最後の初蹴り〜っ!

 新年、明けましておめでとうございます!

 今日は、元旦恒例の『新春初蹴り』の日です。

 息子にとっては、小学生最後の初蹴りとなります。

 毎年、この日は『親子サッカー』で子供の成長を肌で感じる日でもあります。

 コーチと親父軍団VS子供達も今年で蹴り納めでもあります。

 来年からは、中学生としての参加となってしまうので、息子と対決する機会は多分これが最後です。

 親父チームも最初からATフィールド全開で戦いに挑みます!



 流石に6年生・・・上手いと言うのが正直な感想です。

 ポンポンとパスが廻されてしまって、中盤は完全に子供達に支配されます。

 それでも、何とかサッカー経験者のパパさんを中心に攻撃を仕掛けます。

 私も久しぶりにドリブル・・・まだ出来るね〜。

 コーチへのラストパスも何度と無く・・・。

 私自身もシュートを撃ちますが、ボール1個分逸れちゃったり・・・。(^^;

 完全に子供達に遊んでもらってます。(笑)



 後半、息子の登場です。

 やはり、想像していたよりも上手い・・・普段外から見ている時よりも、スピードもテクニックもあります。

 やはり、今の子達のレベルは高い・・・これだけ出来ても、ベンチ組なんですから・・・。

 そうこうしているうちに、息子の左足でのシュートが炸裂します。

 GKのナイスセーブで得点とはなりませんでしたが、ライナー性の良いシュートです。

 私もお返しに・・・強烈なシュートを放ちますが・・・。

 GKの好セーブで阻まれてしまいました。

 親子で似た様なシュートを撃つ辺りは、血筋を感じてしまう所です。(^^;


 先ずは、親父チームの1勝です。

 次はもっと動けるはずです・・・と思ったら、中学生とのゲームだと言う事で・・・今年は、たった1回だけの対決で終了・・・。

 仕方が無いので、「なでしこ」の方でちょっと遊んで来ま〜す。

 こっちは、完全にお遊びムード満点です。

 6年の方から来ると、ちょっと物足りない気がします。

 やはり違うな〜。

 息子が4年生の時は、もっとガチでやれたのに・・・力の差をハッキリと感じます。(^^;

 やっぱ、あいつら上手かったんだな〜なんて、今更ながらに思う訳です。

 4年もゲームが終わり、今年はこれで終了です。


 ん〜何だか今年は物足りなさが残る初蹴りとなってしまいました。

 中学生と6年生の対決は、引き分けだった様で・・・結局、息子は最初の親子サッカー10分間だけの出番だった様です。

 3次予選を前に、今年はお祭りムードとは行かなかった様で・・・。

 「なでしこ」が、「パパの作った豚汁食べてる〜」なんて寄って来ました。

 「これ、美味しい〜」なんてニコニコ。

 「お鍋に、うちの名前が書いてあったから、わざわざそっちに並んだだよね〜」と行っている矢先に「でも、サトイモいらないから食べて」なんて・・・本当にマイペースな奴。(^^;

 今年は、ママ不在の年末年始なので、1世帯1鍋の分担となっている豚汁も、お姉ちゃんとの共同作業で作った物です。

 正直、上手に出来たか心配でしたが・・・美味しく出来た様でホッと一安心です。

 

 何はともあれ、今年も新たな年の幕開けです。

 息子にとっては、終わりと始まりの1年となります。

 「なでしこ」にとっては、戦う1年となりそうです。

 どちらも、実りある1年となってくれると嬉しいのですが・・・。



 皆さんにとっても、良い1年となります様に・・・。

 今年も宜しくお願いしま〜す。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
Dr.Dekisugi

トラックバック

コメント

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

 ボアソルチさん、明けましておめでとうございます。

 今年も、昨年以上にこのブログ共々宜しくお願いしますね!

 良い1年となります様に・・・。

 また、気軽にコメント下さいね。
yellow10|2016年01月02日(Sat) 22:23
あけましておめでとうございます。

今年も楽しくおもしろいブログ、楽しみにしてます。
ボアソルチ|2016年01月02日(Sat) 11:01
   
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf