広告

posted by fanblog
SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG




絵本『風が吹くとき』

『風が吹くとき』はレイモンド・ブリッグズ氏(英国)が1982年に出版した絵本です。
おそらく、ブリッグズ氏の作品では『さむがりやのサンタ』を読まれている方が多いことと思います。
コマ割で細かく描かれた絵本を、私も子どもの頃に目を皿のようにして眺めたものです。

私自身、『風が吹くとき』が出版されていたことは最近になって知りました。
どんなストーリーかといえば、読んでビックリ……な内容なので、
私がとやかく言うよりは…と、一先ず、Amazonより商品説明から引用させていただきます。
【出版社 / 著者からの内容紹介】
のどかな老夫婦の日常を一瞬にして引き裂いた原子爆弾。核兵器の恐ろしさをリアルに伝える世界的ベストセラー、新訳で待望の復刊。

【内容(「BOOK」データベースより)】
この『風が吹くとき』は、もともとイギリスで1982年に出版された作品で、
日本語訳は以前別の出版社で出ていましたが、今回翻訳をし直してあらたに
出版することになりました。出版当時から、漫画のコマ割りの手法を使って
シリアスな問題を描いた、絵本の常識をくつがえす作品として、大きな評判
を呼んだ作品です。それから15年以上たった今、ソ連は崩壊し、米ソ2大国
が国際政治を大きく左右していた時代は去って、世界の情勢はもっと複雑に
なってきているように思えます。
しかし、最近のインドやパキスタンの核実験で明らかになったように、
核兵器をパワーゲームの切り札とみなす風潮はまだまだ盛んです。
そういう意味では、核戦争の脅威は去ったわけではありません。
まだ、核は使用しなくても、ジムやヒルダのようなふつうの人たちが犠牲に
なる戦争は、世界各地で多発しています。
レイモンド・ブリッグズがこの絵本で描こうとした状況は、表向きの形は
変わっても、今でも存在しているのです。この絵本が、親子いっしょに、
もう一度核の問題、そして戦争の問題を考えるきっかけになってくれれば幸いです。

【内容(「MARC」データベースより)】
ジルとヒルダの平凡な日々を突如襲った強い光と風。それが意味するものは…。ふつうの人たちが犠牲になる核戦争の脅威を、コマ割りの手法で描いた世界的なベストセラー。82年刊のものを新たな訳で。


絵本『風が吹くとき』









レイモンド・ブリッグズ
1934年、イギリスのロンドン生まれ。美術学校卒業後、イラストレーター、絵本作家に。66年にケイト・グリーナウェイ賞受賞。
73年の『さむがりやのサンタ』以降、主にコマ割の手法で絵本を制作。

-------
この画像はタケマツがデジカメで絵本を撮影し、加工したものです。
この絵本の著作権は Raymond Briggs氏とあすなろ書房にあります。m(U U)m


諧謔的でありながら、実際問題として「知らないことの恐さ」を感じさせる内容です。
いつ何時、このような状況下に置かれるかは皆無ですから、
この夫婦の(一見すると笑ってしまう)ような行動をとってしまう可能性は高いと思います。

チェルノブイリ原発事故当日、高濃度の放射性物質が飛び交う中での
周辺地域の人々のいつもと変わらぬ日常の行動も、現状を知っていたら
“とんでもない行動”と言えるでしょうから、違いはあれど通ずるものを感じてしまいます。。。

放射能汚染に関しては、後になって“笑える話”にはなりませんから
真剣に考え行動しなければならない重要な案件です。(`・ω・´)ゞ


『風が吹くとき』はAmazonで「なか見!検索」できますので、興味を持たれた方は
ちらちらっと覗いてみてください。⇒http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4751519719/ref=sib_dp_pt#reader-link
またアニメーション化されていて、2009年にDVDが発売されています。
そのうちに私も映像で見てみようと思っています!

この記事へのコメント

 
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。