思い込みによる弊害

 子供達の中には、「自分は、サッカーが下手なんだ」って思い込んでいる子がいます。

 本当に下手な子なら問題はそれ程無いのでしょうが・・・全然、そんな事ないのに・・・自分は下手だと信じ込んでしまっている事があります。

 自己評価が余りに低い子なんでしょうか・・・。

 自分に自信が持てないのでしょうが、誰だって言う程の自信は正直持っていないものですよね。(^^;



 例えば、シュートを決める事が出来たとしても、「たまたまだよ・・・」って思ってしまうのです。

 どんなに良いプレイをした時であっても、偶然上手くいっただけ・・・と言う評価を自分に与えてしまうのですよね。

 サッカーなんて多くの失敗の中に1つの成功があるかどうかのスポーツです。

 難易度は、それ程に高いんですよね。



 だから、ミスする事が常なんですけど・・・こう言う子は、10回シュートを放てば10回決まらないとダメなんだと思い込んでしまっています。

 8回でも、9回でも、それはたまたま・・・なんですよね。

 たった1度の失敗ですら、それは自分が下手だから・・・とネガティブに考えてしまうのです。

 他の子なら、十分満足して自慢する位の成績ですよね〜10回中1度しか失敗しなかったって言えば。



 こう言う子は、自分の考えにとらわれ過ぎてしまっているのだと言えます。

 どんな現実を見せられても、素直にそれを受け入れる事が出来ないでいるのです。

 自分の考えで凝り固まってしまっている・・・そんな状態なんだと言えます。

 こう言う子を変える事って、中々出来ません。



 息子のチームメイトにも1人似た様な子がいました。

 今では、大分自信を持ってサッカーが出来ていますけどね。

 小学生の頃は、とにかく何とか自信を付けさせてあげないと・・・って、皆で励まし続けた物です。

 何時も自信無さ気に練習もしていました。

 ちゃんと、お手本道理の動きは理解しているのですが・・・自信が持てないのです。



 間違っているのではないか・・・って何時も思っていた様で、「大丈夫、間違ってないよ・・・自信を持って元気良くやってごらん!」って、何時も声を掛けていたのを覚えています。

 その不安は、常に手元に現れていましたね。

 モジモジと手を動かして立ち止まってしまっている時は、決まって不安に押し潰されそうになっている時でした。

 その度に、声を掛けて、出来ていれば褒めて・・・その甲斐あってか、大分改善された様に思います。



 何か自信が持てる切欠さえあれば、少しずつでも変化は現れて来るものです。

 そこまでの道程は長く険しいのですがね。(^^;

 一度、こうと思い込んでしまうと、中々それを変える事って出来ない物です。

 これは、何も子供だけでは無くて大人でもそうなんですよね。



 指導の場面でも似た様な事はあります。

 自分の指導に間違いが無いと思い込んでしまっている様な場合もそうなんです。

 どんな現実を見せ付けられても、屁理屈とも取れる言い分を突き通そうとして、聞く耳が持てない様な指導者を変える事って難しいのです。

 ある意味絶望的とも言えます。



 そんな人でも、何か切欠があれば・・・変わる事もあります。

 ただ、相当ショックな事でもないと・・・そうはなってくれませんかね。(^^;

 子供以上に手が掛かる・・・とは言えそうです。

 石頭と言う表現がピッタリなんだと思います。(笑)



 ただ、こう言う事は、誰にでも在る事なんだと思うのですよ。

 親としても、変な思い込みが手かせ、足かせになってしまっていて・・・苦労している方も少なくない様に思います。

 職場でも、近所付き合いでも、色々な所に思い込みによる弊害ってあるのだと思うのですよね〜。

 それに気が付いて少しでも意識出来ると・・・世界は次第に変わって来るのだと思うのです。



 思い込みって、本当に厄介なんですよ。

 第一印象が中々払拭できないのも、全く同じ理屈からなんだと思います。

 そして、それが今後を左右してしまうのですから・・・ちょっと、怖い話でもあるのです。

 それは、差別偏見にも繋がって来るかも知れない訳ですからね〜。

 意識して、何とか柔軟な頭でいる事に努めないといけない様な気がします。(^^;

 人の話に耳を傾ける事や、常に逆の意見も聞いてみる事や、それらの情報を自分で良く吟味してみる事なんかで、大分思い込みから開放されそうな気はしますけどね。

 難しいんでしょうね・・・やはり。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

盗めっ!

 サッカーの技術って、ある意味職人技だと言えます。

 考え方や、ちょっとしたコツの様な物は、確かに教えて貰う事も在るのだとは思いますが・・・最終的には、自分自身が納得出来たやり方に落ち着くのだと思います。

 上手い子の持っている物って、我流である事が多いと言えます。

 我流故に、誰にも真似出来ない・・・オンリーワンの武器になる事もあるのですよね。



 ただ、我流で・・・って言うのは、相当に難しいのです。

 誰もが、そう言う物を身に付ける事が出来るとは正直言い難いのです。(^^;

 なので、時間を割いて練習を繰り返し習得させようとするのですが・・・これが、中々どうして・・・教え方が悪い・・・と言われちゃいそうですけどね。(汗)

 大人でもそうなんですが・・・言葉でどんなに教えられても、中々理解する事が難しいものです。

 ましてや、職人技ともなると・・・これはもう絶望的に場数を踏むしかない訳で・・・その経験の中から、自分なりの感覚を身に付けて行くしかないのです。



 サッカーの技術も似ています。

 どんなに口頭で言われても、直ぐに忘れてしまう物です。

 実際にやってみて、上手く行くまで・・・納得が出来るまで、試行錯誤を繰り返し自分の物にして行くしか無い様な気がします。

 キック1つ取ってもそうですよね。

 蹴り方自体は、色々な指導方法がある訳ですが・・・最終的には理屈よりも、感覚・・・なんでしょうね。(^^;

 だから、皆蹴り方が微妙に違うのです。



 正解も間違いもないのですよ・・・きっと。

 目的さえ達成できるのなら、その手段はそれ程問題とはならない事が多いといえます。

 もちろん、欠点があるのなら・・・そこは指摘され、改善を促される事もあるのでしょうがね。

 サッカーは、周囲との係わり合いの中で行われるゲームですから・・・独り善がりなプレイが常に通用するとも限らないのですからね・・・そこは、仕方の無い事でもあります。



 職人の世界では、よく「教えてはやらん、見て盗め・・・」なんて言われてしまう事が多いのですが・・・。

 盗むと言う事は、真似をすると言う事ではありません。

 入り口は、真似でも良いのですが・・・理屈まで含めて、全てを自分の物にすると言う事です。

 気付き悟りと言っても良いかも知れませんよね。

 

 『習うより慣れろ』なんて、言葉もありますが・・・そう言う事なんだと思います。

 私も仕事柄、そう言う経験をしてきたので、これは確かにそうなんだろうな・・・ってつくづく思うのです。

 そして、盗む為には、よく見る事です。

 ただ見るのでは無く、観察する事がとても大事なんですよね。

 頭を使いながら見ると言った方が分かり易いでしょうか・・・。

 私も必死で観察した覚えがありますよ・・・仕事での話ですがね。(^^;

 
 
 だから、身に付けたい技術があるのなら・・・どんどん盗む事です。
 
 頭を使いながら、良〜く見て・・・実際にやってみる・・・上手く行かなかったら、また頭を使いながら良〜く見て、何が違うのか、何がいけないのか、その違いを見付け出し、またやってみる・・・この繰り返しなんだろうと思います。

 自分のしっくり来るやり方が見付かれば、それは自分の物になる入り口に立ったと言えそうです。

 そこからは、微調整の繰り返しとなるのでしょうが・・・そこまでやって初めて、自分の物に出来るのだと思うのです。

 私達が子供の時は、フェイントですら自分で考えないといけませんでしたから・・・試行錯誤の繰り返しだった気がします。(^^;

 今の様に、動画で何時でも確認出来た時代じゃなかったですしね。

 指導者も、サッカー未経験者が多かったですからね・・・部活動の顧問ですらそうでしたから・・・。(^^;



 今は、何でも教えて貰える良い時代です。

 コーチに訊けば、何でも教えてくれるのでは無いでしょうか?

 でも、それが考える・・・工夫する習慣を奪っているのかも知れませんよね。

 試合で使えるまでになる技術ってどの位身に付いているのでしょうか・・・「教えてもらった事は直ぐに忘れてしまう・・・」昔の人が言う事って、言い得て妙なんだと思いますよ。(^^;

 習うより慣れろ、教わるより盗め、これがサッカーの技術を習得する為に必要な事なんだと思うんですけど・・・。


 

 
 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

全然、当たり前の事じゃないのです!

 毎週末、子供のサッカーの為に・・・遠く単身赴任先から帰って来る方がいます。

 それ以外でも、録画した動画を送ってもらって・・・一人単身赴任先で、我が子のサッカーをしている動画を見ている方もいます。

 本当は一緒にいたいのに・・・そうする事が出来ない方も少なくないんですよね。

 海外出張なんて方もいますし・・・。




 以前、このブログにコメントを寄せてくれていた『ビビリBOYの父』さんと言う方がいます。

 覚えている方もいるのではないでしょうか・・・。

 ご自身でもブログをやっていたので、そちらでご存知の方もいるかも知れませんね。

 そのビビリさんも、どうやら単身赴任となった様でして・・・現在は息子さんのサッカー観戦もままならない様なのです。

 同時にブログの方も閉鎖してしまいました。

 今はどうしているのか・・・少し気になっているのですがね・・・まだ、このブログを時折見てくれているのでしょうか・・・?



 こう言う事を書いて良いのかどうか・・・失礼を承知で書かせてもらいます・・・中には、他界してしまった方もいます。

 我が子がボールを追いかけている姿を見ながら・・・と言う方も実際にいらっしゃいました。

 無念・・・その一言なんだと思います。

 こんな切ない事は無いのだと思います。

 もっと、我が子の成長を見守りたかったでしょうに・・・。



 毎日、我が子と顔を合わせる事が出来る・・・当たり前の様に思っていますが、本当は全然当たり前の事じゃないんですよね。

 明日もきっと、今日と同じ様に・・・なんて、唯の幻想なんです。

 本当は、凄く恵まれている・・・ただ、それだけなのかも知れませんよね。

 そして、それが幸せな事だって気が付くまでにどれだけの時間が必要なのか・・・人間て、本当に愚かな生き物なんだな〜って思います。



 そんな事も分からずに、ダメだダメだと言い続けちゃったり、もっともっととダメ押ししたり、未だだ未だだと煽ったり・・・もっと、一緒にいる時間を大切に使わないといけないんでしょうね・・・きっと。

 噛み締める位でも未だ足りないのかも知れませんよね〜。

 それ程の貴重な時間なんですよ・・・忘れてしまっているのですけどね。

 遠く離れてから、初めて気が付くのでは少し悲しい・・・そんな気がします。

 いえね・・・昨日まで元気だった、元上司の突然の訃報を聞かされて・・・少しセンチになってしまったってだけの話なんですがね。

 今と言う時を大事にしましょう!>ALL
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ランキング撤退後初稿・・・意味不注意!(笑)

 ブログランキングから、撤退しましたよ・・・。

 これで、少しスッキリしました。

 気持ち的にです。

 不特定多数に見て貰いたいと言う欲求は、もう大分以前から無くなっていたのですがね・・・削除するのも面倒で。(^^;

 一見さんも大歓迎なんですけど、招かれざる客も大勢来る訳です。(^^;

 偽ブランド販売サイトへのトラックバックとか、変なメールとか・・・表には出ない厄介事もあるのですよ・・・。



 最近のブログランキングを眺めていると・・・攻撃的な記事が多いな〜って思ってましたけど、そう言う記事が又ランキングの上位に入って来るのですよね。

 過激な記事を皆さん好まれている様で・・・そう言う雰囲気が漂い始めた矢先に・・・コメント蘭にも、あのコメントですよ。(^^;

 類は友を呼ぶ・・・なんて言いますけど、今はそんな感じのブログランキングになり下がった様でした。

 ブログ記事になっていたりする事もありますよね・・・変な投稿に対して・・・これが、また過激な口調だったりする訳で・・・読んでいても疲れる事も少なくありませんでしたかね。



 この悲しい現実が、正に少年サッカーの世界そのものなんですよね。

 自分を見出す為に、常に『敵』が必要なんですよ・・・。

 だから、子供達にも他者と競う事争う事蹴落とす事を強いる・・・。

 そして、そう言う世界に子供達は疲れ果ててしまい、サッカーから離れて行ってしまう・・・そんな感じがします。



 もちろん、競争自体は悪い事でも何でもありませんよ!

 至って自然にそう言う事は起こるのですからね。

 他者を意識しない事も又、愚かな事でもあるのだと思います。

 他者が在っての自分なんですからね。



 他者を意識しつつ、見つめるべきは自分自身なんですよ・・・他者に勝つ為では無く、自身を高める為・・・それが、結果として他者に勝つ事に繋がって行くのですよね。

 勝つと言う事は、副産物でしか無い様に思うのです。

 学校のテストにしたってそうなんじゃ無いでしょうかね?

 他者に勝った、負けたとそこを比べても仕方が無い事なんです。

 見るべきは、その得点・・・それは、つまり自分の理解度そのものなんですからね。

 他者とは、何ら無関係な物なんですよね。



 得点が上がれば、結果として順位も上位に上がってくる訳です。

 他者の順位と得点を知り、自分の今置かれている現状を知る事が出来ます。

 次に行う事は・・・又自身を高める為に勉強に励む事・・・しかないのですよね。

 他者を蹴落とす為に策を練る事では無いです物ね。



 あ〜また、訳が分らない事を書いてしまいましたね。(汗)

 でも、子供のサッカーなんてね・・・自分を高める為に、その時間を使って欲しいと思うんです。
 
 サッカーが上手くなる事ばかりが、サッカーで得る物でも無い筈ですから。

 何でも良いんですよ。

 とりあえず、本気になれる時間を持つ事って大事なんだと思うんです。

 本気で取り組んだ事って、年取っても覚えている物ですよね〜。

 何か身になっているんですよ・・・きっと。

 本人の自覚の有無に関わらず・・・。

 子供達もね〜今のこの時期を年取ってからも、鮮明に思い出せる位に本気で遊んでもらいたいな〜って思います。

 そして、その思い出の中に親の姿が少しでも残っていてくれたら・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

5年目の秋

 時が経つのは早い物です。

 このブログの初投稿が、2013年の9月15日です。

 あれから、4年が経ったのですよね・・・。

 早いものです。

 投稿した記事の数も1000件を超えました。

 良くもまぁ、4年も続いたものだ・・・と自分でも驚いています。(^^;

 支えて下さった、皆さんのお陰ですよ・・・感謝してます。



 ブログを始めた当時は、息子も未だ4年生でした。

 寝ても覚めてもサッカー、サッカー・・・学校から帰れば公園でサッカー、夜もサッカー、週末もサッカー・・・まぁ、息子も良く続いたと思います。

 「なでしこ」の方は、残念と言えば残念でしたが・・・それも、本人が決めた道・・・女友達がやりさえすれば、又中学でサッカーに戻っても良いと思っている様ですがね・・・難しいでしょうね。(^^;

 時が経ち、体も心も成長したとは言っても、2人ともあの頃のまま・・・の様な気がします。

 このブログを通して、2人を応援してくださった方には、本当に感謝しかありません。

 どうも、ありがとうございました。



 さて、このブログ・・・どうした物かと最近考えていた所です。

 4年も経ったし、記事も1000を超えたし・・・再開してから、目指していた所までは何とか辿り着けました。

 それで何が身になったかは、全く分かりませんけどね。(汗)

 辞めても良いかな・・・って、正直思っていた所です。



 生まれては、消えて行く・・・星の数程あるブログの中で、4年・・・続ける事が出来ましたからね。

 満足と言えば満足なんです。(^^)

 ブログを始めた当時、この手のブログで生きていた物は少なかったんですよね〜。

 殆どが、更新が途絶えてしまっているブログの残骸ばかりでした。

 どうしたら、上手くなれるか・・・みたいな物は沢山ありましたし、我が子の成長日記的な物も多かったのですがね。

 皆、上を向いて書いているブログが多かった様に思います。

 熱い方が多いんだな・・・って事が、良く分かります。



 そんなブログ達の中にあって、このブログは少し変り種だったのかも知れませんね。(^^;

 でも、今は同じようなテーマをより面白く、上手に、記事にしているブログが多くなって来たのかな・・・って思います。

 私がここで、世迷言を叫ぶ意味も大分無くなって来たと言えそうです。

 いくつか、このブログで提言した事が現実の物となった事に関しては、同じ事を考えている人がいるんだな・・・って正直嬉しく思ったのも事実です。

 私が、提言したから・・・とは思っていませんよ。

 シンクロニシティーです・・・シンクロニシティー。(笑)



 このブログでは、『敵』と言う言葉を一切使っていない事に気が付いていたでしょうか・・・?(笑)

 サッカー自体には、敵と言う物は存在していません。

 敵を作り出すのは、何時だって身勝手な自分自身です。

 子供達のサッカーの全ては、ここから始まらないといけない気もします。

 他所のチームの子と仲良くなって話している姿を見れば、そこに敵と言う意識は無い事が分かるかと思います。

 そして、それで良いのだと思うのです。

 このブログの根底には、常にそう言った考えが流れていたと言えますかね。

 ざっくりと言えば、『愛』ですよ『愛』!!(嘘)



 話を戻して・・・全てのランキングサイトから、とりあえず撤退してみようかなって思っています。

 今週末位を目処に・・・。

 とにかく多くの人に見てもらいたい・・・って、気持ちは既に無いので・・・これからは、このブログの一部マニア向けに・・・細々と続けて行こうかな・・・って思っています。(笑)

 それでも、目処としては来年の夏まで・・・と言う所でしょうか・・・。

 もしも、ランキングから姿が消えたら・・・地下にもぐったんだな・・・って、察してくださいね!(笑)

 必要としてくれる方のみ・・・検索エンジンから辿り着ける様な感じで良いかな・・・・って思ってます。

 そして・・・時が来たら、フェイドアウト・・・です。



 兎にも角にも、4年間・・・こんなブログにお付き合い頂いてありがとうございました。

 『毒を喰らわば皿まで』って勢いで、今後も読んで下さる方がいらっしゃれば・・・細々と更新は続けますので・・・御付き合い願えればと思います。(^^;

 ブログを始めてから、もう5年目の秋です。

 陽も短くなって、何処か少しずつ寂し気に映る季節ですよね。

 でも、傍らには常に我が子がいます。

 寂しさなんて感じてる暇はありませんよね・・・。(^^;

 私は、逆に少しずつ寂しさが増して来ていますか・・・子供の成長ってそう言う副作用があるんですよね。

 もう慣れたつもりでいたのに・・・息子は特別だった様です。(汗)

 それでは、皆さん・・・お体にはお気を付けて・・・また会えたら嬉しいな〜。

プーマオンラインストア
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

無くならないのか・・・体罰!?

 体罰に関するニュースは、無くならないですよね・・・。

 日本中で問題視されているにもかかわらず・・・です。

 なぜ、止めないんでしょうか・・・?

 止める事が出来ないのでしょうかね?

 少し不思議な気もします・・・職を失ってまで、やるべき事でも無い様な気がしますけどね〜。



 厳しさって大事なんだと思うのですよ。

 ただ、今は21世紀、平成の世です。

 私達が体罰と共に生きた20世紀の昭和は、とっくに過去の時代です。

 今では、体罰を大っぴらに肯定する様な人は、要注意人物としてロックオンされてしまいそうな世の中になってしまっています。

 その上、監視社会ですからね・・・何時、何処で、誰に、見られているかも分かった物じゃありませんから・・・以前とは、大分世の中は変わってしまっています。



 取り残された人々・・・と言う印象を受けるのですよね・・・体罰が指導の中心にある人達・・・。

 他のやり方が分からない・・・理解出来ない・・・受け入れられない・・・そんな人達なのかな・・・って思います。

 以前、紹介した事があるのですが・・・「学ぶ事を止めたら、教える事を止めなければならない」と言う言葉があります。

 過去に囚われずに、新しい物を取り入れて行く事って、人の上に立つ者には、必要な事なんだろうな・・・って思います。



 指導方法にしてもそうなんですが、教育や躾に関する事であっても同様なんだと思います。

 学び続けると言う事は、時代の流れに敏感であり続ける事・・・に繋がるのだと思うのですよね〜。

 親としてもそうなんですが、子供と一緒にいる時間は、そう言った時代の流れを敏感に感じられる時間でもありますよね。

 常に、新しい物に触れる事が多いですからね〜TVにしたって、オモチャにしたって、目新しい物ばかりですよね。

 説明書見ないと分らない物ばかりが氾濫していて、着いて行くのがやっと・・・な感じです。(汗)



 でも、それだって直ぐに過去の物になってしまいます。

 次第に親の方が着いて行けなくなると・・・トンチンカンな事を言い出して、子供達と口論になってしまう事も増えて来る物です。

 その頃から、子供達の親離れが加速して行きますか・・・。

 そうなると、指導者としての親の役割も次第に終わりに近付いて行くのかも知れませんね。

 もう、時代に着いて行けないのですから・・・。



 サッカーの指導者だって、似た様な物なんだと思います。

 やはり、時代に着いて行けなくなってしまったら・・・指導者としての役割が終わりに近付いたと言う事なんだと思うのです。

 難しいサッカー理論なんかの話ではありませんよ。

 指導方法に関してです。

 今は、幸か不幸か・・・体罰厳禁の時代に生きているのですから・・・その流れに乗れないのであれば、指導者の辞め時なのかも知れませんよね。

 体罰が人目に触れる様な事にでもなれば、当然問題視され、最悪チームを追われる事にもなりかねないのですからね。



 いくら、持論を展開した所で、誰もその話に耳を傾けてはくれないでしょう・・・。

 どうしてそう言う事が起こってしまうのか・・・このギャップは何なんでしょうかね〜?

 私達が子供の頃なんて、子供の人権なんて言葉は聞いた覚えがありません。

 でも、今は・・・しきりにそう言う言葉を使います。

 そして、そこにこそ考え方の違いがある様に思えるのですよね〜。



 人権なんて言うと、難しく聞えてしまうので・・・より一層分かり辛くなってしまうのでしょうね。

 昔は、人権なんて子供にあるとは誰も考えていなかったんじゃないのでしょうか・・・?

 同じ事を大人に出来ますか・・・って話です。

 要するに・・・子供を1人の人間として扱って行きましょうね・・・ってのが、今の時代の考え方なんだろうと思うのです。

 親の所有物でも無ければ、小さな大人でも無いよ・・・って事なんだろうと思うのですよ。



 そう考えた時、体罰は肯定される物なのかどうか・・・確かに疑問ですよね。(^^;

 対等な大人同士なら、体罰なんて先ず在り得ませんからね。

 子供と向き合う場合も、同じ人間として・・・と考えた時、同じ答が返される筈なんです・・・体罰なんて在り得ないって。

 理屈ではね〜。(^^;



 分かっていても、体罰に頼らないといけないのだとは思うのですがね。

 そして、それを許容する一部の世論も確かに存在していて・・・ギリ必要悪位の立ち位置なんだと思います・・・体罰って。

 だから、もう少し・・・体罰がなくなるまで、時間は掛かりそうな気がしますよね〜。

 体罰を許容出来ちゃう人達が、本当の意味で少数派になるまで・・・。



 家庭や、学校等の教育の場では、殆んど見聞きしなくなったんじゃないでしょうか?

 でも、スポーツの世界には未だ未だ在る様ですものね。

 子供達が大人になる頃には、体罰なんて本当に過去の物・・・と言える世の中になっていると良いのですがね。

 体罰は日本の恥部として世界に配信されてしまいましたからね〜日本人総出で取組まねばならない課題なのかも知れませんよね〜。

 良いとか、悪いとか、そう言う虚しい議論ではなくて・・・子供達を1人の人間として扱おうって事をちゃんとやって行けば、自然と体罰も無くなって行きそうな気はするんですけどね・・・無理かな・・・。(^^;

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

高校生になったら・・・

 つい最近、息子が・・・高校生になったら・・・って、何の脈絡も無く言い出しまして・・・。

 もう、高校の事を考え出したのね・・・って思って、「高校生になったら・・・?」って、聞き返してみると・・・。

 「水泳部にでも入ろうかな・・・」ですって。(笑)

 遂に、サッカーを辞めても良いか・・・って、思いだした様です。



 「水泳?」って聞き返すと、「テニスでも良いかな〜」ですって。(笑)

 「バトミントンなんかも面白いかもよ?」って、言うと・・・「バトミントンね〜それも良いかも?」なんて乗り気です。

 「他にも、体操だってあるし・・・水球なんてのも最近はある様だよ・・・弓道なんかもあるよね〜」なんて、次から次へとやった事の無いスポーツの名前を挙げてやりましたよ。

 「もう、サッカーはいいんだ?」って、訊くと・・・「まだ、分らないけどね〜。」って、少し迷いもある様でした。



 「まぁ、好きにすれば良いさ・・・。」って、言っておきましたけどね。(^^;

 まだ、後ろ髪を引かれる様ならね〜続けるだろうし、その時になってみないと分からない・・・と言った所なんでしょうけどね。

 何と言っても、人生の半分以上を捧げて来たサッカーですからね。

 そう簡単には、決め切れないんでしょうけど・・・そろそろ、引き際を考え出しているのかな・・・って感じました。



 私に言ったのは、私が続けて欲しいと思っている・・・って、思っていたのかも知れませんがね。(^^;

 その点は、別に好きにしてくれれば良いのですよ。

 私がサッカーする訳ではないですからね。

 やるのは、息子です。

 楽しくなくなった・・・辛くなった・・・他にやりたい事が出来た・・・理由なんて何でも構いませんしね。

 辞めるのに理由なんて必要無いんじゃないかな・・・実際には。



 やめるにしろ、続けるにしろ、後悔しない事・・・これだけですよ。

 「あ〜やっぱり、辞めとけば(続けておけば)良かった・・・」なんて言わない様にしてくれれば・・・。

 「でもね・・・その前に、勉強頑張ろうよ・・・。高校の話はその後で・・・お願いします!」って、言ってやると・・・。

 ニヤリと笑って、「そっちはね〜追々・・・」ですって。(^^;

 そろそろ、息子もサッカーに別れを告げる時が近付いて来ているのかも知れません。

プーマオンラインストア

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

独裁者!?

 色々と耳にする話は、大体良からぬ噂話が多いのですが・・・中でも、良く耳にするのは・・・独裁的な振る舞いをするコーチや保護者の話でしょうか。

 独裁的と言っても、観察者の立ち位置でその見え方も違って来てしまうので、そう言う話も鵜呑みに出来る物ではないのですがね。(^^;

 ただ、ちょっと気になる話ではありますよね〜。

 どう言う人が独裁的だと映ってしまうのでしょうか?



 指導者の話は、ことさら良く耳にします。

 子供達に対して独裁的に振舞うと言うのですね。

 私なんかは、そう言う話を耳にすると・・・逆に「ん?」と、思うのですが・・・。

 子供達主導で色々と決めて行くと言う方法を取っているチームなんて、それ程多くは無いんですけどね。



 子供達主導では無いチーム・・・つまりトップダウン方式と言えますかね・・・こう言うチームの指導者が全て独断的だと言われてしまうのなら、そうなのかも知れませんね。

 先発から、フォーメーション、ポジション、交代時間やその起用方法まで、全て指導者1人で決めていると言うのが気に入らないと言う事なんでしょうかね。

 「うちの子は、FWがやりたいって言っているのに・・・何時もコーチにDFでって言われる様で・・・」なんて事を嘆いている親御さんもいます。

 そう言う人の目には、独断的な指導者と映ってしまうのかも知れませんね。



 親御さんに対しての振る舞いも独断的だと映ってしまう事もある様です。

 何かに付け命令口調で物を言う人がいるのだそうです。

 周りにはそう言う指導者は見掛けませんが・・・。

 常に上から目線で物を言い、威圧的・・・子供を人質に取られている様な気になってしまって、ヘイヘイと言う事を聞いてしまうのだとか・・・。(^^;



 意見したり、逆らう様な真似をしたら、子供のチーム内での立場が悪くなってしまう・・・そんな事を心配して、グッと堪えているなんて話も聞きますかね。

 そんな思いまでして子供にサッカーをさせてあげているなんてね〜少し驚きです。

 指導者の方だって、そんな事して良い訳では無いのだと思うのですがね・・・高が子供のサッカーごときで・・・何か勘違いしているのでしょうか?

 子供が在籍している間は・・・と、心に決めている親御さんもいる様です。



 保護者の方も独裁的な方がいるらしいのです。

 保護者会の長となった途端に、気負いし過ぎてしまうのでしょうか・・・独裁的に振舞い出す方もいる様なんです。

 全てを手中に収めた気になってしまうのでしょうか・・・。

 色々と豊富があり過ぎて・・・周りが見えなくなってしまうのかも知れませんね。

 人に頼ってはいけない、迷惑掛けてはいけない・・・って、思い込んで頑張り過ぎてしまった結果なのかも知れませんが・・・。 



 子供達の間にも独裁的な振る舞いをする子がいるそうです。

 フィールドの独裁者なんて異名を持つ子もいたりするのでしょうかね?(笑)

 とにかく、チームメイトに指示を出しまくり、自分の思う通りのサッカーをやらせようとする・・・らしいのです。

 で、自分は人に言う程動きもせず・・・なんだそうですが、これってそんなに責められるべき事なのかな・・・。(^^;



 言葉遣いや、口調、語気・・・そう言った物が気に入らないと言う事なんでしょうね。

 こちらも常に上から目線な感じで、自分の事は棚に上げて・・・と言う事なんだと思うのですが・・・。

 まぁ、この辺はやり様なんだと思うのです。

 上手に指示を出せれば、チームを良い方向に導いて行ってくれそうではありますよね。

 人に言う分、自分もそれなりに動いてもらわないといけませんがね。(^^;



 いずれにしても、独裁的に振舞うと言う事は、良くも悪くも自信があるって事なんだと思うのです。

 実際には、自信の無さの裏返しなのかも知れませんがね。(^^;

 観る側にどう映ってしまうのか・・・ここが評価の分かれ目なんでしょうね。

 そして、その人の立場がそれを左右するのだと思うのです。

 歴史書に似てますかね。



 独裁者・・・そう呼ばれる人は、行動力や発言力がある人が多いんでしょうね。

 そして、それを気に入らない人がいて・・・。

 どっちもどっちなんでしょうけど、その目で確かめるまではこの手の話は鵜呑みにしない事ですよね。

 ほんの少し、周囲に気遣い出来るとね〜こう言う事を言われなくても済む物なんででしょうけどね。

 ・・・出来ないんですよね・・・きっと。(^^;

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

油断大敵!!

 台風が過ぎましたね。

 最近は、台風も強力過ぎて・・・各地に甚大な被害をもたらして行きますから・・・本当に怖いですよね。

 そこら中散々引っ掻き回して去って行く・・・何かに似てますよね。(笑)



 非常に強い勢力の台風・・・そんな感じの親御さんは、モンスターなんて言われてしまいます。

 チーム内を散々引っ掻き回した挙句・・・去って行く・・・こんな人達です。

 そして、違うチームへ行っては、又その移籍先でも一騒動起こしてしまう・・・。

 地域でも有名になってしまっている様な親子もいますよね。



 チーム同士でも、そう言った情報は次第に把握して来るもので・・・次第に移籍先も見付からなくなってしまうなんて事もある様です。

 そうなってしまうと、被害を受けるのは他ならぬ子供なんですよね〜。

 拾ってくれる所があれば良いのですけど・・・。

 最悪、サッカーを辞めなくてはならなくなってしまう事だってあります。



 実害を被ってしまったチームの方は、本当に災難と言うしかありません。

 チームの人数が激減してしまった・・・なんて話もあります。

 その挙句、問題の親子は・・・移籍するなり、サッカーを辞めるなりしてしまって・・・台風一過の青空も何処か虚しい・・・高学年ともなれば、そんな時期から新たに入って来る見込みも無いですからね・・・チームとしては、実質終了なんだと言えます。

 下級生からどっさり引き上げて・・・何とか試合をこなすなんて事にもなりかねませんよね。



 去った後にも、暫く影響を与え続ける台風もあります。

 「あのチームとは、TMなんかしない方が良いよ〜」なんて事を言いふらして回る執念深いモンペです。

 そう言う事を真に受けて、TMの予定が流れてしまった・・・なんて話もあります。

 怖いですよね。(汗)



 ネットに有る事無い事を書き込んでは、悪評を垂れ流し続ける様な事もある様です。

 どんだけ根に持っているのか・・・って思っちゃいますよね。(^^;

 匿名なのを良い事に、言いたい放題なんて事もあったりします。

 よく言う、コーチとママの秘密の関係なんかも、こう言う所で暴露されている事があるんですよね。

 もちろん、真偽なんて定かでは無い情報なんですが・・・真に受けてしまう人も中にはいますから、笑って許せるレベルでもないのですよね。



 まぁ、台風なんて何時何処で発生するかなんて分らないのです。

 モンペも同様に・・・潜在的にそう言う資質を持っている方は、少なく無いのだと思います。

 何処でスイッチが入るかなんて、誰にも分からないのです。

 チーム内に台風が発生したら・・・何処に避難するべきか・・・実際には、隠れる所なんて無い気がします。

 モンぺを覚醒させない方向で、何とかチームを上手く運営して行くしかないのでしょうかね。

 強烈なリーダーでもいれば、また違うのでしょうけどね・・・。



 モンペの出現も時代の必然なのかも知れませんよね。

 昔ながらのチーム運営や指導をしているチームに発生率が高そうなんです。

 今は静かでも、それは・・・嵐の前の静けさ・・・なのかも知れませんよね。

 油断大敵・・・と言う事です。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ドン・キホーテ

 色々な人が、色々な事を考えてサッカーの世界に入って来る訳ですが・・・実際に飛び込んでみると・・・思っていたのと違う・・・って事の方が多いのかも知れませんね。

 理想と現実とのギャップに心が折れそうになってしまう事もある様です。

 傍で見ているとね〜簡単そうに見えてしまうのかも知れませんけどね・・・現実は、そんなに甘くはないのですよね。(^^;

 だ・か・ら・・・余り大きな口は叩かない方が良いのですけど・・・。



 「こんな練習じゃダメ、ダメ・・・」こう言う事を口にしてしまう人がいます。

 いえね、親同士の雑談の中でそう言う話題が挙がる事位は、どのチームでもある事なんだと思います。

 ただね〜それを指導者に向けて発信してしまう人がいるのですよね・・・極稀に。(^^;

 特に、指導者が若かったり、老いていたり・・・サッカー未経験者だったりすると・・・一言も二言も言いたくなってしまう様なんです。



 こう言う事をやってのけるのは、大体サッカー経験者の親御さんに多いのも確かです。

 適当に好き勝手な事を言って、ガス抜きするだけで済ませておけば良い物を・・・。

 指導の世界に足を踏み入れてしまって・・・思う様に行かない事に首を傾げだす様になり、終いには・・・「あのコーチは全然ダメッ!」って言われる様になってしまう・・・こう言う人って多い気がします。

 「子供のサッカーなんて下らないよ・・・」なんて、言い残してチームを去って行ってしまう人もいる様ですしね。(^^;



 こんな筈じゃ無かった・・・と言いたい所なんでしょうけど・・・指導を続けて来た人には、私達には分らない何か・・・が在るんだと思うのですよ。

 長年の経験で自分なりに得て来た何か・・・それは、人それぞれ違うのでしょうけどね。

 そう言う蓄積されて来た物のお陰で、何とか指導者としてやれているんだと思います。

 輝かしい経歴を持った人達ばかりではないですからね・・・この辺は、クラブチームでも少年団でも大差無い所なんだと思います。

 更に、少年団なんかには・・・サッカー未経験の指導者の方も相当いますからね。

 心の拠り所は、やはりこれまでの指導経験で培って来た物・・・なんだと思います。

 

 子供達を前に話をすると言うだけでも、本当に難しい事なんだと思います。

 その上、子供達に理解させないといけないのですからね・・・言葉も相当吟味して選ばないといけないのでしょうし・・・。

 実際にやって見せる必要がある場合もありますよね。

 密かに出来る様になるまで1人で練習しているサッカー未経験者の指導者の方も実際にいますしね。

 そう言う人は、いざ子供に教える時でも、自分なりに習得したコツをアドバイス出来るものなんですよね。



 幾らサッカー経験者でも、コツを上手く口で説明出来ない人って相当います。

 特に天才肌・・・なんてかつて言われた様な器用な人には多いんです。

 だって、自分は苦も無く出来る様になってしまったから・・・コツも何も無いのですよね。

 「何でこんな事も出来ないの?」って、本気でそう思ってしまうんですよね。(^^;

 出来ない理由が分らないのです。

 最悪の場合、「お前ら、本当にセンス無いな・・・全然ダメだ・・・」なんて口に出してしまう様な事もしちゃいます。

 ダメなのは、どっち・・・?(笑)



 「俺に任せておけば・・・」なんて、大風呂敷を広げてしまって・・・後で恥をかく人は思いの外います。

 自分の頭の中で思い描いていた、所詮子供のサッカーだし・・・と言う所から出発した誇大妄想が脆くも崩れ去った時・・・掌を返す様に少年サッカーを目の仇にし始めるのもこの手の人に多い様です。

 そう・・・まるで、ドン・キホーテの様・・・。

 現代風に言えば・・・中2病でしょうか・・・。(笑)

 思っている程、簡単じゃないんですよ・・・子供を相手にするってね。(^^;

 我が子ですら、一筋縄では行かないのに・・・ねぇ?(汗)

 無責任な立場で傍観しがなら、悪態を付いている方が楽ですよ・・・努々、俺が子供達をみた方が・・・なんて、思わない方が身の為ですよ・・・マジで。(笑)

 どうしてもやりたいって人は、止めはしませんけどね〜ドン・キホーテにならない様に気を付けて下さい。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf