2020年04月06日

麺工房 きわみや





久々のきわみや。コロナウイルスのおかげで、世の中外出自粛ばかりなので空いているだろうと思ったら意外なほど駐車場に車が。お昼前だというのに店内もそれなりに混んでいました。
ランチセットがオトクですが、それでもずいぶん値上げしたね。肉そぼろご飯とのセットが690円、カレーライスとのセットが790円。値上げはしたけど、それでも他に比べるとまだ安い。前回はカレーライスとのセットはなかったので、今回はそれにしてみました。
セットはラーメンを醤油・塩・ブラックから選べます。今回はブラックで。麺も中華麺、平麺、尾道麺から選べるので、今回は平麺で。
そこそこお客さんが多かったわりには、それほど待たずに着丼。伸びないうちに先ずはラーメンから。平打ちピロピロ麺を求めて今回はあえて平麺にしてみましたが、ちょっとイメージと違いましたね。平打ちでなめらかなのはいいんだけど、幅が広すぎる。説明書きにあるようにきしめんみたい。幅が半分だったら、イメージにピッタリだったのかもしれない。でもしっとりなめらかで、これはこれで美味しい。
トッピングはチャーシュー、メンマ、葱2種類とオーソドックス。チャーシューは肩ロースかな、ホロリと崩れる柔らかさ。
スープは見た目とは裏腹に、全然しょっぱくない。旨味が前面に出ていて、スッキリした感じでとても食べやすい。
カレーはいわゆる家カレー。日本風のドロドロカレーで私の好み。中辛とのことで、それほど辛さは主張してこないけど、セットで食べるには丁度良い辛さ。ご飯とルーのバランスも良く、申し分なし。強いて言うなら、ご飯がちょっと固いかな。米粒が小さく感じたのは品種に依るのか?
麺量がそれほど多くはないのか、セットで食べても食べ過ぎた感じはなく、むしろ丁度いい印象。逆にセットにしなかったら食べ足りないのかな?
メニューも豊富だし、つけ麺のオーダーも多かったので、また違ったメニューも食べてみたいと思います。

クリックをお願いします



IMG_20200406_114754HD (Medium).jpg

IMG_20200406_114656HD (Medium).jpg

IMG_20200406_114430HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:35| (カテゴリなし)

2020年04月03日

中華そば あまの屋





前回訪問した際に、いろいろ変化があったので再訪。
平日のランチタイムは、中華そばと日替わり丼のAセットと、担々麺と小ライスのBセットがあります。しかも担々麺は木金のみ。月水は別な麺メニューになります。あまの屋の担々麺は食べてみたかったので木金狙いで訪問。何度も言っていますが、こちらの親方は元々中華料理店で修行した方なので、中華そばも美味いけど中華料理も美味い。
Bセットの小ライスには、なんとチャーシューまで載ってきます。嬉しい!これで700円。安い!
担々麺はスープはシャバ系。あまり濃厚でコクのあるタイプではありません。辛さも痺れもホドホド。万人向けな仕上がりですが、これはこれで悪くないです。食べやすいし、流行の胡麻感の強い担々麺とは違った独特のテイスト。こういうアプローチもありか?
麺は極細のストレート麺。中華そばと共通かな?極細だけど後半にのびることもなく、最後までツルモチの食感は維持。この麺も、他では似ている店が思いつかない独特の麺だよなぁ。
スタンダードな担々麺なので、肉味噌と葱以外は特にトッピングもなし。麺量は普通だけど極細麺なので重くなく、小ライスとセットで丁度良い感じ。残ったスープをご飯にかけて、サラサラといただきました。
奇をてらわない普通の担々麺なんだけど、美味いなぁ。単品メニューではないのが残念なくらい。
チャーシューが親鶏に変わった中華そばも食べてみたいです。

クリックをお願いします



IMG_20200402_114807HD (Medium).jpg

IMG_20200402_114628HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:20| (カテゴリなし)

2020年04月01日

仙台餃子 かんじ





以前街中を徘徊した時に、夜のみ営業だったはずのこちらのお店がランチ営業も始めた事を知りました。
なかなか餃子を食べる機会もないので行ってみました。カウンターとテーブル席のお店で、それほど広いわけではありません。元が餃子居酒屋形態なので、店の作りもそんな感じ。
最初は餃子定食を食べるつもりだったのですが、メニューを見たら油そばと餃子のセットもあったので、そちらをオーダー。油そばは醤油と塩を選べるそうなので、オーソドックスに醤油。980円。
こちら、連坊にある中華そば屋「かんじ」のセカンドブランド店。名前は同じだけど、基本的にこちらは餃子のお店。中華そばを出さないわけではないけど、夜10時以降に〆ラーメンとして提供されるらしい。
餃子の焼きにそれなりに時間がかかるので、しばらく待って着丼。餃子は5個。薄皮で底はパリッと、表はモチッと、餡はミッチリ。ニンニクを使っていないそうで、そこがちょっと物足りないけど、十分美味しい。ニンニクを使っていない分、ライトな仕上がりで何個でも食べられそうな気になります。
普段、油そばは食べないので、どう評価したら良いかわかりませんが、美味しいです。タレ多めなので、よくかき混ぜていただきます。しょっぱ辛いけど、それほど振りきった感じではなく、比較的オーソドックスで食べやすい。麺はモチモチの中太ストレート麺。タレとの絡みも良いです。トッピングはほぐした鶏肉、葱、あおさ海苔、粉唐辛子、フライドガーリック。よく混ぜるとこれら全てがよく絡んで、スルスルと入っていきます。卓上には餃子用のラー油と酢があるので、これで味変しても良いのでしょうけれど、特に不満もなかったのでそこまで気が回らず食べ終えてしまいました。ラーメン屋ではないから仕方がないのかもしれないけど、箸だけでは混ぜづらいのでレンゲがほしいところです。
スープ付きとのことでしたが、中華スープではなく味噌汁でした。まぁ味噌スープだわな(笑
美味しかったです。また来よう。餃子でビールもいいな。

昼営業11:30〜 夜営業5:30〜

クリックをお願いします



IMG_20200403_114826HD (Medium).jpg

IMG_20200403_114717HD (Medium).jpg

IMG_20200403_113422HD (Medium).jpg

IMG_20200403_113542HD (Medium).jpg

IMG_20200403_113447HD (Medium).jpg

IMG_20200403_113443HD (Medium).jpg

IMG_20200403_113246HD (Medium).jpg

posted by skyline at 21:27| (カテゴリなし)

2020年03月31日

某店

久しぶりに大ハズレを引きました(笑
以前フリーペーパーで紹介されていたお店で、この場所は意外と店が定着しません。とは言え、最初のラーメン屋さんは駐車場が広い他の場所に移って相変わらず大繁盛しているし、次に入ったラーメン屋さんも他に移って今では3号店まで出す人気ぶり。しかしこの2店で運を使い果たしたのか、その後に入るラーメン店はことごとく短命でした。で、現在この店。フリーペーパーの紹介で価格を見た時に、まぁ行くことはないだろうなと思いました。いくら厳選素材を使ってこだわったラーメンでも850円出す気にはなれません。
しかし今日通りかかったら、500円の大きな文字が。推しの一品じゃなくてもサービスメニューとして500円のラーメンを開発したなら、試しに食べてみるのもいいかな、と思って寄ってみました。これがそもそもの間違い。近づいてよく見ると「期間限定」と書いてある。書いてあるけど、これだけ大きな看板を掲げているんだから期間中なんだろう、と思ったらこれも大間違い。
券売機制。500円メニューを探すと、なんと「朝ラー」の文字。当然、券売機には×印。正直、ここで帰るべきでした。でも入ってしまったものは仕方がないので、一応、店の推しであるいしるそばにしました。850円。500円の予定が850円。テンション、ダダ下がり。
以前の店舗同様にカウンターのみ。お冷やはセルフ。店主一人のワンオペ営業。まぁカウンターのみなら、なんとかなるのかな。と思ったのも大間違い。私の前に一人しか客がいないにもかかわらず、着丼まで30分近くかかりました。まさかまさかの展開。この時点ですでに地雷踏んだな、と思ってはいました。海味家も丸竈もワンオペだけど、いくら待っても30分はかからない。しかも2人しか客がいないのに。その後、2組の客が入ってきましたが、いまだに私のオーダーが提供されていないんだから、後の客も相当待たされるんだろうなと気の毒になりました。
着丼。チャーシュー2枚載ってるし、海苔も2枚だし、高いだけあってトッピングはそれなりかな。
いつものようにスープからいただきました。う〜ん、美味いと言えば美味いのか?それよりも、いわゆる「いかにも無化調のテイスト」を強く感じて、またしてもテンションが下がってしまいました。まぁ、これが店のコンセプトなんだろうな。
麺はオーダーの際に細麺か太麺か訊かれるので細麺を選びました。が、ニチャっとした食感の歯に粘り着くような麺。自家製麺ではなく、麺屋さんにオーダーして作ってもらっているそうですが、これはどうなの?麺量も、必ずしも多いとは言えず。と言うか、この麺だったらそんなにたくさん食べたいとは思わないや。
チャーシューは低温調理っぽいのと、炙りチャーシューと2種類。これがね、へんなフレーバーが付いてる。普通に醤油ダレで仕込んだチャーシューじゃない。チャーシューのものかスープのものかわからないけど、なんか香辛料のテイストを感じます。これがすごーく不思議で、全然味もイメージもまとまらない。
スープにしてもチャーシューにしても、香辛料やハーブの様々なテイストが混ざり合って、統一性のない、とりとめない印象しか受けません。トドメは柚子ピールです。香辛料ごちゃ混ぜの中に、さらに柚子、混迷の極み。
この独特な味わいと香りにハマる人もいるのかもしれませんが、私は完全に「かけ算の失敗」だと思います。良いと思う食材を積み重ねれば良いというものではありません。何事も統一性があってこそ方向性が決まるのです。正直な話し「これは酷い」と思いました。いくら頭が良くなる成分が入っているとしても、無化調にこだわったとしても、良薬口に苦しじゃないんだから、もうちょっとラーメンというモノを意識してはいただけなかったのか?
卓上に岩塩と昆布酢があったので、これで味を変えて食べました。岩塩を加えるとマシになったので、基本的に塩分少なすぎなんでしょうね。
850円は高い授業料でした。二度と行きません。

IMG_20200331_115838HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:04| (カテゴリなし)

2020年03月30日

拉麺 そらたつ





仙台市宮城野区は出花にある純すみインスパイアのお店。集合商業施設なので駐車場は広いし11:00から開いているのもいい。
券売機制。味噌ラーメンとチャーハンは食べたので、醤油にするか塩にするか迷って、開店当初はマスクしてあった塩にしました。780円。
ネットの噂では知名度を上げて繁盛店になったと聞いていたけど、それほどでもないなと思ったのも束の間、ラーメンを待っている間に続々入店があり、お昼前ですでに8割の入り。やっぱり人気店になっていたのか。
生姜を追加できるというのでお願いしました。
着丼。生姜はチャーシューの上に載せてあり、生姜なしバージョンと生姜ありバージョンを楽しめるように工夫されています。こういう気遣いは嬉しい。
麺はウエーブのかかった黄色い中太麺。麺は共通かな。モチモチの食感で美味しい。
スープは純すみ系との事だったのでオイリーで味が濃いのを想像していたけど、意外とあっさり。スープの色は濃いけど、味わいは上品。清湯でこそないけど、テイストは清湯に近いと言ってもいい。これは意外でした。かなり食べやすい。生姜と混ぜると、素直に生姜のテイストがプラスされる感じ。劇的な変化こそないものの、生姜なしでもありでも美味しい。
トッピングはチャーシュー、メンマ、葱、モヤシ。モヤシは軽く炒めてあるのかな、炒め野菜と言うよりも炒めモヤシですね。量は少なめ。チャーシューは肩ロースかな、ホロホロの食感で2枚載るのは嬉しい。
もっとガツンとした塩が出てくるかと思ったら意外と優しい味わいでした。でも十分に美味しいし、満足しました。麺量はもうちょっと多くても良いかな。サイドメニューを頼んでみるか?

11:00〜 火曜定休

クリックをお願いします



IMG_20200330_110743HD (Medium).jpg

IMG_20200330_110218HD (Medium).jpg

IMG_20200330_110157HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:55| (カテゴリなし)

2020年03月28日

阿部支店





赤倉温泉にあるラーメン屋さん。鳴子温泉の情報を提供してくれるブロガーさんの記事で知りました。赤倉温泉は鳴子温泉郷のちょい先。山形県ですが、鳴子からはそれほど遠くないので行ってみました。
店主のワンオペなので時間がかかるのは仕方がないとのこと。また結構な人気店で、行列になる事もあるらしいとのこと。覚悟して行きましたが、行列はなし。相席必至との事ですが、テーブルが空いていたので待つことなく座れました。その後、お客さんが来て相席にはなりましたが。駐車場は向いの赤倉温泉駅が利用可能とのことでしたので、そちらに駐めました。
行列にはなっていなかったけど、やっぱり提供までは時間がかかりましたね。
事前情報ではラーメン500円、チャーシュー麺650円でしたが、それぞれ100円ずつ値上げしていました。それでもラーメン600円は破格。仙台でも探せばまだ600円の店はありますが、だいぶ減りました。そこにもってきてチャーシュー麺750円は安いな。800円オーバーが普通だもんな。ブログの記事にもあったので、チャーシュー麺をいただきました。
麺は平打ちの太麺。結構厚みがあるので、私が探し求めている平打ちピロピロ麺ではないのが残念。でもモッチリした食感で美味しい。
スープは結構あっさりした感じだけど、物足りなさもなく文句なく美味しい。私の拙い舌ではわからないけど、魚介系と豚骨系だろうか?昔ながらの清湯系で中華そばにはこれだよね、って感じ。
トッピングは鉄板の海苔、メンマ、チャーシュー、葱、ナルト。チャーシューは炙ってあるのが4枚。巻かないバラ肉。ホロホロ。炙ってあるから香ばしいし、柔らかい。至福、至福。
都市部の強気な価格設定のラーメンも、確かに美味しい。美味しいかもしれない。でも、僻地の昔ながらの安っすい中華そばも負けないくらい美味かったりする。私としては、後者を応援したいです。

クリックをお願いします




IMG_20200328_120911HD (Medium).jpg

IMG_20200328_115042HD (Medium).jpg

IMG_20200328_114914HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:57| (カテゴリなし)

2020年03月27日

とんこつらあめん 楽 泉店





何年ぶり?と言うか何十年ぶり?
子供達が小さかった頃、まだ家族仲が良かった頃、みんなでよく行ってたなぁ。何故か子供達はここのラーメンが好きだったなぁ、と思い出して久々に行ってみた。
この直後くらいにラーメンの食べ歩きにハマって、いろいろのお店に行くようになって、楽にはあまり行かなくなった。子供達に「行きたい!」とせがまれるから行くようなもんで。理由は、言わずもがな。
ノスタルジーで行ってみたけど、やはり印象は同じかな。
スープは茶色がかっていて、見た感じは濃厚そうなんだけど、とてもあっさりした食べやすいトンコツスープ。濃度もそれほどでもなく、本格的なそれを求めると物足りない。
麺は極細ストレート麺だけど、ザックリした食感の白い博多麺ではなく、黄色がかった中華麺。確かに固めの茹で上がりではあるけれど、博多麺の食感ではない。麺量は少なめで、替え玉で対応するのは九州系トンコツラーメンと一緒。
トッピングは九州系のトンコツラーメンを踏襲しているのか葱、チャーシュー、胡麻、海苔。ただしキクラゲはない。煮玉子はクーポンでトッピングしたもの。チャーシューは薄切りにした角煮って感じ。これがこの店の特徴とも言えるのかな。
卓上調味料は胡椒と紅ショウガと辛味噌。タレ・酢・ラー油は餃子用かな?ニンニク、辛子高菜はなし。正直、拍子抜け。
サービスとして壷漬けのキムチが壷毎提供される。
ミニ丼と組み合わせたランチメニューも豊富。今回はラーメン730円+替え玉半玉80円。フルサイズの替え玉が160円なので良心的と思いきや、考えてみれば替え玉が160円とか高すぎる。
残念ながらノスタルジーに浸るいとまもなく、やっぱり「なんちゃってトンコツラーメン」かぁ、という肩すかし感は否めない。
豊満な女性グループがランチセットをむさぼり食っているのを見ると、つい心の中で「ブ○が○タを食ってるwww」といつものように呟いて嗤ってしまう。ホント、失礼なヤツだよなぁ(笑

クリックをお願いします



IMG_20200327_110901HD (Medium).jpg

IMG_20200327_110023HD (Medium).jpg

IMG_20200327_105848HD (Medium).jpg

posted by skyline at 20:58| (カテゴリなし)

2020年03月25日

らぁ麺屋 09。





失敗して商品としては出せない形の崩れた煮玉子とは言え、毎度サービスしていただくのは恐縮なので行きづらい一方で、サービスしてもらってるのに行かないのは義理を欠くという思いもあり、葛藤しつつもまたしても09。
11:00からオープンしており、早い時間は比較的空いています。
券売機制。今回はアゴ出汁中華を醤油で。730円。それとしっかり食べたい気分だったので、親鶏飯ミニ。150円。ミニ丼付けても880円。最近やたらラーメンが高くなっているから、このお値段はお得感を感じます。
ラーメンもミニ丼も、ビジュアル的には前回と変化なし。ラーメンに関しては、前回はアゴ出汁の主張を強く感じましたが、今回は全体のバランスが良くなった感じがします。もちろんアゴ出汁はしっかり感じるのですが、アゴ出汁のみが前面に出るのではなくスープとして融和した印象。固めに茹でられたツルモチ系のストレート細麺も健在。ミニ丼もスープで炊きました感が強くなって、より美味しくなっています。
しっかり進化していますね。今後が楽しみです。

11:00〜 月曜定休

クリックをお願いします



IMG_20200324_110950HD (Medium).jpg

IMG_20200324_110933HD (Medium).jpg

IMG_20200324_110429HD (Medium).jpg

posted by skyline at 19:22| (カテゴリなし)

2020年03月24日

麺屋 恵比寿





すさまじく久しぶりに恵比寿。何故行こうと思ったのかというと、あの幅広のつけ麺を食べてみたいと思ったから。東仙台の翔で食べたけど美味しかったので、幅広麺を使ったつけ麺の元祖とも言える恵比寿でも食べてみたいと思っていました。
以前は週末限定とか、何かとハードルが高かったんだけど最近は数量限定で毎日提供しているらしい。こちらも11:00からオープンしているので早めに行けば食べれるだろうと思って行ってみました。
券売機制。幅広麺が載るのは恵比寿つけ麺らしい。990円。高ぇ〜。まぁ全部載せみたいなもんだからお値段が高いのは仕方がない。熱盛りと冷や盛りを選べるとのこと。個人的には熱盛り派なんだけどお勧めは冷や盛りとのことなので、冷や盛りで。ちなみに熱い冷たいは麺のことで、つけダレは温かいのが出てきます。
着丼。トッピングのボリュームに驚きます。チャーシュー4枚、海苔2枚、煮玉子、メンマ、ナルト、葱。チャーシューは肩ロースですね。海苔は固い系で私の好きなタイプではなかったな。煮玉子が秀逸で、燻玉なのかな?香ばしくて美味しい。
つけダレは魚介系トンコツ醤油?鰹節粉がガッチリ効いている、一昔前に流行ったつけ麺の王道。シャバ系で私が好きなタイプではないけど、久しぶりに食べると美味しく感じますね。
念願の幅広麺は、しなやかで柔らかくて美味しい。期待を裏切らない食感でした。
本来の麺の方は不規則な捻れの入ったモチモチ麺。弾力があって、これも美味しい。
つけ麺だから麺量は多め。そしてつけ麺の宿命で、だんだんつけダレはぬるくなるし薄くなっていきます。これがイマイチなんだよなぁ、個人的に。
次々にお客さんが入って忙しそうだし、スープ割りを頼むのはやめておこうかなとも思ったんだけど、せっかくなのでお願いしてみたら、嬉しいサプライズ。スープ割りだけでなく海苔1枚と端切れチャーシューを入れて帰してくれました。スープ割りも美味い!お得感もあるし、つけ麺は是非スープ割りをお願いすべきですね。
最初はお客さんも少なくて、一頃の混雑も落ち着いたのかなと思ったんだけど、帰る頃にはほぼ満席の賑わいぶり。相変わらずの人気店でした。

11:00〜 月曜定休

クリックをお願いします



IMG_20200325_120344HD (Medium).jpg

IMG_20200325_120327HD (Medium).jpg

IMG_20200325_121822HD (Medium).jpg

IMG_20200325_114915HD (Medium).jpg

posted by skyline at 20:26| (カテゴリなし)

2020年03月21日

仙臺 くろく





らーめんくろくがいつのまにか仙臺くろくになっていました。定禅寺通り店ができたのをきっかけに改名したようです。本店にしても定禅寺通り店にしても、ずいぶんと気負った名前にしたもんだなぁという気がしないでもありません。
くろくはオープン当初から行っていましたし、その変遷も知っているので。
醤油を「黒」、塩を「白」と言っていた時代に、あまり良い思い出がないので、ほとんど興味がありませんし、滅多に行くこともありません。ただ、味噌ラーメンだけは美味しかった。なので、期間限定で味噌ラーメンを出す時は行くようにしていたのですが、いかんせん基本的に興味がないので情報収集を怠っていました。冬季限定で味噌ラーメンを出していたとは!
慌てて行ってみたら、なんと週末限定で出していた味噌ラーメンの辛味噌バージョンがまだ提供されていました。くろくの週末限定は、週末の夜に提供され、その夜のうちに完売することがほとんど。翌々日まで残っていることは滅多にありません。辛味噌が不人気だったのか、それとも提供杯数が多かったのか?ファンとしては後者であることを祈りたい(笑
券売機制。900円。
券売機も、しばらく来ないうちに液晶タッチパネルになっていました。時代の流れに取り残されているなぁ(笑
早めに行ったので着席はできたのですが、その後、あっと言う間に満席に。提供までも時間がかかりました。
すごーく久しぶりなんだけど、基本コンセプトは昔のくろくのまま。板メンマも、細くてしっかり熱の通ったモヤシも、記憶のとおり。
スープ、凄い濃厚。だけど、くどさはなく嫌味もない。辛さはおろし生姜もトッピングされているけど、単純に唐辛子系の辛さではなく、香辛料を駆使したスパイシー系。ここらへんの工夫もくろくらしい。
麺はモッチリした太麺。スープやトッピングとの相性も良いし、麺自体が美味い。麺量は普通だけど、満足感は高いです。
濃厚なのに、ほぼほぼスープを飲んでしまいました。そして濃厚なのに、夕方になっても胃もたれしませんでした。絶対に来ると覚悟してたんだけど。
相変わらず人気のお店なので、レギュラーメニューも食べてみようかなとは思うのですが・・・。醤油も塩も、少しは変わったのでしょうか?いずれにしても満席になるくらいの人気店なのですから、大衆に受け入れられる美味しさなんでしょうね。美味しさなんでしょうね?

11:30〜 月曜定休

クリックをお願いします


IMG_20200321_115153HD (Medium).jpg

IMG_20200321_113715HD (Medium).jpg


posted by skyline at 21:18| (カテゴリなし)
検索
最新記事
月別アーカイブ
2020年04月(3)
2020年03月(15)
2020年02月(14)
2020年01月(12)
2019年12月(13)
2019年11月(11)
2019年10月(15)
2019年09月(13)
2019年08月(13)
2019年07月(14)
2019年06月(10)
2019年05月(13)
2019年04月(13)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(12)
2018年12月(12)
2018年11月(11)
2018年10月(14)
2018年09月(13)
2018年08月(15)
2018年07月(13)
2018年06月(19)
2018年05月(22)
2018年04月(20)
2018年03月(17)
2018年02月(19)
2018年01月(20)
2017年12月(24)
2017年11月(23)
2017年10月(24)
2017年09月(20)
2016年09月(16)
2016年08月(10)
2016年07月(17)
2016年06月(14)
2016年05月(13)
2016年04月(14)
2016年03月(14)
2016年02月(13)
2016年01月(12)
2015年12月(15)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(12)
2015年08月(14)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(12)
2015年04月(15)
2015年03月(18)
2015年02月(16)
2015年01月(17)
2014年12月(16)
2014年11月(13)
2014年10月(16)
2014年09月(9)
2014年08月(11)
2014年07月(13)
2014年06月(11)
2014年05月(12)
2014年04月(14)
2014年03月(10)
2014年02月(9)
2014年01月(13)
2013年12月(10)
2013年11月(10)
2013年10月(12)
2013年09月(11)
2013年08月(7)
2013年07月(14)
2013年06月(11)
2013年05月(13)
2013年04月(10)
2013年03月(12)
2013年02月(10)
2013年01月(14)
2012年12月(9)
2012年11月(16)
2012年10月(12)
2012年09月(10)
2012年08月(8)
2012年07月(8)
2012年06月(13)
2012年05月(12)
2012年04月(8)
2012年03月(11)
2012年02月(15)
2012年01月(11)
2011年12月(8)
2011年11月(17)
2011年10月(11)
2011年09月(12)
2011年08月(9)
2011年07月(7)
2011年06月(10)
2011年05月(6)
2011年04月(8)
2011年03月(5)
2011年02月(10)