タグ / 日本100名城

記事
難航不落 金山城のなごり [2020/04/18 22:31]
つわものどもが夢の跡 今回は関東七名城のひとつに数えられる山城です。 <金山城>かなやまじょう 復元された大手虎口 ■山 城■ 群馬県太田市の金山城は、標高239mの山全体を利用した山城。独立峰に築かれているので厳密には平山城となりますが、当ブログでは山城で通します。自然の地形を巧みに利用し、山頂を城の中心部として四方に延びる尾根上に曲輪を配置する連郭式山城です。斜面の要所要所には堀切や土塁が設けられ、戦国時代の城としては関東屈指の名城といえます。関東七..
水戸城のなごり [2019/10/01 04:38]
つわものどもが夢の跡 水戸徳川家の居城跡を訪問しました。 <大堀切> 二の丸と本丸を隔てる大堀切跡です。なんという高低差!ここまでとは思っていなかったので、しばし見惚れました。 ■常陸江戸氏の居城■ 水戸城と言えば徳川御三家の一つである水戸徳川家の居城として有名ですね。ただ城そのものの歴史は相当長く、築城は平安時代末期又は鎌倉時代初期頃まで遡ります。常陸国の武将で源頼朝に従った御家人・馬場資幹(すけもと)がこの地に城を築いたのが始まりと言う説が一般的です。馬..
名城と呼ばれた城 川越城のなごり [2019/05/14 22:26]
つわものどもが夢の跡 深い歴史が刻まれた川越城跡を訪ねました。 <本丸御殿跡の石碑> 宅地化の波が押し寄せ遺構の大半は失われましたが、貴重な本丸御殿が残る城跡。川越城は関東七名城のひとつであり、最近では日本100名城にも選ばれている歴史ある城です。 ■扇谷上杉の城■ おおぎがやつうえすぎ 川越城(河越城)は、室町幕府に反旗を翻した古河公方の足利成氏に対抗すべく、扇谷上杉氏の持朝が家臣の太田道真・道灌親子に築城を命じたことに始まります。江戸城(千代田城)・..
東北屈指の名城 会津の若松城 [2018/09/29 22:04]
つわものどもが夢の跡 東北屈指の名城を訪ねました。 <若松城>わかまつじょう 近代城郭のなごり <天守閣> 再建された天守。深い歴史を刻んだ会津若松市のシンボルです ■黒川から若松へ■ 歴史が長すぎて、どの時代を意識して城探索をして良いのかわかりません。私は戦国武将好きなので、意識としては主に黒川城時代ということになります。つまり会津の覇者・蘆名氏歴代の城。この印象が一番強いですね。第7代当主の直盛が東黒川館を築いたのが始まりと考えられていま..
小峰城 戊辰150年の夏 [2018/08/31 21:12]
つわものどもが夢の跡 南北朝時代における名門家の築城から始まり、幕末の動乱においても重要な役割を担った城を訪ねました。 <小峰城>こみねじょう 盛岡城・若松城とともに「東北三名城」と賞される名城です。 ■現地訪問■ 最寄り駅は白河駅。新幹線が停車する新白河のお隣です。そこから徒歩圏内。 <ホームから撮影> ホームから小峰城のシンボル・三重櫓が見えています。 <白河駅> 駅の出口は南側、城は逆方向の北側になります。「反対側かぁ」と一瞬思..
福島復興の城跡 名城の石垣 [2018/08/22 22:08]
白河の小峰城にて <小峰城の石垣> 2011年3月の東日本大震災により、城の正面に位置するこの付近の石垣は崩れ落ちました。画像は震災前のものではなく、本日の姿です。立入禁止の期間を経て、2015年4月に復興式が行われたそうです。 まだ新しさが漂いますが、これから適度に自然が押し寄せ、深味を増してゆくのでしょう。東北を旅した帰り道、訪問することができて良かったです。とても感慨深い石垣でした。 <日本100名城> 素晴らしい城郭。日本100名城に..
二本松城のなごり 伊達政宗も板垣退助も攻めた城 [2018/07/29 23:00]
つわものどもが夢の跡 今回の訪問は二本松城です。戦国武将好きなので、伊達輝宗・政宗父子と争った二本松氏の居城として訪問しました。しかし、そんな「中世のなごり」などは残っていません。江戸を通じて存続した二本松城は立派な近代城郭。日本100名城にも選ばれています。 <箕輪門> 二本松城のシンボル的な門です。 ■室町時代中期の築城■ 奥州探題を命じられた畠山氏がこの地に入り、畠山満泰が当主となった時に現在の場所に城が築かれたようです。畠山氏が二本松氏を名のった..
二本松落城の日 二本松少年隊 [2018/07/29 06:49]
本日は二本松城が落城した日です。 <二本松少年隊顕彰碑> 二本松藩のために戦った少年隊の雄姿です。背後の女性像は、出陣服を仕立てる母の姿です。 ■二本松城■ 二本松城というと、皆さんはどんなことを連想しますでしょうか? 伊達輝宗・政宗と争うことになった二本松氏の居城。江戸時代の近代城郭。そして日本100名城の一つ。それが私にとっての二本松城でした。そんな漠然としたイメージだけです。それだけに、実際に訪問し、目の当たりにした少年隊の碑はショック..
足利氏発祥の地 足利氏館跡(鑁阿寺) [2018/02/15 22:50]
室町幕府を開いた足利尊氏はとても有名ですね。今回訪問の先はそのご先祖さまたちが本拠とした場所。そして足利氏の氏寺でもあります。 つわものでもが夢の跡 名門足利氏発祥の地をご紹介します。 ■鑁阿寺■ばんなじ <山門と太鼓橋> こちらが正面入り口です。唐破風(からはふ)の屋根が付いた反り橋を通って水堀を渡ります。 山号は金剛山。地元でこの場所を「足利氏館」と呼ぶ人は少なく、そのまま「鑁阿寺」、あるいはご本尊から「大日様」と呼ばれています。大日如来は源氏..
≪前へ  次へ≫

検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]