戦わせるだけが脳じゃない!

 今日は、篠木さんと、春日井さんとの交流会でした。

 まぁ、到着するや否や、至れり尽くせりの『おもてなし』をして下さって、恐縮してしまいました。

 夏には、毎年うちの方へ来て頂いているのですが・・・こんな『おもてなし』がうちの団に出来ているのか・・・心配になってしまう程です。(^^;

 非常に、色々な面で、心を砕いて下さっているのが、伝わって来た交流会でした。



 子供達の交流試合が何時もの様に始まります。

 それは、何時も通り・・・何の代わり映えもしない、何時も通りの風景です。

 これに慣れ過ぎてしまっていた事もあったのだと思います。

 先方からの『素敵な提案』で、マンネリ気味の子供達の試合に極上の味付けがなされたのは、昼食後の試合からです。

 子供達は、チームと学年の枠を取っ払い、8チームに再編成されました。

 顔も名前も知らない子達が集まって、チームを作ります。

 午後からは、このチームで11人制の試合です。

 但し、前後半無しの12分間だけのトーナメント戦です。

 しかし、これが子供達にとって何よりの思い出となったと言えます。



 試合が始まると・・・各チームの色が出て来ます。

 『コミュニケーション』が十分に取れているチームと、あまり取れていないチームとの差です。

 更に、その中でも・・・『リーダーシップ』の取れる子がいるチームと、いないチームの差が出ます。

 そしてそれが・・・試合結果にもそのまま現れたのです。

 これは、1つ非常に興味深い事だと言えます。

 しかし、そんな事もどうでも良い事でした。



 この試合、ベンチは存在しませんでした。

 コーチも監督も不在。

 その為、聞きなれた『指示』も無ければ、『怒鳴り声』『ダメ出し』の声も聞こえません。

 その為、子供達は自分達で考え、伸び伸びとサッカーを楽しんでました。

 名前が分らない事もあって、ニックネームで呼び合う事も多かったのですが、そのニックネームに大爆笑です。

 笑顔もそこかしこに見えてます。

 失敗を怖れる必要が無い事もあって、思い切ったプレイが見られます。

 息子も今日だけは、目立っていました。

 聞こえて来るのは、親達の声援だけ・・・厳しい言葉も無ければ、黄色い声も聞こえない、午前中とは全く違った雰囲気です。



 勝負に拘る試合があっても良いのです。

 逆に勝負なんてどうでも良い試合があっても良いのだと思います。

 今日の様な試合では、うちの指導者陣には物足りないのでしょうが・・・。

 子供達は、今迄見た事も無い様な楽しげなサッカーをしていました。

 しかも、しっかりと勝ちに行っているのです。

 何も言わなくても、子供達は勝ちに行くのですね。

 激しさもあります。

 でも、汚いプレイはありません。

 何より、子供達が初めて『真の交流』が出来たと言う事が最も大きいのだと言えます。



 「去年、こう言う試合をやってくれていれば・・・今年は、もっと楽しく出来たのに・・・」子供達の本音です。

 今迄は、交流とは名ばかり・・・少なくとも子供達にとっては、そうだったのだと言えます。

 まともに会話した事も殆ど無かったのではないのかな・・・そう思います。

 そう言う時間も取ってなかった気がします。

 ここでも、子供達の事は置き去り・・・だったのだと言えます。

 息子達は、これで終わりです。

 もう来年はありません。

 ですから、せっかく友達になれたのに・・・次が無いのです。

 これは、これで寂しい様でした。

 それが、「去年、こうしてくれていたら・・・」と言う言葉に表れています。

 5年生は、来年また会う事が出来ます。

 その時は、今日の事を思い出して、また直ぐに会話が出来るのでしょう。

 交流会の意味は、こう言う所にある筈なのです。

 次回からは、うちの団でもこう言った事にもっと積極的になって欲しいな〜と思います。



 また、これは地元のチーム同士の交流試合でも考えた方が良い事です。

 ただ試合をするのでは、やはり敵味方と言う垣根を越える事は難しいのです。

 もちろん、子供達は顔見知りとなって、会話もする事もあるのですが・・・やはり、十分とは言えません。

 チームの垣根を取り払った交流と言う点にもっと思いを巡らせるべきなのだろうと思います。

 それが、『リスペクト精神』を養う一番の近道の様な気がします。



 サッカーは、敵も味方も無いのだと・・・共に同じサッカーと言うゲームで競い合う良い仲間なのだと・・・こう言う関係を小学生の内に築く事って大切な様に思います。

 サッカーを通して、色々な繋がりを持てると良いのですが・・・そこには、大人の協力も必要なのだと思います。

 今日の交流会は、大人にもそんな事を気付かせてくれた、有意義な物だったと言えます。

 子供達には、もっと良い思い出となったのでは無いのかな・・・と思います。

 本当に、篠木さん、春日井さん、共にありがとうございました。

 また、宜しくお願いしますね。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
中学生襲来! (07/01)
jrfoot
中学生襲来! (07/01)
jrfoot
絶対にあってはいけない事 (06/30)
yellow10
絶対にあってはいけない事 (06/29)
yellow10
初めてのキャッチボール (06/29)
yanya
初めてのキャッチボール (06/29)
jrfoot
絶対にあってはいけない事 (06/29)
yellow10
絶対にあってはいけない事 (06/28)
たか
絶対にあってはいけない事 (06/28)
yellow10
絶対にあってはいけない事 (06/27)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf