2014年03月04日

ネイティブスピーク|話していてふっと「口の中の画像」が浮かぶ




皆さんこんにちは。
アラフォーのユミです。


私は今、朝晩のウォーキングと
ネイティブスピークが生活の中心になっています。


しばらく前まではスピードラーニングに夢中でした。


とりあえず話せるようになるには
スピードラーニングがとてもいいと思います。


けれども欲というのが出るもので、
ネイティブに近い発音にしたかったんです。


その点、ネイティブスピークは最適の教材なんですよ。


いつも思うんですけど、私は英語教材に
ランキングをつけるのはおかしいと思うんです。


それぞれに特徴があるから、
複数の教材で勉強するのが一番いいんです。


中学高校と私が教わってきた英語の先生は4人以上です。
それぞれに特徴がありました。


文法にすごくこだわる先生とか、
発音にマニアックな先生とか、いろいろです。


それぞれの先生から
いいところを学べばいいんですよ。


そういう意味で、とりあえず話せるようにという目的ではなくて
よりネイティブに近い発音を目指すなら
ネイティブスピークは最適な教材だと思いますね。




コンピューターグラフィックを使った
とてもわかりやすい教材です。


自分が英語を話してる時に
教材の画像が目に浮かぶんですね。


舌の動きとか唇の動きが絵になって脳裏に浮かぶので、
変なくせを直しやすいんです。


皆さんもワンランク上の英語を目指すなら
一度トライしてみる価値がある教材ですよ。

詳しい内容はこちら