広告

posted by fanblog

2017年06月24日

【個人的には遥かにお安い遅効性ビタミンCの方が効いた気がする】Nutricologyの高品質リポゾームビタミンCを試してみたものの、なんか微妙でした。

ちょっと引くレベルで売れ線なリポゾームビタミンCです。
後追いでカルフォルニアなアレとかも最近出ましたし、
売れ行き好調なアレを購入しても他の人が口コミしてそうなんで、
あえてマニアックなリポゾームビタミンCを購入してみました!

リポゾームって何?良いの?何が?

真面目に説明するとすっごい大変でお読み頂くのも面倒かと思います・・・
簡単に言うと妙に吸収しやすい変なカタチをしているカプセル状です。
呑み込むようなサイズでは無くてnm(ナノメートル)単位です。
今回のビタミンCは液体ですが、その変なカタチのカプセルに、
ビタミンCが良い感じに閉じ込められています。

リポゾームのビタミンCは少ない量(6g)でも静脈注射のビタミンC(50g)に匹敵するぜ!
などとThomas Levyさんなどが主張しているらしいのですが・・・
(元となる論文までは目を通してません)

理由としては、リポゾームは細胞膜を通過するので、
水溶性と違ってビタミンCが少ない量でも絶大な効果を発揮するんだよ

・・・とのことです。

静脈注射ってお金も手間もかかるし、
そもそも高容量のビタミンCって内臓の負担とか副作用怖くない?
リポゾームなら安いし楽だし少量だよ!リポゾーム万歳!
・・・と主張をしているようです。

ちなみにリポゾーム技術を有するEncapsula NanoSciencesとか、
犬や猫のサプリに応用したりして・・・使用用途は存外に広いみたいです。
リポゾームの中にサプリを入れるので、犬や猫が薬と気が付かずに摂取してしまうようです。

ちなみに、今回購入したマイクロリポゾームは、
一般的なリポゾームと違って混濁していません。
混濁していない=リポゾームしてないんじゃない?
という疑いを持つ方がいらっしゃるかもしれませんが、
通常のリポゾームが大口径(800nmから1000nm)なのに対してサイズが小さいだけです
流石に詳細なサイズまでは書いてませんが、『マイクロ』と銘打つだけはありますね。
また、ビタミンC特有の酸味が少ないですけど、リポゾームで閉じ込められているからです。
ビタミンCの味がしたら、閉じ込められてないじゃん!となります。

Nutricologylってどんな会社?

35年以上続いている老舗のサプリ会社であり、
多数の医師を抱えて研究している、浮ついたところの無い会社といった印象です。

特に栄養補給としてサプリメントを摂取していると様々な原料が使われている商品があり、
体調が悪くなったけど何が問題だかわからない・・・
原材料の内のナニカのアレルギーが疑われるけれども、原材料がわからない。
ということがありますが、(友達で)
Nutricologylはアレルギーに対して細心の配慮を行っています。
原料では低アレルギー性を選択し、更には有効成分と非有効成分を完全に開示することで、
消費者のアレルゲン回避の一助としています。

・・・ちなみに不活性成分のリストなどもHPに記載されていて、ちょっと面白いです。

世界中の医療機関や代替医師、および過敏症を持つ利用者に愛されている・・・
と豪語するだけはあるなぁ、とその厳密さに驚きました。

ちなみにマイクロリポゾームCに利用されている香料も、
きちんとレモンエッセンルオイルと細やかに記載したり、
レシチンもヒマワリレシチンと明記しています。

今回購入したマイクロリポゾームビタミンCはNutricologylにとって、
非常にエキサイティングで革新的な新商品として紹介されています。

で?味は?


マイクロリポゾームの味わいは一言で言うと

奇妙に爽快な香りのレシチン風味です。

レシチンのこっくりまったりとした味わいはそのままで、
香り付けに使用されたレモンオイルが異常に爽やかさを演出し、
結構強いアルコール感が口の中を蹂躙します。
それぞれがそれぞれの特徴を主張しているので…カオスです。

勿論、不味いです!
吐き捨てそうなレベルではありませんが、割とストレスを感じます。
味覚をできる限り刺激しないように呑み込みべし。

注意!

リポゾームを作るためにアルコールが必要になるので、
やっぱり強めにアルコールが残ってしまっています。
自家用車で出勤する方など運転前の摂取は控えるべきです。
栄養ドリンクと同様に、酒類で無くともアルコールが普通に検出されそうです。
警官にとっては摂取元は関係無いですし・・・
特にアルコールに体質的に弱い方の摂取が心配です。

どんな感じだった?体感は?

ビタミンCの摂取が美観に影響あるかどうか
正直検証できないそもそもの問題は置いておいて・・・

biocellと一緒に摂取してアンチエイジングしちゃお!

と思っていたのですが、飲んでいて特に自分で気が付く程の変化はありませんでした。
胃への不快感など、ビタミンCによる不快な副作用は全くありませんでした。

なんか・・・摂取をサボると吹き出物と体臭が発生する青汁に比べると、
高価なお値段に対する体感としては、いささか残念であるのは否めません。

ちなみに率直に言うと、8割程ボトルを摂取した後、
同時に摂取しだしたNOWの遅効性ビタミンCの方が効きました。
体質などもあるとは思いますが、リポゾームビタミンCは私には効果が薄そうです。
なんか肌とか爪とか『アレ?私の肌、ちょっと変わった?』鈍い私でも自覚するレベル。

ビタミンC1g辺りの単価がどうしても高価になってしまうので難しいのですが、
短期間に標準摂取量を越える大容量で摂取すれば、また効果は異なるかもしれません・・・
そうすると本気でお金が沢山必要になるので、
美容とアンチエイジングへ潤沢な資金を以て取り組む方でないと難しいと思います。

最近、百貨店のカウンセリング化粧品売り場を覗いたら、
お化粧品の余りの高額なお値段に驚愕しました。女性は大変だなぁ。
驚きが顔に出た私を見て販売員のお姉さんも苦笑です・・・
ああいうのを購入する方でしたら、まぁ選択肢に入れてもよいのかな?と思います。
実際、リポゾームビタミンCとしては商品的には悪くなさそうです。

あ、写真です。結構小さいです。
nutro mi lipoc01.jpg
中身は透明感がある変な液体です。
nutro mi lipoc02.JPG

結局、容量が小さいので重量比ではそれほどお得とも思えないのですが、
比較的安価にリポゾームビタミンCが試せるというのが利点です。

Nutricology, マイクロ リポソーマル C, 120mlで約2500円くらいです。
純ビタミンC1gで24日分です。1日分100円と考えると高価なビタミンCです。



マイクロリポゾームビタミンC画像

半額なら潤沢に試せるのに高価過ぎるビタミンC
Nutricology, マイクロ リポソーマル Cのiherb販売ページへ!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6401487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。