『スーパー』と『天才』

 『少年サッカー 天才多すぎない?』と言う面白い検索ワードがあったので、ちょっと触れてみます。

 皆さんの周りにも、もしかしたら『スーパー』と呼ばれる子がいるかも知れませんね。

 うちの団にも以前は、そう言った子がいた時期があります。

 他所のチームへ移籍してしまいましたが・・・。(^^;

 でも、この子達を『天才』と言う人はいませんでしたね。

 では、『天才』と『スーパー』の違いは・・・何なのでしょうか?



 スーパーと呼ばれる子は、思いの他そこかしこにいます。

 確かに、そのカテゴリーの中では、ずば抜けている・・・そう言えますが、他に比肩しうる者がいないか・・・と言うとそうでもないですよね。

 スーパーと呼ばれる子の多くは、『早熟』なだけの場合が多いと言えます。

 ですから、いずれ周囲に追い付かれ、抜かれて行く事も少なくありません。

 例えるなら、『季節に咲く花』と言った所でしょうか・・・。

 ちょっぴり、寂しい気もしますね。

 こう言った存在に注目し、『もてはやす』のは、日本人的な『侘び寂(わびさび)』の心なのでしょうか?




  天才とは、文字通り『天から与えられた才能』とも言うべき、人が努力をしても到達出来そうも無い程の優れた能力を持っている人に使われる事が多い言葉です。

 ですから、滅多にいない・・・そう思って良いのです。

 ですが、メディアでは良くこの言葉が使われますね。

 かつて、天才と呼ばれたサッカー選手も日本にはいました。

 天才と言われた選手には、菊原志郎選手や磯貝洋光選手等がいます。

 しかし、それはサッカー黎明期の頃の話です。

 今ならおそらく、スーパーと言う言葉の方がしっくり来ます。

 

 天才と呼ばれる子の多くも『早熟』な子が多い気がします。

 早い時期から、サッカーを始めている子が圧倒的に多いのですよね。

 では、天才と言う言葉は、どう言う子になら相応しいのか・・・ん〜難しいですね。(^^;

 『感覚的な事』に優れている場合や、『発想』『考え方』『物事の捉え方』『独特』な場合なんかは、成功しさえすれば天才の称号を与えられそうではあります。

 偉く簡単に言うと・・・『風変わりな人』とでも言いましょうか・・・一歩間違えれば、『変人』扱いされてしまう様な雰囲気の人なんじゃないのかな〜と思います。

 『紙一重』とよく言われる様に、おそらくですがある意味『目立つ』存在と言えるかも知れませんね。

 「何かあの子ちょっと違う・・・」と言う印象を持つ様な感じなのだと思います。

 ですから、単に上手いと言う事だけでも無い気がします。

 放つオーラが違うのではないのでしょうかね〜。




 世に溢れている、天才として祀り上げられた子達は、本当に大変なんじゃないかな・・・なんて思うのですよ。

 期待もプレッシャーも半端無い様に思います。

 放っておいてあげれば良いのに・・・と私なんて思う訳ですが・・・皆、そう言った話題に飢えているのですよね〜。

 周囲の騒音が、その子達を潰してしまわない事を祈らずにはいられません。

 そう言うお子さんを持ってしまった、親御さんも大変なんだろうな〜。

 でも、そう言う子が多く排出されて来たと言う事は、サッカーと言うスポーツが相当普及したと言う証拠でもある訳です。

 また、各チームのレベルも以前とは比べ物にならない程上ったと言う事でもあります。

 その中に於いて輝きを放っている子が、スーパーと呼ばれようが、天才と呼ばれようが、それはそれで『名誉な事』なのかも知れませんよね。

 そう言った子の存在を耳にしたら、『頑張っているんだな〜』と思うだけで良いのだと思いますよ。

 その真偽を糺(ただ)す必要なんて全く無いのです。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf