2017年06月27日

(先発予想)FC東京戦。サブ組の方が期待できそう!

明日6月28日(水)は、ルヴァン・カップ
プレーオフ第1戦ホーム・FC東京戦です。

主力組とされる先発メンバーで臨んだ
大宮アルディージャ戦ですが、0−3と相変わらずの
無得点に加え、アディショナルタイムに集中が切れたのか
2失点と、全く精彩を欠く試合となりました。

さすがに、試合終了後にはブーイングの嵐でした。

さて、明日は若手メンバーがつかみ取ったルヴァン・カップ
プレーオフの出場権ですので、できれば若手の同じメンバーで
戦わせてあげたいですね。

先発予想ですが、日程の関係で、次節浦和レッズ戦が
中2日となることを考慮すると、
おそらく天皇杯2回戦に先発したメンバーが中心になると思われます。

ただ今回は、イヨハ選手、稲垣選手の経験不足を補うために、
野上選手、丸谷選手が出場するのではないかと思われます。
サイドは、長沼選手ではなく高橋選手のような気がします。

(先発メンバー)

---------------------------中林---------------------------

野上---------------------イヨハ----------------------稲垣

------------------茶島-------------丸谷-------------------

高橋-------------宮吉-----------シウバ---------------清水

---------------------------工藤----------------------------


サブ:廣永、水本、柏、柴ア、ロペス、森島、皆川


結局、浦和レッズ戦は、大宮アルディージャ戦と
残念ながら同じメンバーになりそうですね。

リーグ戦での楽しみが少ないので、せめて若い力で
ルヴァン・カップ天皇杯を勝ち抜いてもらいたいと
思います。

また、明日は初めてセブンイレブンフィールドシートで観戦です。
至近距離での迫力ある選手のプレーが楽しみですね。
そういえば、塩谷選手のセレモニーは、セブンシートで
見ることができるのかな?







posted by 紫心 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 先発予想

2017年06月24日

(先発予想)大宮アルディージャ戦。いつも通りのメンバーか!?

6月25日(日)は、ホーム・大宮アルディージャ戦です。
週中に行われた天皇杯2回戦・鹿児島ユナイテッドFC戦では、
工藤選手、宮吉選手の活躍もあり、3−2で辛勝しました。

リーグ戦までにインターバルがないので、天皇杯で活躍した
前線の選手が大宮アルディージャ戦で先発することはないと
思います。
せっかく得点して良い気分で試合を迎えることができるのに、
先発で見られないのは、ちょっと残念です。

さて、J1残留をかけた下位チームとの直接対決ですので、
明日は必ず勝利したいところですが、おそらく先発メンバーは
前節川崎フロンターレ戦とほぼ同じだと思われます。

(先発メンバー)

-----------------------------林--------------------------

野上---------------------千葉----------------------水本

--------------------青山-------------カズ----------------

ミカ-------------ロペス---------柴崎----------------柏

----------------------------皆川---------------------------

サブ:中林、丸谷、清水、森島、シウバ、宮吉、工藤


工藤選手、宮吉選手に加えて、天皇杯で良いパフォーマンスを
見せていたフェリペシウバ選手、森島選手もベンチ入りするものと
思われます。

新しい外国人選手やDFの選手の加入が噂されていますが、
登録上出場は7月末頃からになります。

それまでの数試合は、現有メンバーでなんとか乗り切って
もらいたいですね。






posted by 紫心 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 先発予想

2017年06月20日

(先発予想)鹿児島ユナイテッドFC戦。裏ローテですね、

明日6月21日(水)は、天皇杯・2回戦の
鹿児島ユナイテッドFC戦です。

J1リーグ前節の川崎フロンターレ戦と
次節の大宮アルディージャ戦までの間に行われる
天皇杯となりますので、どう考えても裏ローテに
なると思われます。

ただ、塩谷選手の移籍、川崎選手のケガを考慮すると
ちょっとDFメンバーがタイトになりそうです。

ですので、かなり大胆に下記の通り予想します。

(先発メンバー)

---------------------------中林-----------------------------

野上---------------------イヨハ-----------------------稲垣

--------------------茶島-------------丸谷-------------------

長沼----------------森島-----------シウバ----------------高橋

----------------------------工藤----------------------------


サブ:廣永、千葉、清水、柴ア、カズ、ロペス、宮吉


カズ選手が先発復帰するか、サブメンに入るような気がしますね。

ただ、負ければ終わりなので、できるだけこのメンバーで
踏ん張ってもらい、レギュラーメンバーを大宮戦に
温存できるようにしてもらいたいと思います。







posted by 紫心 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 先発予想

2017年06月17日

完全に手詰まり!川崎フロンターレ戦

本日の川崎フロンターレ戦。
前節に引き続き、1−0の敗戦でした。

前半は、川崎フロンターレ相手にシュートを
打たせない良い試合内容でしたが、
後半開始早々、相手が戦い方を修正すると
サイドから押し込まれあっさり失点。
こちらは、得点するための修正を全くできないまま後手後手の展開。

後半途中からは、宮吉選手を投入して
2トップで戦いましたが、メンバー交代の影響で右サイドからの攻撃力が
低下し、結局中途半端な攻撃のまま
無失点で終了しましたね。

もはや、選手起用、フォーメーション、
後半途中からの4バック戦術、
とにかく、やることなすことすべて結果を伴わず、
完全に手詰まりの状況です。

こうなると、選手の起用方法、若手の抜擢、
フォーメーション、戦術・戦略の修正・変更など、
新しい采配の風が必要ではないでしょうか・・・

個人的には、もはや手詰まりで、
現状の采配は限界ではないかと思います。

変化が好転をもたらすかどうかはわかりませんが、
全く新しい試みの中で、「兆し」を感じられる
気はしますが。






(先発予想)川崎フロンターレ戦。4バックもありそうだが、結局同じか!

6月17日(土)は、アウエイ・川崎フロンターレ戦です。
鹿島アントラーズ戦から2週間のインターバルがあり、
その間、トレーニングマッチやサテライトリーグ戦を経て
急な塩谷選手の移籍と、あわただしく過ぎて行きました。

結局、肝心の新しい戦術や新しい選手の起用は、
トライできたのでしょうか?
公式モバイルサイトの、監督、選手のコメントを見る限り、
どうやら、塩谷選手の代わりに野上選手、ボランチに
丸谷選手起用で落ち着きそうですね。

ですので、先発メンバーは下記のように予想します。

(先発メンバー)

-----------------------------林--------------------------

野上-----------------------千葉----------------------水本

------------------青山-------------丸谷------------------

ミカ-------------ロペス------------柴崎----------------柏

----------------------------皆川---------------------------

サブ:中林、高橋、清水、森島、シウバ、宮吉、工藤


ただ、野上選手が練習で、4バックにトライしたようなコメントを
残しており、その場合は、このようになると予想します。
おそらく、鹿島アントラーズ戦同様に、後半攻撃的に
行かなくてはならない場合の限定戦術のような気がします。


---------------------------林--------------------------

清水------------野上-------------千葉------------水本

森島------------青山-------------柴ア--------------柏

-----------------宮吉-------------皆川----------------


野上選手曰く、練習時の4バックでは、
攻撃に動きが出て良かったとのことでしたので、
勝手にこんな感じではないかと予想しました。

さて、どんなフォーメーションと選手の起用に
なるのでしょうか?
今回は、大注目の試合になりそうですね。






posted by 紫心 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 先発予想

2017年06月15日

沈みゆく船なのか。塩谷が完全移籍

塩谷選手のUAEアルアインへの完全移籍が
あっさり決定しましたね。

前回、中国新聞に移籍報道が出たので、おそらく移籍は
決定的とは思っていましたが、あまり難航することもなく
拍子抜けするくらいさっさと決まった感じです。
チームが、あまり強く引き留めた感じはしませんね。

移籍金は、当初噂のあった9億円にはほど遠く、
結局1億6000万円との報道になりました。
まあ、ゼロ円移籍されることを考えれば、
せめてもの救いで、大変ありがたい話です。

今回チームの顔というべき選手が移籍したこともあり、
当初この夏の補強はしないと明言していたチームも
重い腰を上げ、どうやらDFともう1名選手の
獲得を検討するようです。

塩谷選手は、森保監督が育て上げた数少ない選手の一人と
言えますが、その手塩にかけた選手もこのようなチーム状況の中、
自分の成長を主眼にあっさり移籍してしまうチームの現状。

この移籍が、どうも沈みゆく船を象徴しているような気がして
やみません。

川崎フロンターレ戦の先発メンバー、戦術など、新しい試みが
見られるのか、また、若手登用でチームの活性化が図られて
いるのか、今週末の試合は、今後を占う上で大変重要な試合に
なりそうですね。






2017年06月12日

塩谷が、〇〇に移籍!!

今日の中国新聞に塩谷選手が、UAEのアルアインから
移籍オファーがあった記事が掲載されていました。
この17日(土)の川崎フロンターレ戦までに結論が
出る可能性があるとの内容でしたね。

オファーがあっても、その気がなければ、
すでに断っていると思いますので、新聞記事になる
段階で、ある程度の前向きの進展がある状況だと
思われます。

まあ、今回は中東のチームからのオファーということで、
移籍に関しては、半信半疑の気持ちもありますが、
これが、欧州チームからのオファーだったら、
どうなっていたのでしょうか?

最終的には選手の決断だと思いますが、
もし、欧州リーグからのオファーだったら、
おそらく二つ返事で移籍の決断をしていたでしょうね。

いずれにしても、多額の移籍金を残してくれるような契約を
してくれていた塩谷選手に、心から感謝です。

チームとしては、どの選手にも慰留をするとは思いますが、
結局最終判断は、選手自身です。
サッカーの世界はそのような世界なので、
移籍する、しないに一喜一憂せず、見守るしかないですね。

しかし、これまで中国新聞で移籍報道があった広島の選手で
残留した選手はなかったような気はしますが、
さて、塩谷選手の決断は・・・・






2017年06月09日

15位狙いの「完全引きこもりサッカー」再来か?

本日の中国新聞によると、チームは残留に向けて
15位狙い戦略へのシフトを徹底するようですね。

記事によると、「生き残りへ守備重視徹底」とのことでしたので、
確か14年シーズンに鹿島アントラーズに惨敗した次の試合で
見せたような「完全引きこもり」戦術となるのでしょうか。

残り20試合。
最低でも勝点1をゲットし、対戦相手により、
運がよければ勝点3を狙う作戦ですね。

これは、先日ブログに書いたように、
チームの残留力が問われる事態となりました。

直近の対戦で考えると、川崎フロンターレ
浦和レッズには、無失点での引き分け狙い、
大宮アルディージャには、あわよくば勝点3をゲットと
いう感じでしょうか。

何だか寂しい内容のサッカーを今季終了まで見なければ
ならない予感がしますが、J2に降格したのでは元も子もないので、
今季については我慢して観戦することにします。

11人が自陣に引きこもり、チャンスにワントップへ
ロングボールを供給し、カウンター狙いといった展開かな。

ああ、つまらんから早く今季が終了せんかな。






2017年06月07日

カッシー、ガッキー、ササショーの残留力を活かせ!

公式モバイルサイトのコメントやヤフーニュースに
掲載されているコメントを見ても、
この状況でも一人気を吐いているのが選手です。

正直、キャプテンやその他の選手のコメントを見ても、
チームの何が悪くてこのようになっているのか、
このような状況をどのように打開していけばよいのか
さっぱり見えてきません。

まあ、最も問題なのは、森保監督やフロントの方々かも
しれませんが・・・・

そんな中で、唯一、選手のコメントは、
問題や改善点を的確にとらえているように思いますし、
他の選手への厳しい叱咤を含んだコメントだと感じます。

これも、何度も厳しい降格争いから生き残ってきた
ヴァンフォーレ甲府での経験が、
選手の精神を鍛えているのかもしれませんね。

幸い、わがチームにはこのヴァンフォーレ甲府
残留力で鍛えられた選手が3人もいます。

私としては、この際後半戦からは選手をキャプテンにして、
稲垣選手も先発やサブで積極的に起用。
そしてピッチ外からは佐々木選手にチームを鼓舞してもらい、
この3人が、降格争いから抜け出すための
チームの精神的支柱になってもらいたいと思います。

降格争いから生き残るための戦術をメインとしていた
チームからせっかく移籍してきたのに、
また、降格争いに巻き込まれるのは不運だとは思いますが、
今季はこの3人の降格争いを生き抜いた鍛えられた精神力や戦術が、
チームの残留に向け、きっと重要になるような気がします。






2017年06月05日

森保監督は、遠慮せず自分の思い通りにチーム作りを!

昨日の鹿島アントラーズ戦は、
正直なかなか酷い内容でしたね。

「走れない、戦えない、守れない。」では、
戦術以前の問題だと思います。

後半は、3点のリードがあったことで、多少、
鹿島アントラーズも受け身になり、
押し込んでいるように見えたのかもしれませんが、
結局、アンデルソン・ロペス選手の1得点だけで
終了となりました。

後半は、柴ア選手がボランチに入って、守備も攻撃面も
かなり改善したように思えましたが・・・
実際のところはどうなのでしょうか?

公式モバイルサイトの森保監督のコメントでも、
次の試合からは、「戦えない」メンバーは考え直すような
ニュアンスになっていました。

ルヴァン・カップ予選も終わりましたので、
ターンオーバーももう関係なくなると思いますので、
選手選考も含めこれから様々な面で、
変化が見られる可能性が高いですね。
また、コメントからは、残留に完全に舵を切った
感じですので、今後は残留に向け、
割り切った戦い方も模索しそうです、

森保監督も進退がかかっているので、私としては、
もはや誰に遠慮することなく、自分の思う通り、
やりたい通りにチーム作りをして欲しいと思います。






にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村
サンフレッチェ広島 ブログランキングへ
最新記事
プロフィール
紫心さんの画像
紫心
広島で生まれ育ち50数年。 Jリーグ開幕からサンフレファンです。途中から興味なくなってたんですが、息子がサッカー部に入ってサンフレをよく見に行くようになって、嫁と私も引きずられるように2010年シーズンから見に行くようになりました。 観戦日記のつもりでブログ始めました。 サッカーは素人ですので、その点はお許しください。
プロフィール
ファン
最新コメント
カテゴリアーカイブ