麻雀物語2 〜めざせ!雀ドル決定戦!〜 サントラ【麻雀物語2写真付き】

最新記事
ファン
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年05月05日

自主規制してたスロ部だよ

読んで頂けてる方、本当にありがとうございます

特にというか、釘曲げについての通報経験の記事が、10ヶ月も放置していたのですが
本日のサンケイ新聞掲載を機にしてか、アクセスがえらいこっちゃになっていました

検索で来ていただいた方が非常に多く、やはり釘曲げ 違法、通報等が上位でした
下位に続くところでは通報先や、方法などもお調べの方が多かったように思います
コメントまで頂けていたりで、放置ブログなのにありがたい限りです

タイトルの通り、例の「釘曲げ記事」ですが、掲載後、さまざまな方面の方からお叱りを受けまして
スロ部の更新が出来ない状態になっておりました(笑)

警察の方から、遠まわしに記事を消してほしいと言ったような事も言われましたw
消しませんとちゃんとお断りしてからは警察の方からは何も言われておりませんが
「横暴な態度」と「警察官の職務」としては、ブログどおりのやり取りであったのならば、かならずしも適切な対応ではなかったという部分が引っかかっている様子でした
このような話になってしまったのは、私がそのときの通報時のやり取りを録音していた為なのですが。
記事にする時に、やはり会話内容等は要約そこそこに、書き出したいものですので。
もちろんデーターを公開するなどといった事はしませんがw

もし、このブログを読んで、通報を目論んでる方がいらっしゃいましたら

録音してください。

「録音禁止だ」とか「削除しろ」とか言われますけど。
そんな法ないので。無視してください。

こういう記事を残しておくと、警察官の方々もおいそれと適当な対応がしにくくなってくると思うんですね
通報する側も、準備して通報するようになりますから。

その他、例の通報したホールはコンサルタントが入っていた様子なのですが
そのコンサルの方から、これが原因で俺の仕事が無くなったらどうしてくれるんだ!とか
組合非加入のホールの店長さんから、オーナーがひりついた
組合内での議題に軽くあがってきただ

など等・・・
こういった状況になったのは、「私が通報した人でーす」と近隣店舗にそれとなく情報を漏らしていたのです
もちろん、わざとですw

これは単純に「そういうやつがいる」という認識を持たせたかった事と、スタッフや経営幹部の反応をダイレクトに推し量りたかったという狙いがありました。
ただ通報しただけでは、その通報がどのように広がっていったのか、どう改善されていったのかという、エピローグが私には伝わってこないからです。

結論として、一言で申し上げますと

通報は効果的面です


もし余裕があれば、通報までに必要なやりとり等もまとめた上で記事にして残して置きたいと思います

2015年07月22日

【釘曲げ】 パチンコ屋を通報したらどうなるの? やってみましょう!パート3 スロ部だよ!

受付を経て通されたのは、もちろん生活安全課
警察官の受付態度は、もちろん最悪だ。
このクソ忙しい時期にそんなどうでもいい通報してくるなといわんばかりの態度である。

本来であれば、電話通報のみで十分事足りる案件なのだが、ユーザーも泣き寝入りしてるだけじゃダメ。
然るべき対処をすれば、現状のホールは大きく変わる可能性があるんだよという事を知っていただきたい気持ちもあったので、今回は直接足を向けたのだ。

開口一番に一番に出てきた言葉は非常に刺々しく

「で?どんな用件?」

これである。
常々思うのだが、何故警察官は敬語を使わないのか謎なのである。
第一印象に威圧を持ってくるのは、何の主導権を争っているのだろうか?

「事前に連絡していましたスロ部です。通報内容もすべてお伝えしておりましたが?」
「ああ、まぁ聞いてますけどね。改めてね。話してください」
ここで、一通り釘の曲がり方を説明。

警察官は、腕を組みながら適当に相槌。

「まぁ、事情はわかりました。それでオタクは何?それを我々に通報して、なんか得すんの?」
「得しないと、通報ダメなんですか?」
「それはいいんですけどね。オタクは何?同業者?」
「ホール経営も運営もスタッフもやってませんよ」
「じゃあなんで、警察に着たの?同業者じゃないと来ないでしょ」
「割とどうでもよくないです…?」
「よくね、店同士で通報しあったりするんだよ。匿名でね。はがきとかあるんですよ」※事実である
「それが?」
「そういうのは困るんです」
「警察官が困る、困らないは関係なくないですか?」
「どういう事?」
「だから、それが違法かどうかを確認するだけでしょ?」
「…」
「風適法はおまわりさんの裁量でしょ?釘も」
「そうですね。やっぱり同業者でしょ?」
「基本曲げるなですよね?」
「まぁ、はい」
「新台入替えの時、検査しますでしょ?」
「はい、しますね。オタク何?」
「うん。何って…スロ部?でね、確実にこれは【おおむね真っ直ぐ】じゃないよねっていう場合は、検査通るの?」
「通らないですね。その台の稼動を許可しないのが通例ですね」
「今回のケースは?堂々と営業中ですよ?なんで?」
「それは、オタクが言ってるだけで、違法かどうかわからないですよね?我々は直接見てませんしね」
「うん。目で見て曲がってるから大丈夫。というか、スロ部がダメって言ってるワケでもないですよ?」
「誰が言ってるんです?弁護士ですか?誰です?」
「警察庁保安課と、釘曲げは詐欺とまで古谷課長…今違うとこでしたっけ?」
「…まぁ、はい…」
「例えばですよ?例えば、警察がですよ?入替え検査の時に、ゲージ棒もなにも持ってこない。試打玉100発計らないで、番号だけ見て帰るとかそういうずさんな事ってやってないじゃないですか?」
「はい。そうですね」
「じゃあ、釘を曲げるタイミングって、検査の時は戻して、そのあとまた曲げるっていうのを繰り返してるって事じゃないかなと思うんですよ」
「事実、そういう事案はありますね」
「で、曲がってるのに、警察は指導もなにもしないっていう事はありえるんですか?証拠も台番もわかってるのに…」
「いえ、ちゃんとしますよ。どういう対応したかも、電話で連絡もしています」
「じゃ、これも?」
「そうですね。通報があったという旨でお店に然るべき対応をします」
「よろしくお願いします」



重要なのは、警察の怠慢ではないハズだと確認する事である。
警察は悪くない、店が警察とユーザーを騙しているのだという方向で話をする事が重要である。
尚、完全の匿名でも通報は受け付けなくてはならないので、匿名通報でもそれなりに効果はある。
逆に通報がなければ、全く動かない。
検査では、ゲージなんて見てない。
表止まり発生しても、無視する場合すらあったほどだ。
尚、現在はフロック絞めてたりすると、関東では厳しく怒られる。
そも入賞しない台がある件のホールでは、営業停止を何日かというレベルで厳しいそうだ。

 後日。

担当してもらった警察官から電話で連絡があった。
「お店には適切な対応を行いました」
という内容であった。
個別に報告あるのは、本当はかなりの予想外ではあったが。

 どう対応したのか、ホールに確認しにいくスロ部。

ホールに入ってそれは一目瞭然だった。
当該機種(スロ部が200玉ノー入賞で打ち切ったあれ)赤いPOPで稼動停止中。

その他、事前にある程度直したのだろう。
ものの見事に取説釘になっていた。

結論

通報行為は、ホールに対して非常に有効である。
※変な釘はどんどん通報しましょう。

2015年07月16日

【釘曲げ】 またデキレか? 日遊協、遊技くぎに関する勉強会を都内で開催

月6日、日遊協は遊技くぎに関する勉強会を都内で開催した。

同勉強会は日遊協会員が対象。なぜか資料は用意されず、担当講師からの状況報告と見解が伝えられた。参加者は「(講師からは)一般入賞口への入賞状態について行政からの指摘事項が伝えられるとともに、プレイヤーが入賞状態を体感できる事が重要だろうとの見解が示された」と話す。


気になるキーワードがいくつかある
なぜか資料は用意されず 
一般入賞口への入賞状態について行政からの指摘事項 
プレイヤーが入賞状態を体感できる事が重要だろう


これまでに、当ブログ内でもいくつか触ってきた内容の釘調整に関する事であるが
今回、なかなか過激な見出しにしているが、何故そう捕らえたのか?
上記にあげたキーワードがそれを思わせるのである。

まず、資料が用意されない。
用意できないのである。
もし、こっちが通常の釘(納品状態)で、こっちが勝手にいじくった釘等と比較資料を出していて
万が一にもその資料内容がネット等に公開されてしまうと、日遊協としては、未必の故意を問われる事になる
加えて、平時から常習的に違法行為を繰り返している証拠そのものになってしまう為である事が考えられる。
故に今回は資料を用意しなかった、出来なかったと考えられる。

次に、一般入賞口(ヘソ)の行政指導事項
このレベル以下だと、指摘されますよと。
今の段階で、口裏あわせませしたので、これに準拠してください。
それしてれば、まぁ削れる最大限は削っていいよ。
と言わないまでも、言っているようなもんである。
このあたりのなぁなぁ加減は最悪である。
一切触るなと、指導すべきである。

プレイヤーが入賞状態を体感できる事が重要だろう。
いちいちそういう発言をするということは、現段階において、回らない調整になっている。
とにかく回らんという体感をユーザーが感じているという証明みたいなものである。
加えて、体感できるなら釘曲げていいよと言ってるようなもんである。
前述したが、触るなと指導するべき立場にあるのが、日遊協ではないのか?

こういった、意図的かつユーザーが「わからなければ何してもいい」という発想は、発言は非常に頂けない。

【検定通過情報】 2015年7月 パチスロ

2015/07/15 キングジャックGK         アクロス
2015/07/15 スカイガールズ2RA        高砂電器産業
2015/07/15 めぞん一刻桜の下でF1     オリンピア

すでに情報が出まくっている、スカガ。
オリ平のめぞんは安定かなー
一定の稼動が見込めるタイトルだと思います。

いつまでもふた〜りこ〜のま〜ま〜

小野さんのラブソンが懐かしい。
最近は結構、ヘヴィーな曲調ですよね。
MURAMASAは神曲ですよ。

【検定通過情報】 2015年7月 パチンコ

2015/07/15 CRA甦りぱちんこ〜花満開〜GLA      ソフィア
2015/07/15 CR牙狼魔戒ノ花XX-V              サンセイア-ルアンドディ
2015/07/15 CR春一番 〜こいこい八でありんす〜 M ソフィア
2015/07/15 CR春一番 〜こいこい八でありんす〜 GL ソフィア
2015/07/15 CRミリオンゴッドライジングSA         メーシー
2015/07/15 CRぱちんこ悪魔城ドラキュラSH9 高砂電器産業
2015/07/15 CR牙狼GOLD FENCER XX-X サンセイア-ルアンドディ
2015/07/15 CR甦りぱちんこ〜春夏秋冬〜MA ソフィア
2015/07/15 CRAトキオプレミアムV アムテックス


サンセイのガロ系が二つ、高砂(KPE)のドラキュラに、メーシーのミリゴ。
なかなかの顔ぶれが並んでいますね
ただ、メーシーが・・・。
バッドマンがあれだったので、ちょっと不安

2015年 パチスロ 新規制か?遊技機製造者連絡会、7月15日に記者会見

日電協、日工組、電遊協加盟、及び組合非加盟のパチスロ製造メーカーで構成する回胴式遊技機製造者連絡会は7月15日に記者会見を行い、同日までに射幸性の抑制に向けた、新たな自主的措置を決定したと報告した。

 指示機能(AT)により射幸性、消費金額が過剰となるのを抑えるため、通常遊技中におけるAT(RT、CB含むボーナス除く)での出玉率(設計値)を1未満とするのがその内容。

 分かりやすく言うと、「ATのみでは出玉が増えない」という形になる。現在のAT機能については当局より「実質的に役物ではないか」という疑義が呈されていたといい、これに対して「ATは役物ではなく入賞。だから増えない」と答えた形だ。なお、出玉率に関しては「ボーナス中以外でリプレイ確率が最も低い状態で、成立したボーナス以外の条件装置を最も多い枚数で獲得する」(ボーナスは揃えない)という条件で算出する。

 このため、出玉を増やす機能としてのATは、それ単独ではゲーム性として成立せず、このため当該措置後は実質的に「ATではなく、ART」という形になる。これによる純増枚数の上限は、CBを採用したART特化タイプで約2.3枚になると試算。また、ペナルティが無くなることから前出のスペックでのメダル50枚あたりのゲーム数は40ゲーム程度になるという。

 なお、こうした措置は本年12月1日型式試験申請分より適用。一方、それ以前に申請され、今回の措置の内容を満たさない型式の新台設置は平成28年7月末までとすることも合わせて決められた。



要するに、ゼロボATがダメよという事になるのかな?
もうめんどくせーから、ストック機復活でいいんじゃない?
新基準機にペナなくなるとか、書いてますが、デビルサバイバー・・・実質ペナありますけどね。

なにはともあれ、初代マジハロならOKってことです!

覆面立入速報 本年度第1四半期立入検査店舗数を発表

一般社団法人遊技機産業健全化推進機構は、本年度第1四半期(平成27年4月1〜6月30日)の立入検査店舗数及び検査台数を発表した。

 検査店舗数は603店舗(うち計数機検査が87店舗)で検査遊技機数は7686台(ぱちんこ3650台、回胴式4036台)、検査計数機数は88台(玉64台、メダル24台)となった。

 検査店舗数を月別でみると、4月は215店舗(計数機26店舗含む)、5月は173店舗(計数機20店舗含む)、6月は215店舗(計数機41店舗含む)。昨年の同期と比較すると検査店舗数が約127.2%(昨年度474店舗)、検査遊技機数が約128.9%(昨年度5965台)、検査計数機数が約95.7%(昨年度92台)となり、本年度の目標店舗数の2000店舗を上回るペースで実施している。

 なお、今回の結果には6月から開始した遊技機性能調査の結果は含まれておらず、遊技機性能調査の結果については今後、別途開示していくとのこと。


数字だけみると、それなりに見えるのですが、各都道府県別で見ると、かなりの少数であると言わざるをえない数字ですね。
現在執筆中の、通報してみた記事と同レベルの釘曲げなんかは、探せば各地域に一店舗はありそうですからね

2015年07月12日

サミー「みつあみの神様」を株式会社I.G、東映アニメーション株式会社、株式会社ビラコチャとの4社協同製作

サミーは7月8日、株式会社プロダクション・アイジー、東映アニメーション株式会社、株式会社ビラコチャとの4社協同で、今日マチ子著「みつあみの神様」(集英社刊)の舞台を製作することを発表した。

公式
https://secure.sammy.co.jp/japanese/news/2015/402.html


みつあみの神様 (愛蔵版コミックス)

新品価格
¥1,008から
(2015/7/12 01:36時点)


2015年07月11日

【釘曲げ】 パチンコ屋を通報したらどうなるの? やってみましょう!パート2 スロ部だよ!

前回のあらすじ
駅前のグランドオープン店舗が早々に鬼畜調整を開始
スロ部の知る限り、最速の客飛ばしをやり遂げたホールにて、鬼畜調整の中でも一際委細を放つ台に着席
サンとスリーとかいうメーカーのなんたらマリンである。
200玉をきっちり2分で溶かしたスロ部は、盤面釘の撮影を開始。
撮影開始早々、白シャツにからまれるのであった。

「お客様、いかがなされましたか?」

ホールの責任者だと書かれたネームプレートをスロ部に示しながら、どこか威圧的に声をかけられる。
スロ部は少し驚いていた。
普通、極めて際どい調整や、サービスを展開(口頭でのイベント、設定告知等)を行っているホールであっても、責任者自ら客に絡みに行くなどありえないからである。
警察に通報が入れば、指導や注意の強弱はともかく、一言二言くらいは何かしら言われるものだ。
それなりに面倒なのである。
従って、こういう場面…「あ〜通報されっかなー」というケースににおいては、触れない、語らないがセオリーである。
相手をやる気にさせてはいけないからだ。
責任者を出せと、言われて初めてしぶしぶ赴くものだ。

(レベッカ…恐ろしい子…!)


心の中で、銀河乙女の演出を思い出しながら、白シャツへ釘が異様に曲がっている事を伝える

「私には、曲がっているようには見えませんが?」

返答はコレである。
さすがに呆れてしまった。
仕方が無いので、側を通りかかったおじいさんに、「この釘まっすぐですか?曲がってますか?」と質問してみる。
おじいさんは、「えらい下向きだね。どの台もみーんなこんな感じだ。まわりゃせん」と苦言をもらしつつも曲がっていると答えた。
さらに、何事かと遠巻きに様子を見ているギャラリーにも来てもらい、曲がってるかどうかを確認してもらった。
当然、曲がっているのである。
0.1mmならともかく、2mm近くも下げれば、誰でもわかる事なのである。

改めて、曲がっているようには見えないのか、白シャツへ質問してみる。

「どれですか?どの釘ですか?」

と海外ドラマよろしく、腰をクネクネさせてわざとらしい素振りでわからないフリする白シャツ。
この釘。と指差しして伝えるスロ部。指す部分は6箇所に及んだ。

「あ〜これですね!?あ〜はいはい。ちょっと曲がってますね。」

「ちょっと?」

未だ側にいたおじいさん&ギャラリー&スロ部の反応は同様だった。
白シャツは腕を組みながら、不機嫌そうな顔を一瞬見せ、なんとか取り繕いながら続ける。

「ええまぁ、ちょっと曲がってますけど。それで何か?」
「何か?というか、これなんで曲がってるんです?」
「玉が当たり続けますからね、曲がっちゃうんですよ」
「この特定位置の釘だけが数ミリレベルで…ですか?」
「はい」

この人は地球とは別の物理法則がある世界から来たのかな?と思いつつ
スロ部は更に質問を重ねてみる

「…打ち出しの射速が早くて、最も威力を持った玉があたるブッコミと鎧はなんでドまっすぐなの?」
「…」
「誰叩いたのこの釘、白シャツさん?」
「いえ、わからないです」
「責任者さんですよね?」
「はい」
「これは自然に曲がったと?」
「はい」
「従業員に小泉とかいう超能力者かなんかいますか?マ・ガーレ!とか口癖の」
「いえ、小泉という名前の社員はいませんね…」
「じゃあ、自然に曲がるとかはちょっとムリじゃないですか?」


終始ヘラヘラとした態度でいるスロ部へイラつきもあったのだろう。
もはや不機嫌さを隠そうともしない白シャツ。

「それで貴方は何がしたいんですか?」
「何がしたいというか、釘ってこんなに曲げてもいいんですか?」
「別にいいんじゃないですか?」


この返答にスロ部は声を上げて笑ってしまった。
自分からややこしそうな客に絡みに来て、話をさらにややこしくした結果、この発言である

「ちょっとまって…仮にも責任者がそういう発言しますか」
「警察に言うなら、言えばいいじゃないですか。どこでもやってるじゃないですか」
「もちろん行きますよ?」
「はいどうぞどうぞ」


どこでもやってる。知ってる。
ある程度(概ね真っ直ぐ)の範疇で。
厳密には違法には違いないことではあるが。(未承認変更)

スロ部は、台番と型式のメモを始め、改めて写真撮影を再開した。
そして管轄している警察署へこれから向かう旨を連絡した。
ホールの駐輪場で電話しているところに、再び白シャツが登場した。

「あの、台番とかまで何に使うんですか?」
「警察で通報するとね、毎回聞かれるんです。台番とか機種名とか、曲がってる釘名称とか」
「今から行かれるんですか?」
「じゃなかったら、警察署にアポとりませんけど…」
「あの台ですが、今日は稼動とめて、警察に変更書類だしますんで…」
「どうぞご自由に」
「どうか、お店でいたらない事等もありましたら、この機会に是非、お伺いしたいんですけど…」


『どうせ警察へは行かない。通報しない』と決めてかかってた口のようだ。
騒ぐ客の8割はその通りだ。
だが、今回のスロ部は、それをする為に来ているのである
今更態度を変えて機嫌取りに来たところで、当初の目的は変わらない。
というか、そもそも最初から責任者なんぞ所望していないのである。
当初は黙って通報するスタンスだったのだ。

ホールとして通報は本当に困るのである。
警察とはなぁなぁの検査で済ませている地域がほとんどだが、市民からの通報があったとなれば話は別だ。
立入検査の際、ネチネチやられたりするのである。
結構めんどくさい展開になりがちである。

「何か気づいた時はそのときに遠慮なく言わせていただきます」
「はい、今後ともよろしくお願いします」
「では警察署に行きますので、失礼しますね」
「…」



警察署へるんるんと向かうスロ部だった。

パート3へ続く。
次回は所轄警察署内でのやり取りだよ!

 

【釘曲げ】 パチンコ屋を通報したらどうなるの? やってみましょう!パート1 スロ部だよ! 

舞台になったのは、老舗店舗と入れ替わり、近日にグランドオープンしたホールだった。
近隣には、徒歩圏内で4店舗。
それなりに競合店のひしめく一角だが、当該ホールは駅から徒歩1分という好立地だ。

グランドオープンは、それは当然のようにグランドプロからライター、一般ユーザーが押し寄せ
店舗内はほぼ終日満席の状態で、大盛況だった。
スロットも高設定の挙動を示し、パチンコも高ベースを叩き出していた。
足並みよくスタートをきったホールだったので、地域に根付くものだとばかり思っていた。

数週間後…平日の15時頃、近辺を通り掛かったので様子を拝見。
店内の総客数は、一桁だった。
すごい勢いで客を飛ばしたものだ。

その理由は、すぐに理解できた。
パチンココーナー、全機種全台。
フルマイナス調整であった。
言葉で描写するのが非常に難しいが、端的に述べるなら、台を壊してみましたというようなレベルの調整である。

パチンコユーザーの中で、250玉ベースを盤面を見ただけである程度把握出来るユーザーはそう多くはない。
それは、パチンコ台の釘というのは、基本的に1mm以下の調整しかなく、1mmも釘が動いていたなら、ウヒョとなるレベルだ。
そんな微細な変化を目視のみで見極めるのは至極慣れを必要とするものだ。
加えて、存外デリケートなもので、木枠の水平値や、研磨機から排出された玉の温度、材質、様々な要因でも回転数は変化するため、概ね17くらいかな?18かな?とざっくりのどんぶり勘定でしかわからない。
実際に着席して、打ち出すまではわからないのである。
当然にして、自分の思い通りの結果になるとも限らない。

だが、このホールは、回らないよねと断言できるレベルで釘がひん曲がっているのである。
基本的にヘソは、11.25、左、左下にやや傾き、左右のジャンプ釘は稲穂よろしく頭を垂れている。
(ヘソに玉が乗るので、11.5以下なんてほとんど見ない)
道も角度が変更され、型式検定に真っ向から勝負を挑むような調整だった。
フロックの釘の上に玉が乗ったままの状態の空台さえあったほどだ。

こんなホールを見つけてしまったのなら

被害者になるしかないっ!

意気揚々と、もっとも酷い釘を探すことにした。
一通り、店舗を散策したところで、1円コーナーの某santhなんたらのミラクルなんたらに着席。
間違いない。
こいつは沼だ。

ワープは目視で八の字
逆八はもう釘が盤面より左にコけている為、根元の盤面に小さなヒビが入っている。
道も角度がおかしい。
電チュウへ向かう下釘は・・・2mmくらい下向いている。釘そのものがもうすぐ折れそうだ。
どぶ詰まりの原因候補になりそうなレベルだ。
この機種は高ベース機を意図しているので、下道の死に玉の一部がスタートにつながる台である。
どうしても、スタートさせたくないのだろう。
ヘソは見る必要もないんじゃないのか?と思ったが、クセで一応確認。
間違いなく、一枚目だ!(11.25)うまくタイミングが合えば、乗りそうである。

ここで、再度言っておきたい。
多少のバラつきはあるものの、ほぼ全機種全台がこれである。

そんなこんなで実践開始。
果たして、どれくらい回らないのだろうか。

1円レートなので、ワンプッシュ200玉
きっちり、二分後。
写真撮影を開始。
例え200玉でも、被害者です。
通報した動機は十分でしょう。

回転数?
200玉完走は意図的な右流し以来、初体験でした。

写真撮影を開始してすぐに、白シャツのホール責任者がやって来た。

「お客様、いかがなされましたか?」
パート2へ続くよ!

魔法戦記リリカルなのは Force 高町なのは (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

魔法少女リリカルなのは StrikerS Blu-ray BOX

検索
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。