広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG


 

ダ・ヴィンチ・コード

小説がけっこう面白かったので、これはぜひどんな風に映像化されるのかを観なくては!と思って観に行ったのですが……アカデミー賞の席で観客席がシーンとしてしまっていたのが分かる気がしました。随分と小説に忠実に作ってはいるのに、何かが足りないような…。
まず第一に思うのが、この小説を映画化するのにあたっての時間が短すぎる。
第二に、制作側があまりにも小説を読み込みすぎてしまったのではないか、と。
第三に、展開が死ぬほど分かりづらい。
挙げるとキリがないけれど、いちばんの問題はやはり制作側が読み込んでしまったことが原因ではないかと。
小説を読んだ人間ならば何とかあの展開に付いてはいけるが、まったく読んでいないならば、ほぼ付いていくのが不可能なのではないかと思う。
原作に忠実にと思って、細かに再現しようとしたんだろうけれど、あまり観る側のことを考えて制作されていない。
携帯ショップの店員のように、毎日説明しているため店員自身は分かりきったことなのだが、分かり過ぎているために、いざお客さんに説明する時には、何も知らないお客さんに分かるように説明できない。自分自身の理解している事柄が当たり前の標準レベルになっているがため、早口で捲くし立て、分からないとは言わせないような威圧感を出す。
この映画に態度の悪い威圧感があるわけではないのだけれど、制作側が分かり過ぎているために観客への説明が怠られているという状態にはあるのではないかなとは思うわけだ。
それが無意識に行われているからこういう結果になったのだろう。
事実、一緒に行った母は小説を読んでいなかったので、内容がチンプンカンプンだったそうだ。
丁度、行った時間帯が吹替版だったのだけど、フランス語は字幕だったので、意外に慌ただしかった。
これならば字幕版に行った方が平和かな。画面の動きに食いついているだけでかなり疲れるには疲れるし…。
キャストは“シラス”があまりにもイメージどおりで驚きました。シラスが出てくる場面はどれもこれも恐ろしい。
リー・ティービングは予想とちょっと違っていた。もう少し太っているのかと勝手に想像していたので。
映画ダ・ヴィンチ・コードは何度も観ることで面白味が増してくるのかもしれないとも思う。パリ、ロンドン、スコットランドと各地の名所を観られるわけだし、映画館で頑張るよりもDVDでじっくり観た方がいろいろな発見がありそうだ。何せ、小説が面白いんだから。
THE DA VINCI CODE 2006年アメリカ制作
【監督】ロン・ハワード 【脚本】 【原作】ダン・ブラウン
【キャスト】
ロバート・ラングドン:トム・ハンクス
ソフィー・ヌヴー:オドレイ・トトゥ
リー・ティービング:イアン・マッケラン
アリンガローサ司教:アルフレッド・モリーナ
ヴェルネ:ユルゲン・プロホノフ
シラス:ポール・ベタニー
べズ・ファーシュ:ジャン・レノ

間宮兄弟

「佐々木蔵之介さんが出るので観たい!」と母が言うので、一緒に観に行くことになった『間宮兄弟』。普段ほとんど邦画は観ないけれど、たまには良いですね。非常にのほほんとする内容で面白かった。特にドランクドラゴン塚地の演技が良かった。最後に鈴木がちろっと出てきたのにも笑えましたが、、、
内容があるようなないような感じではありますが、仲の良い兄弟の日常がのんびりと過ぎてゆくのが良いんだろうなあ。兄貴の恋の行方(?)より、弟が騙されてぼったくり飲み屋に行ってしまったことのほうが、事件!な感じがしました。間宮兄弟のアパートは男の二人暮しなはずなのに妙にきちんと整理されているところがまた面白さをさそうところ。恒例の野球観戦で紙吹雪を散らしたとしても、最後にちゃんと掃除機をかけるし、毎日ちゃんと掃除洗濯家事をこなしているようだ。チリひとつなさそうで、私の部屋とは雲泥の差…。本棚にちゃんと本が収まっているところは見習わねばなりません。収まりきらん状態ではありますが。
美しき間宮兄弟愛に和む作品でした。
間宮兄弟 2006年日本制作
【監督/脚本】森田芳光 【原作】江國香織
【キャスト】
間宮明信(兄):佐々木蔵之介
間宮徹信(弟):塚地武雅(ドランクドラゴン)
葛原依子:常盤貴子
本間直美(姉):沢尻エリカ
本間夕美(妹):北川景子
大垣さおり:戸田菜穂
安西美代子:岩崎ひろみ
浩太:佐藤隆太
玉木:横田鉄平
中華料理屋のおじちゃん:佐藤恒治
犬上先生:桂憲一
薬屋のおばちゃん:広田レオナ
お婆ちゃん:加藤治子
ビデオショップの男:鈴木拓(ドランクドラゴン)
大垣賢太:高嶋政宏
間宮順子:中島みゆき

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ昨年は撮り損ね、今年こそ撮るぞ!と気合をいれて撮ろうとしたのはよいけれど、なかなかピントが合わず苦労したヘビイチゴ。
ヘビイチゴを撮るのはとても難しい…。
縮小されたためか、赤いつぶつぶの部分が分かりづらくなってしまった。
もうちょっと良く撮れているんだけどな (^-^:
(デジカメ使用)

D-TOX

『D-TOX』。あまり評判(評価?)はよろしくないようですが、私はけっこう好きですこの映画。
シルヴェスター・スタローンがかっこいいだけ、といえば本当にそれだけなのかもしれないけれど…
FBIモノが好きなので私にとっては色々と楽しめる作品なのです。
B級であろうとも、スタローンの演技、特に恋人が殺されて悲しみ苦悩している様子が、心を打たれるわけなんです。
犯人がどうこうで、推理して当てるぜ!なんていう気はさらさらなくスタローンの動きばかり見ちゃいます。
いつも犯人探しに躍起になっているワタクシとは大違いです。
だからすきなのかな?
D-TOX 2002年アメリカ制作  goo 映画
【監督】Jim Gillespie 【脚本】原作:Howard Swindle 脚色:Ron L Brinkerhoff
【キャスト】
マロイ:Sylvester Stallone(シルヴェスター・スタローン)
ヘンドリックス:Charles S. Dutton(チャールズ・S・ダットン)
ジェニー:Polly Walker(ポリー・ウォーカー)
ドック:Kris Kristofferson(クリス・クリストファーソン)
スレイター:Christopher Fulford(クリストファー・フルフォード)
シャウォルスキー:Jeffrey Wright(ジェフリー・ライト)
ハンク:Tom Berenger(トム・ベレンジャー)
ノア:Robert Patrick(ロバート・パトリック)
コナー:Sean Patrick Flanery(ショーン・パトリック・フラナリー)
ジャック:Stephen Lang(スティーブン・ラング)
ギルバート:Alan C. Peterson(アラン・シー・ピーターソン)
マッケンジー:Robert Prosky(ロバート・プロスキー)
ジョーンズ:Courtney B. Vance(コートニー・B・ヴァンズ)
メアリー:Dina Meyer(ディナ・メイヤー)
※ショーン・パトリック・フラナリーは“インディー・ジョーンズ若き日の冒険”で主題歌を歌っていました!CDシングル『あくなき挑戦(CROOKED CROSSES FOR THE NODDING GOD)』はアルバム共に現在は廃盤。。。
 
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。