ガリバー対7人の小人

 小中学生の間は、どうしても体格差って物を言います。

 この前の中学生の試合なんか、大人顔負けの身長の子なんかもいましたね。

 180cm位あったでしょうか・・・。(汗)

 流石に息子も「あんなに大きくちゃ、身体が邪魔でボールが見えね〜よ!」なんて、愚痴ってましたけどね。(笑)

 何とか対応していたみたいですけど・・・。



 一度、ボールを持たれてしまうと・・・確かに、身体が目隠しとなってしまいボールが見えなくなってしまう事があります。

 向こうも、それを狙って身体の使い方をちゃんと考えてプレイしているものです。

 こう言う時は、体格の良さは大きな武器となりますね。

 足の長さも大分違いますからね〜突っ付こうにも、届きません。(笑)



 1人で対応し切れない事も多いんじゃないでしょうかね。

 そんな時は、数人でワ〜っと襲い掛かる事も必要な時があります。(笑)

 息子なんかもそうでしたけど・・・身体を当てに行っても、ビクリともしてくれないなんて事は茶飯事ですしね。

 逆に吹き飛ばされそうになってましたっけ・・・。(^^;



 息子達は、まだ小学生の頃には大人相手に練習をしてましたから、多少は慣れていた部分も在ったと思うのですけどね。

 それでも、1人では何ともし難い相手だったに違いありません。

 息子達を見ていても、無理にボールを取りには行かず・・・コースを切りながら、応援が来るのを待つ・・・と言った様なシーンが多かった様に思います。

 それも、上手く行った時も在れば、失敗した時もありましたけどね。(^^;



 体格差を攻略するって、本当に難しいんだと思うんです。

 ちょっと、頭を使わないといけませんよね。

 攻撃に転じた時なんかもそうなんですけど、想定外の距離に足が伸びて来る・・・なんて話も良く聞きますか・・・。

 日本代表もアフリカ勢とやるときなんか、この辺に四苦八苦するみたいですしね。



 まぁ、慣れと言えばそうなんですけど・・・中々、そう言う練習相手も見付かりませんからね。

 息子達は、高校生と時々練習試合をする事もありますけど、まぁ傷だらけになって帰って来ますよね。(^^;

 それ程、体格差のある相手とのマッチアップと言う物は大変なんだと言う事です。

 「ビビルなっ!」なんて、小学生の試合なんかでは、良く叫び声が聞こえて来ますけど・・・実際に対峙してみたらビビリますよ・・・きっと。(^^;



 私も外国人相手にやった時に、肋骨を持って行かれた事がありますよ・・・。(T^T)

 体格差もそうなんですけど、パワーの差も半端無いんですよね〜やはり。

 そんな大きな差を何とかしようと頑張っている子達って本当に凄いガッツがあるな〜って思います。

 そう言う子達が大きくなったら・・・きっと、良いプレイヤーになりますよね〜。



 体格の良い子達が目を見張る様な活躍するのは、それ程驚きもしませんが・・・それに挑んで行く小さな戦士達には、本当に脱帽してしまいますよね〜。

 ガリバー7人の小人では、確かに分が悪いのですけど・・・そこは、チームワークで何とか・・・出来ると応援する手にも力が入ってしまいますよね!

 また、そう言うどうしようもない差を跳ね除けての勝利と言う物も、またサッカーの醍醐味でもあります。

 各学年大会が始まりましたから、こう言う所にも目を向けて・・・その頑張りを称えてあげて欲しいな〜って思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

何時までもガキじゃねぇ〜!

 相手チームのベンチからの声に、過剰な反応を示してしまう子っています。

 小学生なら高学年になった頃から、中学生なんかだと、そう言う子も多いでしょうか・・・。

 高校生位になると、逆に大人になって来ますから・・・そう言う事も少なくなって来るみたいなんですけどね。(^^;

 反抗期と重なって・・・と言う事なんだろうと思うのですけど・・・。



 スローインやゴールキック、コーナーキックなんかの時は、勝っている方のチームなら残り時間を考えてプレイする様に次第になって来ます。

 いわゆる、時間稼ぎですよね。(^^;

 試合巧者になればなる程、こう言うズル賢さとも言えるスキルを身に付けている物です。

 ルールの許容する範囲とは言え・・・負けている方からしたら、イラッとしてしまう物でもあります。




 時折、そのイラッとした感情を隠す事が出来ないベンチもいるのです。(^^;

 「オイ、早くやれ!」って、相手チームの子に対してつい口を滑らせてしまう人も実際にいます。(汗)

 相手が子供だから・・・なんでしょうけど、余分な一言ですよね・・・間違い無く。

 小さな子供なら、そんな事言われれば慌ててプレイしようとするんでしょうけど・・・。



 体格が良くなって、大人と大差無い位になると・・・そんな大人の声に、非常に敏感になって来る子もいます。

 そんな声なんか放って置けば良い物を・・・聞き流せないんでしょうね。

 言い返す子も出て来ます。(^^;

 私達にも経験はありますか・・・。



 まぁ、執拗に言い続ける子もいたりして・・・「ウザイ」とか「煩せぇ〜」とか、試合が終わっても未だ言い続けている子もいる位です。(汗)

 余程腹が立ったんでしょうね。(^^;

 ただ、これはどちらも言ってはいけない事でもある訳です。

 ルール云々と言うよりもマナーとして・・・なんだと思うんですけどね。



 相手が子供だからと高を括ったと言う積もりは在りませんけど・・・何処かそう言う気持ちもあったんだと思うのです。

 未だコントロール出来るって・・・。

 子供の方も子供の方で、反抗期と相まって反骨心剥き出しの対応をしてしまったと言えますかね。

 中学生にもなると、体格でも大人に近付いて来ますから、「もう、力でも負けない」って思ってしまう子達も出て来ますものね。

 中2病を患う子も出て来ますからね〜仕方の無い事なのかも知れませんけどね。(笑)



 こう言う事は口を慎む様に努めないとサッカーをやっている意味も半減してしまいますよね〜。

 思った事を全て口に出して良い訳ではありませんからね・・・世の中。

 スポーツの世界では、売り言葉に買い言葉となり易いですし・・・。

 こう言う配慮に欠ける言動が、後味の悪い試合を演出してしまうんですよね。

 熱くなっても、冷静な部分は残して置かないといけませんよね・・・大人の方が。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

胸を張れ、サムライブルー!

 『低迷ハリル日本、元イングランド代表が問題点を指摘 「日本人は礼儀正しいから…」
と言う記事が目に留まりましたので、ちょっとその感想から・・・。(^^;

 あくまでも、個人的な感想なんですけど・・・これって、それ程問題視すべき事なんだろうか・・・って、少年サッカーに関わっている私なんかは思ってしまうんですけどね。(汗)

 日本人にとって、サッカーはスポーツなんだって事は今更言う事でも無いですしね。

 むしろ、そこに誇りを持っても良い位なんじゃないかな・・・なんて思うのですけどね。


「思うに、日本はサッカーを“試合”として認識しているんだろう。欧州やイングランドでは、サッカーは“生きるか死ぬか”だからね。勝ち点を奪うためにはどんなことだってしなければならないんだ。もし仲の良い友達と対戦することになっても、一切口を利くことはない。選手を蹴っても、ピッチに倒れたままその場を去る。相手を蹴落とし優位に立つことを試み続けるんだ」


 海外ではサッカーとはそう言う認識の下に行われていると言う事も今更言う事でもありませんよね。

 ただ、忘れてはいけないのは・・・そう言うプレイスタイル考え方が、ここの所海外でも非難を浴びていると言う点なんだと思うのです。

 もちろん、プロですからね・・・生活に直結している訳ですから、『生きるか死ぬか』と考えるのも大袈裟な事ではありません。

 海外の多くの国では、サッカーは生存競争の場でもある訳なんです。



 そして、おそらくですが・・・子供の頃からそう言う事を周囲に言われて育って来たのでしょうし、環境その物がそうなんだろうな・・・って想像は出来ます。

 日本とは、大分違うんですよね・・・サッカーを取り巻く環境その物が・・・。

 日本人は、昔から正々堂々と言う物が好きです。

 サムライスピリッツなんでしょうね。(^^;



 奇しくも、日本代表のユニフォーム・・・誰が呼んだか、『サムライブルー』なんです。(笑)

 このサムライと言う言葉を日本人が用いる時、そこには『美しく散る』事を望む心情が根底にはある様に思うのです。

 負ける事は想定内・・・と言う事でもあります。

 その儚さに何処か惹かれるのが日本人なんだろうな・・・って思うのですよね。



 丁度、桜のシーズンでしたから、花見をした方も多いんじゃないでしょうか?

 この花を愛でる心情に似ていると言えますかね。

 侘び寂びと言う奴です。(^-^)b

 美しく咲いて、美しく散る・・・咲き誇る時期は非常に短い・・・そこに惹かれてしまうみたいなんです。



 子供達のサッカーも似た様な心情で観ているんじゃないかな・・・って思うんですよね。

 負けた試合であっても、負け方を美化する傾向ってないですかね?(^^;

 季節に咲く花を眺めている様な・・・そんな気持ちで子供達のサッカーを観ている様な気もします。

 色々な意味で咲き誇る時は短いですから・・・ねぇ?



 
「・・・僕は、2002年に韓国がW杯で成し遂げたことを日本にやってほしいんだ。彼らでも、ベスト4まで行けたんだから」


 こんな事も言ってますけど・・・その時、韓国代表がどんな非難を対戦国のプレイヤーから受けたのか・・・ご存知でしょうか?

 そりゃもう・・・ここに書くのが面倒な位の酷い言われ様だったんです。(汗)

 「もう二度とあんなチームとはやりたくない」欧州のプレイヤーがそう言ったんですよ・・・日本に同じ轍を踏めと言うのでしょうか・・・?(笑)

 少なくとも日本人は、それを望んではいないんだと思うのですよ・・・醜い反則を犯してまで勝ちに行くなんて事はね。




 その後、日本はW杯ベスト16まで上り詰めました。

 韓国とは違うアプローチの仕方で・・・正々堂々な戦い方でそこまで行けたんですよね。

 逆に甘いと言われ続けている日本でもそこまで行けたんです。

 サッカーがスポーツでしかない国でも、世界16位ですよ・・・かつては、オリンピックで銅メダルですしね。

 サッカーが生存競争の国達どうした〜って話ですよ。(笑)



 海外のプレイヤーは、その経験と置かれて来た環境から、色々な助言を日本に対してしてくれます。

 この事に関しては、ありがたい事です。(^^)

 でも、その言葉をそのまま受け取ってはいけない気もしますよね。

 その国に合ったサッカーって、やはり在るのだと思います。

 何でもかんでも、海外の真似ではね〜何処の国のサッカーだって話なんです。



 学ぶべき所は大いに学んでもらって良いのですけどね。

 考え方や心情まで真似する必要は必ずしも無い筈なんです。

 サッカーに関して劣等感を抱いてしまう所もまた、日本人らしいとは言えますけどね。

 今や世界のクラブで日本人が活躍する時代にまでなったのですから、個としては世界と渡り合えるプレイヤーが育って来ていると言う事でもあるのですよ。



 後は、チームとしての戦い方・・・なんだと思いますよ。

 ここが練れていない・・・監督が変わる度に0からやり直し・・・ではね〜何時まで経っても、日本のサッカーの土台と言う物は出来上がらない様な気もしますけどね。

 なんて折に、ハリル監督辞任・・・なんて報も届いたりしちゃって・・・この時期に何やってんだか・・・。(^^;

 海外では当たり前・・・でしょうけど・・・また、変な所で海外の真似ですか・・・って話です。

 もう直ぐW杯・・・サムライブルー=サムライが陥る憂鬱な状態の事では無い事を祈って・・・胸を張って自分達の考えるサッカーを貫き通しましょう!

 頑張れ、そして美しく散れ・・・ニッポン!!(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

春休みと新年度

 春休みも後半に入り、新たな年度が始まりました。

 サッカー場には、卒団したばかりの新中1達の姿がチラホラと見られます。(^^)

 終わってしまえば、何処か寂しい・・・のでしょうね。

 息子達もそうでしたか・・・いや、あいつ達は今でも少年団を懐かしんでいる様なんですけど・・・。(^^;



 人間て不思議なもので、出来なくなるとやりたくなるものなんですよね。

 サッカー場の周りでボールで遊んでいる卒団生達は、「ちょっと、こっちに来て一緒に練習してやってくれ〜」なんて、声が掛かるのを待っている・・・そんな風に映ります。

 声が掛かれば、「しょうがないな〜」みたいな感じで来るものの・・・やり始めれば、それはもう活き活きとしています。

 あんなに嫌がっていた練習なのにね・・・真面目に後輩達の相手を務めてくれています。



 「何で、現役の時にこう言う風に一生懸命取り組めなかったかね・・・」なんて声も聞かれる程の真剣さを見せたりもしています。(笑)

 後輩達にとっては、良い練習相手ですよね〜鍛えられます。

 丁度、1日から始まる前期リーグ初日に備えて、対戦相手を想定したゲームも出来ました。

 スピードもテクニックも上の相手ですから・・・申し分無い練習相手ですよね。(^^;



 サッカー場に顔を出さない子達も大勢います。

 きっと、彼らは6年間でやり切った感があるんでしょうね・・・しばらくは、サッカーを忘れてのんびりと過ごすんでしょう。

 今、サッカー場に顔を出す子達の多くは、元Bチームだった子達ですかね。

 この辺も、息子達の時と似ています。



 やはり、サッカーをもっとやりたかった・・・と言う事なんでしょうね。

 彼らにとっての失われた時間・・・それを取り戻そうとしているかの様です。

 そうしないと、次に進めないのかも知れませんね。

 何だか少し切なさを感じてしまう所なんですけど・・・サッカーは続けて行ってくれるみたいです。



 で、新6年生の初陣が早速日曜日にありました。

 前半2失点・・・もうダメかと思われた後半・・・見事3得点・・・大逆転の勝利です!(^^)

 幸先の良いスタートが切れたのも先輩達のお陰・・・なんだと思います。

 ちゃんと、先輩として残せた物があった・・・んじゃないかな?

 先輩も後輩も、お互いに恥ずかしくない様な、それぞれの新年度を頑張って欲しいな〜って思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

持ってないな・・・俺

 日曜日、県リーグ1部のチームとのTMです。

 全力で観戦しに行きますよ〜。

 準備万端、さて出かけようとした所にメールが・・・『相手方都合により、TMは中止となりました。』

 そ、そんな・・・やっと観られると思ったのに〜。(T^T)



 仕方が無いので、少年団の方に顔でも出そうかな・・・。

 サッカー場に着くと、私ヘルプしている学年の姿が無い・・・ラインで今日の予定を再確認するも、サッカー場で練習の予定となっています。

 おかしいな〜と思い、丁度息子の時のコーチがいたので・・・「4年生は今日は・・・?」と訊ねると・・・。

 「あっ、皆で浜に行ったぞ!早々に・・・」との答え。



 ここも、空振りですか・・・今日は、持ってないな〜本当に。(T^T)

 浜と一言で言ってもね〜入り口が何箇所かあるし・・・探すのはちょっと手間なんです。

 と言う事で、今日は出る幕無しの為撤収!(笑)

 1日家でのんびりと過ごすとしましょうかね。



 家に帰るや否や、「桜でも見に行こうよ〜」とのお誘いが・・・。

 と言う事で、妻に言われるがまま桜を見物に・・・しかし、何処も大混雑・・・いい天気ですからね〜そりゃ、行楽日和ってもんですよ。

 行きも帰りも渋滞に巻き込まれ・・・ドッと疲れた所に、息子からの不幸のメールが・・・。

 「明日、映画に行くのでお金下さい!」1行だけのシンプルな無心メールです。(笑)



 そう言えばアイツ等、明日は完全オフって言ってたな・・・。

 オフの度にこうやって無心されるので、部活の休みいらない・・・毎日練習していてくれるかね〜。(^^;

 そんな訳で、私の財布からなけなしの金が飛んで行きました。(T^T)

 今日は、朝から本当に持っていない1日でしたよ・・・。

 せっかくの日曜日だったのに〜もう〜イヤッ!(T-T)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

卒団式

 日曜日、少年団の卒団式でした。

 6年生を送り出すのは、これで3年連続となります。

 本当なら、「なでしこ」もこの中にいた筈なんですけど・・・一足先に退団してしまったので、いないのが寂しいのですけどね〜。

 ただ、「なでしこ」自身は、「一緒に行くよ〜」って私について来ました。(笑)



 コーチや団長さんに久しぶりに会って、「大きくなったな〜」なんて言われたりして、照れくさそうでしたけど・・・多少話は出来たみたいです。

 私の方も、6年生との親子サッカーに参加させてもらって、その成長を肌で感じる事が出来ました。

 やはり、速いし上手い・・・オヤジ達が勝てる相手ではもうありませんよね。(^^;

 私の今年の目標は、怪我をしない事でしたからね。(笑)



 もう、何時までも若いつもりでサッカーをやったら、怪我をしますから・・・その辺は、わきまえて無理をせずに・・・って思ったんですけど、ダメですね・・・ボールが来ると気持ちの方が先走りしてしまいますね。(^^;

 気持ちに身体はもう着いて来ないのですけど・・・それでも、何度か見せ場は作れたでしょうか・・・。(笑)

 年寄りの冷や水ですけどね。(汗)

 怪我だけはせずに済みましたか・・・。



 ゲームの後は、セレモニー・・・指導陣からの言葉が卒団生に告げられて行きます。

 卒団生からの言葉も伝えられ、中には大人びた事を言う子もいたりして、成長をそう言う所からも感じられました。

 身体ばかりではなく、心の方もそれなりに成長をしてくれていたみたいです。(笑)

 全てが終わると、この子達の6年間も終わりを告げました。



 誰かが「やっと終わった〜」って、安堵の言葉とも取れる言葉を発したのが印象的です。

 本音・・・なんでしょうね。(^^;

 今年は、これまでと少し違って・・・式の後、何時までも残ってペンで練習着やボールにメッセージを書き合う様な光景は全く見られませんでしたか・・・。

 指導陣に一言、書いてもらう様な子もいませんでした。



 少し寂しい光景でもありましたけど、それがこの子達の6年間の少年団活動そのものだった様にも思います。

 最後はあっさりとした物でしたね。

 後を引く様な物は、少年団に全く無かった様です。

 皆、後ろ髪を引かれる事無く、さ〜っと帰路に着いて行きました。



 これから、こう言う時代になって行くんだろうな・・・漠然とですけど、そんな風に感じましたかね。

 もう青春ドラマで見た様な光景は見られなくなるんでしょうね〜きっと。(^^;

 そう言う類の物は、もう大人が勝手に思い描く幻影でしか無くなってしまった様です。

 まぁ、それも少年団活動の結果、この子達が得た物・・・だとも言えますか・・・。



 いずれにしても、これで長い様で短かった6年間は終わりです。

 それぞれが、それぞれの6年間を胸に旅立って行ったのだと思います。

 今年は途中からこの子達を見てあげられなくなってしまったのが残念だったのですが、最後に「ありがとうございました」って挨拶に来てくれた子がいた事が嬉しくもあり、逆に申し訳無く思ってしまう所でした。

 中学になったら、本当の意味でサッカーを楽しんで貰えたら・・・って思います。

 皆さん、お疲れ様でした・・・そして、ありがとう!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

もうすぐ卒団する君へ・・・

 ついこの間、入団式を終えたばかりだと思ったら・・・もう卒団式です。

 6年間は、長かったでしょうか・・・それとも、あっと言う間だったでしょうか・・・。

 それぞれが、それぞれの6年間を過ごし、楽しかった事も、辛かった事も、今となっては全てが思い出です。



 ここで、一先ずサッカーは一区切り・・・ですが、また次のステージが待っています。

 クラブへ行く子もいれば、部活動で頑張る子もいて・・・サッカーを離れ違う道に進む子もいるのでしょう。

 それぞれの道で頑張って貰えたら・・・って思います。



 ただ1つだけ、忘れないで貰いたい事があります。

 それは、この6年間共に歩んで来た仲間の事です。

 普段、気に留める事も余りないのだとは思いますが・・・仲間と言う者の存在に、この6年間どれだけ助けられて来たか・・・少し思い出して欲しいのです。



 走ると言う事1つを取ってみても、仲間がいると思えるから頑張って走り続ける事が出来たんじゃないでしょうか?

 たった1人だったら・・・きっと、歩き出していたんじゃないでしょうかね?

 何も言葉を交わさなくたって、唯かそこにいてくれるだけで・・・心強く安心出来る温かい存在・・・それが、仲間と言う存在なんだろうと思うのです。



 普段は、すっかりその存在のありがたみを忘れてしまっているのですけどね・・・仲間に支えられてこの6年と言う長い時間を送って来たたのです。

 そして君も又、仲間を支えて来たんですよ。

 途中で辞めて行ってしまった子が、時折グラウンドを遠目に見ていた事を知っているでしょう・・・失って初めて仲間の大切さが分かったのかも知れません。

 逆に、失わずにここまで来てしまったが為に、仲間の大切さが分からないのが君達なのかも知れません。



 だから、覚えておいて欲しいのです。

 サッカーが1人では出来ないのと同じ様に、人は1人では生きて行けないと言う事を・・・。

 そして、君が仲間を必要とする時には、何時だって仲間を得る事が出来るんだって事も。

 だから、拒まないで、強がらないで、嫌わないで・・・その存在を受け入れてあげて欲しいのです。



 喧嘩したって、少し位嫌な思いをしたって、その子とたった2人きりになれば、その存在の大きさを思い知らされる事になるのです。

 いてくれて良かった・・・って。

 唯いてくれるだけで、ホッとするんです。

 力が湧いて来るんです。

 仲間って、不思議な存在ですよね。


 サッカーをやって来た意味・・・ここにある様な気がします。

 仲間ってありがたい者です。

 6年間、お互いにその存在に助けられたと言う事を忘れないで、新しいスタートを切って貰えたら・・・って思います。

 そこでは、又新しい仲間に出会う事が出来るでしょう・・・。



 仲間って、良いもんですよ・・・。

 何時までも大切にして下さいね!

 それでは、卒団おめでとう・・・そして、6年間お疲れ様でした。

 次のステージでの活躍を期待しています!

 もう直ぐ卒団する君に、私からのさよなら代わりの言葉です・・・仲間達と元気な姿で遊びに来てくれる日を楽しみに待つとしますよ・・・。(^^)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

戦場カメラマンの様に・・・

 試合会場には、ビデオやカメラを手に我が子を映像に残そうと奮闘している親御さんがいます。

 私も最初はそう言う事をマメにしていましたけどね〜。

 出来上がった映像は、明後日の方向を撮った物ばかり・・・。(汗)

 どうしても、試合に見入っちゃって・・・撮影どころの騒ぎでは無いのですよね〜。

 ・・・で、止めました。(笑)



 場所取りから、既に戦いは始まっています。

 何処か高台でもあれば・・・そこに陣取りたい所なんですけど、フィールドを一望出来る様な場所がある会場なんてそれ程ありませんからね。(^^;

 そうすると、何処で撮影するか・・・と言う事も、関心事の1つとなりますよね。

 特にビデオ撮影ともなると、アングルを考えるのも一苦労です。



 コーナー付近からフィールド全体を狙っている方も多いですか・・・。

 中央に陣取っている方も多いですよね。

 人それぞれ、狙っている画がある訳で・・・そのアングルを確保する為に、誰よりも早く応援席で待っている方も多いですよね。

 それもこれも愛する我が子の為・・・いい画を撮りたいんですよね。



 それ以上に、デジタルカメラを手に写真を撮っている方も最近では多いですね。

 スナップショットを撮影するとなると、こちらもアングルが出来栄えを左右して来ます。

 最近は高機能なカメラが多いので、手振れなんかも補正してくれるんですよね〜。

 本当にアングルさえ良ければ、決定的瞬間を捉えたナイスショットが比較的簡単に撮れるのが魅力ですよね〜。



 こう言う写真や動画が、最後のイベントで大活躍するんです。

 6年間の蓄積って、相当な量ですからね。

 その時々を記録に収めて下さっている方の存在って、チームにとっては大きいんですよ。

 その映像を見ては、あんな事があったとか、こんな事があったとか・・・思い出が蘇って来るのですよね〜。



 チームの為に最後にこう言う映像を提供して下さる方には、本当に感謝しかありませんよね。

 DVDに焼いてくれる方もいます。

 家にある映像とは又違う表情の映像が出て来ると、感慨深いものでもあります。

 暑い日も、寒い日も、子供達を温かい目で記録し続けてくれたチームの功労者でもありますよね。



 その撮影姿は、さながら・・・戦場カメラマンの様でもあります。

 試合の流れを感じて、シャッターチャンスを逃すまいと、あっちへこっちへ移動して撮影している方もいますしね。

 でも、他の観戦している方の邪魔にならない様に、低い姿勢で移動を繰り返しているんです。

 我が子だけならまだしも・・・チームの子達も個々に撮影してくれている方もいて、本当に頭の下がる思いがします。

 こう言う人達に見守られて、子供達は大きくなって行くのです・・・そう温かい目が試合会場に確かに存在したと言う事を、大人になっても動画や写真を見る度に思い出して欲しいな〜って思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

広がりゆく世界

 我が子がサッカーを始める事無く今迄過ごしていたら・・・って考えた事ありますか?

 ふと、そう言う事を考える事が私はあります。

 私自身もそうなんですけど・・・サッカーを通して色々な人と知り合って・・・世界が少しだけ広がったんですよね〜。

 子供達は、もっと世界が広がったんじゃないでしょうか・・・?



 小学生の内なんて、田舎なんかだと学区が行動範囲のMAXである事の方が多いのですよね。

 何もしていない子達の世界観は、そんな物である事が多いのです。

 特に、うちの様な陸の孤島なんて言われてしまう様な地域では、この辺は顕著なんですよね。(汗)

 海と山を越えて行かないと、隣接する学区に入れないんですから・・・。



 そんな子達がサッカーを始めて、色々な場所へ試合に出かけ・・・それだけでも、色々な発見があるものです。

 小学校が試合会場となる事も多いので、色々な小学校の存在を始めて知ったんですよね〜。(笑)

 出不精な私も道を相当覚えましたか・・・。

 会場でも色々な人と話をして「へ〜そんなんだ〜」って、衝撃の事実に触れる事も少なくなかったんですよね〜。(^^;

 息子がサッカーを始める前の生活なんて・・・何していたのか、思い出せないくらいですよ。(笑)



 クラブチームに行っている子なんかは、違う学区の子達と一緒にサッカーをするのですから、そりゃ世界はグ〜ンと広がるのですよね。

 自分の学校との違いを知ったり、自分の住む地域との違いを知ったり・・・学区を越えた友達を持つ事が出来る様になります。

 少年団の子達も、試合をした子達と次第に仲良しになって行く事もあったりして、すれ違い様に声を掛け合ったりしているのを良く見掛けましたね。

 家でボーっとしていたら、こう言う事も無かったんだろうと思います。



 こう言う事は、中学になってからも続きます。

 LINEで繋がっている子も多いんじゃないでしょうか?

 良く、息子なんかも他所の少年団にいた子が、今何処でサッカーをしているか・・・なんて話をしてくれる事があります。

 対戦相手なんかも、「元○○少年団の子達」なんて言い方を今でもしますかね。(^^;



 少年団→中学→高校・・・と、子供達の中で紐付けされた情報は、この先も活用されて行くのかも知れません。

 新たに色々なデータが加わる事もあるのでしょうし、削除される情報もあるのかも知れませんね。

 その全てが、子供達が広げた世界観の中での情報です。

 今は、まだサッカーを通して・・・の世界観でしかないのですけど・・・次第にその殻も破られて行く事になるのでしょうね。



 それでも、この今の世界観が今度はに変わる事だって十分考えられるのですよね。

 何時の日か、何処かで・・・「あっ、そう言えば・・・あの時の・・・」って思い出す時が来るのかも知れません。

 それは、子供が出来てからかも知れませんし、高校に入って直ぐかも知れません。

 実際に面識が無くたって、サッカーを通して話が繋がる事だって在り得るのです。



 世界が広がった分だけ、縁も又増えて行くのですよね〜。

 良縁ばかりとも限らないのでしょうけどね。(^^;

 大人も子供もサッカーを通して、縁は確実に増えているんです。

 このブログにコメントを寄せてくれる方達はもちろん、立ち寄ってくれた方にもそれぞれ縁が在っての事なんですよね。(^^)

 未だ気が付いていないだけなんですよ・・・縁なんてそう言う物です。

 サッカーやってて良かったな〜って思える良縁に、子供達が沢山巡り会えると良いのですけどね。(^-^)b

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

春、少年団の憂鬱

 今年度も早くも年度末、この時期の話題の中心は・・・やはり、残留退団か・・・じゃないでしょうか。

 「どうも、あの子辞めるみたいよ・・・」なんて、噂話がそこかしこで聞かれる時期でもあります。

 年度末と言う丁度区切りの良さそうな節目の時に、辞めて行く子は多いですよね。

 うちの「なでしこ」もその1人でした。

 まぁ、辞めるにしても、続けるにしても、移籍するにしても・・・出来るだけ本人の意思で・・・が理想なんでしょうけど・・・。




 うちの団は、この時期になると『継続届け』を提出する事になっています。

 同時に、継続料を納めて継続手続きは完了となるのですが、やはりこの時を境に退団する子は毎年います。

 理由は様々なんですけど、サッカー自体を辞めてしまう子も多いでしょうか・・・。

 移籍する子の方が、少な目なんじゃないかなと思うのです。



 入団してみたけど、思っていたのと何か違う・・・って、思って辞めて行く家庭の子も少なくないでしょうかね・・・。

 この辺りが、少年団の得体の知れない所でもあるんですけど、一体何を目指している団体なのか分かり辛いんですよね。

 民間委託の部活動みたいな・・・少年団としての存在価値が見出し難いのがいけません。

 親の手が掛かり過ぎると言う所に不満を感じてしまう方も相当多いみたいなんです。



 1人で行って、1人で帰って来る・・・こんな事をイメージしていた方にとっては、本当に想定外の活動なんだと思うのです。

 試合ともなれば、親の送迎がどうしても必要となってしまう訳で・・・台数制限でもあれば、相乗りで・・・それが続く様なら、当番制を敷いて・・・と送迎1つ取っても何だか面倒な感じなんですよね。

 せっかくの週末が、子供のサッカーで潰れてしまう・・・そんな声は良く耳にするのではないのでしょうか?

 継続する方の中にも、そんな状況を耐え忍んでいる方は多いんじゃないでしょうか・・・。



 親御さんの協力がなければ成り立たないのも、今の少年団の泣き所なのかも知れません。

 以前は、違った様な気がします。

 試合であっても、コーチの車にギューギュー詰めで・・・なんて光景も目にした物なんですけど、やはり時代なんでしょうね・・・無茶な事は出来ませんから、子供達の安全面を考えると・・・どうしても、協力を仰がないといけない部分が出て来てしまいます。

 送迎バスなんて持っている所は殆どありませんからね。(^^;



 その上、試合数も格段に上がってしまった事も、この問題に拍車を掛けてしまったのだと思います。

 毎週末、こんな事が在るとなると・・・流石に腰が引けてしまう親御さんが出て来る事も、無理のない話なんだとは思うのです。

 その上、少年団の活動に何の張り合いも見出せ無い・・・ともなれば、ほとほと嫌になるのは致し方の無い事なんだろうと思います。

 この辺も、少年団の運営方法の不味い所なんだろうな・・・って思うのです。



 送迎以外にも、色々と役割が回って来るのも少年団です。

 クラブチームでは在り得ない様な役割分担も相当あるのだと思います。

 接待的な物から、雑用まで・・・何だか、少年団に奉公させられている様な気になってくる方も少なからず出て来るものです。(^^;

 それが当たり前・・・になってしまっている感もありますかね・・・何時からなんでしょう?



 そこまでの協力をして、サッカーチームとしての戦績はと言うと・・・そこは、振るわず・・・。

 その上・・・団としての振る舞いは、まるで強豪クラブチームの様・・・こうなって来ると、次第に嫌気が差して来る人が出て来るのも何となく理解できますよね。(^^;

 特に最近は、指導陣に対する不平、不満を爆発させてしまう方が多いのも特徴です。

 まぁ、指導陣は指導陣で何か勘違いをしているんじゃないか・・・って感じられる方もいますからね。(^^;



 身の丈に合った活動が出来ていない所も多いんじゃないのでしょうか?

 そう言った無理のある活動が、子供のみならず指導者不足も誘発している様な気もします。

 ハード過ぎる・・・なんて声もそこかしこで聞かれますからね。(^^;

 子供も大人も適度な休息が欲しいんですよね。



 移籍して行く子達の多くは、サッカーをもっと真剣に、もっと高いレベルで、もっと良い環境で・・・やって行きたいと考えている子(家庭)が殆どなんだと思います。

 そう言う子にとっては、少年団は確かに残念な世界に映るのかも知れませんし、それを否定する気も全くありません。

 むしろ、もっと早く気が付いて欲しかった・・・少年団がクラブチームでは無い事に・・・。(^^;

 それぞれが、思い描くサッカーってのがある筈ですから、それぞれに合ったレベルのチームを選ぶ事って大事なんです。



 まだまだ、少年団の中には時代錯誤な感じの所も多いみたいですし・・・淘汰されつつあるのかも知れませんよね。

 危機感を感じて、少しずつ変わり始めている所もあります。

 うちの団でも、少しずつですが以前とは変わったな・・・って感じる様になっています。

 息子達卒団生がそう感じるのですから、その変化は確かな物なんでしょうね〜。



 ただ、その分結果が出なくなって来ている・・・と言う声も耳にします。

 この部分は確かにあるのかも知れませんけどね・・・子供達あっての少年団ですからね〜先ず、子供達が入って来てくれないと・・・そして6年間続けて行けないと・・・そこが、一番大切な所なんですよね。

 子供達だけじゃなく、親御さん達も気持ち良く少年団活動が送れる様になる事も大事です。

 結果を出す事ばかりを考えていては、中々この辺に考えが及ばない・・・のではないのでしょうかね?



 春ですね〜。

 ここ数年、この時期になると少年団としての関心事は、新入団生が何人入ってくれるのか・・・と言う事です。

 出て行く人数以上の入団者は、もう望めない団が多いんじゃないのでしょうかね?

 少年団にとって、一年で最も憂鬱な季節・・・なのかも知れません。

 生き残るためには、どうしたら良いのか・・・考えてみる必要はありそうですよね。



 行き詰ったら、出発点に戻ってみる・・・と言う事も必要なんだと思うのです。

 少年団て、元々どんな存在だったのか・・・思い出して貰えると、生き残るためのヒントが見付かるかもしれませんよね。

 そして、それがクラブチームとの差別化を図る事が出来る部分になって来る筈なんです。

 加熱し過ぎた少年サッカーの波に呑まれて、少年団としての立ち位置を忘れてしまっていないか・・・。

 その存在理由をもう一度見詰め直してみても良いのかも知れませんよね。

 もっと、気楽にスポーツが楽しめる団体だった気がしますよ・・・昔は。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
yellow10
長かった道程・・・中体連選抜初日 (04/19)
yellow10
再起 (04/19)
パパイヤ
長かった道程・・・中体連選抜初日 (04/18)
元パパコーチ
再起 (04/18)
yellow10
再起 (04/17)
元パパコーチ
再起 (04/17)
yellow10
勝ちに拘る訳って一体・・・ (04/15)
まるこ
勝ちに拘る訳って一体・・・ (04/14)
yellow10
何時までもガキじゃねぇ〜! (04/11)
まるこ
何時までもガキじゃねぇ〜! (04/11)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf