そのトラップで大丈夫?

 うちの団が使用しているグラウンドは、正直凸凹が多過ぎて・・・常にそこかしこで、『イレギュラー』が起こります。

 子供達も四苦八苦です。(^^;

 グラウンダーのボールを扱う時は、本当に集中していないと・・・ボールが後ろへ逸れてしまう事も珍しくありません。

 試合だったら・・・と思うとぞっとします。

 しかし、良く観察してみると・・・ボールへのアプローチの仕方に問題がある事が分かります。




 グラウンダーのボールを扱おうとする場合、多くの子が『足だけでボールを迎えに行く』事をします。

 足だけを伸ばしてボールを受け止めようとしている為、イレギュラーし易いグラウンドでは、これが致命的なミスを生む事もあります。

 目の前でバウンドしてしまい、足の上を素通りして行ってしまう場合等がそうです。

 『トラップ』の仕方を考えないといけません。

 ボールを最後までしっかりと見ると言う事は、言うまでもありませんが・・・それ以外に出来る事は無いのでしょうか?




 先ず、横着をしない事です。

 間に合うかどうかのギリギリなコースを通過して行くボールなら、足を伸ばしてなんとかしようと考える事も仕方が無い事です。

 しかし、子供達を見ていると・・・十分追い着けるのに、何故か最後に減速して足だけでボールをトラップしようと試みます。

 あと1歩・・・それを惜しまなければ、しっかりと身体がボールの軌道上に来るのですが・・・。

 そうなれば、仮に目の前でバウンドしたとしても、身体にボールが当たる事で後ろに逸らす事を防ぐ事が出来ます。

 これが、トラップをする場合の基本的な考え方なのだと思うのですが・・・。

 


 これは、ハイボールを処理する場合でも同様です。

 例えば、GKのパントキックやゴールキックを受ける時も、身体をのけぞって足だけでボールをトラップしようとする子が大勢います。

 この時だって、目の前で減速してしまって、わざわざ足だけでボールを迎えに行くのです。

 失敗すれば、大きくバウンドしてしまい、最悪頭の上を越えて行きます。

 この時も、上半身をボールに被せる様にしてトラップする事がベターだと言えます。




 足と身体とどちらがボールを捉え易いか・・・と言えば、表面積の大きな身体に決っています。

 これを使わずに、わざわざ表面積の小さい足だけで、より大きなボールを捉えようとすれば、当然失敗のリスクは高くなるに決っているのですよね。

 この辺に気付いてもらいたいな〜と思います。

 足を大きく広げてボールをトラップ出来たとしても、次の動作に移り難いと言う欠点があります。

 ですから、出来る限りそのままのスピードで近寄り、ボールの軌道上に身体を置いてしまう様にした方が良いのです。

 ちょっと、トラップの仕方も考えた方が良さそうですよね。


 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
足が遅くたって・・・ (09/24)
jrfoot
足が遅くたって・・・ (09/23)
yellow10
不可解な関係 (09/21)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
yellow10
不可解な関係 (09/20)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
yellow10
不可解な関係 (09/19)
もみじ
不可解な関係 (09/19)
yellow10
伝統芸能? (09/16)
jrfoot
伝統芸能? (09/14)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf