SD BLOG
  1. Situation design
  2. SD BLOG




のんびり散策

ゴールデンウィーク半ばの今日はのんびりと散策に出掛けました。デジカメを持って、芦花公園方面に行き、久々に蘆花垣春園と徳富蘆花記念館にも行きました。記念館は中には入らずに外側をぐるりしただけですが、外側もなかなか植物で楽しめます。
公園では親子や家族でバトミントンやサッカーをして元気よく遊んでいました。お祖父さんお祖母さんも頑張っていた模様。激しく縄跳びに励む少女たちもいました。密かなる縄跳びブーム?
そんな具合なので公園全体はとても長閑な感じ。昔と違ってこの公園も恐い暗いイメージがだいぶ払拭されたような気がします。春だからだろーか。。。環八のせいで外側の空気は相変わらずすこぶる悪いですが、公園内の木々が新鮮な空気を送ろうと苦心しているようです。
公園へ向かう途中、休憩したベンチのある道では木から一匹の毛虫がつつつつーっと下りてきました。風に吹かれてブラブラしつつも、糸が伸びにのびてから地面に到着。道路を横断する途中で車の餌食にならないと良いなと思いながら見守っていると、急に進行方向を変えて花壇のほうへえっちらほっちら去っていきました。毛虫や芋虫のウニウニした動きはなんとも愛らしく思えてなりません。
【徳富蘆花のこと】
徳富蘆花−とくとみ ろか−(1868-1927)
小説家。本名は健次郎。主な作品『不如帰』、『自然と人生』など。








撮影:タケマツ / 撮影日:2006年5月4日 / コンパクトデジタルカメラ使用

この記事へのコメント