広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG


 

日本漫画映画の全貌展

『日本漫画映画の全貌』展が本日で終了してしまう。観に行きたかったので残念だ。
アール・ヌーボー展を観に行けなかった時と同じくらい残念でならない。東京都現代美術館は私の家からだとアクセスが面倒で、とても中途半端な位置にあるのだ。
日本最初の本格的長篇色彩漫画映画「白蛇伝」を、宮崎駿氏が一目ボレしたという“白娘”を観ておきたかった。
会場はA〜Dのゾーンにわかれているらしく、Aが〈誕生〉で戦前〜戦後、Bが〈発展〉で東映動画、Cが〈継承〉でAプロ・テレコム・スタジオジブリ、Dが〈現在〉で特設ミニシアターや体験コーナーがあったもよう。
ナウシカ、ラピュタの作画資料も見たかったけれど、ルパンのカリオストロの城に出てきた「フィアット500」の再現を特に見ておきたかったかな。あの車を再現してしまったとは、心躍る。
9月半ばまでの開催だったらよかったのにな。
2004年7月15日[木]〜8月31日[火]東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)

佐野洋子 絵本の世界展

世田谷文学館で現在行われているのが『100万回生きたねこ』でおなじみの佐野洋子さんの絵本展で、「佐野洋子 絵本の世界展」というもの。展示数がとても少ないので、ゆっくり観るには丁度良い感じだ。
佐野洋子さんの作品は『100万回生きたねこ』以外は知らなかったものばかり。
私はやはり『100万回生きたねこ』がいちばん好きだな。
2004年7月17日[土]〜9月20日[月祝]
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10

Stag beetle

お台場AQUACITYで世界のクワガタたちが大集合していた。
クワガタ大好きな私はこのイベントにしっかりとくいつき、世界中のいろんな型のクワガタを
眺めにながめて大満足した(子供たちと保護者にまじって)。
価格はピンキリとはいえど、やはりクワガタはかなり高額だ。
購入はせずとも、うん万円もするクワガタたちをじっくりと眺められたということはとても幸せだった。
ある小学生はクワガタをねだっていたが「ゼロが2つ多いから無理。」と親に言われていた。クワガタのために生活費は削れんわな…。

光と影のシンフォニー 藤城清治の世界展

初期の作品から現在の作品まで約100点が展示されていて、東京都写真美術館の地下展示室が迷路のようになっていた。混み具合もなかなかのもので、前へ進めない程の盛況ぶりだ。
印刷物で見た作品も綺麗なのに、本物は印刷物を見て綺麗だと思うよりも美しく、とても幻想的で本当に「素晴らしい」のひと言に尽きる。生(ナマ)の作品に光が当ててあるというのは格別だ。
藤城清治さんと言えば暮らしの手帖。そして小人というイメージがあるけれど、実際にはさまざまな作品を制作していた。宮沢賢治や聖書の他、「ウィー・アー・ザ・ワールド」というアフリカの飢餓の子供たちや世界のビッグスターを取り扱ったモノなど。小人や夢を与えるばかりでなく、飢餓を取り扱っている点でもわかるとおり、作品の幅がものすごく広い。
私が好きな作品は「宮沢賢治童話・やまなし」、「人魚姫」、「猫曜日」、「ぼくのアクアリウム」、「宮沢賢治童話・鹿踊り」、「天地創造より・バベルの塔」の6点。
「宮沢賢治童話・やまなし」
海の底に差し込んでいる光の加減と上方を泳ぐ魚がぼんやりしつつも煌めいている、というところが美しい。カニの泡ぶくも同じく幻想的な世界を醸しだしている。海藻が水の流れにそよいでいるところは、風呂に浸かった自分が揺らめいているようなそんな気持ち良さが思い出されて心地よい気分になった。
「人魚姫」
とにかく綺麗だ。サンゴも遠くの明かりも別世界で、人魚姫が座っている岩場が水晶に見えてしまう。右上の魚がアンコウのように光を持っているところも好きだ。アンコウはこの中では一匹だけ別物のようでもある。
「猫曜日」
猫がかわいくて仕方がない。しっぽで釣りをしているのかと思いきや、実は光る風船をつけていて、その光に向かって魚たちがジャンピングしている。海からのジャンピングというよりか空中ジャンピングもしくは空中浮遊に見える魚たち。
「ぼくのアクアリウム」
カエルくんがキュート。カエル好きにはたまらない作品だ。しかもそのカエルくんがロウソクを灯していて、大きなビンの底を眺めているのだ。「ぼくのアクアリウム」=「カエルくんの秘密の場所」といった感じで、ビン底には不思議な世界が広がっている。魚にタツノオトシゴ、イソギンチャク、楽器にウィスキーのビン…。ちょっぴりわくわくするような そして こっそりと覗きたくなってしまうアクアリウム。でもカエルくん以外にはあくまでも秘密なのだ…きっと。
「宮沢賢治童話・鹿踊り」
鹿たちの動きが最高。この踊りの輪に混ざりたい。こっそり入り込みたい。だけど少しでもススキがかさかさと音を立てたら鹿たちは一瞬にして消え去ってしまいそうだ。遠くから眺めている、しかできないのだ。残念…何だかもどかしい。
「天地創造より・バベルの塔」
影絵でこれができるのか…というくらい精密で遠近感があって幽玄だ。影絵だからこそ出来る色合いが絶妙だから、空と地平線の凄味が違う。これぞバベルの塔だ。
2004年7月17日[土]〜9月5日[日]〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3