広告

posted by fanblog

2015年06月18日

10. 目的は何?

――何、この人、誰もいないのだから、一つくらい席を空けて座ればいいのに。そんなにくっついてこないで――私は思いました。

その男は少しすると、初めは正面を見ていた顔を、なぜか私の方に変えました。

「あの、、、」
何なのだろう、、私は怪訝そうに目を右肩に向けました。
「あの、、、ホテルに行きませんか。」
「、、、、」

私は、何のことかわからず、ただ黙っていました。この、どこの誰だかわからない、とにかく、疲れているのか、青白く、不健康に見える男――年は20代終わりか30の初めくらい。顔の形はまとも――いえ、まともと言うと中の下あたりに聞こえてしまうかもしれませんが、中の上、顔だちはいい方でした。しかし、一見、不良だとか暴力団といった外観を有しない、全く普通の、ただ、疲れた社会人と思われる、この男は、いったいどういうわけで、まだ10代で、これまで勉強ばかりして社会のことなど何もわからない女の子に、こういう発言をするのだろう。世の中の普通の社会人の男を言うのはこういうことをするのだろうか、、、そうだとしたら、私はどう反応したらいいのだろうか。。

私はどうしていいのかわからず、ただ、黙っていると、その男は私の手に触れ、次に、その手首を掴み、そして、私の手を引っ張り、自分の股――正確に言うと、その男の、ゆったりとした焦げ茶色のズボンの上から、その股間のチャックの上から、その中の肉体を触らせました。そして、軽く内側に丸まった手のひらを開かせ、そこの、硬いものを握らせ、さらに、そのまま、私の手を掴み、男は、その硬いものをマッサージするかにように、私の手の上から指で少しずつ押しつけていました。

この人は、見ず知らずの女の子に突然寄ってきて、何でこういうことを?何が目的で?私は学校に行って授業に出ないといけないのに、社会人の人ならなおさら忙しくて無駄な時間など費やしている暇などないはずなのに、、、そんな大人がどうしてこういうことをして来るの?

私はただ、不安でどうしていいか分かりませんでした。


自分の身は自分で守らなくては、、、


posted by SINRO at 02:50| ダンス
プロフィール
SINROさんの画像
SINRO
塾経営&先生+ダンス愛好家。
ブログ
プロフィール
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。