タグ / 鷹山

記事
お勧め本 上杉鷹山(童門冬二著) [2018/01/02 22:25]
<上杉鷹山公> [撮影:米沢城跡] ■童門冬二さんの名作■ 今回は童門冬二さんの小説『上杉鷹山』のご紹介です。 鷹山は「なせば成る・・・」の名言、そして改革を成功させた政治家として有名ですね。しかし組織というものは、そう簡単には変えられません。その険しく長い道のりを、一冊の本にまとめあげたのがこの小説です。 ⇒どんな内容? 財政難の米沢藩を建て直すため、上杉家を変貌せしめ、困難と思われた改革を実現させた養子当主・上杉鷹山の物語です。鷹山は城..
なせば成る 鷹山ゆかりの地(まとめ) [2018/01/02 21:30]
<米沢城址の石碑> なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり ■鷹山ゆかりの地(まとめ)■ 上杉鷹山ゆかりの地を、10回に分けて投稿させて頂きました。宜しければ覗いてみて下さい。@だけが東京。他は山形県米沢市になります。 @米沢藩上杉家跡→記事へすすむ  A晩秋の米沢城→記事へすすむ B籍田の碑→記事へすすむ C白子神社→記事へすすむ D原方衆屋敷跡→記事へすすむ E山中の塩田跡→記..
松岬神社 鷹山ゆかりの地I [2018/01/01 00:01]
鷹山ゆかりの地 最後に鷹山が祀られている米沢市の神社をご紹介します。 ■松岬神社■まつがさきじんじゃ [住所]米沢市丸の内 [祭神]上杉景勝・直江兼続 上杉鷹山・細井平洲・竹俣当綱・莅戸善政 派手さはありません。逆に、そこに上杉家らしさを感じずにはいられません。米沢藩の礎を造った景勝と兼続とともに、中興の祖・上杉鷹山も祀られています。 そして鷹山が師と仰いだ細井平洲。更に鷹山に抜擢された二人の家臣・竹俣当綱(たけのまたまさつな)と莅戸善政(のぞきよし..
上杉顕孝の廟 鷹山ゆかりの地H [2017/12/31 20:45]
<上杉家御廟所> [米沢市御廟]1丁目 この御廟所については、以前当ブログでもご紹介したさせて頂きました。 記事→『荘厳の廟所』 今回は九代藩主鷹山、そして藩主になるはずだった鷹山の実子についてご紹介させて頂きます。 <歴代藩主の廟> 廟が整然とならんでいます。初代藩主・景勝に始まり、以後12代までがこの地に埋葬されています。 <九代藩主・治憲(鷹山)> 一番左が鷹山の廟です。右隣とは屋根の造りが違いますね。倹約のため簡素化し、..
餐霞館跡 鷹山ゆかりの地G [2017/12/30 13:11]
つわものどもが夢の跡 上杉鷹山が隠居後に暮らした邸宅跡を訪問しました。 <餐霞館遺跡>さんかかん [米沢市城南] ■鷹山の隠居■闘いはつづく 17歳の若さで藩主となった鷹山。35歳で隠居し、家督は前の藩主にして養父の重定の次男・治広に譲りました。改革はまだ道半ば。この隠居には諸説あります。 ⇒天明の大飢饉 これは凶作が続いたことにより、特に東北地方が大打撃を受けた飢饉です。江戸にも影響、近代で最大の飢饉でした(日本全国の餓死者は百万と推定される大..
普門院 鷹山ゆかりの地F [2017/12/29 22:05]
米沢市関根の普門院 鷹山が恩師である細井平州(ほそいへいしゅう)を出迎えた場所として知られています。 <普門院・本堂>ふもんいん <普門院・赤門> 私の訪問時には改修工事中でした。普門院の歴史は古く、創建は9世紀。伊達氏が領主だった時代にこの地へ移り、現在に至っています。本堂は1796年に再建されたもの。鷹山の時代です。 <敬師の像> 鷹山が恩師をもてなした場所として知られています。その時に使った部屋や茶器などがいまも残されています..
山中の塩田跡 鷹山ゆかりの地E [2017/12/28 22:27]
鷹山の足跡をたどる旅 今回は米沢市の小野川町です。 財政難の藩を救うため、率先垂範で倹約を促す一方、農業を奨励し、更に数々の殖産興業政策を打ち出した上杉鷹山。人里離れた山奥にもそのなごりがあると聞き、訪問してみました。 <上杉鷹山公塩田碑> 塩田跡地の石碑です。 塩田というと、みなさんはどういうイメージを持つでしょうか?私の場合、例えば赤穂とか、漠然と海の近くというイメージなのですが・・・なんでこんな山奥に? この地の温泉の湯は塩味が強い。そこ..
原方衆屋敷跡 鷹山ゆかりの地D [2017/12/26 21:17]
上杉鷹山が奨励したと伝わるウコギの垣根。これを見るべく、かつての下級武士たちの屋敷跡を訪ねました。 ■芳泉町■ <芳泉町の空> 同市内の小野川からの帰り道。到着がちょっと遅すぎました。 <垣根> 秋深い夕暮れの屋敷跡。ウコギの垣根はこのエリアのシンボル・・・なのですが、既に暗くこんな画像となりました。更に枯れています。 今回の旅のテーマは上杉鷹山。小野川もそのつもりでしたが、ちょっと欲張り過ぎましたかね。晩秋の米沢。寒さ対策は完璧でしたが、暮れ..
白子神社 鷹山ゆかりの地C [2017/12/22 22:47]
つわものどもが夢の跡 山形県米沢市で、上杉鷹山ゆかりの地を訪ねました。 ■米沢の鎮守■ <白子神社> [米沢市城北]2丁目 米沢の鎮守『白子神社』。創建はそうとう古く712年(和同5年)です。上杉氏以前の歴代領主(長井氏や伊達氏) からも崇められた米沢の守り神です。 旧名(江戸時代)は白子大明神。「白子」の名は、神のお告げによりこの地に無数のカイコが現れ、桑林がまるで雪のように白くなったことに由来します。桑と蚕。まゆも白いですし、何となく光景が思い..
籍田の碑 鷹山ゆかりの地B [2017/12/20 22:08]
つわものどもが夢の跡 晩秋の米沢市で、鷹山ゆかりの地を訪問しました。 <籍田の碑> [米沢市御廟]3丁目 ここは上杉鷹山が「籍田の礼」を行った場所です。 ■籍田の礼■せきでんのれい 鷹山は中国の例にならい、「籍田の礼」をとり行いました。苦難続きの農民たちを励まし、更には土にまみれる下級武士たちを蔑む風潮を一掃するため、身をもって田畑と向き合いました。 籍田とは中国の農耕儀礼。周の君主が、農民を励ますため自ら田を耕し、収穫物を祖先に備えたことが起源..
晩秋の米沢城 鷹山ゆかりの地A [2017/12/19 22:47]
つわものどもが夢の跡 晩秋の米沢。今回は上杉鷹山を意識して訪問しました。 <上杉鷹山> [米沢市丸の内] 米沢城の本丸跡。鷹山の銅像です。 <晩秋の城内> 訪問は11月下旬。冬まじかの米沢城(松が岬公園)です。 <謙信公> 越後の龍・上杉謙信。米沢上杉家の藩祖として崇められています。 上杉鷹山(うえすぎようざん) 名前はとても有名ですね。あと「なせば成る・・・」の名言も。簡潔に言えば、江戸時代の改革者。上杉家の養子となり、破産寸..
米沢藩上杉家跡 鷹山ゆかりの地@  [2017/12/18 23:18]
つわものどもが夢の跡 上杉家の劇的ドラマの舞台である米沢藩上杉家跡を訪ねました。 城跡じゃない? はい。 今回は上杉ファンが「ゆかりの地」を訪ねたというお話です。越後でも米沢でもなく東京都内。何かのついでにふと思い出して、立ち寄ってもらえたら嬉しいです。 ■現地訪問■ <記念碑> [東京都千代田区霞が関] 屋敷らしい痕跡はなく、このモニュメントだけ。場所は法務省の敷地内です。どこだろうと思って歩いていたら、植え込みの中から突然現れました。私はウロ..
≪前へ  次へ≫

検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]