逆を突く

 『逆を突く』と言う言葉があります。

 ドリブルの練習なんかで、「相手の逆を突け」なんて言われているシーンを見た事があるかも知れません。

 GKと対峙した場合でも、「逆を突け」と言われる事があります。

 何かに付け「逆を突く」事を指導されるのですが・・・当の子供達には、何の事やら・・・。(^^;

 逆を突くってどう言う事なのか分りますか?



 例えば右前方からボールを奪いに来る相手がいる場合、その逆は・・・と言えば、自分から見て右側にボールを運べば良さそうだな・・・と言う所までは何となく感じる事が出来る子は多いのです。

 しかし、実際にやってみると・・・上手く行ったり、行かなかったり・・・何がいけないのか分らないまま、成功と失敗を唯繰り返しているだけ・・・そんな子もいるのかと思います。

 何がいけないのでしょうか?

 『ボールコントロール』が悪い・・・のなら、先ずはそちらを練習しないといけませんかね。(^^;

 それ以外にも、間合いが近過ぎたり、遠過ぎたり・・・と言う事が原因な場合もあるかも知れません。

 しかし、最も成功率を落としている原因は・・・もしかしたら、相手の『重心』を見切る事が出来ていないからかも知れません。



 相手の重心が今何処にあるのか・・・と言う事を知る事は、簡単な事では無さそうです。

 イメージとしては、地に着いている方の足に重心がありそうだ・・・と言う事は、思い付くかと思います。

 そして、それは・・・当たらずとも遠からずなのです。

 動いている相手・・・例えば、走っていたり、歩いていたりする場合なら、地面に接している足の方に重心が傾いている時も確かにあります。

 しかし、それはほんの一瞬の事です。

 地に足が着いた瞬間から、少しずつ重心は逆の足へと移動して行きます。

 それを繰り返す事で歩いたり、走ったり出来るのですね。

 よ〜く観察して、重心の位置を知る必要がありそうです。




 例えば、歩く為に前に出そうとする足、仮に右足だとします。

 「さぁ、歩くぜっ!」と右足を地面から離した瞬間、重心は左足にあるのだろうと言う事は想像出来ますよね。

 もし、左足に重心が来てなければ・・・倒れてしまうでしょう。

 そして、右足は・・・次第に前に運ばれて行きます。

 同時に『重心の移動』が始まります。

 身体のおもりが次第に左足から右足に移動して行く感じです。

 それに伴って、今度は右足を着かないと身体が前に倒れてしまう状態へと移行して行きます。

 そして、右足を着地した時、重心は右足に移動を終えるのですね。

 この時が、狙い目なのです。



 重心の移動が終えるか終えないかの僅かな時間、ここがボールを動かすタイミングとしては適している様に思います。

 先の例で言えば、右足が着地するかしないかの僅かな時間です。

 このタイミングで、自分から見て左、相手から見て右にボールを運ぶ事が出来れば、相手にボールを触られる事は先ずありません。

 これが、相手の逆を突くと言う事に繋がって来ます。

 このボールに触ろうとすれば、一度重心を左に移すと言う『予備動作』が必要となって来ます。

 その分、時間のロスが発生する訳で、その隙に相手を抜き去ってしまおうと言う訳です。

 

 GKと1対1の状況となり後は、シュートを撃つだけ・・・こう言う状況の時、「GKを良く見て撃て」と指導される事が多いのかと思います。

 GKの何を見るのでしょうか?

 『立ち位置』だと思った人は、もう一捻りと言う所ですか・・・。

 この場合も、GKの重心が何処にあるのかを良く見て・・・その逆へボールを流し込むと言う発想が必要です。

 どっしりと構えられてしまっているのなら・・・左右どちらかに『重心を移動させる』工夫を必要とする場合もあります。

 要するに、GKを動かす工夫ですね。

 左右どちらかの足を動かす事が出来れば、先の要領でボールを蹴り込めば良い事になります。

 実際に足が動かなくても左右どちらかに身体が傾けば、今度は逆へボールを蹴りこめば反応出来ないと言う訳です。

 言う程簡単な事ではないのですが・・・その為の練習でもありますから、そう言った意識を以って練習するのとしないのとでは、後々大きな差が付きそうです。



 逆を突くとは、相手の力を利用した『カウンター攻撃』だと言う事です。

 そして、それを可能とするのは・・・重心の位置を見抜く事、もしくは相手の重心を動かす事だと言えそうです。

 意識して練習して欲しいですね。

 派手なフェイントなんて使わなくても、ドリブルが上手い人はこう言う事が出来ていると言えるのです。

 速過ぎて参考になるか分かりませんが・・・アザールのドリブルでも見て研究してみて下さい。(笑)

 相手DFが振り回されている様に見えてしまう程、相手の重心を手玉に取っている事が何となくですが分かります。

 凄いですよね〜。

 ・・・頑張ろ〜う!>ALL

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf