広告

posted by fanblog

2016年11月14日

Barbara's Bakeryのチーズスナックは健康的・・・なのでしょうか?

Barbara's Bakeryの歴史は1971年に、まだ17歳のバーバラさんがパン屋を始めたところから始まりました。
北カリフォルニアにて健全な原料…
全粒粉やオート麦などを使用したシンプルなレシピで供したそうです。

17歳の少女の予想以上に好評を博してパン屋は盛況し、卸売りに成長。
その後40年以上の時を経て・・・
現在のようにスナックバーやスナック菓子まで扱うようになったとのことです。

この商品において健康面で言うと
小麦不使用とか、添加物無しとかくらいでオーガニック認定では無いです。

ちょっと真面目なスナック菓子という印象ですね。

袋はやっぱりビッグなアメリカンサイズですー。
iherbの画像とちょいと違うのはリニューアルしたのでしょうね。
barbaras01

中身の見た目はこんな感じです。
barbaras02

味は…
酸っぱ苦いっ!塩気というよりも、なんか妙な刺激の粉が勿体無い味わい。

酸味2
苦味1
チーズのコク2
油脂分風味2
そしてコーンの風味3
くらいのイメージなスナックです。

チーズの香りはなかなか好感触です、実に美味しそう。
しかしながら香りが良いのだけど、ちょっとチーズ感が物足りないのです。

感触はちょっと固めの仕上がりです。
口溶けに少々の難があって、口の中にダマとして残る感じがあります。
生地に使用しているコーン自体の風味が良いので不快さは少ないですね。
揚げている脂の質が良いのか、嫌味な脂肪分では無くコクを感じます。

うーん、やっぱり・・・チーズ風味の味付け粉が問題なようです。
Beanitos社のWhite Bean Crunch, Mac n' Cheeseも味付け粉が微妙でした。

私の舌がジャンクフードのジャンク感に汚染されていますので…
自然な風味に物足りなさを感じている可能性もあります。
好きな人は、ケチつけてごめんなさい。

湖池屋やカルビーの社員が出向すべきですよ!
健康的で潤沢な素材に繊細な味付けが必須です!もぅ!MOTTAINAI!

ちなみに、これ1袋で約900キロカロリーあるので・・・
『思わず1袋食べちゃうよ!』なんて書いてあるけど、どう考えても不健康です。

惜しい商品だなぁ、というのが実感です。
お酒のおつまみにするにはチーズ感が足りず、優しいコーンの甘さが微妙に合わない。
まぁ、大容量なので気軽に外国の風味を楽しむには良いですね。

Barbara's Bakery, ベイクドチーズパフ、オリジナル155gで316円
300円くらいでいっぱい入っているので、特に損した気はしていません。


バーバラさんのチーズスナック画像

ジャンクなのに素朴さを感じるバーバラパン屋のチーズスナックiherb販売ページへ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5618551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。