<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
検索
リンク集
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
(781)
kansasyoshiの本棚 - 2018年06月 (29作品)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
清武英利
読了日:06月01日
評価5

約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
出水ぽすか
読了日:06月05日
評価4

イノセント・デイズ (新潮文庫)
イノセント・デイズ (新潮文庫)
早見和真
読了日:06月05日
評価5

ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価4

ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

恋のゴンドラ
恋のゴンドラ
東野圭吾
読了日:06月08日
評価5

本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
土屋周太郎
読了日:06月08日
評価2

図書館革命
図書館革命
有川浩
読了日:06月08日
評価3

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野晶午
読了日:06月12日
評価3

信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井あゆみ
読了日:06月12日
評価5

世界昆虫記 (写真記シリーズ)
世界昆虫記 (写真記シリーズ)
今森光彦
読了日:06月12日
評価5

ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月12日
評価2

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月13日
評価4

テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
橘賢一
読了日:06月14日
評価3

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
さとうふみや
読了日:06月15日
評価3

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
乙一
読了日:06月16日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月17日
評価3

新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
歌野晶午
読了日:06月18日
評価3

サラバ! 下
サラバ! 下
西加奈子
読了日:06月19日
評価5

ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
野田サトル
読了日:06月19日
評価5

男の品格 (PHP文庫)
男の品格 (PHP文庫)
川北義則
読了日:06月24日
評価3

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
高村薫
読了日:06月24日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月25日
評価3

進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
諫山創
読了日:06月25日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月26日
評価3

MM9-destruction-
MM9-destruction-
山本弘
読了日:06月27日
評価3

極道ピンポン
極道ピンポン
遠藤徹
読了日:06月27日
評価2

七福神戦争
七福神戦争
遠藤徹
読了日:06月29日
評価3

powered by Booklog

2018年06月19日

新装版 正月十一日、鏡殺

拝啓



「新装版 正月十一日、鏡殺」
初版の刊行は1996年。


長編が全く書けなくなった頃、代わりに文量が少ない短編を書くことに集中した結果、また創作意欲が湧き出したとのこと。短編のおかげで今があると作者は語っています。新装化にあたり、修正は施していないため、作者当時の若さを感じ取れる。


*結末の後味は悪くない(作者初期作品だからか?)のものは●としてます。後味最悪なのは、★としています。
■盗聴●
浪人生の僕は、教えてもらった盗聴技術を駆使して、「カチカチドリを飛ばす」と話す電話を盗聴する。
■逃亡者 大河内清秀●
2人のコーチ(大河内)が交わる?謎が無いように見えるストーリー。
■猫部屋の亡者
猫好きな彼女と付き合いだした為、プレゼントと称して部屋が猫グッズまみれ。支払いは青年に。いや。速攻で別れろ!と思ったら、、、
■記憶の囚人
記憶の一部を歌で表現されたある殺人事件をめぐる。恐らく実験的に書いてみたものだろうか。
■美神崩壊
出だしからホラー感。。。それも、どシンプルな。
■プラットフォームのカオス
寺岡という悪ガキの事故死。2人の視点から違う真相が現れる。
■正月十一日、鏡殺し★
夫秀和を亡くした妻が姑に憎しみを募らせる。悲しみと放心の合間に覗いた疑問、姑はもう赤の他人ではないだろうか。


前半2編くらいでした。ミステリー感ありながらも、結末が悪くないものは。


作者は、事件を積極的に究明しないもの、謎すらない(ように見える)ものまで書けるようになった萌芽が、本短編集の中にあると書いてます。果たしてそれがどれに当たるのだろう。前者は、事件を積極的に究明しない構成とスタンスだとしたら、逃亡者とかそれに該当しそうだ。


いずれにせよ、初期らしくおどろおどろしいモノが少なく、手を取りやすい。



敬具



タグ:歌野昌午
posted by kansas at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7798046

この記事へのトラックバック
プロフィール
kansasさんの画像
kansas
読んだ本をアップしてます。
プロフィール
最新トラックバック
最新コメント
オー!ファーザー by kansas (07/02)
オー!ファーザー by かもめ組 (07/01)
チェーン・ポイズン by kansas (06/27)
チェーン・ポイズン by 本が好き!運営担当 (01/20)
リンク集
タグクラウド