広告

posted by fanblog

2017年07月22日

『濃縮し過ぎ・・・安くて良いけど・・・』Y.S. Eco Bee Farmsの超濃縮プロポリスはハチミツが無いと詰むレベルのハードボイルド

あかんレベルのプロポリス濃縮液、
Y.S. Eco Bee Farmsの70%超濃縮プロポリスネタです。

70%ですが中に入っているエキスが2倍濃縮ですので…
生プロポリスより濃厚という、恐るべきサプリです。

プロポリスってナニ?って方向け説明です

蜂が分泌物を、主に針葉樹の樹脂と混ぜ合わせて作ったワックス状の物質です。
これで巣を物理的に守ったり、その抗菌性・抗真菌性で清潔に保ったりしてます。
強い粘着性を有していて、興味が無い養蜂家にとっては不愉快なベトベトさんです。

国や環境によって原料である樹脂を産出する樹が変わるので、
当然プロポリスもハチミツと同様に成分は一定ではありません。

ヨーロッパなどではポプラの樹が蜂から大人気ですが、熱帯でポプラは育ちません。
だからブラジルとかのプロポリスは他の樹から樹脂が集められます。
当然、中身もヨーロッパのプロポリスと異なるので差別化されるわけです。

ちなみにキューバのプロポリスもなんか上記2種とまた異なるようです。
おまけに、更に異なる特徴の地中海プロポリスが出現したり・・・
あと台湾とかタイとかオーストラリ・・・

国によって違う!で良いじゃないか!
と叫びたいレベルで色々なタイプがあります。

その辺りの事情から色も様々で有名なレッドとかグリーンとか色々あるわけです。
・・・ちなみに透明なプロポリスも発見されているようで、もうわけわからん。

おまけに、同一の養蜂場で採取してもミツバチの種類によってすら化学組成は異なるそうです。

多様性が有りすぎるので品質基準は・・・
不純物の有無による清潔度や、混濁度に関する設定が多いそうです。
いちおう、ある種の化学物質の上限下限は設定されているそうですけど。
これでは様々な特色を有するプロポリスを十全に管理できるとは言えません。

さらにはそのままではベトベトして商品化し難いので化学的に処理します
溶媒は水だったり、メタノール、エタノール、クロロフォルム、アセトンなど様々です。
もちろん処理方法も様々であり、抽出溶媒によっても抽出後に残る成分が異なります。

もう、なんか調べようとして挫折しました。
『プロポリス』と言っても…色々ありすぎです!

その上、とんでも無く色々な物質がプロポリスには含まれています。
・・・複雑過ぎて個別の物質に関してはギブアップです。

なんか、同じブランドでもロット毎にすら差が出そうな商品です。
でも安心して下さい、多少、化学組成が異なってもプロポリスはみな基本的に抗菌性を有しています。
・・・それが無かったら蜂が困ってしまいますし。

あ、プロポリスの色をつける色素であるクリシンはテストステロンの増強を期待されましたが、
生体における利用率が低すぎて効果が確認されてません。残念。


世界中(ハチミツを利用するとこ)で昔から民間療法で使われていました。
余りにも効能が多過ぎて万能薬かと早合点しそうです。

変わったところでプロポリスの使用方法を探ると・・・

高名なバイオリンであるストラディバリの塗料になったり
あんなに臭いのにギリシア人が香水の原料として使ってみたり
アフリカではドラムのチューニングに使用したりカヌーの修復剤にしてみたり
なんか冷凍魚の防腐剤として検討されたり
鶏の餌にちょっと(30ppm)混ぜると卵の生産量や体重が増えたり


と、なんか昔から色々と使われているベトベトさんです。

現在、研究されている領域も多彩であり、商品化も様々な分野に及んでいます。

もはや一つ一つの有効性などについて考えようとすると脳が理解を拒むので、
もはやアダプトゲンハーブや抗酸化物質と同じように・・・

『なんとなく身体に良さそうなアレ』

ぐらいに考えてれば良いと思います。
青梅エキスって身体に良いよね!レベルのなんか健康に良さげ感です。

国内販売のプロポリスは超高価ですので支出と効果のバランスに悩みますが、
iherbの商品は安いのでなんとなく試し、なんとなく続ける程度で良いと思います。
私は『そういえば、ずっと風邪ひいて無い・・・』とプロポリスを愛用していますが。

ちなみに性器ヘルペスの治療に対する研究にて良さそうな結果が出てますが・・・
男女ともに必ず泌尿科の医師と相談してから塗って下さい。
多分、止められますが。
特に女性は微生物病原体の膣内重感染症の発生率が低下したようですが、
タンポンにプロポリス軟膏を塗って局部に入れるとか、処置が超コワイ。

注意点 アレルゲンです

プロポリスの抗生物質的な働きを賛美する本の中で

『実験室で製造された抗生物質と同じ作用をするが、毒性や副作用はない』
と書いてあるそうですが、普通にアレルゲンです。

蜂由来の製品にアレルギーを持つ方は避けてください。
あと、花粉症の方も避けた方が良いようです。
アトピーや喘息も(有効性が喧伝されていることもありますが)私なら友人に勧めません。

あとは潜在的なリスクとして・・・
たっぷりと抗生物質を巣箱に使用している中国産に対してちょっと疑問。

さて、今回購入したのはY.S. Eco Bee Farmsの70%超高強度です。

残念ながら産地・抽出方法等の記載がありません。
7割が2倍濃縮のプロポリスで、残りは穀物アルコールです。
・・・アルコールに対して過敏に反応する方は避けた方が良いですね。

いちおう、Y.S. Eco Bee Farmsは提携養蜂農場として以下の国を挙げています。

米国
カナダ
ブラジル
ニュージーランド

多分、中国産は混じっていないと信じたいところです。

写真です。

こんな大きさで
yspro70 01.JPG
危険な色合と粘度です。
yspro70 02.JPG
アップで見るとグロ画像です。
yspro70 03.JPG
たっぷりのハチミツと混ぜました。それでも、これ・・・
yspro70 04.JPG


風味(絶望)

そのままで普通に摂取するとトラウマになります。

紅茶やお湯といった液体に溶けることもありません。
溶かそうとして食器こびりつき、泣きながら格闘する羽目に陥ります。

無理矢理、液体に溶けない摂取しようとすると歯にこびりつきます。

・・・歯が着色されるし、
渋いような辛いような味わいと臭さがずっと残ります。

手に負えない厄介者といった感想です。

iherbの商品説明ページにも書いてありますが・・・

蜂蜜に溶かしましょう。そうしましょう!


流石に蜂製品との親和性は高いようで、たっぷりのハチミツに混ぜると溶けてくれます。
しかし攪拌が弱いとプロポリスが濃厚な部分が残ってしまい、大変危険です。
・・・木製のスプーンを半泣きで洗いました。色が・・・色が・・・
納豆を混ぜる容量で必死にかき混ぜることをオススメいたします。

使用するハチミツは濃厚な風味で、むしろ癖がある方がオススメです。
優しい味わいだとプロポリスに負けます。

人気なの?コレ?

iherbでも評価は124ありまして平均して4つ星
アマゾンでも評価が115で5つ星と4つ星で7割なので、割と人気な感じ。

如何にも効き目がありそうな超濃縮具合が、
大喜びの方と、嫌がる方でお客さんの反応は大きく二分しています。

特に海外の方では皮膚に塗るような使い方も散見されています。
いちおう、麻酔効果も研究されていますし、
抗菌性が有為な効果を発揮する可能性も検討されていますので、納得はします。

ついでに化粧品にも含まれていますし・・・ニキビとか湿疹とかに良さそう。
古代エジプト人、例えばクレオパトラがハチミツとラクダの牛乳浴の後に使用したとか。

個人的にはプロポリス自体がアレルゲンな上に、
これは超濃縮プロポリスなので、パッチテストか蜂蜜で薄めないと怖いです。

私は疲労感を覚えて抵抗力の衰えを感じた際、
唄い過ぎて喉の痛みを感じた際、
なんとなく『不味いけど、健康のため舐めるか』と思った際
などに使用しては悲しい顔をします。

1日量が10滴で生換算すると700mgのプロポリスを摂取できますが・・・
多分、5滴も垂らすと大量のハチミツで薄めても厳しい味わいです。

規定の1日量を摂取しても2か月分で約1,500円と破格ではあります。
1日25円で嫌になるほどプロポリスが摂取できます!

夏バテによる抵抗力の低下などを危惧する方にはオススメですが・・・
プロポリス未経験の方は、まずはドラッグストアでプロポリス飴を購入するのをオススメします。
独特の風味に耐えられた方は、是非チャレンジしてみて下さい。




エコビー農場の最強濃縮プロポリス画像

耐えられれば、耐えられればコスパは最強クラス!
Y.S. Eco Bee Farmsの70%超濃縮プロポリスiherb販売ページへ!



良い商品なのですが・・・持て余す方が多そうです。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6514275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。