広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ベイブレード終了で売場もサヨウナラ

どうも、LTCです。




まさか、メタルファイトベイブレードの
アニメが去年の12月に
終わってしまうとは
思いもしませんでした・・・・



参照:「アニメ メタルファイトベイブレード ZERO-G 最終回」



ZEROGは
たったの9か月しか
放送されていなかっただけに

突然で覚悟ができていませんでした。






↑アニメZEROGのポスター
さようなら、ゼロ・忍・海原兄弟・・・




私も悲しみ、正直のところ
思いつく記事ネタが
若干少ないです。


アニメ終了の影響は
それだけではありません。



この前、ジョーシンに行き、
ベイブレードコーナーを見ると・・・・


(展開で分かる方もいると思いますが・・・笑)




ベイブレードZERO-G 第2巻だけで完結!?

どうも、LTCです。



この前の記事で紹介した
アニメ「メタルファイトベイブレードZEROG」が
最終回だということを伝えました。


参照:アニメ「メタルファイトベイブレードZEROG」最終回



一方、漫画の方は、
第1巻発売から4カ月後、

第2巻が発売されました。









実は、漫画の方も最終回となっています。

下に「ベイブレードよ、永遠に!!」
書かれているのを見て、

もう本当にベイブレード自体が
終わるのだとぼう然しました。




あとがきにも







編集者:足立たかふみさんの
ご挨拶でもそのようになっています。





さて、第2巻のあらすじですが、
主人公の黒銀ゼロは

日本最強の
ベイブレード大会である
「ネオバトルブレーダーズ」に参加して、

ライバルの忍と同じく、
予選1回戦を突破し、

見事2回戦へとコマを進めました。


しかし、2回戦以降が
とんでもない人物が現れ、

バトルが非常事態へと導くのでした。


その人物は、







「破山キラ」




最凶のベイである
「ベギラドス」の使い手であり、

スタジアムを破壊するほどの
危険な人物です。


しかも、その「ベギラドス」というベイが
とんでもない進化を遂げ、

さらなる展開へとつながるのです・・・





アニメ 「メタルファイトベイブレード ZERO-G」 最終回 

どうも、LTCです。



私はベイブレード大好き人間で
今までそのアニメからおもちゃまで
紹介してきました。


ホビーは2年前から遊び、
アニメはメタルファイトシリーズ開始の
3年半前から観てきました。


それが残念なことに


「メタルファイトベイブレードZERO-G」が

今年の12月23日に最終回です。











メタルファイトの銀河編は
3年続いたのに対し、

ZERO-Gはわずか9か月です・・・


ZERO-Gシリーズが不調だったのか、

このアニメの終了を機に
ホビーや大会も終わってしまう様です・・・
ベイブレード自体お別れです・・



ZERO-Gの展開の内訳が
以下のようになっています。



9か月放送されてきて、

序盤は主人公の黒銀ゼロが
新しいたくさんの仲間と出会い、

そこから新ルールの
ZERO-Gバトルを磨き上げる
団らんとしたストーリーです。







後半は、「ネオバトルブレーダーズ」という
ベイブレードの大会が開催され、


黒銀ゼロや火竜院忍などが参加し、
優勝を狙うために白熱的に戦うといった
熱い部分が出てきています。



↓ネオバトルブレーダーズの動画 
左京VSキャプテンアロー、ゼロVS鷹ノ助







しかし、大会はこの大会と
たったの1回しかやらず、
ストーリー展開の方もイマイチでした・・・


もっと、「これ来た!」という部分が
無かったのが残念で
このような終わり方に
なってしまったのだと思います・・・


しばし、ベイブレードとは
お別れです・・・


また復活しますように
ずっと祈っておきます。


送料無料!!【漫画】メタルファイトベイブレード 全巻セット(1-11巻 最新刊) / 漫画全巻ドット...


予約商品以外は即日出荷!!メタルファイトベイブレードZERO G 全巻セット(1〜2巻 完結)


グラディエーターバハムディアSP230GF 巨大回転攻撃 

どうも、LTCです。



今日は、昨日紹介した
「サムライペガシス」と敵対する
あのベイブレードを紹介します。


それは、












「グラディエーターバハムディアSP230GF」






構造図です。








外見で一番目立つのは、

ウィール史上最高の大きさという部分。

サムライペガシスと比較してみました。





左:サムライペガシス
右:グラディエーターバハムディア





その大きすぎる特性を活かし、
強大な遠心力で
相手を攻撃します。


詳細でいうと、

銀色のクロムウィール
(構造図の上から2番目)の
バハムティアでは、

広く丸くなっている凸部分で
防御する分、


凹んでいる部分で
紫色のクリスタルウィール
(構造図から3番目)の
四方の剣で相手を攻撃します。

2つのウィールで
攻防一体化するバランスの良い
パーツだと考えて良いでしょう。



次は、下の構造も・・・・







下もウィールに合わせて
大きすぎますね。

トラック(構造図の下から2番目)の
SP230

4つの鍵爪状のスパイクで
ブレーキをかけることで、
スピード出しすぎによる
スタジアムアウトが防げます。


一番下のボトムのGF
この幅広い接地面が
驚異的な機動力を発揮し、

最強の攻撃を仕掛けます。



【25%OFF!】ベイブレード BBG-27 スターター グラディエーターバハムディア(おもちゃ)



サムライペガシスW105R2F  復活の鋼銀河!

どうも、LTCです。


ベイブレード
ZERO-Gシリーズに入っても、
あの伝説のキャラクターが
帰ってきました。



「無印」の主人公







「鋼銀河びっくり



ZERO-Gでも登場だということは
もちろんベイブレードも
進化しています。



その名も














「サムライペガシス」



デザインは前シリーズと
ほぼ変わりませんが、

性能は進化しております。







まずは、上の画像の
ウィール部分ですが、

特にクロムウィールの
「ペガシス」が強力で

3枚の飛び出した翼で
攻撃力が★6つ中6つなので、
大きなアタックが期待できます。




他の部品にも
大きな特徴があります。


サムライペガシスを
裏返して見ると、







下の部品(トラック&ボトム)があります。



トラック(羽の付いてる部品)ですが、
背の低いトラック、

つまりベイブレード自体の高さが低く
低重心なので、

背の高いベイブレードを
下から跳ね上げるようにして攻撃すれば、
相手を負かすことだって簡単です。




ボトム(一番下の部品)は、
ラバー素材(ゴム)なので、

摩擦力が大きく、
スタジアムアウトがしにくいので

アタックタイプの短所を
充分に補う頼りになるベイブレードです。



ここまで一通り紹介しましたが、
ZERO-Gに銀河&サムライペガシスが
どのような活躍を見せるのか
ワクワク感満載です。


即発送致します!『即納!』ベイブレード BBG-26 スターター サムライペガシス 【楽ギフ_包装...


神属性の新しい2つのベイブレード 登場

どうも、LTCです。


ベイブレードZERO-Gにて
激震ニュースが入っております。


コロコロコミック11月号で登場した
あの2つのベイブレードが

12月上旬に新発売します。




まず、1つ目は・・・・・







「サムライペガシスW105R2F」



なんと、
メタルファイトベイブレードシリーズの

初代主人公である
鋼銀河のベイブレードが

ZERO-Gスタイルとなって新登場しますびっくり








特徴は簡単ですが、

高さが低いベイだけに
「オメガドラゴニス」と同じく

下からの攻撃が炸裂し
相手を跳ね上げる考えられます。


コロコロ11月号にも
鋼銀河とともに登場していました。

再登場で大拍手です。



さて、次の2つ目は・・・・


ZERO-G アニメ第32話 キャプテンアローの行方

どうも、LTCです。


昨日、テレビ東京系で
「ベイブレードZERO-G」の内容は

この前紹介した
「キャプテンアロー」が左京と対戦です。







私は初登場の
キャプテンアローを応援してましたが、


勝負の結果から先に言いますと、
余裕の負けでした・・・・

左京だから仕方が無いですが・・・・



1:00〜4:40の3分40秒が見どころです







しかし、キャプテンアローの
評判はあまりにも悪すぎですね。


キャプテンアローは、
悪の組織DNAに所属していますが、

その幹部の
グレイシーズ4兄弟から
たくさんの言われようです。


長男アルゴ
「フン、キラさえ残れば他はどうだっていい。
なかなか楽しい余興だったぜ」



次男アイアン
「あいつは俺たちが育てたブレーダーの中でも、
一番のお調子者だったからなぁ」



長女セレン
「もー、何やってんのよ、
あのヒーローかぶれー」



三男エンソ
「・・・・」
(見下した目で、キャプテンアローを見てる)










他のブレーダーたちにも
馬鹿にされていましたが、

私は次回に期待しています。



余談ですが、

この回の
サブタイトルが「熱血!ゼロVS鷹ノ助」
そちらの試合が中心でしたが、

主人公のゼロが勝つのは
お決まりでしたので
省略させて頂きます・・・




ランダムブースター vol.3 バンディッドゲンブル当選なるか!?

どうも、LTCです。



ベイブレードZERO-Gシリーズでも、
ぼちぼち新商品が発売されてます。


その中でも注目されているのが、






ランダムブースターvol.3!






ランダムブースターとは、

8種類のうちランダムで
1種類だけしか出ないドキドキ感のある
ベイブレードです・・・



今回vol.3の8種類の内訳

・バンディッドゲンブルF230TB(スーパーレア)
・シノビゲンブル130W2D(レア)
・シノビグリフWD145TB(レア)
・シーフサラマンダF230SF(レア)

・バンディッドキラーケン125W2D
・アーチャーキラーケン130B
・パイレーツフェニックWD145SF
・アーチャーフェニック125B



10月20発売BBG-23 ゼロジーランダムブースターvol3 (バンディットゲンブル) 予約



また、1種類だけ
スーパーレアベイブレードである







バンディッドゲンブルF230TB




このベイブレードの特徴を
簡単に説明すると、

ウィールの固さで
相手からの攻撃を簡単に
防げる防御力の高さと、

下の部分のボトムでは
2つの小さなボールが含まれ、
傾いてもバランスが崩れにくいので、

粘り強い持久力が発揮するのです。



そのスーパーレアな
ベイブレードを当てたくて

早速、中身を確認してみると、


「バンディッド・・・・」という文字が
現れて・・・・


これは、

スーパーレアベイの
「バンディッドゲンブル」


それとももう1つあった
改造されたふつうの
「バンディッドキラーケン」

なのか・・・・・


果たして、どっち・・・・・



アニメZERO-G キャプテンアローって・・・

どうも、LTCです。


ベイブレードZERO-Gのアニメも
もう31話になります。


ようやく、ネオバトルブレーダーズで
予選突破したベスト8が決まり、

カイト、忍、ゼロ、美男、
キラ、左京、鷹ノ助、???、




その中で1人見知らぬ男(???)がいました。



それは、







キャプテンアローです。

何だか怪しい仮面をかぶっての
登場ですが、

初登場だけに強そうです。



しかし、使用ベイブレードは
未だに判明しておりません・・・



次週32話で、
第三試合にて、

ZERO-G最強ブレーダーの
暗闇左京ダークナイトドラグーン)と対戦することに
なっておりますが、

2012/7/21発売BBG-16 スターター ダークナイトドラグーン







初登場にも関わらず、
どうなってしまうのか・・・・・


ちなみに、左京が最強だと
分かる動画を紹介します。

これは、予選で
亀垣玄次郎とのバトルです。


6:00〜7:00をご覧ください。







個人的に、キャプテンアローには
期待していましたが、

いきなり左京との対戦は
ちょっと不安があります・・・・・

一体どうなるのやら・・・


ゴレイムべギラドスSR200BWD シンクローム合体

どうも、LTCです。


最近、ビーダマンとベイブレードしか
書いていませんが、

すみません、よろしくお願いします。




今日は、

前にも告知していましたが、

「バーサーカーべギラドス」
「バンディッドゴレイム」

この2つのベイをシンクローム合体させます。










まだ合体前です。



シンクローム合体とは、

金属ウィール(クロムウィール)同士が合体し、
より破壊力をもったベイに改造することです。

ZEROGシリーズから始まったシステムです。





↑それぞれのクロムウィール(金属ウィール)です。
今日はこの2つを使って、合体です




早速、この2つのベイを
合体させることに・・・・・








その名も「ゴレイムべギラドスSR200BWD」

前の記事の画像
何も変わらないように見えますが、

横から見ると、











金属同士の合体なので、
ここが変わり目です。


また、クロムウィールの合体により
凹凸が無くなっているので、

防御力が半端ありません。


他のベイに5回くらい攻撃されても
大丈夫だという自信はあります。


また、金属なので、
攻撃力も増強しています。


これはなかなかの期待感です




一方、持久力は無いのか・・・・

いえ、それも大丈夫です。







前にも紹介した
「バーサーカーべギラドス」の
パーツと全く同じで、


SR200(スタミナリング200)と
BWD(ビッグワイドディフェンス)
だからです。


先ほど、シンクローム合体したベイを
ゆる〜く回してみましたが、・


1分も回り続けました〓炎




クロムウィールは攻撃力・防御力
軸は持久力

お互いの短所を打ち消した
バランスタイプになりました。


このバランス、究極タイプかも・・・・


【タカラトミー】【ベイブレード】【秋の感謝セール★ベイブレード】ベイブレードBBG-20 シンク...


タカラトミー ベイブレード BBG-22 スターター バーサーカーベギラドス



    >>次へ
プロフィール

タテキョー
私は、社会人で仕事時間が多くても、 ゲーム・ネットビジネス・おもちゃ中心に 提供していくブログです。 できるだけ、読者に分かりやすくて 役立つように心がけています
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
  • SEOブログパーツ
Loading
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
マイブック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。