2−4−1対3−3−1(その2)

 今回も中盤の話です。

 2−4−1は、やはり中盤をどの様に機能させるか・・・が一番の課題だと言えます。

 中盤を支配できないのであれば、このフォーメーションを採用した事は失敗だと言えます。

 しかし、ある程度のレベルに達するまでは、『ポゼッション』を意識する必要は無いのかな・・・と個人的には思います。

 そう言った、『数字遊び』はもっと上手になってからで十分です。

 取り敢えずは、効率的な試合運びを考える事にします。

 

 【 中盤を支配する 】

 中盤を支配する・・・言い過ぎです。(^^;

 しかし、そのつもりでプレイする必要はあるかと思います。

 前回、中盤の守備でも触れましたが、3−3−1に対して2−4−1は、中盤での『数的優位』を作り易い状況が最初から用意されています。

 その為に、リスクを犯してまで中盤を1人増やしている筈です。

 ですから、中盤での局面は、絶対に1対1としてはいけないのです。

 個の力に頼った攻守程危うい物はありません。

 どちらに転ぶか分らない、危険な賭けだと言えます。

 最低でも2対1の状況を常に作る必要があります。

 出来れば、3対1が理想ですが・・・先ず難しい事この上ないので、3対2の状況でも良いのでしょう。

 常に1人多い局面を素早く作る努力をします。

 その為には、広くフィールドを使う方が良さそうですね。



 両サイドが『タッチライン』一杯まで広がる事で、フリーとなれるか、相手を引っ張り出せるか・・・このどちらかが出来そうです。

 スペースを作る事にも役立ちます。

 パスを通し易くする為には、フィールドを広く使う事です。

 これも、攻撃の基本なのかと思います。

 トップ下、ボランチ、そしてサイド、この3点で『三角形』が出来ています。

 始めから、3対2の形は出来ているのですね。

 そこを、両サイドが一杯まで広がる事で、2対1の局面を作り出す事が出来そうです。

 ボランチと、トップ下が数的優位を作る為に奔走する必要がありますけど・・・。



 時には、トップが下がって来たり、左右に流れる事でも数的優位は作れそうです。

 中盤にボールが入った時は、常にこう言った事に気を配って動かなければいけません。

 最低でも1つ『パスコース』を素早く作りだしてゆく必要があります。

 それが、結果として『ボールを失わない』事に繋がって来る筈です。

 こうして、パス交換をしながら『縦パス』を入れるタイミングを窺う事も時には必要です。

 無闇に縦パスを急いでしまっては、ボールを失いかねませんから、人とボールを動かしながら・・・その時を忍耐強く待つ事も大事なのですよね!

 
 あ〜長くなって来たので、今回はこの辺で・・・。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
足が遅くたって・・・ (09/29)
そうちち
足が遅くたって・・・ (09/29)
yellow10
指示者達へ (09/27)
jrfoot
指示者達へ (09/27)
yellow10
足が遅くたって・・・ (09/24)
jrfoot
足が遅くたって・・・ (09/23)
yellow10
不可解な関係 (09/21)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
yellow10
不可解な関係 (09/20)
jrfoot
不可解な関係 (09/20)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf