広告

posted by fanblog

2018年04月12日

『良質な上に見事な組み合わせ・・・』Eating Evolvedのプライマルチョコレート、クランチーカラメル85%カカオ

・・・うめぇ!


Endangered Species Chocolateのチョコと同系統の、
深みがある焙煎強め、濃厚系チョコです。
ただしEndangered Species Chocolateが『おやつ』であるならば、
こちらは完全に『嗜好品』です。
片手間に食べるなんて、勿体無い!

チョコを齧るだけの時間を作り、ゆっくりと、
五感全部で楽しむのにふさわしい品格。
・・・グレイト、ぉお!グレイトォ!

これまでに無かった、豊かだけど静謐な香りのチョコです。
チョコ自体はとても深淵で綺麗な、深みのある味わいです。

純喫茶でじっくりと時間をかけて抽出される、
上質な深煎りのネルドリップコーヒーみたいです
深い味わいで身体全部が極上の羽毛のソファに沈み込むように、
ゆったりとした余韻に浸ってしまう味わいです。

とても強い味わいであり、
少量ずつ舐めるように味わってしまいます。

コンチングは非常に丁寧であり、
100g1000円台の高級チョコクラスな美しさ
さらに上質なカカオバターを潤沢に使用しているため、
濃厚なくせにサラリと喉を通っていきます。
深い風味は驚くほど体内に残り、
軽く味わいお風呂に入って上がっても、
まだまだ胃の中にチョコを感じるくらい。

・・・これだけなら『高いチョコね』で済む話ではあります。
お金だせば買えるし。
ここで改めて賞賛したいのが、その特異なレシピです
クランチ―キャラメル、実に良い!

濃厚なカカオ分のチョコに対して
ところどころで甘さを際立たせる、
キャラメルクランチが入っているのが、
もうツボにはまって踊り出したい!

重い重いチョコレートと、軽い食感と華やかな甘さのキャラメル、
この対比が非常に面白くて食べ飽きないのです。
ココナッツシュガーだけでなくメープルシロップ使用なのも実に良い
素朴で甘美な香りが、深く静謐な森を思わすチョコと合っていて素敵!

思い切ってかみ砕くように食べると、
カカオの渋み苦味と、
強い甘さが交互に表れて調和し、
滑らかにスッと喉を通り、後には芳醇な余韻が長く続くんです。
あぁ、美味しい・・・

グレイト!おぉグレイトぉ!と賞賛せずにはいられない。
諸手を挙げて歓迎しつつ、超オススメです!

高カカオチョコに慣れていない方にこそオススメ!
高カカオチョコ好きにも、勿論オススメ!


と、写真忘れてました。
見た目はけっこう、微妙。
primalchocr01.JPG
primalchocr02.JPG
primalchocr03.JPG
primalchocr04.JPG

とりあえず、美味すぎるので他のも急いで追加注文してしましました。
超楽しみ。

Eating Evolved, プライマルチョコレート、クランチーカラメル85%カカオ、
71gで471円です。

最近の高沸してるチョコ事情を考えると破格。
質も良いし、面白いし、下手に高いだけの微妙な商品とは比べものになりません。
なんでリンツはあんなに高いのでしょうね?
ヴァローナはそんなに値上がりしてないのに。



プライマルチョコクランチ―キャラメル様画像

久方ぶりに感動しました・・・良いチョコです
Eating Evolved, プライマルチョコレート、クランチーカラメル85%カカオiherb販売ページへ!


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7543521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。