ファン
検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
しょうさんの画像
しょう
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月12日

mustとhave toの違い

IMG_1752.JPG
みなさんこんにちは。しょうです(*^^*)
突然ですがみなさんは”must”と”have to”の違いについて意識したことがありますか?

おそらくどちらとも「〜しなければならない」という意味で習われた方がほとんどではないでしょうか。

また、”must”の言い換えではhave to”であると習ったことがあると思います。

確かにこの二つはとても意味は近いのですが、実は微妙にニュアンスが違うのです。

例えば

[1]I must stop drinking. (私はお酒をやめなければならない)

[2]I have to stop drinking.(私はお酒をやめなければならない)

二つとも日本語に訳すと同じに聞こえるのですが、実は少し意味がことなっているのです。

ではどのように違うかなのですが、[1]の方の例文では、「主観的に自分で考えてそろそろお酒をやめなければならない」[2]の例文では、[家族やお医者さん、結構診断の結果など、客観的にみてお酒をやめなければならない]という違いがあります。
つまり[主観的]な場合は”must”、客観的な場合は”have to”を使います。

この他にも、”must”と”have to”を否定文にした場合にも大きな違いがあります。

[1]You must not do your homework.(あなたは宿題をしてはいけない)
[2]You don't have to do your homework.
(あなたは宿題をする必要がない)

[1]では宿題をしてはいけないという”禁止”の意味で使われていますが、[2]では宿題を”する必要がない”という意味になります。

この理由ですが、”don't have”で持っていないと意味で”to do”ですることをと言うことになるので、”することを持っていない”ということなので”する必要はない”と言う意味になります。



posted by しょう at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年02月09日

完了形のほんとの意味

IMG_1671.JPG
みなさんこんにちは。しょうです(*^^*)
今日はみなさんが中学生の頃に習ったことがある「完了形」についたお話したいと思います。

まず、完了形と聞くと何を思い浮かべますか?

「have,has +過去分詞」を真っ先に思い浮かぶの人が多いのではないでしょうか?

もちろん正解です。では、この「完了形」の意味はなんですか?

完了形だから、「完了でしょ?」「いや経験!」「結果!」「いやいや継続」などここでは意見が分かれると思います。

しかしどれも正解です。中学生の時に完了形には「継続・経験・結果・完了」の意味があると習っているからです。

しかし、洋書などを読んでいると、完了形をよく目にするのですが、この「継続・経験・結果・完了」のどれにもとれないようなことがよくあります。

ですので、これらの「継続・経験・結果・完了」はあまり重要ではないのです。

完了形は「過去からずっと〜している」と覚えておけば大丈夫です。

例文ですが、

I have lived here for ten years.【私はここに10年間ずっと住んでいる。】

このように10年前から今までずっと住んでいて、今も続けている場合に完了形は使われます。

I have been to Japan before.【私は以前日本に行ったことがあります】

こちらも「経験」のような意味がありますが、以前日本に行ったことがあると言っているので、「日本に行ったという経験」はずっと続きますよね。

このように過去から「ずっと〜している」という場合は完了形を使います。

いかがでしょうか。少しでもみなさんの英語学習の助けになれば幸いです(*^^*)
何か意見などございましたらコメント蘭で言っていただければありがたいです。



posted by しょう at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年02月07日

aとtheの違い

IMG_1653.JPG
みなさんこんにちは。しょうです(*^^*)
しばらく記事の更新をおやすみさせていただいていました。申し訳ございませんでした。

みなさんは普段英文を見たときに、よく「a」や「the」を目にすることはありませんか?
しかし具体的にこの二つの違いは何でしょうか?

「the」は”その”という風に習った人もいるかと思います。また、あまり意識していないという方ももしかしたらいるかもしれません。

今日はそんな「a」と「the」の違いについてご説明させていただきます。

例えばですが、

I want to buy a pen.

I want to buy the pen.

という二つの例文があります。どちらともペンを買いたいという意味がこめられていますが、実は明確に違う部分があるのです。

それでは何が違うのでしょうか…?

答えは「a」と「the」の意味です。
この場合話している二人がいて、一人がペンが買いたいと言っています。

まだ買いたいペンが決まっていなくて、たくさん売ってる中からどれか適当に買う場合は「a pen」を使います。

その逆で、話している二人が「共通認識している」場合。つまり一人がペンが買いたいと言った時に、聞いている人が「ああ、あのペンか!」と分かっている時。つまり二人が共通認識していて、特定されているペンの場合は「the pen」となるのです。

ですので、話している二人が共通認識している場合は「the」を使い、共通認識していなく不特定のものには「a」を使います。

いかがでしょうか?ちょっとしたことですが意味が全然変わってきますよね!
少しでもみなさんの英語学習の助けになれば幸いです(*^^*)



posted by しょう at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年01月19日

Itの用法 Itは神様!?

IMG_1610.JPG
みなさんおはようございます。しょうです。
最近は少し暖かくなってきましたね(*^^*)
これから試験を受けられる皆様はいよいよラストスパートですね!

今日は普段からよく英文で目にする”itの用法”をテーマにご説明させていただきます。

まず、”it”と聞いた時にすぐに頭に思い浮かぶのは「それ」ではないでしょうか?
まさに僕がそうでしたし、実際に中学高校ではそう習いましたよね。

しかし、この「それ」と言うのは代名詞などで使われている場合がほとんどです。

例えばですが、「店にりんごがあった。”それ”を買った」という場合です。
この「それ」というのが”it”です。

しかし、itにはその他にも多数の用法があります。
僕は”it”は神様である。といつも生徒の子達に教えています。
”it”は神様?どういうことだ?と思われた方も多いと思います笑

なぜ”it”が神様であるかと言いますと、神様でしかどうにもできないことには必ず主語に”it”が使われているからです。

例えばですが、天気や気温を表す場合

It's sunny today. (今日は晴れです。)
It's hot. (暑いね)

”it”が主語に使われていますよね。この場合天気や天候は人間ではどうにもできないですよね。つまり神様にしか天気や天候は変えられません。
このような場合”it”が主語になります。


では時間はどうでしょうか?

It's 7:00. (7時です。)

時間も人間が自由に操ることはできませんよね?これも神様にしかできないことです。


曜日や日付もそうです。

It‘s Friday. (金曜ですよ)

これも人間ではどうにもできないことですよね。このような場合も主語はitになります。

最後に距離です。これはどうでしょうか?

It‘s 30 meters from here.(ここから30メートルの距離です。)

距離も人間ではどうにも変えようがありませんよね。

いかがでしたでしょうか?やはり”it”は神様です。笑

僕はドイツ語を勉強していた時期があったのですが、その時にドイツ人の先生がこのように話してくれました。
ドイツ語と英語は文法的に似ている部分が多いので、ドイツ語にも”it”と同じような働きをするものが存在します。

そのドイツの先生はまた、このように話してくれました「itは人間の脳の中にあって、無意識に主語に置いてるものだよ」

つまり、人間ではどうにもできないような事象には、”it”を無意識に主語に置いているようです。とてもおもしろいですよね(*^^*)

他にも”it”には形式主語など用法がありますが、またの機会に紹介させていただきたいと思います。

最後までご閲覧いただきありがとうございます^ ^
僕もまだまだ英語勉強中で未熟者ですが、少しでも皆様の英語学習の助けになれば幸いです。



posted by しょう at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年01月16日

be動詞について

IMG_1597.PNG
みなさんこんばんは。しょうです。
今日はいつもより少し暖かかったですね(*^^*)
今日のテーマは「be動詞」について説明させていただきたいと思います。

なんだbe動詞か、と思われる方もいらっしゃると思いますが、英語を話す上ではとても大切な動詞です。

まずbe動詞と言えば最初にイメージするのが「〜です」という意味ですよね。

例文ですが、単数形では

I am John. (私はジョンです。)
She is my mother. (彼女は私のお母さんです。)

と主語が自分なら”I”、主語が自分以外の単数なら”is”という風に主語に応じて、変化しますよね。

それでは複数系では

They are my friends. (彼らは私の友達です)

と言う風に複数系だとbe動詞は”are”に変化します。

ここまではとても簡単ですよね。それでは

I'm at school.

これではいかがでしょうか?私は学校です?

実はbe動詞は「〜です」の意味の他にも、「〜にいる、ある」といったニュアンスの意味があります。

ですので、先ほどの例文の意味は(私は学校にいます)という意味になります。

もちろん「〜です」という意味で使われる場合も多いですが、同じくらい「〜にいる、ある」の意味で使われることも多いので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか、すでに知っていだとという方もいらっしゃると思いますが、少しでもみなさんの英語学習の助けになれれば幸いです。



posted by しょう at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

長文読解

IMG_1595.JPG
みなさんこんにちは。しょうです。
高校3年生の人はセンター試験が終わり残すは一般入試、2年生の人は今年から受験生ですよね!
入試で大切なのは、文法や語彙もそうですが、「長文を読む力」だと思います。

もちろんTOEICや英検などの資格試験でも長文を読む力が重要となってきます。

それでは、「長文を読む力」はどうすれば伸ばすことができるのでしょうか。
僕は中学校の頃は英語が苦手だったので、このことにずっと悩んでいました。

基本的な単語やイディオムはもちろん必要ですし、文法を読み取る力が必要です。そして何よりも「数をいっぱいこなして練習すること」が最も大切だと気がつきました。

長文の中に、自分の分からない単語が3〜5つほどあるのが自分のレベルにあった長文みたいです。
ですので、自分のレベルにあった長文で練習を重ねることが長文読解力アップの鍵です。

そして一度読んだ長文を、解答の日本語訳と比べて読んでみることが大切です。

これは受験の英語に限らず、TOEICの英語にも言えることです。

そして、長文を読んでいて分からない単語が出てきても焦らずに、その前後の文まで視野を広げて、分からない部分の単語の意味を推測することが大切です(*^^*)

実際に生徒に授業で使用しているオススメの参考書は以下です


中学3年生くらいのレベル向けです。


高校入試から、高校1年生くらいのレベル向けです。


高校1年生からセンター基礎レベル向けです。


高校2.3年生からセンター試験、中堅私立大学入試レベル向けです。


難関私立大学から地方国立レベル向けです。

レベル別に分かれており、1冊に12題の長文問題があります。そしてTOEICにも対応しているので年代問わず自分のレベルに合わせて学習することができます。

これらで練習して慣れてきたら、やっておきたい長文シリーズもかなりオススメです。



こちらは30題の長文問題があります。

僕の生徒の子にも何度もこれらを練習してもらっています。笑

最初はあまり分からないと思いますが、品詞を意識して長文を読むことが大切になります。
この品詞についてはまた別の記事で触れようと思います(*^^*)
posted by しょう at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年01月15日

willとbe going toの違いについて

IMG_1587.JPG

こんにちは。しょうです。みなさんは中学校の時にこんなことを耳にしたことはないでしょうか?

「willはbe going toに言い換えられる。」

確かに両方ともこれからの未来のことを表しますが、しかし実はwillとbe going toでは少しニュアンスが異なってきます。ですので、今日はwillとbe going toの違いをテーマで説明していきたいと思います。

1.willについて

まずはwillからですが、willには「〜するつもりです。〜でしょう」と言う意味があります。

例文ですが

母親と話していて、母が「今日の夜ご飯どうしよう?」と言って、私が「俺が作るよ!」と言う場合は

I will cook dinner today.

となります。この場合、予め自分が夕食を作ると予定してなかった場合で、思いつきでこれから俺が作ると言う場合はwillを使います。

あと、willには意志未来と言うのがあります。
強い意志を表す場合に使われることがあります。

例文ですが、
やらなければならない宿題があり、早めに終わらせなければならない場合に「この宿題を3時までに終わらせる」と言う場合は

I’ll finish my homework by 3:00 p.m.

となり、絶対3時までに終わらせるという強い意志となります。


2. be going toについて

次にbe going toですが、これも「〜するつもりです。〜でしょう」という意味がありますが、先ほどのwillの場合と異なります。
先ほどの夕食の話の場合ですが、willは思いつきで予定してなかった場合に使いました。
しかしbe going toは、予め予定していた場合に使うのです。

母に夕食をどうするか聞かれた場合でも、予め自分が作ると決まっていた場合は、

I am going to cook dinner today.

となります。びっくりですよね笑笑

では先ほどの宿題の話なのですが、これも3時までに終わらせるつもりだと予め予定していた場合は、

I am going to finish my homework by 3:00 p.m.

となります。ですので似た意味でもニュアンスは全く異なってきます。英会話の時などには気をつけたいですね!

それではまとめですが、
・willは「予め決めておらず、その場で決めた未来」

・be going toは「予め予定していた未来」
に使います。

僕もまだまだ英語勉強中ですが、少しでもみなさんの英語学習のお役に立てれば幸いです。



センター試験お疲れ様でした。

こんばんは。しょうです。
センター試験を受験された方は寒い中本当にお疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?良い知らせをお待ちしております。

それではゆっくり休んでくださいね(*^^*)



posted by しょう at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年01月12日

自動詞と他動詞について

IMG_1580.PNG

英語の自動詞、他動詞について高校の時に教えてもらったけど、何かよく分からない。忘れてしまったという方は結構多いのではないでしょうか?
ちなみに僕は高校の時はあまりよく分からなかったです笑笑

TOEICのPart5の品詞問題の理解にも役立ちますので、今日は自動詞と他動詞についてお話ししたいと思います。

まず、自動詞についてです。自動詞について簡単に説明すれば、「後ろに目的語を必要とする動詞」です。

目的語とは何かですが、
まず目的語とは「動詞の目的となる単語」です。
例文ですが、
“I know him.(私は彼を知っている)” の himや、 “I like this movie.(私はこの映画が好きです。)” の “this movie” が目的語にあたります。
日本語で言うと「何を?」「誰に?」にあたる言葉です。

さらに例ですが、
I know….(私は知っている)
と言われたら、”何を?”と聞き返したくなりますよね?
この”何を?”にあたる部分です。

つまり、他動詞が来れば、その後ろは必ず名詞や名詞句、名詞節が来るわけです。


次に自動詞ですが、自動詞は他動詞の逆で、「後ろに目的語を取らない動詞」です。
自動詞は後ろに目的語ではなく、前置詞がきます。

前置詞とは、前置詞とは、単語と単語を繋ぐ接着剤のような役割をします。

例文ですが、

I go to school.(私は学校に行きます)

の”to”にあたる部分です。日本語で言うと、「〜に」「〜て」「〜は」に近く、動詞と目的語を繋ぐ役割があります。
つまり、自動詞のすぐ後ろには前置詞が来ます。

このことをTOEICでも生かして、動詞の後ろに何を入れるか悩んだ時は、その動詞が自動詞か他動詞かを判断し、他動詞でしたら名詞を入れれば正解です。

いかがでしたでしょうか。少しでもみなさんの英語学習のお役に立てれば幸いです。



posted by しょう at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2018年01月10日

TOEIC 点数20点アップ

IMG_1575.JPG
こんばんわ。しょうです。今日は雨が降っていて大変でしたね(>_<)

今日はこの記事を読むだけでTOEICの点数を20点アップさせる方法を紹介します。

今回紹介するのはTOEICのパート2のリスニング問題です。
TOEICですぐに点数を上げやすいのはリスニングであると前の記事で紹介しましたが、今回は具体的にパート2のリスニング問題についてお話させていただきます(*^^*)

まず、TOEICのパート2はどのような問題かと言うと、最初に英語の短いセンテンスが流れ、そのあとに3つ文章が流れます。最初に読まれた英文の答えとして最も適切な答えを選択肢3つの中から選びます。日常英会話で実際に使われるような英文が読まれ、意味的に最も自然なものを選びます。

例文ですが、

Where is the meeting room?(会議してはどこ?)

と先に読まれ、その後に

(A)It's the first room on the right.
(B)It's mine.
(C)They’re standing near the table.

上のように3つ読まれます。この中で最初に読まれた文章に続けるのに最も自然な文を(A),(B),(C)の中から選びます。

この場合は具体的な場所を示している(A)が正解です。

このパート2で最も重要なことは、Where,When,What,Which,Who,Howなどの疑問詞を意識して聴くのが大切です。

なぜなら、先ほど例でしたらWhere…?と聞かれればその後は場所が続いていましたよね。もしWhenで聞かれれば、具体的な時間を答える。Whoでしたら誰なのが具体的な人物が続く可能性が高いと思います。
ですので疑問詞を意識して聴くことはとても重要です。
そしてこのような問題は毎回必ず数問は出ています。

そして大事なポイントの2つ目は、付加疑問文を意識することです。

付加疑問文と言うのは、「〜ですよね」と相手に確認したり,念を押したりするときに,文の終わりにつける文のことです。

例えば

He likes this song, doesn't he?(彼はこの歌が好き。ですよね?)

というdoesn't he?の部分が付加疑問文です。

なぜこれが重要かと言うと、最後のdoesn't he?というのだけが聞き取れれば、He(彼)のことを聞かれていると分かるのでその後に続く文章は
(A) I ….
(B) He….
(C) It….

(B)が正解ですよね(*^^*)
いかがでしょうか?付加疑問文の部分が聞き取れるだけでも問題を解くことができます。

以上の「疑問詞を意識する」「付加疑問文を意識する」だけでもパート2の問題の正答率が上がり、TOEICの点数を20〜30点上げられると思います。

みなさんも是非実践されてみていただければ幸いです(*^^*)



posted by しょう at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。