<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
検索
リンク集
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
(781)
kansasyoshiの本棚 - 2018年06月 (29作品)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
清武英利
読了日:06月01日
評価5

約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
出水ぽすか
読了日:06月05日
評価4

イノセント・デイズ (新潮文庫)
イノセント・デイズ (新潮文庫)
早見和真
読了日:06月05日
評価5

ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 13 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価4

ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 14 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)
村田雄介
読了日:06月07日
評価3

恋のゴンドラ
恋のゴンドラ
東野圭吾
読了日:06月08日
評価5

本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
本気で稼ぎたい人のための アフィリエイト大全
土屋周太郎
読了日:06月08日
評価2

図書館革命
図書館革命
有川浩
読了日:06月08日
評価3

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野晶午
読了日:06月12日
評価3

信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 17 (17) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井あゆみ
読了日:06月12日
評価5

世界昆虫記 (写真記シリーズ)
世界昆虫記 (写真記シリーズ)
今森光彦
読了日:06月12日
評価5

ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
ちょっと一杯のはずだったのに (宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月12日
評価2

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
志駕晃
読了日:06月13日
評価4

テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ コミック 1-20巻セット (ヤングジャンプコミックス)
橘賢一
読了日:06月14日
評価3

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
さとうふみや
読了日:06月15日
評価3

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
乙一
読了日:06月16日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月17日
評価3

新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
新装版 正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
歌野晶午
読了日:06月18日
評価3

サラバ! 下
サラバ! 下
西加奈子
読了日:06月19日
評価5

ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
野田サトル
読了日:06月19日
評価5

男の品格 (PHP文庫)
男の品格 (PHP文庫)
川北義則
読了日:06月24日
評価3

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
高村薫
読了日:06月24日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月25日
評価3

進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
進撃の巨人(25) (講談社コミックス)
諫山創
読了日:06月25日
評価3

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)
船津紳平
読了日:06月26日
評価3

MM9-destruction-
MM9-destruction-
山本弘
読了日:06月27日
評価3

極道ピンポン
極道ピンポン
遠藤徹
読了日:06月27日
評価2

七福神戦争
七福神戦争
遠藤徹
読了日:06月29日
評価3

powered by Booklog

2018年06月13日

世界の終わり、あるいは始まり

拝啓



「世界の終わり、あるいは始まり」
東京近郊で連続する誘拐殺人事件。事件が起きた町内に住む富樫修は、ある疑惑に取り憑かれる。小学校6年生の息子・雄介が事件に関わりを持っているのではないかと。


(解説より)
「白球が空から落ちてくる。それは私の未来でもある」という結末の一行は、空から落ちてきたボールに頭を打たれるという可能性を、当然のことながら合意している。雄介は犯人かも知れないし、犯人ではないかもしれない。しかし、主人公には真相を突きとめる術がないのだ(中略)。「世界の終わり、あるいは始まり」は、意外性を演出する探偵小説的な技法を用いているが、探偵小説の枠からは溢れ出してしまう過剰な作品である。探偵小説形式を21世紀的な水準に飛躍させるために、本作のような先鋭的な実験が不可欠であると、恐らく作者は考えたのであろう。



本作の様にどう捉えて良いか判断し難い時、解説ページは有難い。読了後「作者のメッセージ・意図は何だったのか」ピンと来ない場合、上手い具合にそれを教えてくれる、又は理解の浸透を進めてくれる手助けをしてくれるケースがあるからです。


題材はミステリー調。しかし、ミステリーの肝、犯人は雄介なのかそうではないのか、は最後まで解明されません。なるほど、だから“先鋭的な実験”小説ということだろう。


自分の家族には関係ないと思われた誘拐殺人事件が次第に家族に忍び寄っていく中で、修は雄介が一連の事件に関与していると思われる証拠を次々と発見していきます。その過程を経ることで、雄介が犯人であるという疑惑が確信に変わっていきます。そして、事件に関与していることを一切見せない雄介にどう対処すべきか苦悩していきます。そして、自分の人生を棒に振ることなく雄介を救済し且つ妻である秀美と娘の菜穂も不幸にさせない為にはどうすべきか頭の中でシミュレーションを重ねます。


しかし、雄介が本当に犯人だったのかまでは最後まで読んで分からないのです。黒に限りに無く近いグレーのまま「白球が空から落ちてくる。それは私の未来でもある」を迎える。


そして表題「世界の終わり、あるいは始まりなのか」の意味。それは、
・雄介が黒である場合(逮捕のケース)⇒幸せな家族の生活が終焉する。雄介が逮捕されたことで始まる周囲からのバッシング、修の会社の自主退職、菜穂へのいじめ、秀美への母親失格という中傷が始まる
・雄介が黒である場合(黙認のケース)⇒見た目上の幸せは継続するが、それは明るい地獄が始まることを意味する。一方で、父親として一人の人間として何かが終わる
・雄介が白である場合⇒修の雄介への疑惑が終わる。雄介のことを深く知らなかったことから、より息子を知っていく生活(未来)が始まる


ということなのだろうか。世間で起こる悲劇は、自分の家庭では起こらないだろうという感覚が、次第に自分にも悲劇が起きているかも知れないという不安に変わり、その中心に息子がいるかも知れないという恐怖。そして、その恐怖にどう立ち向かうべきか。どう立ち向かえば、その恐怖は何も始まることなく終わるのか。明確な解が見えないという恐怖を描く一冊。



敬具



タグ:歌野昌午
posted by kansas at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7772972

この記事へのトラックバック
プロフィール
kansasさんの画像
kansas
読んだ本をアップしてます。
プロフィール
最新トラックバック
最新コメント
オー!ファーザー by kansas (07/02)
オー!ファーザー by かもめ組 (07/01)
チェーン・ポイズン by kansas (06/27)
チェーン・ポイズン by 本が好き!運営担当 (01/20)
リンク集
タグクラウド