2018年11月07日

シューメーカーの足音/本城雅人

拝啓



「シューメーカーの足音」
天才vs復讐者。


快適と痛みは紙一重。この2つは対極にあると思われがちだが、実は横並びで共存している。痛みから逃れると快適さからも遠ざかる。本物のシューメーカーはリスクを恐れることなく究極の履き心地を目指して一足の靴を作る。痛みのボーダーラインを跨ぐことなく最高の心地良さを実現するのが、S&Cグッドマンの斎藤良一である。


斎藤は、日本の有名セレクトショップ「バークレーズ」の二津木社長と組んで更なる事業拡大を進めていた。その彼の下にある靴の修理依頼が舞い込む。その靴は、斎藤がまだシューメーカーとして駆け出しの頃、日本人の為に作った靴と瓜二つだった。やがて靴の修理を依頼した黒幕が明らかになり、黒幕とのビジネスを舞台にした駆け引きが始まる。


靴職人を主人公にした小説は初めて読んだが、想像以上に面白かった。ミステリーではありながらもビジネス小説の様な意味合いを含み、しかもそのビジネスも靴、更にビスポークである。なかなかお目にかからないジャンルで興味が惹かれた。


構図に関しては、超一流のシューメーカー・斎藤良一に千代田区一番町の修理屋の榎本智哉が、父の復讐を果たそうとするというシンプルさ。とはいえ、その復讐の仕方は殺人ではなく靴。智哉が作った靴で斎藤の靴を打ち負かそうとするもので、舞台はビジネス市場である。市場で勝つ為に斎藤に勝てる靴を作る為に、智哉は全てを捧げ(とはいえ、超一流の斎藤に匹敵する力をどうやって付けたのか疑問は残る)、相棒であるショーンと共に作戦を練る。一方、斎藤はS&Cグッドマンを更なる成功に導く為に秘策を練り、実行に移す。その点からいうと、斎藤vs智哉は、S&Cグッドマンの靴vs榎本靴修理店の靴の代理戦争とも言える。


何より面白いなと感じた所が、斎藤と智哉に対するイメージが最初と最後でガラッと変わってしまうこと。斎藤は天才でありながらも壮絶な努力を積み重ね、自らの夢をS&Cドックマンで実現しようとする野心の塊の様な男だ。一方で、智哉は町の小さな修理屋をやりながら靴を作っているシューメーカーであり、礼節を弁え、真摯にモノづくりに努めている男である。野心と礼節という対極に存在する2人であるが、このイメージががらっと変わるのだ。最後には、求道者の様に靴を作り続ける斎藤の姿に心を惹かれる様になる。


一方で、イメージがガラッと変わらないのが、二津木社長だ。「お前、どの口下げてそんなこと言うんだ」と腹が立つシーンが登場する。ビジネスとは結局売り手が強者であるということを考えざるを得なくなる。善と悪は紙一重であることを痛感させられ、快適と痛みは紙一重であることも痛感させられる。そして、シューメーカーとしてのプライドも痛感させられる。靴に興味が出てきた。



敬具
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村









タグ:本城雅人
posted by kansas at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8274341

この記事へのトラックバック
プロフィール
kansasさんの画像
kansas
読んだ本をアップしてます。
プロフィール
検索
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新トラックバック
最新コメント
オー!ファーザー by kansas (07/02)
オー!ファーザー by かもめ組 (07/01)
チェーン・ポイズン by kansas (06/27)
チェーン・ポイズン by 本が好き!運営担当 (01/20)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
リンク集
リンク集
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
タグクラウド
ダニエル・H・ウィルソン チャールズ・ユウ ホリー・ブラック D・M・ディヴァイン G. ポリア ISSコンサルティング J.D.サリンジャー J.R.R.トールキン Jacques Amano JUNZO Katherine Govier Mr.Children P.G.ウッドハウス R・F・ヤング R・H・ウォータマン Shirley Jackson S☆1制作スタッフ Tobias Wolff T・J・ピーターズ W. W. Jacobs あさのあつこ このは編集部 しんくわ せきしろ みうらじゅん アランナ・ナイト アルベルト・A.マルティネス アンディ・ウィアー アンデシュ・ルースルンド アントニオ・フィンコ アン・クリーヴス アーサー・コナン・ドイル アーネスト・T・シートン イチロー イーディス・ウォートン ウィラ・キャザー ウィリアム・ウォークナー ウラジーミル・メグレ エドガー・アラン・ポー エリザベス・コストヴァ エルネ レンドヴァイ オードリー カサンドラ・クレア カレン・フェラン カーター・ディクスン カーマイン・ガロ キャスリン・バウアーズ キャロル・リーア・ベンジャミン クレイグ・ベンジャミン ケネス・オッペル ケン・リュウ ゲイリー・ハメル コリイ・ドクトロウ サイモン・シン シェイクスピア シャロン・レクター シャーロット・パーキンス・ギルマン ショーニン・マグワイア シンシア・ストークス・ブラウン ジョイス・キャロル・オーツ ジョン・J・ラム ジョン・アダムス ジョン・アップダイク ジョン・アーンスト・スタインベック ジョン・チーヴァー ジーン・ゼラズニー スティーブン・キング スペンサー ジョンソン タナシス・グキオカス チャーリー・ジェーン・アンダース テイラー・ピアソン ディエゴ・シメオネ ディビッド・A・セイン デイビット・セイン デイル・ドーテン デヴィッド・クリスチャン デヴィッド・バー・カートリー トドリス・アンドリオプロス トルーマン・カポーティ ドゥーガル・ディクソン ドナル・オシア ナシーム・ニコラス・タレブ バリー・ライガ バーバラ・N・ホロウィッツ パトリック・レンシオーニ ヒュー・ハウイー ピエール・ルメートル フアン・カルロス・クベイロ フェイ・ケラーマン フラナリー・オコナー フランク・オコナー フランツ・カフカ フリッツ・ライバー フレドゥン・キアンプール ヘスス スアレス ヘニング・マンケル ヘミングウェイ ホセ・カルロス・ソモザ ポール・ポッツ マイク・スチュアート マイケル・サンデル マイディー マリア・V スナイダー マリア・V スナイダー ミゲル・アンヘル・ディアス ミッキー・ニールソン ムロツヨシ ムーギー・キム モリエール モーム リチャード・P.ファインマン リング・ラードナー レイ・ペリー レオノール・ガジャルド ロバート・キヨサキ ロバート・ホワイティング ヴァンサン・デュリュック 七尾与史 七田眞 万城目学 三上延 三井美奈 三島由紀夫 三津田信三 三浦しをん 三浦知良 三谷幸喜 上野健爾 下重暁子 両角長彦 中山七里 中島らも 中島京子 中村俊輔 中村弦 中村文則 中条省平 中田永一 中西哲生 中谷孝雄 中野雅至 乙一 乾ルカ 二階堂黎人 井上堅二 井上靖 京極夏彦 今村昌弘 今森光彦 今邑彩 今野敏 伊園旬 伊坂幸太郎 伊集院静 佐川光晴 佐藤勝彦 佐藤多佳子 保坂和志 保坂隆 倉狩聡 倉知淳 入間人間 内田康夫 内田篤人 円居挽 冲方丁 出口汪 前園真聖 前川裕 前野ウルド浩太郎 北川恵海 北村薫 北林一光 北森鴻 十和田シン 千梨らく 千田琢哉 原京一 原宏一 原田宗典 又吉直樹 古内義明 吉田修一 吉田尚記 吉田麻也 吉野源三郎 名波浩 向井湘吾 向山貴彦 和泉弐式 和田秀樹 坂口安吾 垣根涼介 堀燐太郎 堀紘一 堂本剛 堺雅人 塩田武士 夏目漱石 多田文明 夢野久作 大友博 大崎梢 大嶋祥誉 大槻ケンヂ 大鐘稔彦 太宰治 太田光 太田忠司 太田省一 奥田英朗 宇野功芳 宇野常寛 安久鉄兵(一般社団法人日本唐揚協会会長) 安生正 安部公房 室生犀星 宮下奈都 宮本恒靖 宮沢章夫 宮沢賢治 宮藤官九郎 宮部みゆき 宿野かほる 寺井龍哉 対馬康子 小宮山悟 小宮良之 小寺聡 小嶋陽太郎 小川勝巳 小川洋子 小川糸 小方厚 小松成美 小林雅一 小柴昌俊 小森健太朗 小谷野敦 小飼弾 山崎ナオコーラ 山本弘 山田孝之 山田悠介 山白朝子 岡崎二人 岡崎慎司 岡嶋二人 岡田斗司夫 岡田麿里 岩井圭也 岩木一麻 島田荘司 川上和人 川上未映子 川北義則 川島隆太 川端康成 巽昌章 市川哲也 市村光之 平坂読 平山夢明 平山瑞穂 平林亮子 平野啓一郎 弘兼憲史 志駕晃 恩田陸 成毛眞 我孫子武丸 戸塚 啓 戸瀬信之 手嶋龍一 折原一 新井一 日下ヤスユキ 早見和真 星新一 月尾嘉男 有川浩 有栖川有栖 服部まゆみ 望月拓海 朝井リョウ 朝倉かすみ 木下半太 木内一裕 木村元彦 木村秋則 本城雅人 本多京子 本多孝好 本田健 杉山茂樹 杉浦由美子 村上春樹 村上春樹を読み解く会 村上龍 村田沙耶香 村野あずさ 東川篤哉 東野圭吾 松下幸之助 松井大輔 松井秀喜 松本人志 柳広司 柴田よしき 桂望実 桜坂洋 桜庭一樹 梅原大吾 梶井基次郎 森博嗣 森見登美彦 森鴎外 植田紘栄志 横尾忠則 横山泰行 横山秀夫 横関大 歌野昌午 正田真知 武者利光 武者小路実篤 殊能将之 永松真紀 江國香織 江尻良文 池井戸潤 池田晶子 沢木耕太郎 河野英太郎 法月綸太郎 津田大介 浅田次郎 海堂尊 深水黎一郎 清武英利 渡辺淳一 渡部建 湊かなえ 滝田務雄 澁澤龍彦 澤本嘉光 澤穂希 瀬尾まいこ 瀬那和章 為末大 熊崎敬 燃え殻 片野道郎 牧野ヒデミ 田中孝顕 田中慎弥 田中裕二 田嶋幸三 町田康 白河三兎 百田尚樹 相場英雄 真梨幸子 矢野祥 知念実希人 石井貴士 石原慎太郎 石川拓治 石持浅海 石田スイ 石田衣良 石破茂 砂田弘 神永学 神舘和典 福島光伸 福島良一 福田栄一 秦建日子 稲本潤一担当記者グループ 穂村弘 窪美澄 竹内一正 竹本健治 竹満祥 笹沢佐保 筑紫磐井 筒井康隆 米澤穂信 粟本薫 糸井重里 結城昌治 結城麻里 綾小路亜也 綾辻行人 綾野まさる 緒方俊雄 美しい日本の常識を再発見する会 羽田圭介 羽賀翔一 舞城王太郎 芝山幹郎 芥川龍之介 芦沢央 芳沢光雄 若林正恭 若竹七海 茂木健一郎 草g剛 荻原浩 菅浩江 菊池寛 萱野稔人 落合陽一 葉室麟 葉山透 蒼井上鷹 薬丸岳 藤原伊織 藤崎翔 藤嶋昭 藤本隆宏 藤田薫 藤野英人 藪考樹 西加奈子 西成活裕 西村京太郎 西村和雄 西澤亮一 西澤保彦 西田浩 西部謙司 角田光代 詩歩 誉田哲也 谷川俊太郎 谷川流 豊島ミホ 貫井徳郎 貴志祐介 赤川次郎 車谷長吉 辻村深月 辻真先 逢坂剛 道尾秀介 遠藤保仁 遠藤徹 遠藤武文 適菜収 重松清 野沢尚 金城一紀 鈴木麻純 鎌田浩毅 長友佑都 長岡弘樹 長江俊和 長沼毅 長田庄一 門前典之 開高健 関口雄一 関川夏央 阿部和重 陣野俊史 雀野日名子 雫井脩介 青井夏海 青崎有吾 青木仁志 養老孟司 香納諒一 駒井俊雄 高山れおな 高村薫 高野和明 鳥飼否宇 鷺沢萠 麻耶雄嵩 黒岩祐治 齋藤智裕
カテゴリーアーカイブ
(887)
kansasの本棚 - 2018年12月 (43作品)
バイオレンスアクション 3 (ビッグコミックススペシャル)
バイオレンスアクション 3 (ビッグコミックススペシャル)
-
読了日:12月02日
評価4

バイオレンスアクション 1 (ビッグコミックススペシャル)
バイオレンスアクション 1 (ビッグコミックススペシャル)
-
読了日:12月02日
評価4

バイオレンスアクション 2 (ビッグコミックススペシャル)
バイオレンスアクション 2 (ビッグコミックススペシャル)
-
読了日:12月02日
評価4

ヒポクラテスの憂鬱
ヒポクラテスの憂鬱
中山七里
読了日:12月03日
評価4

美しき凶器 (光文社文庫)
美しき凶器 (光文社文庫)
東野圭吾
読了日:12月03日
評価3

100万の命の上に俺は立っている(1) (講談社コミックス)
100万の命の上に俺は立っている(1) (講談社コミックス)
奈央晃徳
読了日:12月04日
評価2

100万の命の上に俺は立っている(2) (講談社コミックス)
100万の命の上に俺は立っている(2) (講談社コミックス)
奈央晃徳
読了日:12月04日
評価2

DAYS コミック 1-27巻セット
DAYS コミック 1-27巻セット
安田剛士
読了日:12月05日
評価5

女のいない男たち
女のいない男たち
村上春樹
読了日:12月05日
評価4

約束のネバーランド 10 (ジャンプコミックス)
約束のネバーランド 10 (ジャンプコミックス)
出水ぽすか
読了日:12月05日
評価4

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)
夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)
三部けい
読了日:12月06日
評価5

バイオレンスアクション 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)
バイオレンスアクション 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)
-
読了日:12月07日
評価4

レイリ 第4巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
レイリ 第4巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
室井大資岩明均
読了日:12月07日
評価4

ザ・ファブル(15) (ヤンマガKCスペシャル)
ザ・ファブル(15) (ヤンマガKCスペシャル)
南勝久
読了日:12月07日
評価4

ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
田村由美
読了日:12月10日
評価4

ミステリと言う勿れ (2) (フラワーコミックスアルファ)
ミステリと言う勿れ (2) (フラワーコミックスアルファ)
田村由美
読了日:12月10日
評価4

DAYS(28) (講談社コミックス)
DAYS(28) (講談社コミックス)
安田剛士
読了日:12月10日
評価5

ワンパンマン 18 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 18 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:12月10日
評価5

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)
進撃の巨人(27) (講談社コミックス)
諫山創
読了日:12月10日
評価4

終末のワルキューレ 1 (ゼノンコミックス)
終末のワルキューレ 1 (ゼノンコミックス)
アジチカ
読了日:12月11日
評価3

ドアを開けたら
ドアを開けたら
大崎梢
読了日:12月12日
評価3

ORIGIN(7) (ヤンマガKCスペシャル)
ORIGIN(7) (ヤンマガKCスペシャル)
Boichi
読了日:12月15日
評価5

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね コミック 1-6巻セット
今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね コミック 1-6巻セット
榊原宗々
読了日:12月15日
評価3

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(7) (講談社コミックス月刊マガジン)
今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(7) (講談社コミックス月刊マガジン)
榊原宗々
読了日:12月15日
評価2

出版禁止 (新潮文庫)
出版禁止 (新潮文庫)
長江俊和
読了日:12月15日
評価2

フランスの育成はなぜ欧州各国にコピーされるのか―世界最先端フットボール育成バイブル
フランスの育成はなぜ欧州各国にコピーされるのか―世界最先端フットボール育成バイブル
結城麻里
読了日:12月16日
評価5

ぼくらのカプトン 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
ぼくらのカプトン 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
あずまよしお
読了日:12月16日
評価3

シメオネ超効果 リーダーの言葉で今あるチームは強くなる
シメオネ超効果 リーダーの言葉で今あるチームは強くなる
ディエゴ・シメオネ
読了日:12月18日
評価3

BLUE GIANT コミック 全10巻完結セット (ビッグコミックススペシャル)
BLUE GIANT コミック 全10巻完結セット (ビッグコミックススペシャル)
石塚真一
読了日:12月18日
評価5

R帝国
R帝国
中村文則
読了日:12月18日
評価5

ゴールデンカムイ 16 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 16 (ヤングジャンプコミックス)
野田サトル
読了日:12月19日
評価5

終末のワルキューレ 2 (ゼノンコミックス)
終末のワルキューレ 2 (ゼノンコミックス)
アジチカ
読了日:12月20日
評価3

BLUE GIANT SUPREME (1) (ビッグコミックススペシャル)
BLUE GIANT SUPREME (1) (ビッグコミックススペシャル)
石塚真一
読了日:12月21日
評価5

BLUE GIANT SUPREME (4) (ビッグコミックススペシャル)
BLUE GIANT SUPREME (4) (ビッグコミックススペシャル)
石塚真一
読了日:12月21日
評価5

BLUE GIANT SUPREME (3) (ビッグコミックススペシャル)
BLUE GIANT SUPREME (3) (ビッグコミックススペシャル)
石塚真一
読了日:12月21日
評価5

BLUE GIANT SUPREME (2) (ビッグコミックススペシャル)
BLUE GIANT SUPREME (2) (ビッグコミックススペシャル)
石塚真一
読了日:12月21日
評価5

ザ・ファブル(16) (ヤンマガKCスペシャル)
ザ・ファブル(16) (ヤンマガKCスペシャル)
南勝久
読了日:12月22日
評価5

ゴールデンゴールド(5) (モーニング KC)
ゴールデンゴールド(5) (モーニング KC)
堀尾省太
読了日:12月23日
評価4

スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
宮部みゆき
読了日:12月26日
評価3

リアル コミック 1-14巻セット (ヤングジャンプコミックス)
リアル コミック 1-14巻セット (ヤングジャンプコミックス)
井上雄彦
読了日:12月26日
評価4

ボクたちはみんな大人になれなかった (新潮文庫)
ボクたちはみんな大人になれなかった (新潮文庫)
燃え殻
読了日:12月27日
評価2

ブラック・ラグーン (11) (サンデーGXコミックス)
ブラック・ラグーン (11) (サンデーGXコミックス)
広江礼威
読了日:12月31日
評価4

るろうに剣心 ─ 明治剣客浪漫譚 北海道編 ─ 1 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心 ─ 明治剣客浪漫譚 北海道編 ─ 1 (ジャンプコミックス)
和月伸宏
読了日:12月31日
評価3

powered by Booklog