広告

posted by fanblog

2017年06月15日

『子供用日焼け止めという名称の罠』Alba Botanicaの子供用日焼け止めは甘臭い。

子供用だから安心だろうと購入した商品です。
端的な感想は刺激的で臭くて無理。
太陽光線から肌を守るのは、かくも過酷な闘いなのでしょうか?

Alba Botanica, ナチュラルベリー・エモリエント日焼け止めキッズ
SPF値は45で113gが930円です、高い。

子供用と記載されていますけど、割と刺激成分が多いです。
相変わらずEWG評価で言うと

アクア(水)、
セテアリルアルコール、(1)
グリセリン、(2)
セテアリルオリバテート、(1)
セチルアルコール、(1)
ジメチコーン、(3)
VP /ヘキサデセンコポリマー、(1)
カプリル/カプリン酸トリグリセリド、(1)
グリセリルステアレートSE、(1)
水素化パーム核油、
アロエババデンシス葉ジュース(1)、
カレンデュラオフィシナリスイチョウ葉エキス、
イチョウ葉エキス、
ラベンダーアンゴスチフォリア(ラベンダー)花エキス(1)、
パノラマエキス、
セテアリルオリバート、(1)
ポリソルベート60、(3)
シリカ、(1)
ステアロイルグルタメートナトリウム、(1)
ソルビタンオリベート、(1)
酢酸トコフェロール、(3)
キサンタンガム、(1)
アルコール(1)、
ベンジルアルコール、(5)
エチルヘキシルグリセリン、(1)
フェノキシエタノール(4)
ソルビン酸カリウム(3)
安息香酸ナトリウム(3)

香料(香水)(8)

などなど、割とアレルギー原因及び刺激成分が入っています。
私の肌では割と平気でしたが、
敏感肌の方の使用や顔に塗るのはちょっとコワイです。

・・・子供用なのになんで?
ちなみに製品の古いバージョンだと、もっとガッツリ入っています。

使用感は?


たっぷり入ったエモリエントで子供用な香料により、
ヌルりとして臭いです。
白塗り感は少ないのですが、ずっとベトベトヌトヌトします
当然、塗った後は肌が重苦しい感じで不快。
少々、ピリピリするような刺激的な感じがしました。

晴れた日に半袖で片方の腕だけ塗って外出したのですが、
次の日に母親には『片方だけ焼けてる』と突っ込まれました。
・・・我慢しただけあって一応、効果はあるようです。

でも何よりも不快なのが、
変な甘い匂いが6時間以上も残ることです。
下手な香水よりも長く、強く匂うので、
2時間後に重ね塗りとか絶対に無理です。

他人と会う時に塗るのは、ちょっと恥ずかしくて濡れません。
一人での行動でも喫茶店とかで隣のテーブルの人に申し訳無いですし、
お寿司屋さんとかは営業妨害扱いでしょう。
・・・顔に塗ったら食事できないんじゃないかな?

写真です。
albabonatu01.JPG
中身はこんな白モッチャリ
albabonatu02.JPG

Alba Botanica, ナチュラルベリー・エモリエント日焼け止めキッズ
SPF値は45で113gが930円です、結構お値段高いのです。

海水浴とかプールなど、
バカンス気分で短時間の使用ならば選択肢に入りますが、
日常的に使用するのは非常に厳しい、
と感じました。

私は基本的に海やプールに行かないので、今後使う機会は無さそうです。
あぁ・・・。日焼け止め2連敗・・・



アルバボタニカ子供用日焼け止め画像

ヌトヌトで甘い匂いの日焼け止め
特にオススメでは無いけどいちおうiherb販売ページご紹介です。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6370324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。