ノールックパス

 最近、息子のチームでは、一部の子に限られますが・・・『ノールックパス』がブームとなっている様で・・・。

 面白いのは、味方も騙されている所でしょうか・・・。(笑)

 まぁ、その位でないと相手DFを欺く事は出来ないのですがね。

 時々、あまりに意表を突かれて「マジか・・・」なんて『ぼやき声』が聞こえてきたりもします。

 

 さて、このノールックパスと言う物、分りますよね?

 ノールック・・・意味は、見ない(注視しない)と言う事ですから、パスの受け手を見ないで出すパス・・・大まかに言えばそう言う事です。

 もっと言うと、右を見たまま、左にパスを出したりする様な時もこれに該当します。

 周りを把握出来ていないと、中々出せない・・・そんな部類のパスです。

 その分、成功すればチャンスを演出出来る事もあります。

 こう言う事の出来る子って、試合中も冷静なのかも知れませんね。



 今では『差別用語』の類なので、絶対に使って欲しく無いのですが・・・『目〇パス』と呼ばれていたダメパスがあります。

 今でも、残念ながら時々耳にする事がある名ですから、御存知の方も多いのかと思います。

 このパスもパスの受け手を見る事無く出されるパスに対して使われる言葉ですが・・・何が違うのでしょうか?

 それは、『明確な意思』を持って出されているか否かです。

 ノールックパスには、成功するか否かは別として、誰に対して出したパスなのかがはっきりしています。

 それに対して、このダメパスの方はと言うと、誰に出したかが明確では無い場合に、非難の意味を込めて・・・と言うか蔑んで罵る為に・・・あの様な言葉を使うのです。

 ボールを扱う事に一生懸命で、周りが見えていない状態で出されたパス(かどうかも疑わしい)に対して使われる『蔑称』です。

 ノールックパスとは、根本的に違うのですね。



 また、このパスは、『フェイント』を駆使したパスであるとも言えそうです。

 『視線』を読まれない事で、成功を手繰り寄せようとしているのです。

 この視線がフェイントになっているのですね。

 目では、右のスペースを狙っている様に見せておいての左・・・そんな感じで子供達は使っています。

 ここの所、上手く行っているシーンが多いですかね。

 色々な工夫をしています。

 『想像力』を働かせて、色々な『遊び心』を織り交ぜながら、プレイできた方がサッカーは、もっと楽しくなる筈です。

 南米の子達は、こう言うの得意そうですよね。

 本当に楽しそうにサッカーをしています。

 これは、大人も同様です。

 そして、こう言う事が出来るのは、やはり・・・『心にゆとり』があってこそ・・・なのかも知れませんね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi
【このカテゴリーの最新記事】

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
足が遅くたって・・・ (09/24)
jrfoot
足が遅くたって・・・ (09/23)
yellow10
不可解な関係 (09/21)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
yellow10
不可解な関係 (09/20)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
yellow10
不可解な関係 (09/19)
もみじ
不可解な関係 (09/19)
yellow10
伝統芸能? (09/16)
jrfoot
伝統芸能? (09/14)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf