広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG


 

温暖化「最前線」グリーンランド

氷解解け ごう音響く 温暖化「最前線」グリーンランド
北極点に近いグリーンランド(*)で、地表の約8割を覆う氷床が急速に解けている。地球温暖化の影響と見られ、このまま溶解が進めば、海面上昇など世界的な異変につながるとの指摘もある。温まる地球の現実が見える「最前線」として、各国の指導者も続々と訪れている。
北極圏の町イルリサットから船で北上すること3時間。高さ100メートルを超える巨大な氷柱群が目前に迫る。圧倒させる景観だが、「ゴー、ゴー」と雷のような音が聞こえる。氷が割れる時に発するごう音だった。
山上の氷塊は次々に海面に落ちて行く。「解け方が普通じゃないよ」。船員歴45年のニール・マグヌセンさん(59)がつぶやく。氷柱群は解けて過去30年間で100メートル近くも後退した。地表の氷は、北極海に浮かぶ氷と異なり、解けると海面を押し上げる。氷に閉ざされていた地表が徐々に黒い山肌をさらしていく。
「様々なデータから、温暖化によると考えています」。中心都市ヌークで、グリーンランド自治政府の環境自然省の職員、アネット・ハンセンさん(気候変動担当)は、そう言い切る。
国連尾気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、5月に採択した第4次評価報告書で、北極圏の平均気温が過去100年間で、地球全体の平均気温の2倍の伸び率を示したと指摘する。世界の海面は、2003年までの11年間で約3センチも上昇した。報告書は、この背景に、グリーンランドと南極の地表の氷の溶解がある可能性にも触れた。
米露など8か気にの科学者らによるプロジェクト「北極圏気候影響評価(ACIA)」が、2004年の報告書で公表した内容も深刻だ。
グリーンランドで夏季に氷が解ける面積は、衛星による氷床の観測が始まった1979年に比べると、2002年時点ですでに、16%も増えた。この勢いでいくと、今世紀末までに海面はさらに最大90センチ上がり、洪水などの原因になるという。
さらに、すさまじい予測もある。英イーストアングリア大のティム・レントン博士は、グリーンランドなどの地表の氷がすべて解け出し、海面を7メートルも上昇させる事態を招くという“悪夢”のシナリオが、「早ければ300年以内に起きうる」と警告する。グリーンランドで溶解する氷の量が「過去10年間で倍増した結果、年間約100立方キロ・メートルになった」(コペンハーゲン大のドータ・ダルジェンセン教授)との研究結果もある。
海面の上昇は小さく、気候変動への影響は限定的だと主張する研究家もいる。しかし、アル・ゴア前米副大統領らのように、グリーンランドの巨大氷柱が解け出すと、欧州の気候に甚大な影響を与えると指摘する人々もいる。
(中略)
氷柱の溶解は、住民の暮らしにすでに影響を与えている。かつてイルリサットでは、冬にナルト海が凍り付き、イヌイット族は犬ぞりで沖合いに出掛け、氷に穴を開けてオオヒラメなどを釣っていた。しかし、過去10年間で海面が凍り付く範囲は激減、漁は難しくなった。このため、最近、副業として運転手の仕事も始めた漁師のコンラッドさん(46)は、「日本も暑くなっているのか」と記者に尋ねた後、「おかしいよね」と不安げに海を見つめていた。

(*)グリーンランド
世界最大の島で面積は焼く217平方キロ・メートル。約4500年前、カナダからイヌイット族が移住。18世紀以降、デンマーク人が入植し、20世紀に入ってデンマークが支配したが、イヌイット族の反発を受けて、1979年に自治政府が発足。人口は約5万6000人。漁業や水産加工業が主体。島の中央は氷床に覆われ、高さ3キロを超える氷床もある。

以上、2007年8月22日読売新聞より引用。
グリーンランドのような土地で、都会と呼ばれるところの繁華街とは無縁で暮らしている人たちにとっては、氷が解けてゆくことに異常を感じるだろうし、「おかしいよね」と不思議に思うのもよく分かる。
温室効果ガスを排出し、地球温暖化に影響を与えているのは、先進諸国(米国、ヨーロッパ、ロシア、日本、カナダ、オーストラリア)と一部の開発途上国(インド、中国、東南アジア、中南米、中東、アフリカ)だからだ。これら遠くの国で行なわれている活動が、グリーンランドに直撃しているとは夢にも思わないだろう。グリーンランドに暮らしていたら、そんなことはつゆ知らず、氷塊が解けてゆく光景を目の当たりにするのだ。
温暖化が極地(北極・南極)に多大なる影響を与えているのだから極地付近のグリーンランドも同じような状況に陥るのは周知のことだろう。
グリーンランドの氷床は、地表を覆っているわけだからして、これらが解け続ければ、南極の棚氷が解けるのと同じくらい大変なことになるだろう。恐らく海面を上昇させる現象は300年も待たずにやってくるのではないか?溶解量が過去10年間で倍増したならば、次の10年間で倍増の倍増になるのでは?解ければ解ける程、解ける速度が速くなる、というのが私の考えだ。研究者たちの出す数値は少し甘い気がする。私たちが出すごみの量、生活・生産する上で出る温室効果ガス、そして増え続ける人口、全てが地球温暖化を加速させる要因になっているのに、300年以内だとか、100年後だとかと言うのは、甘く見積もりすぎている。これだけの要因があるのに対策はほんの少ししか出ていないのだ。
自然界で起きていることに目と耳を向けて、本気で考えて取り組まないと、人間が棲むことができるたった一つの惑星を失うことになる。今が良ければそれで良いのか?地球がなくなれば、全ては終わりだ。

2009年1月9日にGoogleマップ追加。

北極の氷 最小

北極の氷 最小 温暖化 予想上回る
海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構は16日、今夏の北極海の海氷面積が、衛生観測の開始以来最小を記録したと発表した。15日に観測した海氷は、530.7万平方キロ・メートルで、2005年9月の過去最小記録(531.5万平方キロ・メートル)を下回った。
これは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が第4次評価報告書の中で予測した約30〜40年後の北極の状態に近く、温暖化の速度が従来の予想をはるかに上回っている可能性があるという。今夏は、海表面の水温も、氷点下0.8〜0.6度と、2000年以降では最高を記録した。
海氷の減少は9月中旬まで続け、海氷面積はさらに減り続ける見通し。
両機構は1978年から、衛星や船舶を使って北極海の氷を観測してきた。過去最小となった原因については、昨冬、海氷が出来始めた時期が遅く、もともと氷が薄かったために、平年より早い時期から氷が減少、太陽光を反射する氷がなくなったことで、海水が太陽熱を余計に吸収するなどの連鎖が起きたと見ている。シベリア沖には低気圧が発生、強い風邪が多くの氷を大西洋に追いやったのも一因という。
IPCCは、今夏の北極最小海氷面積を約750万平方キロ・メートル、2040年で約550万平方キロ・メートル、2050年で約450万平方キロ・メートルと予測。米国の研究機関などが、実態は予測値よりも30年進んでいると指摘していた。

以上、2007年8月17日読売新聞より引用。


衛星写真によると、昨年に比べて、下の方の氷が極端に減っている。減っているというか欠けてしまったという感じだ。
2007年に予測した30〜40年後の状態になってしまった。温暖化の速度が速くなっているわけだが、これはもしかして、加速すればする程、加速度が上がって氷の消滅が早まるのでは?
今年が30年後の予測値と一致するならば、予測より15倍近い速さで進んでいることになるはずだ。この勢いがとまらないと、現在の約530万平方キロ・メートルは来年には15%程減少して、2050年の予測値約450万平方キロ・メートル大きさになりそうだ。
2007年で2040年の数値、2008年で2050年の数値になってしまう。1年間で10年分の氷が減ってしまう計算になる。このままゆくと、10年も経たずに北極の氷は無くなってしまうのでは…。
ホッキョクグマはどうなってしまうんだろう。

セミと脱殻

セミ 脱殻
この脱殻から出てきたわけではないとは思うが、、、(デジカメ使用)

カエルツボカビ菌の被害

ツボカビ急がれる実態把握  「危険な病原体」の印象先行
環境省本格調査に着手

カエルなどの両生類を世界各地で絶滅に追いやっている「カエルツボカビ菌」。国内でもこの菌が確認され、恐ろしい病原体というイメージばかりが先行するが、謎は多い。環境省による全国調査が今月から本格的に始まるなど、実態把握はこれからだ。
野生のカエルからツボカビ菌を国内で初めて確認したのは、麻布大学(神奈川県相模原市)の宇根有美・准教授ら。同大学で6月に開かれたカエルツボカビフォーラムで報告するとともに、「国内での感染実態を早期に把握すべきだ」と訴えた。
報告によると、ペットや熱帯魚のエサとして売られているカエルの3割以上が感染。野外でも、北米産で日本に定着しているウシガエル4匹から、この菌と一致する遺伝子を見つけた。
フォーラムでは「もともと日本にあった菌ではないのか」「日本のカエルは大丈夫か」といった質問が会場から相次いだが、宇根准教授らは答えに窮した。実は、こうした事実すら、まだわかっていないのだ。
この菌は両生類の皮膚で繁殖し、発病した個体の9割近くが皮膚呼吸できなくなって死ぬ。アフリカ産の実験用ガエルの輸出入を通じて世界中に広がったとされ、各地で人の移動や水を介して感染を拡大。南米やオーストラリアなどでは、約120種の両生類が絶滅した。
一方で、米国や欧州での被害は一部にとどまっており、ウシガエルのように感染しても発病しにくいカエルもいる。国内で、昨年末に感染が確認されたのは、飼育されている外国産のカエルだった。果たして日本のカエルは、ツボカビ感染で発病するのだろうか。
宇根准教授らの報告で見逃せないのは、野生のカエルからは菌そのものは確認されず、菌の遺伝子しか見つかっていない点だ。菌を培養して増殖するのにも成功しておらず、菌の病原性や国産ガエルの抵抗性などの実験は難航している。
国内での実態については各地から寄せられる情報が頼りだが、「報道によって恐ろしい病原体という印象が独り歩きしている」(環境省)だけに、検出地は危険な場所、といったデマが流れるのを警戒した研究者が、公表をためらう事例が出かねない。そうなれば実態把握も遅れるばかりだ。
実際、菌の遺伝子を検出した宇根准教授も、神奈川県内の公園の池ということは明らかにしたが、それ以上の場所の特定は避けた。
この「公園の池」に不特定多数の人が知らずに入り込んで感染を拡大させる可能性がある。一方で、公表すれば、報道陣や興味本位のやじ馬が押し掛け、こうした人たちを介して広がりかねない。宇根准教授らは両者を考慮して、公表による感染拡大の恐れの方が高いと判断した。
いずれにしても、これまで明らかになった調査結果は、一握りの研究者の自発的な研究によるものだ。環境省による全国調査は、今月から本格化している。
各地の研究者や自然指導員らがカエルを捕まえて体の表面を綿棒でぬぐい、それを国立環境研究所に送って菌の有無を調べる。1万匹のカエルを捕獲するのを目標にしている。
国内には57種の両生類がいて、うち6割以上は生息地破壊などで既に絶滅の恐れがある。こうした実情が背景にある以上、最悪のケースを想定して、実態把握を急ぎ、対策を考えるのは当然だろう。それでも、「いたずらに恐怖をあおるのではなく、正確な情報を周知してほしい」と、全国に先駆けて調査に乗り出した「沖縄美ら海水族館」の戸田実・魚類課長は関係者に訴えている。

≪ツボカビ症とみられる両生類の被害状況≫
スペイン
カエル減少も
日本
感染確認
米国
数種が絶滅、もしくは絶滅の危機
オーストラリア
約10種が絶滅。10種以上が絶滅の危機
ニュージーランド
5種のカエルが絶滅の危機
メキシコ〜南米
約100種が絶滅。数百種が絶滅の危機


以上、2007年8月12日読売新聞より引用。


「ツボカビ菌でカエルが絶滅するんではないか」と思ってしまうが、記事によると日本では“感染確認”の状態らしい。欧州や米国では一部でとどまっているというから、感染したカエルが必ず発病して死に至るわけではないようだ。野生のカエルから菌の遺伝子しか見つかっていない、というのも謎。意外に繁殖能力の低い菌なのだろうか?そもそも“菌の遺伝子”とは何なのだろう。何かカエル事態が弱るようなことが起こると菌の遺伝子が動き出して発病するに至るのか。温暖な地域のカエルの方が絶滅の危機に瀕しているところを見るとやはり気候の変化が原因か。環境省が調査に乗り出すことで何か進展するんだろうか。だいたい、両生類でないと感染しないツボカビ菌を「危険な病原体」だと煽るような報道をするのもおかしいし、それを受けた人たちがまた騒ぎ立てるのもおかしい。何につけても興味本位でことを荒立ててはいけない。

花・花・花




花屋さん店頭にて写真を撮らせていただきました。

撮影:タケマツ / 撮影日:2007年08月08日 / コンパクトデジタルカメラ使用

WATERLIGHT ONE -an exhibition of photographs by Michael E. J. Stanley-

ギャラリー入り口タケマツの師であるMr.スタンレーの初個展 WATERLIGHT ONE がH.A.C. GALLERYにて行なわれております。
初日のオープニング・パーティにも伺わせていただきましたが、本日も遊びに伺いました。

展示されている写真は海の中の写真なのですが、
なんと、すべて白黒なのです。
モノムロームな海の世界は、常よりもさらに静寂がましている感じがします。これまでにモノクロの海中写真を見たことがなかっただけに、新しい発見をした気分にも…。

海の中というと、鮮やかなブルーに美しいサンゴ礁、色とりどりの魚たちをイメージしてしまいます。
そういう鮮烈さがすべて「白と黒」で表現されたとき、水の動きや揺らめき、サンゴの形、岩の感触が、直に感じられ伝わってきます。不思議な世界です。奥行きもこれまでとは違い、深みのある奥行きとでも表現したくなるような…1枚1枚の写真にそれぞれ深みのある空間が存在し広がっています。
空気の動きを感じるように水の揺らぐ様子を感じられるのは、Mr.スタンレーの写真が初めてです。
イルカや魚が白黒の中で活きいきと泳ぐ姿を見られるのも彼の写真でだけでしょう。
個展は8月8日まで!!
〒107-062 東京都港区南青山2-11-15 セピア絵画館B1F

≪追記≫
オープニング・パーティの様子と一緒に展示作品の写真をMr.スタンレーのサイトで見られます。
Micheal.E.J.Stanley のメニューより[News & Events]→[Recent Events]の“WATERLIGHT ONE”へ。
その他の素晴らしい写真もサイトでご覧になれます。

石垣島サンゴ大量死


石垣島サンゴ大量死 高い海水温、4年ぶり「白化」
日本最大のサンゴ礁が広がる沖縄・石垣島などで、サンゴが白くなって死滅する白化はっか現象が4年ぶりに確認された。7月の海水温が高かったためとみられる。8月も高い水温が続けば、石垣島周辺で4割のサンゴが死滅した1998年の被害を超える過去最悪の事態になるとの懸念もあり、環境省が実態把握に乗り出した。
環境省や専門家の情報によると、白化が確認されたのは、石垣島の全域と沖縄本島に近い瀬底せこそ島など。石垣島でサンゴ礁ツアーを企画する大堀健司さん(40)は7月30日、北部の米原よねはら海岸で、沖合いまで広がるサンゴ礁のほとんどが真っ白に変わっているのを確認した。すでに一部が死滅して藻が付き、魚やナマコの市外もあった。
白化は海水温が30度を超える日が続くと起きるとされ、沖縄ではこれまで98年と2001年、2003年の3回あった。過去3回はいずれも9月に確認されており、今回は白化の始まる時期がこれまでよりも早い。
東京海洋大の岡本峰雄准教授によると、石垣島では今年6〜7月に1日の平均気温が30度を超えた日が、観測史上最高の32日間に上った。岡本准教授は「このまま暑さが続くと半分以上のサンゴが死滅するだろう」と危機感を募らせている。
石垣島では、環境省や研究者らがサンゴの増殖活動に取り組んだほか、2003年以降は白化が起きなかったこともあり、産後は回復傾向にあった。

以上、2007年8月4日読売新聞より引用。


何年か前に、さとうきびやパイナップルの生産の影響で赤土が大量に海に流れ込み、産後に影響が出ている、という番組を見た。この赤土流出を防いで海とサンゴを守ろうとしていたけれど、今度は水温の上昇でサンゴが死滅だ。
2007年6月12日の記事にもあったけれど、今回のほうが内容が詳しい。「石西礁湖」とは別の所、石垣島でのサンゴ白化現象だ。
気温が30度を超えるのはここ最近の夏ではざらにあるが、海水温まで30度を超えるようになっているとは驚きだ。海の中がそんなに暖かくなってしまうなんて想像がつかない。
地球温暖化は必ず常に暖かいというわけではなく、時にその暖かさが和らぐこともあるはずだと思うので、2003年以降白化現象が起きていなかったというのは、丁度その時期と重なっていたからかもしれないと(私は)思う。
すぐにCO2を減らしたり、地球温暖化をくい止める動きを起こせないのなら、サンゴは時の流れと共に死滅してしまうだろう。

≪関連記事≫死に至るサンゴ(2007/06/12)