<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
検索
リンク集
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
(780)
kansasyoshiの本棚 - 2018年06月 (29作品)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
清武英利
読了日:06月01日
評価5

約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
出水ぽすか
読了日:06月05日
評価4

イノセント・デイズ (新潮文庫)
イノセント・デイズ (新潮文庫)
早見和真
読了日:06月05日
評価5

ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価4

ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

恋のゴンドラ
恋のゴンドラ
東野圭吾
読了日:06月08日
評価5

本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
土屋周太郎
読了日:06月08日
評価2

図書館革命
図書館革命
有川浩
読了日:06月08日
評価3

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野晶午
読了日:06月12日
評価3

信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井あゆみ
読了日:06月12日
評価5

世界昆虫記 (写真記シリーズ)
世界昆虫記 (写真記シリーズ)
今森光彦
読了日:06月12日
評価5

ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月12日
評価2

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月13日
評価4

テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
橘賢一
読了日:06月14日
評価3

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
さとうふみや
読了日:06月15日
評価3

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
乙一
読了日:06月16日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月17日
評価3

新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
歌野晶午
読了日:06月18日
評価3

サラバ! 下
サラバ! 下
西加奈子
読了日:06月19日
評価5

ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
野田サトル
読了日:06月19日
評価5

男の品格 (PHP文庫)
男の品格 (PHP文庫)
川北義則
読了日:06月24日
評価3

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
高村薫
読了日:06月24日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月25日
評価3

進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
諫山創
読了日:06月25日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月26日
評価3

MM9-destruction-
MM9-destruction-
山本弘
読了日:06月27日
評価3

極道ピンポン
極道ピンポン
遠藤徹
読了日:06月27日
評価2

七福神戦争
七福神戦争
遠藤徹
読了日:06月29日
評価3

powered by Booklog

2018年06月16日

死にぞこないの青

拝啓



「死にぞこないの青」
マサオの戦いが始まる。


マサオは、ちょっと太り気味で運動は苦手。走るのはクラスで一番遅い。性格は引っ込み思案でクラスのみんなを笑わせることはない。しかし、それは欠点ではない。マサオはとても良い子なのだ。にも関わらず、マサオはいじめの渦に巻き込まれていく。それも、大人の指導者によって。


作者は、基本的に語り手(マサオ)の年齢は関係なく地の文で様々な用語を使用するそうです。その理由は言葉そのものは幼い為に知らなくても、言葉が意味するものは名付けられないまま頭の中に収まっていて思考しているに違いないと考えているから。


例えば、マサオは、先生が自分ばかりを虐める理由をこう結論付ける。自分は“一番下の階層だからだ”と。クラスメイトは、マサオが一番下の階層の人間だから先生に叱られることはない。先生は、クラスメイトの不満はマサオに行くのだから、自分の評判を下げることはない。ここまで考える。そして、最終的に自分はクラスのバランス係だと認識する。飼育係のようにただのクラスの係であり、クラス特有のルールであり、特段悲しむべきことではない。先生に怒られることもクラスメイトが話かけてこないことも当然なんだと理解する。


「一番下の階層」「虐められるのはバランス係のようなものだ」。小学五年生が口にすることはないだろう言葉が、マサオの頭の中で思考されている。マサオは、次第に虐めを当然と思い込むことで、悲しい・悔しいといった感情が薄れていく。このマサオの“いじめられて悔しい。哀しい。何故だ”という気持ちから“自分はバランス係なんだ。仕方がない”という諦めの気持ちに変わっていくところが非常に悲しい。


虐めとは、非常に理不尽だと痛感させられる。しかも理不尽の主犯は、羽田という大人であり、マサオがターゲットにふさわしいと考え、意図的に生贄にすることで、自らの評価を守ろうとする。クラスメイトは、先生の意図に同意することなく、自然といじめに染まっていく。逃げようにも逃げれない。


しかし、マサオは負けないのだ。負けない理由にアオの存在があった。しかし、アオは劇薬であった。「おまえは抜け出さなきゃいけない」というアオと「羽田を殺せ」というアオがいるのだ。


アオの不気味さから最後までホラー一本と思いきや、マサオの強さを見せつける結末がGOODな一冊。



敬具



タグ:乙一
posted by kansas at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7782940

この記事へのトラックバック
プロフィール
kansasさんの画像
kansas
読んだ本をアップしてます。
プロフィール
最新トラックバック
最新コメント
オー!ファーザー by kansas (07/02)
オー!ファーザー by かもめ組 (07/01)
チェーン・ポイズン by kansas (06/27)
チェーン・ポイズン by 本が好き!運営担当 (01/20)
リンク集
タグクラウド