広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG


 

スーパー・エッシャー展 -ある特異な版画家の軌跡-

1月5日にトライしたところ、皇室の方が観に来られていて入場制限されていたため、入ることができなかったエッシャー展へ本日行ってきましたー。因みに明日でこの展示は終了です。。。

やっと観られるぞーと思って勇んで行ったのに、会場内のあまりの大混雑に、ほとんど観られませんでした(T∀T;)
めずらしく男性と子どもが多く、あまりの人数のために会場内は湿気でもうもう。
人間の掻く汗がここまで蒸気になるとは…というくらいに湿度の高い状態で暑い上に臭う(´・〜・`;)
長居をするのは不可能だったので、結局、出口付近の作品をさささっと観て終わりました。
それでも、数枚観たエッシャーの作品はそれはそれはすんばらしいものでした。
苔の世界を緻密に描いた作品(『滝』の習作)がとてもお気に入りです。
私も簡易苔庭を作って観察するのが好きなものですから(=ー=..)苔を観察して描く人がいるなんて幸せを感じてしまいます。最近良い苔に出合えないけれど。(U−U)

家に帰ってカタログをしげしげと眺めて、やっとエッシャーの世界に浸りました。。。

お気に入り作品  |壁 |ω・)゛ぴょこっ
◆Waterfall ←苔が描いてある作品。左下に拡大された苔が不思議植物となって描かれている。
◆Balcony
◆Circle Limit II
◆Depth
◆Ascending and Descending
◆Belvedere
◆Reptiles
◆Curl-up

2006年11月11日[土]〜2007年1月13日[土]〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 BunkamuraB1F

The Offcial M.C. Escher Website (英語サイト)
Museum Escher in the Palace (オランダ語サイト)

世界遺産写真展III

エッシャー展を観に行こうとしたところ、チケットを買うのになんと40分待ち。チケットを買ってから来ればよかったなあ…と、早々と諦めて渋谷をぶらぶら。しかし街に溢れる人の多さに負けて、もう帰ろうと思ったときに、東急で世界遺産写真展というのが開催されているのを発見。せっかくなのでエッシャー展の代わりに『世界遺産写真展III』を観ることにした。
展示数は、自然遺産が23作品、文化遺産が89作品の合計112作品。
どれもこれも言葉では言い表わせないほどに美しく、壮大で、写真とテレビで観るのとはまた違った印象を受ける。画面で流れるように景色を見るのと、切り取られて作品となった景色を見るのとでは、「一つの芸術作品として観る」という感覚が生まれるので、印象が変わるのかもしれない。
なかでもイタリアの“マテーラの洞窟住居”の写真は、建物と空と雲のコントラストが何ともいえない雰囲気を醸し出していて、特に印象に残った。岩や石で造られた建造物には心惹かれるものがある。積み上げるにしても彫るにしても途轍もない作業なわけだから、想像を絶する迫力を持つのだろう。
自然遺産の写真ではアホウドリとカッショクペリカンの顔がキャラクターのようで面白かった。本物なのにキャラクターじみているなんて最高。口をあけたカッショクペリカンの無表情のようで滑稽な感じが特に!
美しい風景や野生動物は見ていて飽きのこないものだ。
2007年1月2日[火]〜10日[水] 〒150-8319 東京都渋谷区渋谷2-24-1

n(^о゜‥゜о^)n←亥年。

年賀状2007−亥年 明けましておめでとうございます。
2006年はこれまでにない程の早さで過ぎ去って行きました…。2007年はもう少しゆっくりと時が流れてくれると良いなあと思っております。何かと停滞気味のタケマツですが、本年も宜しくお願いいたします。

今年も初詣のおみくじなお話しを。小吉であったことはさておき、“失物”という項目にやや気になることが。
【失物】 必ず出る 物の間(もののあいだ)
…うむ。失物が必ず出るのは嬉しいですが、「物の間」から出現するって、そりゃあそうだろう。たいていは何かの物と物の間から見つかるのが普通でしょう…。「物」ってかなり幅広いっスよ。それ以外のところから出現するにしても、「水の中」なんて書いてあってもそれはそれで困る…。おみくじは誰によって制作されているんだろう。