広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年04月11日

13.新たな出会い

5/24 夕方5時43分。私は控室で着替えを済ませ、サルサ会場にいた。まだ人の数は少なく、ガラガラとしている。前、親しくなった、と私が勝手に思っていた人もまだのようである。来るのかな、と思いつつ、まずは柔軟体操。
 バレエをするのであれば事前の柔軟体操は当然で、しなければいい踊りができないどころか怪我の原因にもなってしまいます。これは他のスポーツでもそうです。ただ、サルサはただの楽しみと軽く扱う人が多く、周りで事前の準備体操などをする人などはいません。逆に怪我をするほど頑張ることは好ましくなく、気を抜いてするのが良いようです。としても、私はこれまで真剣に取り組んできた運動の一環として、周りの人はどうでもいい、自分はしたい、重要な点はそこです。私としてはこれも健康な体・体力・容貌を維持・向上させるための手段の一環なのです。
ある程度の柔軟をした後、私は立ち上がり、会場を見渡した。適当に手を差し伸べた人ととりあえず踊り、そして休憩――1曲踊り、2、3曲他の人を見るという様子で時間は過ぎ、ふと見上げると、あの人がいた。わあ、良かった、来たんだ。私は、前回知り合った、あの、感じのいい男の人を見つけ、近づき声をかけた。
「元気だった!」
てっきり覚えてくれているだろうともったものの、その人は何かぼっとして、
「あ、ああ。」
と暫く経ってようやく思い出した様子。まあ、世の中こんなものだと思いつつ、私は手を差し出した。
その男性は、年は40代後半、50近く。背は163センチくらい。5センチのヒールを履いた私とほぼ同じ背丈である。こういう場所に普段来ない私としては貴重な出会いであったが、相手はあまり覚えている様子もない。普段から出会いあの多い環境にいる人からすればいちいち覚えていられないということなのであろう。安定かつ無難な約5分の踊りを終え、私はお礼を言い、それでもやはりがっかり感は隠せず、人生こんなものだと、またぼうっと立って人を見ていた。
その時、手を差し伸べる人がいた。見かけ30代、185センチほどの長身で、BMI21.3くらい、すなわち標準体重の男性。サルサダンスとは、楽しみとしてするものと思っていたが、なぜか、物帳面の多いこの会場。そんな中では明るい表情をしている人だった。
「前回あったね。」
私は嬉しくなって言った。


posted by SINRO at 21:35| (カテゴリなし)

2015年07月03日

12. パトロール要請

5月24日、時間は夕方5時1分―−初めの荒々しい態度は消え、すっかり落ち着いていたその警官は、私の目の前で肘を机につき、手をあわせ、ただ聞いていました。
「あの慣れた様子、初犯ではありません。初めてで、あんなふてぶてしいことはできません。これまでに多くの女性に被害を及ぼしていると思いますよ。私は最近、ここでダンスを習い始めて、また来なくてはならないのです。帰りが遅くなります。また、被害に会いたくないのです。」
私は言いました。私の被害の受理をしない、その警官は漸く口を開きました。
「それでしたら、パトロール要請です。被害届というのは、被害に遭ったその時だけですから、その後の要請は、今後の予防のために警察にパトロールの要請をするということになります。」
「そうですか、、」
私は腑に落ちないものの、他に返す言葉もなく、ただ相槌を打ちました。そして、警官の出す、更紙のような茶色の紙に、聞かれたとおりに名前、生年月日、住所、電話番号を答えました。何のフォーマットもない、その紙の中央上にただ、メモ書きをしたかのような、絶対に正式に受理したなどとは思えない、ただ、被害届を要望する者を宥めて帰そうとだけするような書き記しの最後に、その警官は、
「職業は、」
と聞き、すぐに、そんなに難しく考えなくてもいい、お決まりの答えでいい、というかのように、
「会社員とか、、」
と付け足しました。私は、会社員だとか公務員だとか、その職業内容の不明な言い方ではなく、その警官の目を見て、
「教師です。」
と、自己の職業性格のわかりやすい表現で答えました。教師と答える私の意図を理解してくれたらいいのだが、その男は、そんなことはどうでもいいとばかりに、無感情な顔つきを変えませんでした。
話も終わりだ、私はそう感じ、身の周りのものを確認して立ち上がりました。
「ダンスは何時からですか。」
帰ろうとする私にその男は聞きました。
「5時半からです。今日は現場検証をするのだと思って早く来たのですが、、」
そのつもりだったのだが、すっかり遅くなってしまっていた。もう5時16分になっていたのだ。
「この間は携帯電話を忘れて電話ができなかったので今回は身に着けてきました。」
と、私は、ベルトにつけた携帯に手を置き、それをを示しました。その男はちらりとそちらに目を動かしました。
「サンダルのせいで走れなかったので、今日は運動靴で来たし、、」
と私は足元を見せ、その警官はまた、特に興味もなさそうに、下を見ました。
粘って何とか話をしていたが、これまでだ、私は交差点の信号の方向に顔を向け、行こうとしました。その時、
「終わりは何時ですか。」
男は聞きました。
「9時くらい、9時少しすぎになります。」
私は答え、その場を背にサルサ会場に向かいました。



posted by SINRO at 01:36| ダンス

2015年06月22日

11. 別に誰だっていい

この人は、見ず知らずの女の子に突然寄ってきて、何でこういうことを?何が目的で?私は学校に行って授業に出ないといけないのに、社会人の人ならなおさら忙しくて無駄な時間など費やしている暇などないはずなのに、、、そんな大人がどうしてこういうことをして来るの?

私はただ、不安でどうしていいか分かりませんでした。

私は自分の手の引っ張られた方向を見、そしてその目を少しずつ上にあげ、その男の顔を見、
「何で?」
と聞きました。
「いや、何でもないよ。」
その男は、こんなこと何でもないだろ、何でいちいちそんなことを聞くの?という様子で、そして、
「ただ、何となく、、」
と付け加えました。
そうか、理由なんてないのだ、、、ただ、何となく、それでどこの誰だかわからない10代の子の手を無理やり引っ張り、何だかわからないがこうやって自分の性器の上に人の手を押しつえ、上から自分の手でおして揉ませたりするのだ。――私はただ黙っていました。
その時、ファオー、という音がし、代々木上原行の電車が到着しました。ドアが開き、人が降りてくる。私はどうしていいものかと、ちらちらとその男を見つつ、チャンスを見計らっていました。そして、大方の人が降りた時、今だ、とその男の手を振り払い、ダッ、と電車の方に駆け寄り、乗車しました。ドアはその時閉まり、私の安全は確保されました。
ドア越しに見えたその男、相変わらずその場に座ったまま、振り払われた自分の手を股間に置き、顔色も何も相変わらず、青白い、不気味なほどの不健康な色合いのままでした。

――特に私に興味があったわけでもさらさらない、別に誰だっていい、ただ、その時偶然に出会った子であればだれでもいい、この世に人などいくらでもいる、どうでもいい――
男の顔からは、そう読み取ることができました。




posted by SINRO at 21:27| ダンス

2015年06月18日

10. 目的は何?

――何、この人、誰もいないのだから、一つくらい席を空けて座ればいいのに。そんなにくっついてこないで――私は思いました。

その男は少しすると、初めは正面を見ていた顔を、なぜか私の方に変えました。

「あの、、、」
何なのだろう、、私は怪訝そうに目を右肩に向けました。
「あの、、、ホテルに行きませんか。」
「、、、、」

私は、何のことかわからず、ただ黙っていました。この、どこの誰だかわからない、とにかく、疲れているのか、青白く、不健康に見える男――年は20代終わりか30の初めくらい。顔の形はまとも――いえ、まともと言うと中の下あたりに聞こえてしまうかもしれませんが、中の上、顔だちはいい方でした。しかし、一見、不良だとか暴力団といった外観を有しない、全く普通の、ただ、疲れた社会人と思われる、この男は、いったいどういうわけで、まだ10代で、これまで勉強ばかりして社会のことなど何もわからない女の子に、こういう発言をするのだろう。世の中の普通の社会人の男を言うのはこういうことをするのだろうか、、、そうだとしたら、私はどう反応したらいいのだろうか。。

私はどうしていいのかわからず、ただ、黙っていると、その男は私の手に触れ、次に、その手首を掴み、そして、私の手を引っ張り、自分の股――正確に言うと、その男の、ゆったりとした焦げ茶色のズボンの上から、その股間のチャックの上から、その中の肉体を触らせました。そして、軽く内側に丸まった手のひらを開かせ、そこの、硬いものを握らせ、さらに、そのまま、私の手を掴み、男は、その硬いものをマッサージするかにように、私の手の上から指で少しずつ押しつけていました。

この人は、見ず知らずの女の子に突然寄ってきて、何でこういうことを?何が目的で?私は学校に行って授業に出ないといけないのに、社会人の人ならなおさら忙しくて無駄な時間など費やしている暇などないはずなのに、、、そんな大人がどうしてこういうことをして来るの?

私はただ、不安でどうしていいか分かりませんでした。


自分の身は自分で守らなくては、、、


posted by SINRO at 02:50| ダンス

2015年06月10日

9.あの顔色

―そうだ、あの顔色は、顔つきは、あの様子は、覚えがある、、、昔あったのと同じ顔だ。。。。

あれは、私が10代、大学1年の時、、、
9時開始の1限の授業のために早く起きて、始発に乗るために、駅で10分少し並び、120%満員を回避するため、何とか席を獲得し座り、そして、座った後は、よくあったことだが、やはり睡眠不足の私は電車の中で深い眠りに陥ってしまった。

はっ、と目を覚ますと、未だ人の多い電車の中で多くの人が降りようとしている。あっ、そうだ、ここだ、降りなくては、、、そうだ、このくらいの人の中でこのくらいの人が降りる、いつもの降りる駅だ、、、

私は寝ぼけた頭で、乗り越したらいけないと、何も考えずに降りました。乗り越したら遅刻なのです。

そして、目の前に見たのは「御茶ノ水駅」の文字。ああ、大手町でなくてもこのくらい降りるのだ、、、私はため息をつきました。もう遅刻だ、、、どうしょうもない。潔くあきらめるしかない、、、

私は、皆が改札に向かって出口の方に向かって歩いて行く中、反対方向に歩いて、誰もいないベンチに座りました。朝、8時42分頃の地下鉄の、このさっぱりとしたなか、皆、朝のお勤めのために行ってしまい、私一人がベンチで次の電車を待って座っている、その時、一人の男が歩いてきました。

もちろん私はそんなことはどうでもよく、そんな男の方を見ようともしませんでした。しかし、この、誰もいない中、5つもあるこのベンチに座っているのは私だけ、という中、その男は、なぜか、私にくっついてすぐ隣に座ってきたのです。

―何、この人、誰もいないのだから、一つくらい席を空けて座ればいいのに。そんなにくっついてこないで―私は思いました。

ギター買いました。でも、一人じゃ弾けないね、、、ぴかぴか(新しい)


posted by SINRO at 02:54| ダンス

2015年06月09日

8.あんな被害とは、、

「もう、私は、あんな被害に遭いたくないのですよ。」

―あんな被害、、、

あんな被害とは、、、
「背丈は175を超えて、すらっとした感じでした。服装は、白いシャツに、黒目の色のズボン。白いシャツといってもフォーマルな感じではなく、襟元にチェック柄の入ったカジュアルな感じでした。顔は、やけに色の白い、、、」
私は何と表現していいのか、少し止まりました。
「白人ですか?」
警察官は、先ほどの強硬的な口調とはうって変わり、落ち着いた様子で尋ねました。
「いえ、そうではないのですが、、、白いというよりも、不健康に青白いという感じで、、まさに、日にあたらない、室内での職業、と思われました。あの顔色は、夜のお酒関係の人かなと思いました。。。」
警官はただ、私を見つめ、黙って聞いていました。

―そうだ、あの顔色は、顔つきは、あの様子は、覚えがある、、、昔あったのと同じ顔だ。。。。

JimdoでHPを作りました♡


posted by SINRO at 01:15| ダンス

2015年06月06日

7.なんとかならないのか、、

5/24、とても良い天気でした。
その日、私は可愛い白のワンピースを着つつ、ただ、若く見られてしまうため、それを隠すために、凝った刺繍やレースが下方についたロングスカートをはいていました。日焼け防止のため、黒に黄色のラインの入ったトレーニングウエアの上着を用意したものの、結局、暑くて着ず、バッグの中に入れ、そのため、バッグは、膨らんだ状態となっていました。
もう夕方だというのに日差しが強く、また、六本木駅を出てから交番まで、大した距離ではなかったものの、そのまぶしさから、日傘を持ってくればよかった、と後悔しつつ、私は、交番に到着しました。
そこには、向かって右前に若い警察官が立っており、姿形は良いものの、失礼な口をやめない。3回も怒って「敬語を使うように」と言った後、ついに「です、ます」調を使ってくれるようになり、再び、私がその交番に着く前と同じ、まぶしいが、しかし、平静な状態が戻りました。
私もその警官も少し移動し、向って左側にあった机を前にし、二人ともその場にあった椅子に座りました。

―しかし、その警官は私の被害届提出依頼は認められないと言う。

「被害を受けたその時に、その場で、すぐに電話をしないとだめなのですか。」
「そうです。」

被害届提出依頼は捜査を要請するものだから、その時、その場でないと捜査はできないというのだ。

では、その場でできなかった場合はどうなるのだ、、、
私は両手を膝に置き、膨らんで大きく見えるバッグを床に置き、ダンスシューズや上着がバッグの上から溢れそうになるのを押さえ、崩れないかと少し気にしながら、顔を上げ、ゆっくりと視線を目の前にいる警官に向けた。そして、このままでは引き下がらない、と口を開けた。
「あの日は携帯を忘れてすぐに電話ができなかったのです。のどが痛くて大声を出すのは辛くて、また、サンダルが足にあっていなくて走れなかったし、、」
その男はただ聞いていた。
「いくら『嫌だ』といっても手を離さないあの態度、初犯じゃありません。初犯にあんなふてぶてしい真似はできませんよ。これまで何人もの女性にああいうことをしてきたと考えられますね。もう、私は、あんな被害に遭いたくないのですよ。」

―なんとかならないのか、、私はさらに話し出した。  SINRO blog

れっくで完全整理択一六法、買いました♡


posted by SINRO at 03:30| ダンス

2015年06月05日

6.警察官、顔は良くても、、ああ、ため息。

交番の前には、体つきはすらっとして、顔だちは整った、若めの警官が立っていました。
「すみません。先週路上で痴漢にあったので、被害届を出したいのですが。」
私が話しかけると、その男は、きっ!と感じ悪く
「先週っていつ!」
と強い口調を発しました。えっ、なにこの失礼な態度、、馬鹿じゃないかと思いつつ、
「ちょっと、先週って1週間前、、、」
と口にすると、
「1週間前っていつ!」
と、また、怒ったような物言い。私はため息をつき、
「ちょっと!敬語くらい使って!」
と、怒りました。自分でカレンダーくらい見ろよ、普通見るだろ、と前を見ると、カレンダーが張ってあるのです。これを見れば1週間前の日付がわかる。顔はいいのですが頭は悪いようで、自分では考えたり、相手に気を利かしたり、気を遣ったりなど決してせず、ただ、ガキ大将のようにえばっているのでした。私はそのカレンダーを見て、5/24だと、1週間前の日付を教えてあげました。
その後もその男は横柄な口を止めず、私は、
「もう、敬語くらい使って!」
とまた言い、それでもその警官は聞く耳持たずで、ふてぶてしい口を止めませんでしたが、ついに私は
「だから、あなた!もういい加減に敬語使って!って言ってるでしょ!」
と大声をだし、それがなんとか効を奏し、彼は、漸くまともな口をききはじめました。ここまで怒らないとこんな当たり前の対応もしてくれないのか。。。。
私は事情を話し、被害届を出したいと伝えました。
しかし、彼が言うには、
「被害届というのは、捜査依頼なんですよ。だから、事件の起きた、その時でないとだめなんですよ。」
と、受理せず。
そんな馬鹿な、、!
「被害を受けたその時に、その場で、すぐに電話をしないとだめなのですか。」
「そうです。」
そ、そんな、、その時はできないってことだってあるではないか、、

痴漢は刑法176条の強制わいせつ罪。これは親告罪で、訴追を求める意思表示。これは被害者の意思を尊重するためのものなので、親告罪については告訴がなされなければ捜査もなされない。それなのに、この警官は、親告罪において、被害届が捜査依頼の意思表示をするものだというのだ。被害届と告訴の区別もわからず仕事をしているようであった。通常、「告訴」や「告発」を受理されにくいことはあっても「被害届の提出」は、簡単に受理してもらえるものなのだ。
この警官はいったい――ただの勉強不足なのか、それとも自分の仕事を大変にしたくないから受理をしないのか――謎である。。。続く



や、安い!また新しいHPを作るぞ。。。♡


posted by SINRO at 02:10| ダンス

2015年06月04日

5.いざ、現場検証へ!

よし、今日は、サルサに行くぞ!
今日はこのお洋服にしようかなあ、とか鏡の前で見ながら、いや、しかし、このドレス丈はまずい、、、!また痴漢にあったりしたらどうするのだ、と可愛いドレス着つつ、上から足首まであるあくまでおしゃれ、かつ高級なロングスカートをまとい、ええと、、上半身は、最近、云年前に行方不明となっていた、実は、早稲田大学の体育用に買った、しかもわずかしか着ていない、ほぼ新品のトレーニングウェア、が突然出てきた!という偶然ともいえる再会を祝し、これを羽織る、と。。。
まあ、いいでしょ、これで、、、かっこいい!
嘗て、私の洗練した身のこなしに、
「おばさんみたい」
などとほざいた貧しい奴がいた。そいつ、分かってない、いや!全く、全く!分かっていない。貧しさのあまり
☆☆☆彡美しい女性は、自己防衛のためにあえて真実を隠さなくてはならない☆☆☆彡
という事実が分かっていないのだ。まあ、そんなやつに、卓越した彼女等、持つことは不可能でしょうから。。。どうでもいいが、、と。
ああだこうだと長くなりましたが、ついに服装は決定し、行かなくては!まずはあの、現場検証のために、あの、最寄りの交番に行かなくては、、、ねっ♡


ワイン飲もう。。。♡


posted by SINRO at 01:00| ダンス

2015年06月02日

4.痴漢に対する警察の反応

またまただいぶ経ってしまいました。眼痛がひどくてパソコンに向かうのがつらいのです。パソコンはできる限り控えています。でも何とか、漸く少し、、

5/17のサルサの帰りに痴漢に合い、あの、何度「嫌だ」といっても手を離さない、ふてぶてしい態度にむらむらと怒りをため、次の日、仕事の帰り道、地元の交番に立ち寄りました。
「昨日、路上で痴漢にあったので被害届を出したいのですが。」
むっ、と年30代風の男性警察官の顔が真剣な様子に変わりました。
「六本木なんですよ。被害届ってどこに出したらいいのですか。。。」
男は一歩前に踏み出て、
「六本木ですか。。。でしたら、その近くの交番ですね。」
と、ゆっくりと、抑えた声で言いました。
「そうですか。それでいいのですか。。。被害届というのはどこか特別なところに行かなくてはいけないのかと思いました。」
「最寄りの交番です。現場検証しますからね。」
そうか、、ふうむ。
その声を聞いて、事件か!と感じた別の、少し上官らしき男が奥から、やはり、真剣な様子で顔を出しました。事件だな、、治安を守らなくては。。。という空気が漂い、私は、そうだ、現場検証をするんだ、と身を引き締め、
「分かりました。ありがとうございました。」
とその場を背に帰路へ向かいました。
よし、来週は早めにいかなくては、、、続く。。。

ピザ、食べたいな♡


posted by SINRO at 03:17| ダンス
プロフィール
SINROさんの画像
SINRO
塾経営&先生+ダンス愛好家。
ブログ
プロフィール
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。