広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月02日

心はどこにあるか

心も氣の固まりである。
心はどこにあるのか?

白隠禅師さ腰脚即心といって、腰だの足だの腹だの
にある心はよい心。すなわち精神、意識、悟りというようなものは、
へそから下にあるといっている。

迷える心、苦しむ心は脳にあるらしい。

心はどこにあるのか突き詰めていくと胃のあたりではないだろうか、
胃だの腎臓などき心がたまっている。
そうして、それが固まると、思うように體がうごかなくなる。
思ったり心配したり悲しんだりすると、まず胃のあたりを
中心としたところに、かたまりがあるように思う。

そうした時に息を大きく吐くと氣が楽になる。大きな息をして鼻から吸い込んだ
息を全身のすみずみまで送り込むと、わだかまりがなくなり健康になる。

心が體を使うのではなく、體が主体となって精神的に働く、
氣力で働けば肉体はいくらでも健康、賢明に働き長生きもできる

夜中の12時は眠りの中心、昼間の12時は働きの中心。


【このカテゴリーの最新記事】

2016年09月28日

水野南北の言葉


水野南北の言葉  開運の極意

病気のない吉相のヒトであっても
若いときから毎日贅沢な食事のヒトは
年をとって胃腸の病気になる
毎日仕事に精をだすだけでは
立身出世するものではなく
一生懸命倹約して、大食をつつしみ
少しでも天から頂いている
食物を延ばし
これを基礎とし立身出世を計るより他はない
飲食に贅沢三昧をし、したい放題をして、立身出世を
望むのはおおばかものだ
返す返すも飲食をつつしむことが第一である
例え貧乏で苦労の多い人相でも
自分自身で貧乏人らしく粗末な物を食べ、
これを厳重に守り抜くときは
自然に貧しさから抜けだして
相応の財産かできる
これを自福自得という
普通、氣が強いというのは
ただ強気一方でがむしゃらに非道を押しきってするのをいう
酒や肉をたらふく飲み、たらふく食べて
いかにも元気強そうにみえをはるのは、
本来天理にそむくもので長くは続かない
つつしみがあって
そうして身を立てるヒトであってこそ
はじめていついつまでも長続きする
例え千日千夜祈ったとしても
そこに誠がなかったならば
決して神明には通じない

もし誠をもって祈ろうと思うならば
自分の命はを神にささげよ
飲食は、わが命を養う本であり
飲食を捧げることは
自分の命ささげるのと同じである
神は正直なヒトの頭にやどられる
濁ったものは受け入れない
ふだん三椀であれば
毎日お膳に向かって
自分の信じる神仏やわ心に思い祈るならば
どんな願いでも叶えられないことはない
1つの道にすぐれているものは
例えつつしみが堅固であったとしても
天は更に困窮を与えられることがある
これは更にいっそう道に励まそうとされる天の御心である
大人はこんなことに心をまどわされず
ますますその路に励むので
遂に天下に名を成す
小人は心がすぐに乱れてつつしみを捨て
天を恨むので、一生ふらふらして
目的を達成することができない
たとえ小人であっても飲食をつつしんで
厳しく決めると心は乱れない
心が乱れなかったなら、そのうちきっと目的を
達すること疑いなし
だからまず飲食を慎み
そのほかどんなことでも
善いということを
実行して天運をまっておるがよい
運はめぐるである

善いことも悪いこともみんか自分の実行に
従ってまわってくる
運は報いるのである

自分で一度善いことをすれば
その報いは必ず自分にまわってくる
吉凶ともその報いがまわってくることは
天地の法則である

運は、はこぶである

自分の行う善事が小さくても
これをだんだん積み重ねていくときは
終いには天下の大きな善事を成し遂げる
命のある間はどんなヒトにも運がある

朝早くから起きて毎日の仕事に精を出し
その上飲食をつつしんで怠らなければ
自然に天理にかなって運は段々開けてくる
これを開運という

2016年09月27日

超越した占い師 水野南北

整體サロンしましまの大島です。

江戸時代に水野南北という、占い師がいました。
占いというと、当たるも八卦当たらぬも八卦ですよね。
ところが水野南北は万に1つの狂いなしといわれ、100%
当たるとされたのです。

だから晩年には、蔵がいくつも建ち天皇や皇族方もお伺いをたてにきて、
ただの民間人なのに、最後には爵位までもらいました。

南北は、研究を重ね、80%まで当たるようになった
ところで、さらにもっと優れた人相見になりたいといろいろなことを
していきました。

まず、風呂屋の三助。風呂屋では、みんな裸ん坊になるので
全部相がみえるわけです。それを3年して、次に散髪屋を3年。
生え際とか耳の形とか徹底的に見ていきました。
それから次に、焼き場の穏坊主を3年。
焼いたあとの骨まで見て骨相を研究しました。
かくして合計9年修業して、80%から95%まで
あがりました。

もう東西きたっての人相見です。それでもまだ満足できずに100%にしたいと
全国をまわり、最後に伊勢神宮の五十鈴川で身を清め、天よ我に百発百中の秘技を教えたまえ
と祈りました。すると、天からぱーっと言葉が降りてきたのです。

命は食にあり、食は命なり。そこで南北間はようやく、そうか、そういうことだっあのか。
と理解し。人相と食べ物の関連を発見した初めての人相見になりました。
それ以降、百発百中万に1つの狂いなしとなったわけです。
その南北の著者『開運の極意』からこれを実行すれば100%という言葉を
次回傷害します。

2016年09月25日

便秘の8割の方に効果あり

整體サロンしましまの大島です。

ガスが腸内にたまって外に
でないために、蠕動運動が起こらず
便秘になります。

それを改善するには、座布団をお腹にあてうつ伏せに10分
くらいなることです。その後左右にゴロゴロ寝返りを5回
ほどします。
それだけで、ガスが出やすくなり便秘改善になります。

食事も大事です。
動物性食品をとりすぎると腸内のガスが発生しやすいので、
とるときには、野菜をしっかりとることが大事です。

とくに、食物繊維の多い野菜がベストです。

食物繊維には、不溶性と水溶性があります。
このバランスが大事で、
水溶性の多い、アボカド、海草類、芋類、大麦が
効果的です。
特に大麦はバランスシートが抜群にいいのでおすすめです。

バナナは、食物繊維は少ないですがオリゴ糖が多い
ので効果的です。

腸内環境を整える事が健康の第一歩です。
コツコツ続けて何年かかけて改善しますので、
気長に継続していきましょう☆

2016年09月22日

氣を取り込む呼吸法


氣を取り込み、健康で豊かな日々をおくるには、
全身呼吸をする必要があります。

常に全身呼吸、絶対呼吸、細胞呼吸
というような、大きなカラダいっぱいの
呼吸をすると、人間性が変わります。

下から吸い上げる息と上からの呼吸とを
いつも、カラダの中心でつなぎ生かされ
、生きることに完全に生きなければなりません。

毎朝カラダを横たえて、寝ながら全身呼吸をする
習慣を身につけると、全身全霊で生きる、
落ち着いた賢明な健康なヒトとなることができる。

これは、単なる健康法ではなくて、賢明な健康な
生き方の根本である。

人間は、意識が多すぎから、つい、上半身
で意識呼吸をしてしまう。
生かされる無意識呼吸をすれば、
それが生かされ、生きるという当然の
全身呼吸法とかるのである。

生まれたままの赤ん坊も動物も自然呼吸している。

宇宙に生かされているからである。
全身呼吸をしていれば、まさに雑念や妄想などは
なくなってしまう。

性新統一など、特別な事をしなくても、肉体全体が統一する。
精神が統一し落ち着いて静かに肉体に付き従ってくるようになる。


2016年09月21日

しましま整體の特徴

整體サロンしましまの大島です。

しましまでは、ボキボキしない手技療法と氣エネルギーの
相乗効果で自然治癒力を引き出し
體を整えていきます。

筋肉の凝りは、最終的には氣エネルギー不足が原因です。
氣エネルギーが入ることに根本から筋肉を緩めていきます。
また、ストレスを抜くこともでき體と精神の両方
を整えていきます。

スポーツ選手には筋力アップ、体幹アップ
重心調整、関節の可動域アップ、柔軟アップ
など氣エネルギーを入れることにより面白い現象がおきます。

物質にも入れることができ、重さはかりませんが軽く感じるようになります。
ゴルフクラブ、ラケット、バット、ボール、あらゆるものに入れる
ことにより記録向上が見込まれます。

メンタルも強くすることもできます。

これからの時代は、氣の時代です。
氣エネルギーを上手につかって、豊かな日々をおくりましょう。

約60分
3500円

08097900024
岡山県倉敷市玉島乙島7471-232
整體サロン sima・siMA
9:00~19:00
定休日 木曜・第1、第3金曜日

2016年09月20日

氣の神秘 全ては氣でできている

整體サロンしましまの大島です。

宇宙生命とは何か?その本質は何か?
それは光と氣である。

それが熱となり力となって働きかける。
氣が光になり熱を起こして変化してくる。
氣がものを創る、氣がものにする、物事というものは
すべて、氣によって行われているものなのである。

ヒトのカラダの氣と宇宙の氣は全く同じである。
生命も宇宙も同じ氣である。ヒトのカラダは氣で生かされ、
生きている。
物質の最小限の極めというものから先が氣の世界になっていく。
氣は物ではないけど、物になっていく氣、物質以前の氣。

悟りというのは、物事の道理を肉体、生命の
根本で知る事である。

氣が病むと病気 氣が元に戻ると元気。病は氣からである。

森羅万象、万事万物、気候、天候、政治、
経済、産業、農業全て氣である。

宇宙の中にヒトがあり、ヒトの中に宇宙がある。




2016年09月19日

豊かな日々をおくるために気をつけること

整體サロンしましまの大島です

豊かに過ごす為には、豊かに過ごす為の方法があるのです
そして一番大事なのは、やり続けることです

1食事を疎かにしない

忙しいからとファストフードや買ってきたもの
インスタントラーメンなどばかり
食べるのではなく、手作りにする
最低限、塩、砂糖、味噌、醤油、油
は手間暇かけたものを使う
いい食材を使う

食べる時間をいつも一緒にして、間食はしない

腹八分にする




2身の回りを綺麗する

ゴミをこまめに捨てる
洗濯をこまめにする
部屋をこまめに掃除する
毎週布団を干す
歯を朝晩きちんと磨く
風呂に毎日入る


3早寝早起きをする

4常に成長するように学んでいく

5ギャンブルしない、サラ金にかりない

6自己主張をしすぎずに、相手を理解し認めていく

7マイナスの言葉を使わずにプラスの言葉に
 変換する

8明確な目標をもつ




カラダは宇宙のリズムと繋がっている 

倉敷市玉島乙島の整體サロンしましまの大島です。

ヒトも宇宙の一部であり宇宙そのものであります。
外宇宙と内宇宙も一つです。

その証拠に、
宇宙は60兆の星 ヒトは60兆の細胞

陽子と中性子が電子を生む  男と女が子を生む

地球の水分とカラダの水分は同じ割合

昔の海水と羊水の塩分濃度は同じ

地球は自転しながら公転している カラダは各臓器で渦を巻きながら5つの中で循環し
家族単位で自転し、社会の中で公転している。

五大陸 5臓 5体

宇宙は木火土金水 カラダは肝神脾肺腎

波の1分間に18回 呼吸も18回

それを倍にしていくと

体温の36

最低血圧 脈拍の72

最高血圧の144

10月10日の288

目は576メガピクセル

カラダが全て入れ替わるのが1152日

などなど

ですから我執着を少なくし宇宙のリズムで過ごしていけば
結果的に健康で長生きし豊かな日々になるのです。

2016年09月18日

全ての道は料理に通じる。料理を究めれば真理が観える。

整體サロンしましまの大島です。

料理とは真理(ことわり)を料(はか)るとかきますね。
医学も建築学も心理学も哲学も芸術も全てをまとめたものが料理です。
儒教では皇帝の次に位が高いのは典座(てんぞ)という料理人です。

和食の世界でも花板は医学とかも習っていたみたいです。
ですから、花板はカウンターにいてお客さんの服装、声のトーン、
顔つきをみると好みが分かるので厨房に細かく支持できるわけです。

それを偉そうにせずに当たり前のようにできる店が
結果的に繁盛するわけです。
そこにたどり着くには下足番というお客さんの靴を管理する見習いがあるのですが、
ただ靴をしまうだけではなく
靴の減り方の偏りを見てカラダの陰陽を判断することから始めるのです。

大きい視野で観ると
整體も料理の為。
店を9か月もかけて手作りでリフォームし建築を学んだのも料理の為。
絵を描くのも料理の為。
です。

外に真理を求めたり。山で悟りをひらいたり。瞑想や座禅をしすぎたり。
ではなく日常の家事を丁寧に気持ちを込めてすることこそが、一番の真理探究なのです。
そして、料理を真剣にしていくと、家族全員健康になり、人間関係もよくなり、経済も潤うのです。
その要(要という字は女が土台と書くからも)は、女性であり主婦なのです。


ファン
検索
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
sima・siMA(しましま)整體さんの画像
sima・siMA(しましま)整體
倉敷市玉島乙島で整體サロンsima・siMAをしながら西阿知のマツエダ薬局で第3木金に開催される健康料理教室の講師をしています。 また、アレルギーも大丈夫な健康お菓子の玄米クッキーの製造販売もしています。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。