2チームか、1チームか・・・

 もう直ぐ年度末です。

 新年度からは、新たな戦いがまた始まります。

 そうなって来ると・・・やはり、気になるのは・・・チーム編成をどうするかと言う事。

 特に、子供の人数によっては、2チームを1チームに、1チームを2チームにと言う選択をしなければならないチームもあるのかと思います。

 この『チーム編成』に関しては、本当に色々な意見があります。

 コーチ間では勿論ですが・・・親御さん達にとっても、1番の関心事なのだろうと思います。

 

 『チーム分け』と言う物が本当に必要なのか・・・と言う、『そもそも論』でさえ、意見が分かれる所です。

 2チームで行く事は、確かに理想ではあります。

 全ての子に出場のチャンスを広く与える事が、かなり可能となって来るからです。

 但し、事情が許せば・・・です。

 少年団の場合は、先ず『指導者』の数が不足している事が多く、パパさんコーチの力を借りて運営している事が多いのですね。

 果たして、親御さんに負担を強いてまで2チーム化するべきか・・・と言う意見が指導者側からは出て来ます。

 例えば、公式戦への出場は、ベンチに『指導者ライセンスの保持者』が、最低1人いる事が望ましいとされています。

 しかし、パパさんコーチの方の多くは、このライセンスを持っていません。

 つまり、指導者としての責任が取れる立場では無いのですよね。

 ここに、甘えてしまって良いのか・・・と言う考え方は、もっともな話だと言えます。

 息子のチームが、2チーム化を断念した理由もこの点でした。

 結果から言うと、正解でした。

 それは、スケジュール的な問題でです。

 パパさん達が1人も試合に来る事が出来ない日・・・例えば旗日なんかですが、実際にあったのです。(^^;

 そう言う日が1日でも出来てしまえば・・・『不戦敗』となったり、『失格』となったりと言う事もあります。

 子供の為にと始めた2チーム構成が、逆に子供達を悲しませる事となってしまう訳です。

 私達がコーチに一任した背景には、こう言った事情もあったと言う訳です。

 もちろん、2チーム化ともなれば、協力はします・・・が、それにも限界があると言う事です。

 保護者側としては、『無責任』な押しも出来なかった訳ですね。



 逆に2チームを1チームに統合する場合、メリットとしては・・・殆どが『大人の負担』、これは指導者と保護者ですが、それが軽減されると言う事が大きいのかなと思います。

 子供達には、それ程のメリットは無い気がします。(^^;

 強いて言えば・・・誰も切り捨てられる事が無い・・・但し、これは表向きです。(^^;

 実際には、チーム内で『線引き』が行われる場合が多いのかなと思います。

 ベンチには座っている物の、試合には出場出来ない子が多く出て来る事となって来るのも1チーム編成の場合だと言えます。

 もっとも、これはベンチの判断次第で解消できる類の問題ですが・・・現実は、残酷な方へ向かう事の方が多い気がします。

 まぁ、それも子供達にとっては、1つの経験とはなります。

 これを、良しとするか否かは、それぞれの判断と言う事になって来ますが・・・。

 この辺が、後々『問題の火種』となりうる事もありそうです。

 

 難しいですね。(^^;

 長くなりそうなので、続きは次回にします。

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
サッカーを通して (12/04)
羅山
サッカーを通して (12/03)
3級親父
サッカーを通して (12/03)
yellow10
サッカーを通して (12/03)
羅山
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
Maruo
サッカーを通して (12/02)
3級親父
サッカーを通して (12/02)
yellow10
サッカーを通して (12/02)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf