広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG


 

ハロウィン・カード

HAPPY HALLOWEEN !!

アラスカのシロイルカ絶滅危惧種に

アラスカのシロイルカを絶滅危惧種に
米海洋大気局(NOAA)は17日、アラスカのクック湾に生息するシロイルカを絶滅危惧種に指定した。
指定は共和党の副大統領候補に指名されているサラ・ペイリン・アラスカ州知事の反対で半年間、
延期されていた。同知事は、内務省が決めたホッキョクグマの絶滅危惧種指定にも反対しており、
環境保護に対する消極姿勢が改めて際立つ格好となった。
シロイルカは北極圏に広く分布するが、同湾に生息する孤立した集団は乱獲で約100年前に半減、
禁猟後も300頭前後のまま、回復していない。AP通信によると、指定により、沖合いでの石油掘削、
港湾拡張など開発計画への影響が想定され、同知事は「指定は時期尚早」と反発している。
ペイリン知事は、ホッキョクグマの絶滅危惧種指定について、「地球温暖化自体も、そのクマへの影響も確かでない」と主張し、内務省を提訴中。

以上、2008年10月18日読売新聞より引用。


アラスカ州の知事がこんなんではアラスカの自然はどうなってしまうことやらだ。
しかもその知事が副大統領候補に指名されているサラ・ペイリンさん。
アラスカの広大な自然・動物を大切にしないような人間が知事をやっているというのもなんだが、その人が副大統領候補に上がるとは恐ろしい。
誰がどう考えたって地球温暖化は起きている上に温暖化の影響で極地の氷が解け始め、ホッキョクグマなどの生物が絶滅に危機にさらされているのは目に見えてのことだ。特に極地に近いアラスカで暮らしていれば、温暖化現象を肌身で感じているはずだ。米国内で起きている干ばつやハリケーンだけでも明らかに地球がおかしくなっていると思える現象だろう。
アル・ゴア著『不都合な真実』では、アラスカ州ホーマー近辺でトウヒがキクイムシにやられ枯れてしまった写真が載っている。ペイリンさんは知事としてこれを間近で見ているだろうに。石油掘削、港湾拡張なんてものは今すぐにしなくても生きていける。しかし、シロイルカもホッキョクグマも今何とかしなければ絶滅してしまう。内務省を提訴している場合じゃあない。経済的利益ばかり考えずに、一地球人として地球上で起きていることに目を向けて欲しい。
地球は人間だけではやっていけないのだから。

ジュゴン保護 勧告:IUCN

ジュゴンの保護 勧告
国際自然保護連合(IUCN)は14日、スペイン・バルセロナで開催中の総会で、沖縄の米軍普天間飛行場の移転予定地(名護市・辺野古沖)に生息しているジュゴンの保護についての勧告案を賛成多数で採択した。
勧告案は、ジュゴンが生息するすべての国に、「移動性野生動物種の保全に関する条約」(ボン条約)のジュゴン保護に関する覚書への参加を促すとともに、日米両国に対し、日本政府が行なっている飛行場移転に関する環境影響評価を米国と共同で実施し、ジュゴンへの有害な影響を最小限にする行動計画案を作成するよう求めている。
勧告案は日本国内の六つの自然保護団体が提出。ジュゴンに関する同連合の勧告は3度目だが、ジュゴン単独では初めて。

以上、2008年10月15日読売新聞より引用。


ジュゴンは海外の動物というイメージがあったのに、ぎりぎり沖縄の海にも生息しているということを、この記事で知った。図鑑で眺めていたのに、生息地域は意外と覚えていないものだ。
ジュゴンはとても穏やかな顔をしていて口元が愛らしい、体は大きくとも慈愛に満ちた感じの生き物だ。
以前観た番組では、たしかオーストラリアだったと思うが、ネットに絡まってしまったり、ボートのスクリューに巻き込まれる事故で、生息数が減少していると言っていた。藻場も減少傾向にあるので、ジュゴン受難は続いている。
そして今度は飛行場移転の問題。どう考えても無害とはゆかないはずだから、ますますジュゴンは暮らし難い状況になるのだろう。
海の中で穏やかにのんびり生息しているだけなのに、なんだか可哀相だ。


IUCN Red List Ver.3.1(2001):VULNERABLE
ワシントン条約付属書I類
[日本]
環境省レッドリスト:絶滅危惧IA類(CR)
国指定天然記念物(1972年)
[中国]
国家一級重点保護野生動物

IUCN最新レッドリスト

哺乳類の4分の1「絶滅危惧種」に
各国政府や環境保護団体などで構成する国際自然保護連合(IUCN)が作成した最新の「絶滅の恐れのある生物リスト」(レッドリスト)が6日、スペイン・バルセロナで開催中のIUCN総会で発表された。
今回改めて調査した哺乳類は、地球上で知られる約4分の1が絶滅の恐れがあり、動植物全体では調査した4万4838種のうち1万6928種が絶滅危惧種とされた。
IUCNは野生生物の絶滅の危機レベルを定期的に調査しているが、哺乳類の調査は1996年依頼12年ぶりで、海洋哺乳類の調査は初めて。
□名護、石垣のアオサンゴも
リストには、日本の動植物309種が掲載された。新たにリスト入りしたものの中には、沖縄県名護市の大浦湾や石垣島で大群落が確認されているアオサンゴがある。大浦湾にアオサンゴは昨年、米軍普天間飛行場の代替施設予定地からわずか4キロメートルの地点で約1000平方メートルに及ぶ大群落が発見されたばかりだった。
哺乳類全体では1500年以降に世界で確認された5487種を対象に調査した結果、少なくとも76種が絶滅、
1141種を絶滅危惧種として掲載した。

以上、2008年10月7日読売新聞より引用。

「地球上で知られる約4分の1が絶滅の恐れがある」、「1万6928種が絶滅危惧種」とはなんとも恐ろしいはなしだ。人間が地球に与えた影響で絶滅にいたるということがいちばんの原因ではあるのだろうが、影響がない状況だったならば現在どのくらいの哺乳類が淘汰されていたのだろう、と考えてしまう。海洋哺乳類がこれまで調査対象になっていなかったのは、詳細を調べようがなかったということなのか。リョコウバトのように人間が乱獲したことで絶滅したというような種はさすがに今後あらわれないのだろうが、環境破壊・汚染から絶滅してしまう種はあとを絶たないだろう。
これからは「絶滅危惧種を保護しよう」と躍起になるよりも、「環境を早急に元に戻す」ことに力を入れるのが最善なのではないかと思う。人間の暮らし方を見直すときだ。

バイオスフィア2


「ミニ地球」は実験室  アリゾナ大 閉鎖空間 環境調査に活用
米南西部、アリゾナ州第2の都市トゥーソンから、車で北へ約45分。赤茶けた岩の目立つ砂漠地帯のオラクルに、「バイオスフィア2(*)」は横たわっていた。温室と気圧調整ドーム。居住棟などを連結した面積約1.3ヘクタールの巨大空間だ。完成から17年たったが、ガラス張りの温室は強い日差しを受けて、今もまぶしい輝きを放つ。
バイオスフィア2は1990年代、外部から遮断した閉鎖空間で自給自足の生活を目指す実験を行なった巨大施設だ。閉鎖環境実験の代名詞ともなった有名な施設はその後、資金難も伝えられていたが、訪ねてみると、アリゾナ大学で新たな活用に踏み出していた。
 
有名な実験は、91年9月から2年間、8人の科学者が滞在して行なわれた。バイオスフィア2の中に閉じこもって農耕や畜産、養殖などを行い、外部から酸素や食料など一切の供給を受けずに自活する――。そんな「ミニ地球」が実現可能かどうかを探る計画だったが、酸素不足など思わぬトラブルが続発し、当初の目的はすぐに断念した。
その後、2003年までコロンビア大学が研究と教育に利用したが、閉鎖空間を一定の環境に保つための維持費は高く、昨年には宅地として再開発される計画が浮上した。結局は、資産家から3000万ドル(約31億円)の寄付を得てアリゾナ大が昨年7月、運営を引き継いだ。「閉鎖環境」をいう建設以来の看板に代わり、新たに掲げる看板は「地球環境の実験室」だ。
生物が地球環境の変化にどう反応するかを調べるためには、通常、小さな実験室で温度や湿度などの条件を変えて観察する。しかし、本当に知りたい現実の自然は実験室よりはるかに規模が大きく、実験室では再現できない様々な要因が複雑に絡み合う。もちろん、思い通りの実験条件など設定できない。「その二つの間を埋めるのが、ここでの実験です。実際の生態系に近い規模で、温度や湿度といった環境を制御して実験ができるんです」。広報チームを率いるマット・アダムソンさんが説明する。
 
かつての閉鎖環境実験で食糧を得るために使われていた農耕用温室は、新たな実験に向けて改造されている。全体を傾斜地にして、裸地、草地、低木林の3区画に分け、ここに降った雨が地表面や地中を動く様子は、植生によってどう変わるのかを調べる試みだ。施設の規模をフルに生かしたこの実験は、来年から始まる。
熱帯雨林の大温室では、地球の温暖化や乾燥化によって南米アマゾンの生態系にどのような影響が及ぶのかを実験している。アダムソンさんは「時間と費用をかけてアマゾンへ行く苦労をしなくても、ここで研究できる意義は大きい」と語る。
一方、こうした研究現場を有料で公開し、市民が生の科学に触れる機会を増やすことも、アリゾナ大は運営の重要な柱に据えている。実験中の研究者は、その仕事の内容や意義を見学者に熱心に説明してくれる。
見学者の目を引きつけるのは、やはり、生物を含む地球の環境を再現した数々の巨大設備だ。小川が流れる熱帯雨林。サボテンが広がる砂漠。魚たちがすむ海。砂浜に立つと、温室内のどこかで行なっている作業の音が砕ける波の響きにも聞こえてきて、ここが室内であることを忘れてしまう。
「日本からもたくさん、見学に来てくれないかな」とアダムソンさん。アリゾナ大に運営が移って最初の1年が5万〜6万人だった見学者を、年間10万〜14万人に倍増しようと意気込んでいる。

(*)バイオスフィア2
密閉した空間で物質を循環させ、外部からエネルギー以外の供給を受けず、完全な自給自足で生活することを目指した施設。地球そのものに次ぐ第2の生物圏(バイオスフィア)という意味で名付けられた。内部の容積は約20万立方メートル。スペース・バイオスフィアズ・ベンチャー社が始めた1991〜93年の居住実験では、建物のコンクリートが二酸化炭素を吸ってしまうなど、予期せぬトラブルが相次いだ。宇宙と物質のやりとりをほとんどせず、自立的に営まれる地球の生態系が、いかに複雑で模倣しがたいのかを示す結果となった。


以上、2008年10月6日読売新聞より引用。


アメリカは広いけれど、こんな実験をする場所もあるのかと驚いてしまう。資産家が3000万ドルをポンと寄付してしまうところもすごい。。。バイオスフィアについても初めて知った。何となくSFの世界だ。ガンダムのコロニーみたい。
この空間の中でいろいろとミニ地球を再現して実験しているのもすごい、が、やはり地球の自然環境を人工で再現しようというのは、コロニーを作ることができないのと同様で無理が出てくるもののようだ。現実との規模の差があるにせよ、閉鎖空間で太陽光(紫外線)を取り入れられないことは地球を再現するのには難しい話しだ。
紫外線がなかったら、地球の生き物はここまで進化しなかったということが如実に分かる。偶然が偶然を呼んでできたのかもしれない地球はすごい。
熱帯雨林の温室実験は現場に行かずともできるなんて、予防接種だとか色々なこともなく、現場の自然も荒らすこともなく、で良いことづくめに思ってしまう。
熱帯雨林も砂漠のサボテンも本物を見たことがないので一度見に行きたい。研究者の説明も聴いてみたい。
でもアリゾナは遠い。。。

北極海の氷「体積最小」


北極海の水「体積最小」 面積は2番目   米研究者 
米国立雪氷データセンターは2日、北極海を覆う氷が今年、観測史上晩目に小さい面的まで減少したと発表した。9月前半の平均面積は467万平方キロ・メートルで、過去最小だった昨年同時期より39万平方キロ・メートルだけ大きかったが、研究者らは「薄い氷が多く、体積では最小になった」と推測。「氷が急速に減少している傾向が明確になった」としている。
海水面は氷より日光を吸収しやすいため水温の上昇を招いて、氷の減少はますます加速すると懸念されている。実際、今年は昨年より気温が低めだったのに、8月は過去に例のない速さで海氷が消滅。面積が最小にならなかったのは、風の効果で氷が薄く広がりやすかったためとみられている。

以上、2008年10月3日読売新聞より引用。


昨年8月私は、2008年の海氷面積を予想して約450万平方キロ・メートルとしたところ、その年(2007年)の9月24日に425.5万平方キロ・メートルと、1年後の予想を上回る急速な減少を見せた。
IPCCの予測値の2040年が2007年8月に、2050年が2007年9月後半に当てはまってしまっていた。
今夏も今のところ2050年予測値の約450万平方キロ・メートルにとどまっている。2008年5月11日の記事では氷が例年並みの広さになったと言っていたので、面積自体はそんなに減少しなかったようだ。風の効果もあったらしいが。それでも過去2番目のサイズだ。
そして、やはり氷は相当薄いらしく、体積は過去最小だ。
「自己強化型フィードバック」が続けば、来年には約300〜380万平方キロ・メートルくらいになってしまうのではないかと予想。薄い氷だらけで体積は半減してしまうかも、と思う。
これからの1年でどれくらいの温室効果ガスを削減できるだろう…?

≪関連記事≫
北極の氷 最小 (2007/08/17)
北極海 海氷崩壊 (2007/11/26)
北極海の氷 (2008/05/11)

本日より新ごみ収集開始(世田谷区)

埋立地が後20年もつかどうか…という理由(?)から10月1日よりごみの分別方法が変わりました。
世田谷区のごみ収集は以下のように。。。(収集の曜日は地区によって違いますが)。

ペットボトル】(第1・第3火曜日)※第5火曜日はペットボトル・不燃ごみの回収はなし。

不燃ごみ】(第2・第4火曜日)
  • 陶磁器、刃物類、鏡
  • スプレー缶・ライター
  • 乾電池
  • 鍋・やかん等
  • アルミホイル
  • 金属食器
  • 蛍光灯・電球
  • 30cm未満の小型家電 (※大型家電は有料粗大ごみ)

資源ごみ】(毎週土曜日)
  • 古紙
    • 新聞・折り込みチラシ
    • 段ボール
    • 雑誌類
      (書籍、教科書、ノート、包装紙、メモ用紙、カタログ、
       パンフレット、ダイレクトメール、お菓子やティッシュの紙箱類)
  • ガラスびん


それ以外は全部 可燃ごみ (毎週 月・木曜日収集)


……ということです。