広告

posted by fanblog

2017年06月01日

【甘さが微妙】Valorの砂糖不使用チョコは、ダイエット食品じゃありません。

砂糖無しのアーモンドチョコレートバー

いっぱいアーモンドが入っています。
気楽なオヤツとしては、まぁ、悪く無いです。
・・・普通に砂糖を使って欲しいですけど。

健康や環境負荷とかでは無く、
コストコや上野の菓子問屋にも売ってそうな、
普通のスペインの老舗チョコ屋、Valor社の製品です。

以前にもご紹介しておりますので、よろしければご覧頂きましたら幸甚です。
130年の老舗チョコレート屋、Valorは旨かった
普通の板チョコは好きです。

今回のこの商品はマルチトールやらステビアやらを使った砂糖0チョコです。
他の商品ですが乳糖抜きのミルクチョコを作ってたり、
なかなか色々な事に挑戦しているメーカーです。

砂糖が0でも一枚が150gもあり、アーモンドもぎっしり入っています。
当然、カロリーは盛り沢山で720キロカロリーもあります。
商品説明にも『低カロリー食品ではありません』と記載されてますので、
ダイエットには向かないと思います。

妙に印象が強いのがアーモンドの風味です。
パッケージでも黄色っぽいアーモンドの絵なのですが、
日本のように焙煎感が強くないのが意外でした。
アーモンドはとてもすっきりした淡白な味わいなのです。

・・・なんででしょう?とても不思議です。
ロブスタ種の珈琲豆を良く輸入してエスプレッソばっか飲んでるのに

現物の写真です。150gだけあって、とても大きく感じます。
valor arm01.JPG
きちんとアルミホイルで包装されてます。
valor arm02.JPG
裏を見れば、このアーモンドのぎっしり感が伝わるかと
valor arm03.JPG
表の細工も綺麗に表れています。
valor arm04.JPG

写真なので少々色が伝わり難いとは思うのですが、
カカオ豆の焙煎はさほど強くありません。
・・・アレ?と首を傾げるレベルです。

割と穏やかなタイプのカカオ感でしかも52%カカオとマイルドな配合、
さらには砂糖0による代替糖分とさっぱり系アーモンドと合わさって、
モシャモシャと食べてしまう味わいです。

やはり砂糖と違って妙な甘味感が感じられるので違和感があります。
食べても血糖値がそんなに変わらないと言いますか、
満足感に欠けるので食べ過ぎてしまいそう、いや、食べ過ぎます。

甘味としてはやっぱりなんか違和感です。

マルチトール(普通のダークチョコには使っていないそうです)
ステビア

の2種類で甘味をつけているようですが・・・変な甘さです。
甘草で甘味をつけるのもなんか妙な風味ですが・・・
普通に砂糖で味付けして販売してくれないかな?
と切に願いたくなります。

濃厚なカカオや甘味が強いチョコだったら少量で満足できるのですが、
こちらは別の事を考えながら食べると歯止めが効きません。
満足感が少なく膨大なカロリーを摂取してしまうのでちょいと危険です。

Valor, 52%カカオのダークチョコアーモンド入り
150 gとなかなかの量で413円です。

ちょっと変わったアーモンドの風味
そして無理矢理砂糖を減らすと・・・
ちょっと物悲しくなる味わいを試してみませんか?



valorアーモンドチョコ画像

もうちょい自然な甘みなら嬉しいのに・・・
アーモンドぎっしりなValorのアーモンドチョコiherb販売ページへ!


valorは250gのヘーゼルナッツ入りミルクチョコレートを再販すれば良いのに!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6306060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。