているか・・・と言うと現実問題としてはそうはなっていない事の方が多い様に思います。

 これは、高学年になると『故障者』が続出すると言う点を見ても分るかと思います。

 過度な酷使は、成長過程の身体に疲労を蓄積させ、いずれ爆発してしまう物です。

 将来のあるかもしれない才能が、こう言う所で壊されてしまっていると言う点も見落としてはいけない気がします。

 体力作りも程々にしておかないといけませんよね。



 で、ボールの触れる時間を増やすと言う事は、多くの指導者が納得する所なんだろうなって思います。

 サッカーの技術的な事は、やったか、やらなかったか・・・唯それだけの差なんだろうと思います。

 ボールに触れる時間を増やせば、その分ボールの扱いは上達する事は、誰でも想像出来ますよね。

 ただ、その質についてはあまり議論されて来なかった気もします。



 ボールに触れると言う事の中には、『リフティング』だって含まれます。

 上手な子は何回でも、止めろって言うまで出来るものです。
 
 でも、それが唯、回数を重ねているだけ・・・・だったとしたら質に関しては悪いと言えるのかも知れません。

 それは、サッカーが上手な人はリフティングも上手だけれど、リフティングが上手な人がサッカーも上手だとは限らないと言う点を見ても分るかと思います。

 ここにどんな差があるのか・・・考えてみる必要がある気もします。

 高がリフティングされどリフティングなんだと思います。

 その仕方次第では、実戦で活かす事の出来る何かを見出す事が出来ると言う事なのかも知れません。



 賛否の分かれる『スーパージンガ』にしてもそうですね。

 頭ごなしに否定する人の意見は無視しても構いません。

 ただ、信者の話にも耳を傾ける必要は無いのだと思います。

 ボールに触れると言う点においては、これだって子供には立派な練習と言えます。

 ただ、これに頼ったら・・・今のサッカーでは、必要とされないプレイヤーとなってしまうかも知れません。

 どんな風に『美味いとこ取り』が出来るか・・・なんだと思います。



 話を元に戻して・・・色々な事を考えてみると、見えて来るのはやはり、動きの中でボールを扱う事が少ないと言う練習の質でしょうか。

 自分の周りに既にあるボールしか気に留めない子が余りに多いのだと言えます。

 多少上手な子だなって思う子であっても、それは自分の所にあるボールの扱いが上手いと言うだけであって、ボールを呼び込む動きであったり、動きながらのパスであったり、動きながらのトラップであったり、駆け引き的な事であったり・・・そう言う事も上手い子って非常に少ないのだと思います。

 それは、形式的な練習が多いと言う事にも原因があるのかなって思うのです。

 周りを気にしなくても、見なくても出来る練習と言ったら良いのでしょうか・・・。

 決められた動きと、決められたプレイ、決められた人数・・・こんな練習が多くないでしょうか?



 海外でゲームが重要視されるのは、こう言う所にあるんだと思います。

 海外(何処か忘れましたが・・・)では、先ずゲーム。

 それから、ゲームで見出した問題点を練習に落とす。

 そんな感じだと聞いた事があります。

 日本とは真逆だなって思った記憶があります。

 日本では、先ず形式的な練習。

 最後にゲーム。

 な所が多いんじゃないのかなって思います。

 ゲームでの問題点を練習せずにその日は終わってしまう事が多くないですかね?

 予習はすれど、復習はしない・・・テスト勉強はしても、テスト直しはしない・・・そんな感じでしょうか?

 問題点をそのまま放置して終えてしまう練習風景が、4種にはあまりにも多い気がします。

 もっとも、目指す物もチームによって、又個人によっても違いますから、それがいけないと言っている訳でも無いのですがね。(^^;

 競技として、将来を見据えてサッカーしたいと願う子は、こう言う事もちょっと頭の片隅に入れて練習するなり、チーム選びをするなりしてもらうと良いのかなとは思いますけど・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

沈黙のベンチ

 何も言わず、ただベンチに座っている指揮官・・・有りです。

 私もどちらかと言えば、静観する方ですし・・・。

 ただ、それは・・・子供達が十分頑張っていると感じられる時に限ります。

 要するに、何も言うべき事が無い場合ですか・・・。



 子供達の試合への入り方が悪い事ってあります。

 これも指揮官の責任とする所が少なく無いのですが・・・そんな時は、『発破』を掛ける事が必要な時もあります。

 クラブチームは、どうか分りませんが・・・少年団では、こう言う事をしないと試合にならない事も多々あります。

 尻を叩かれないと動けない子、スイッチの入らない子って多いのですね。(^^;

 本人は力一杯やっているつもりなのです。

 でも、力が出ない・・・出せない理由が何かあるのです。

 気持ちが試合に向いていない事もあるかも知れません。

 緊張し過ぎて、力が出せないのかも知れません。

 色々な理由があって、リミッターが利いてしまっている状態になっています。

 そこで、何も声を掛けない事が果たして良い事なのか・・・ちょっと、思案所なのです。



 子供達の力を信じて沈黙・・・と言うのも勿論有りなのだと思います。

 でもそれも、何とか均衡を保てている間なのかなって思います。

 何度も失点しているのに、指示を出さない・・・そう言う指揮官も確かにいます。

 ただ、そうでは無いと考える指揮官もいます。

 私も、どちらかと言うとその手です。

 時として『鞭』は必要なのだと思います。

 手遅れになる前に・・・。

 それは、子供達の持っている本来の力を引き出す為にです。



 「もっとやれるだろ」って心の声と言っても間違いじゃないのだと思います。

 昨日観た浜名湖カップでの試合でもそうでした。

 明らかに子供達の試合への入りが悪かったのです。

 指導されて来た事が、頭の中から吹き飛んでしまっているのです。

 自分勝手なプレイ、約束事を無視したプレイ、注意力も散漫、自分がすべき事も分らない・・・そんな状況でも、ベンチは沈黙を保っています。

 業を煮やした親御さんから、子供達に声が掛かります。

 本来ならベンチが言うべき修正点や声掛けが保護者席の方から飛び交います。



 こう言う事は、保護者がするべき事ではありません。

 ベンチの仕事です。

 観戦マナーにも反する事です。

 にも拘らず、そう言う事になってしまうチームは少なからずあります。

 ベンチの方に覇気が無いのです。

 ヤル気が感じられないのです。

 それが、子供達に感染しているかの様な試合・・・こう言う試合は、時折見受けられます。

 「負けても良いよ」「期待して無いよ」って言われている気がして、何だか少し寂しくもなります。

 そう言うチームは、やはりと言うか、予想通りと言うか・・・勝ちを拾えないばかりか、得点すら出来ないチームである事が多いと言えます。

 そして、面白い事に指揮官が代わると、結果も変わって来る事が多々あります。



 指揮官の仕事って何なのでしょうかね?

 私もハッキリとは言えませんが・・・少なくとも、子供達が力を出し切れる様に手を尽くす事は、任務の1つなんだと思います。

 沈黙を守る事も悪いとは言いません。

 そう言うスタンスの人もいて良いのだとは思います。

 でも、観ている側からすると・・・ちょっと物足り無さを感じてしまうものなのです。

 保護者ってよ〜く観ている物なのです。

 『指揮官の仕草』や態度って・・・やはり、そう言う所に関心の有無って出て来てしまうんですよね。

 それが、声援を支持に変えてしまうのですよね。

 ちょっと、残念な・・・指揮官・・・そんな気もします。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

でた〜奇跡のツインシュート!(プレミアリーグ開幕戦)

 漫画『キャプテン翼』でおなじみの『ツインシュート』が13日の『プレミアリーグ』開幕戦(ハル・シティー vs レスター)で炸裂です。

 しかも・・・『オーバーヘッドキック』と言うオマケ付きです。

 子供の頃、こんな事出来る訳ね〜よ・・・なんて思って試しもしなかったのは間違いでした。(T-T)

 実際の動画は・・・こちら・・・です。



 ちょっと、格好は悪いですけど・・・確かにツインシュートですよね!

 ボールも突き刺さる・・・とは行きませんでしたけど、確かにゴールしてます。(^^;

 以前バラエティー番組で挑戦していましたね。

 こちらがそれです。



 調べてみたら・・・この他にも『カミソリシュート』『反動蹴速迅砲』もJリーガーが挑戦してます。

 もっとも、これらはゲーム中では無いのですが・・・。

 でも、こう言う技も夢があって良いですよね〜。

 こう言う遊び心のあるプレイも子供のサッカーには必要な気がします。

 あんな事出来ないかな〜こんな事出来ないかな〜って考えて挑戦してみるって大事だと思いますよ。

 と言う事で・・・『スカイラブハリケーン』にどなたか挑戦してみて下さいね!(笑)

 報告お待ちしてま〜す!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

馬鹿って・・・暴言?

 『馬鹿』って、言葉のイメージって悪いんだろうな〜って思います。

 しかし、この言葉・・・日常的にうちの地域では使う言葉でもあるのです。

 特に年配の方、漁師の方達の間では、普通に使われる言葉だと言えますかね。

 若い人であっても、「馬鹿でかい(「凄く大きい」の意)」なんて使ったりします。

 『馬鹿野郎言葉』なんて呼ぶ人もいますね。

 勿論ですが・・・地方では、嫌われる事が多いのです。



 とにかく、話の最中に何度も「馬鹿」とか「馬鹿野郎」とか出て来ます。(^^;

 これ自体は、『遠州弁』の範囲内と言えます。

 が、うちの町では、それに輪を掛けてこの馬鹿と言う言葉を多用します。

 老いも若きも、男も女も口を突いて出てくる言葉なのだと言えますかね。

 これが、日本の中では特殊な部類に入る言葉なんだって知るのは、高校に入ってから・・・でしょうか。

 色々な人から、ダメ出しをくらいます。(^^;

 そこで初めて、悪い言葉だと言う事を身を以って知る訳です。


 
 成長と共に、外へ出て行くなり、外の人と交流するなりして、公私で使い分ける言葉へと変化して行きます。
 
 使って良い時と悪い時を知るのですね。

 そんな町の少年団ですから・・・言葉に関しては、かなり苦労します。(笑)

 ベンチから「馬鹿野郎」の声が聞かれる事は、以前なら茶飯事でした。

 息子のコーチも、公式戦でかつて『退席処分』を受けた事があるとか・・・無いとか・・・。

 去年も、うっかり口が滑って・・・『第四審』から、注意をされたのを覚えています。(^^;



 ただ、そう言うつもりで言っている訳でも無いのですよね〜。

 馬鹿にも色々な含みがあるのです。

 まぁ、そんな事他所の地域の人にとうとうと説明した所で、理解してもらえる訳も無いのですが・・・。

 間投詞的な使われ方も多いのですが、それがまた誤解を招くのですよね〜。

 普段の練習の時なら、地元民しかいないので・・・色々な馬鹿の意味を汲み取って貰えるのですが・・・一歩外に出てしまえば、そうはいきません。

 実際、色々な所で指摘されてしまうのです。

 馬鹿だけに限った話では無いのですが・・・とにかく、口が悪い、汚いのが、我が町の特徴なのです。



 私も、ベンチに入った時は、その辺に最新の注意を払ってはいます。

 特に馬鹿野郎系の言い回しは、本当に気を付けないと・・・つい、ポロッと出てしまうものなのです。

 『暴言を吐いている』なんて言われかねないですから、本当に注意が必要なのです。

 どうでしょう、皆さんの所にもこう言うものってありますか?

 子供がサッカーさえしていなかったら、『言葉遣い』なんて、気にも留める事は無かったかも知れません。

 ただ、言葉って受け取る側がどう捉えるか・・・が問題なのだと思います。

 公の場では、使わない方が良い言葉も相当ある筈です。

 「め〇らパス」なんて正にそうですよね。

 今は、大問題となってしまいます。

 が、これも年配の方は、普通に使っていたりもします。

 いけませんよね。

 私も反省すべき所が多々あります。(^^;

 特に、子供の前では、そう言う類の言葉は使うべきでは無いのかも知れませんね。

 大人が気を付ければ、子供もそう言う言葉を使う事は無くなってくるのでしょうし・・・。

 ちょっと、意識してみたいと思います。

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

VS ナイジェリア戦

 開会式を前に、始まりました〜我等が五輪日本代表の試合です〜。

 「本当にもう、オレが見てやら無いとダメなんだから・・・」とポチッとTVをオン!

 試合が始まるや否や・・・まさかの失点・・・って思った人はどれ位いるのでしょうか?

 それ程、想定外って訳でも無かったと思います。



 観ていて、思ったのは・・・プレイスピードが尋常じゃないって事。

 これじゃ、何時まで持つかな・・・って思っていた所での失点です。

 完全に相手のペースで試合をしていた感じがしたのだけれど・・・。

 もちろん、それに付いて行ける物は持っていた筈だと思います。

 でも、それは自分達のしたいサッカーでは無いでしょ・・・って事。

 それが、後手後手に回ってしまった理由なんだろうなって思います。



 相手は、さっきアメリカから到着したばかりのチーム。

 長引けば不利と見て、最初からエンジン全開で来た様にも見えましたけどね〜。

 それは、後半の運動量の激減からも分ります。

 ペース配分なんて考えてなかったんですよね・・・きっと。

 先手必勝とは良く言った物で、まんまとやられたって感じでしたね。

 誤算だったのは、日本の得点力でしょうか・・・。



 ただ、この得点も相手がナイジェリアだったから・・・と言えなくもないのですよね。

 組織だった守備は、出来ていませんでしたし・・・個の力で何とか凌いでいたって感じでしたものね。

 あの足の長さは、反則です!(笑)

 次のコロンビア相手に、今日の様な大量得点が出来るか・・・と言えば出来ない様に思います。

 そこをどうやって、勝ちに行くか・・・今から楽しみではあります。

 でも、回を重ねる毎に、上手になっているのは良く分りますよね〜。

 プレイスピードにしても、以前とは比べ物にならない程ですし、皆臆する事無く堂々とやってますよね〜。

 ただ、やはりパスとトラップですよね〜。

 この精度がまだ低い・・・国際試合では、ここが命取りになって来ますよね〜。

 アジアのレベルを超える為には、ここが当面の課題なのかもしれないですよね。

 子供達にも、ここの所はしっかりと仕込みたいものです。


 兎にも角にも、頑張れニッポン!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

私の危なっかしいベンチワーク

 メンバーにしろ、ポジションにしろ、フォーメーションにしろ、動かさない指揮官もいれば、動かす指揮官もいます。

 私は、変えて行く方ですね。

 小学生じゃなければ、そう言う事はしないのかも知れませんが、小学生のサッカーですから・・・変えちゃいます。(^^;



 試合に『閉塞感』を感じる時があります。

 動かない・・・イラっとする人もいますよね。

 ベンチから大声で檄が飛ぶ事もあります。

 私は、そう言う時・・・迷わず動く方です。

 人を代えるか、ポジションを換えるか、フォーメーションを変えるか、それはその時の状況によりますが、動いてちょっと雰囲気を変えてみたい方です。

 試合から消えてしまっているポジションから、優先的に人事異動が行われます。

 多い時は、数人ドンドン換えて行って、その都度ポジションチェンジも行うなんて事も平気でしちゃいます。

 「そんなに変えたら戦力が・・・」なんて言われた事もありますが、心配を他所に思いの外良い方向へ向かう事の方が多かったと言えます。

 その分、試合を黙ってじっくり観察しているのですがね。(^^;



 プレイヤーにも拘りはありませんかね。

 外しちゃいけない子は、私の中には殆どいません。

 GK位でしょうか・・・余り手を付けないのは、それでも代わりがいれば変えてしまう事もあります。

 その時の調子もありますが、ヤル気が感じられない子は、エースだろうが何だろうが直ぐ様引っ込めます。

 後で、再登場と言う事は、多いですが・・・。

 交代を『タブー視』する指揮官もいますよね。

 特に中心選手なんかは・・・。

 どんな戦況となっても信じて使い続けると言うのも、勿論有りだと思います。

 ただ、私はそうしないと言うだけです。



 唯一の拘りは、全員出場ですかね。

 全員出場で勝つ。

 これが、常に目標です。

 時間的な制約もありますから、均等にと言う事は中々出来ない事も有りますが、それに近づける様には努力してます。

 それもあって、固定より可変を好むと言う事もありますが、色々な子に色々なポジションを経験して欲しいと言うのも有ります。

 それ以外にも、色々な子と『マッチアップ』して貰いたいと言うのもあります。

 せっかくの真剣勝負ですから、しんどい思いをドンドンして貰いたいと思ってます。

 「疲れたら、交代させてやるから・・・全力でっ!」って送り出す事が多いですかね。(笑)

 
 
 こんな私にベンチを任せるのは、正直『仕方無く』だったのだと思います。

 もっと手堅い人は、いますから・・・。(笑)

 今は、ベンチに座る事も無くなって、ぼーっと観戦しているだけなので気が楽です。

 試合だって、観ている様な、観ていない様な・・・そんな感じではあります。

 でも、ベンチはちゃんと見ていますよ。

 どんなベンチワークをしているのか・・・。

 勝つ事に必死では、つまらない場所なんだと思います・・・ベンチって。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

揉んでもらえ?

 夏休みと言う事もあって、昨日、今日とナイター練習に息子達中学生が強襲です。(笑)

 6年生の相手をしに来てくれたのか、自分達が楽しみたくて来たのか・・・さっぱり分りませんがね。

 ただ、6年生としては胸を借りるチャンスです。

 近場の少年団とやるよりは、全然練習になるのかな・・・とは思います。



 ボールキープ(シールディング)の練習の時、コーチから・・・ちょっと揉んでやってくれとの要請が中学生に・・・。

 送り込まれた初号機、相手は6年生一の兵。

 大丈夫か・・・とちょっと心配でしたが・・・案の定撃沈です。

 最後は、吹き飛ばされていました。(^^;

 直ぐに残骸を回収し、続いて2号機・・・息子が送り込まれます。

 懐の深さと、動きの早さで何とか中学生としての面子と元Bチームのキャプテンとしての面子は保てましたか・・・。

 そこで、コーチから提案。

 今度は、6年生がボールをキープし、息子がそれを奪う役です。

 「あいつは、強え〜ぞ。(息子の名)でも、苦労すんじゃな〜かな・・・」なんてコーチの心配を他所に・・・あっさりとボールを奪取。

 やはり、以前とは比べ物にならない程身体能力が上がっています。

 この6年生、実は昨日こんな事をママに話していたそうなのです。

 「ちょっと前までは、何とかなったのに・・・今は、(現中学生の)スピードに付いてゆけない」って。

 その事を、練習前にその子のママさんから聞いていたのでした。

 それ程、この4ヶ月で差が付いてしまったと言う事なのです。

 で、続く3号機・・・こちらも、あえなく撃沈です。(笑)

 小6と言えど、強い子はいる物ですよね。

 息子も、「あいつ、どっ強え〜」って言ってました。



 その後の1対1の対人練習でも、中学生の速さとテクニックに6年生は翻弄されます。

 しかし、次第にそのスピードにも慣れて来た様で・・・奪うまで行かなくとも、粘りを見せる事が出来る程になって来ます。

 やはり、より高いレベルの相手と積極的に練習すべきですよね。

 少しづつ、引き上げられて行っているのが分ります。

 頭も使い始めた様です。



 2対2の練習でも、3対3の練習でも、次第に中学生に追い着こうとする気持ちは見えて来た気はします。

 仕掛けも早くなり、パススピードも上がって来ます。

 こう言う時に、ムキになれないのは勿体無い話です。

 中学生を散りばめ、6年生と絡ませたり、中学生対6年としたり、色々なバリエーションでコーチもやらせます。

 去年の6年生ですから、皆が憧れた学年です。

 その胸を借りる事が出来るのですから・・・こんな贅沢な練習は中々無いですよ。

 去年なんて、数回しか中学生と出来る機会は無かったですから・・・それを思えば、今年は既に10回以上そう言ったチャンスを手にしている気がします。

 まぁ、好きで来ているのですけど・・・。

 恵まれてますよね〜。

 その礼に応えられるか・・・6年生!



 最後にゲームです。

 中学生の不足分を私も参加して補います。

 でも・・・ボールに触れない。

 たった1回、インターセプト出来ただけでした。(^^;

 後方にボールが回って来る事は、殆ど無く・・・ワンサイドゲームだった事もありますが・・・にしても、去年とは比べ物にならない程の、スピードとテクニックです。

 こりゃ、相当鍛えられるな〜。(笑)



 最後にグラウンドを走り、ナイター練習は終了です。

 中学生もちょっと、お疲れモードです。

 本気でやってくれていたみたいで、皆汗だくです。

 この子達の小学生の時を思い出します。

 つい数ヶ月前ですけど・・・。(笑)

 6年生は、目標がありますから・・・それに向かって頑張ってもらいたいと思っています。

 息子達中学生が、こうして顔を出してくれている事を上手く利用して・・・今より上を目指して欲しいかな〜。

 チームとしては、もちろんですが・・・自分自身のレベルアップの為に。

 揉んでやるつもりで、揉まれてた中学生もいましたが・・・そこは、愛嬌と言う事で・・・。(笑)

 頑張れ、6年生!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

浮かれてばかりもいられないのです。

 練習試合に良くある光景です。

 時折、格上の相手と試合の出来るチャンスに恵まれる事があります。

 そんな時、『ベストメンバー』を組んで挑む事になる事が多いのだと思いますが・・・。


 自分達の力を推し量りたいと思う事は、いたって普通の事ですよね。

 その為にベストメンバーを組んで挑むのですが・・・相手は格上、こちらの思惑通りには行かない事もあります。

 向こうからしてみれば、格下相手・・・普段出場出来ない子達の為のゲーム・・・そんな位置付けである事も少なくありません。

 大所帯のチームなら尚の事です。

 ここに、同じ試合でも『温度差』が存在します。



 向こうは、ベストとは程遠いメンバー、こっちはベストメンバーで戦います。

 例えば、前半5−0で勝った状態で折り返します。

 向こうは、後半・・・ちょっと、本気出しちゃおうかな・・・と数人入れ替えて来ました。

 後半3点返され試合終了。

 5−3で勝利する事が出来ました。

 格上相手に見事に勝利・・・って喜んで良いのでしょうか?



 勝利は勝利で喜んでも良いのだと思います。

 子供達の頑張りの結果ですから。

 でも、それがこの格上のチームに勝ったと思ってはいけない気がしませんか?

 後半は無得点3失点です。

 交代したメンバーが仮にレギュラーの子達だったと仮定すれば・・・本気で挑まれれば完敗だったと言う事です。

 力の差は大きかったと言えるのかも知れません。



 格上のチームに勝った・・・その事にだけ満足してしまって、その内容を冷静に見られない人が時折います。

 勝った、負けた、ただそれだけに目を向けてしまうと、せっかくの格上相手の練習試合も得るものが少なくなってしまいそうです。

 せっかくのチャンスなのですから、その内容をしっかりと精査して欲しいと思うのです。

 また、子供達自身の感想も聞いてみると良いのかも知れません。

 前半と、後半と何が違ったのか・・・。

 そこから、見えて来る物があるかも知れません。

 たった、数人の交代でガラリと流れが変わってしまった理由をちゃんと分析して行かないと、今後に活かせない気がします。



 ビッグネームに勝つ事は、嬉しい事ですよね。

 でも、勝って兜の緒を絞めろって言うじゃないですか・・・浮かれてばかりもいられないのかも知れませんよ。

 その『試合の性格』をちゃんと理解して、結果だけじゃなく、その内容にもちゃんと目を向けて、明日からの練習に活かせててゆけるチームって、やはり強くなって行く様に思います。

 少年団は、特にこう言う事に敏感であって貰いたいかな・・・って思います。

 目の前の勝ち負けに拘り過ぎる嫌いがありますから・・・特に、相手が格上だと・・・ムキになってしまって・・・ねぇ。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

サッカーが怖い・・・

 サッカーがとても好きで、練習は何が何でも行きたい。

 そんな子がある日突然、夜中に目覚めてママの布団の中に入って来ます。

 そして、泣きながらこう言うのです・・・『サッカー怖い』って・・・。

 貴方なら、こんな我が子にどう対処しますか?



 夢でうなされる程、サッカーで怖い目にあっている子ってどの位いるのでしょうかね。

 それ程多くは無いのだと思います・・・思いたいです。(汗)

 で、何にそれ程までに脅えているのか・・・と言うと、やはり指導者になのです。

 中には、チームメイトにと言う子もいるのかも知れませんが、多くは指導者に脅えている様です。

 いえ、実際には指導に・・・でしょうかね。



 大きな声で『怒鳴り散らす』指導に対して、子供達は『ストレス』を感じます。

 これは、私達が子供の頃であってもそうでした。

 ただ、違うのは・・・そう言う事に対して『慣れていない』と言う事です。

 私なんかは、そう言う事に慣れっ子でしたかね。(^^;

 常に叱られてましたから、手を上げられる事にさえ慣れてしまって・・・効き目無しだった気がします。(笑)

 家でも、学校でも、御近所でも、とにかく叱ってくれる大人が大勢いて、その殆どがガチで叱って来ます。

 そんな環境の中で生きて来た私達と、今の子供達とではストレスへの対応に違いがありそうです。



 ストレスを上手に発散出来れば良いのですが・・・溜め込んでしまう子もいます。

 それは何時か溢れ出して、色々な所に顔を出し始める様です。

 そうなる前に、さっさとサッカーを辞めてしまう子もいます。

 賢い選択なのかも知れません。

 そうなってから、直ぐにサッカーを辞める子もいます。

 迅速な対応です。

 それでも、サッカーが好きだから・・・と、留まり続ける子・・・そんな子が最も注意が必要なのかも知れませんね。

 耐えて、耐えて、耐えて・・・後少し、もう少しって・・・。



 指導も考え物なのです。

 叱るとなったら、『狂った』様に叱り散らす人もいます。

 子供達に対して『鬼の形相』で、今にも飛び掛ってきそうな迫力で怒りをあらわにする人もいます。

 こう言う指導は、子供達に『恐怖心』だけを植え付けそうです。

 怖いから、叱られるから、怒られるから・・・しっかりやろう・・・って発想に代わって行ってしまいそうです。

 それでは行けない筈なのですが・・・その方が指導する側も楽なのですよね。

 言う事を聞いてくれる子達を求めているのです。



 息子達は、叱られても、叱られても、サッカーだけは辞めたいと言い出しませんでした。

 これは、プレイに対してのみ叱られるからであって、サッカーを一度離れてしまえば残る物はなかったのだと思います。

 コーチに対する恐怖心と言う物は、無かった様に思います。

 試合中に泣かされてもです。(笑)

 ですから、今でも少年団に顔を出しコーチと笑顔で話をする事が出来るのだと思います。



 息子のコーチも大きな声を出す人でした。

 その声には、子供達もビクッとする事もありましたが・・・ジョークを交えてくれたり緊張を解す事も同時にしてくれていました。

 真剣になる時と、ふざけても良い時とハッキリしていたと思います。

 子供達もスイッチが切り替え易かったと言えますかね。

 真剣な時にふざけていれば叱られるのは当然で、子供達もその事は良く理解していたのだと思います。

 そして何時も、子供達の事を・・・その将来まで心配してくれていたのですから、自然と『愛情』の感じられる指導が出来ていたのだと思います。

 そんなコーチには、「うちの学年を見て欲しい・・・」との声が親御さん達から挙がってきます。



 指導者にだって『個性』があって良いのです。

 大きな声を出す事も、怒鳴り散らす事もあっても良いのだと思います。

 手を上げる事でさえ、必要ならば受け入れてもらえる事もあるのだと思います。

 でも、それらを『やりっ放し』で終わってしまうのでは、ただのサッカーキ〇ガイなのかなと思います。

 そこに愛情が無ければ、唯嫌な思いをしただけで終わってしまうのですよね。

 こう言う事が許されるのは、やはり子供や親との『信頼関係』があってこそ・・・なのかも知れません。



 子供にサッカー怖い・・・・なんて言わせる様な指導では、やはり不味いのかなと思います。

 勿論、万人に受け入れられる・・・好かれる指導と言う物も無いのかと思いますが・・・ちょっと考えてもらえると、子供達もサッカーを嫌いにならずに済みそうです。

 さて、貴方なら夜中に泣きながら「サッカー怖い」と訴えて来る我が子にどんな言葉を掛け、どんな事をしてあげますか?
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

悩める親の話

 以前、こんな事を言われた事があります。

 「昨日は、息子凄く良かったぞ。お前がいない方が活躍出来るな・・・。」とコーチ。

 仕事の都合で応援に行けなかった試合に限って、絶好調・・・と言う事が多々あったのでした。(^^;

 皮肉な物です。

 「お前は、本当に運が無いな・・・死ねば良いのに・・・」と追い討ちを掛けるコーチなのでした。



 こう言う話は、少年サッカーには付き物です。

 親がいない時の方が、活躍出来る子と言うのは確かにいますね。

 息子の場合、私に良い所を見せてやろうと気負ってしまう事が多かった様です。

 良いプレイが出来た時は自慢気に「見たか〜!」って言ってきたものです。

 ついでに、色々とオネダリもして来ましたが・・・。(笑)



 息子なんかは、親に『観て欲しい』子だったと言えます。

 学校の参観日であっても、「その日は、仕事で行けないよ・・・」と言うと、凄くがっかりしてたのを思い出します。

 赤ちゃんの時から、何時も一緒でしたから・・・分る気もします。

 息子に限らず、親に観に来て欲しい子って・・・今は、本当に多い気がします。

 私の子供の頃とは大違いです。



 逆に、親に観に来て欲しく無い子もいます。

 私が子供の頃は、こちらの子が大多数だった気がします。

 学校からのお知らせすら親に見せなかった子がいる程です。(笑)

 しかし、こう言う子は、既に少数派・・・と言えそうです。

 その分、深刻な場合もあるのかも知れませんね。



 「もう観に来ないでよ・・・」なんて、我が子に言われてしまう親御さんもいます。

 我が子にこんな事言われたら寂しいですよね。

 そうなるまでには、色々な事が親子の間であったのでしょうが・・・。

 親としては、観に行きたい・・・でも、行くと怒られてしまう。

 こんな親子も少なからずいます。

 遠目から、気付かれぬ様に観戦している方もいる位です。

 我が子に会う事も無く、帰って行きます。

 きっと、帰ってからも今日の試合の事は話題に上がらないのでしょうね。

 親としては、辛い状況なのかも知れませんね。



 何時もダメ出しばかりしている親御さんも、「観に来て欲しく無い」と思われている事が多いのです。

 「あっ、父ちゃん来た・・・」なんて、嫌そうな顔をされてしまいます。

 子供のテンションガタ落ちです。(笑)

 試合中も応援と言うより・・・ダメ出し・・・な方も相当います。

 子供の表情も何処か暗い・・・そんな気がします。

 確かに、これではサッカーも楽しくないのです。



 意外な所では、子供にベッタリし過ぎるママさんも「来て欲しく無い」と思われている様です。

 高学年になると、ちょっと恥ずかしい・・・そんな気になる様です。

 何から何まで世話を焼いているママさんは、子供達の間でちょっとした肴となります。

 「お前、母ちゃんにやってもらってるの〜」なんて、冷やかされる事も増えて来ます。

 大好きだけど・・・皆の前では・・・と言うのが本音の様です。(^^;


 まぁ、親御さんもちょっと気を使ってあげないといけない事が年々増えて来るのかなって思います。

 子供だ子供だと思っていても、ちゃんと成長してはいる物ですから・・・その辺は、ちょっと察してあげないといけないのかも知れませんね。

 逆に、『子離れ』出来ない方もいるのかも知れませんが・・・。(^^;

 「もう、観に来ないで・・・」なんて言われない様に気を付けないと・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf