タグ / 暗渠と城跡

記事
暗渠と城跡27 そこにあったもののなごり [2020/09/08 22:30]
今回は、城跡好きがなぜか暗渠に魅かれる理由(の一つ)をご紹介できればと思い、二つの画像を用意しました。 <護岸の跡> このコンクリの道はもともと水路でした。道の隅(左手)に残っているのは護岸の跡です。暗渠化工事の際に、構造上の理由から護岸はそのままにして水路が埋められため、こうして跡が残っています。 <見附跡> 川の側面に昔の石垣が残されています。かなり高い位置まで積まれていますね。これは江戸城の城門の跡です。痕跡からして『桝形門』という立派な構造だっ..
暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻) [2020/07/31 23:35]
<堀跡> 城下町ごと堀や土塁で囲む岩槻城の大構え。ここは岩槻城大構えの最南端の堀跡です。場所は富士浅間神社の西側の道です。 前回の投稿と同じ場所では? はい、同じです →『記事へすすむ』 前回はお仲間と訪問していたので、探索はここまででした。日を改めて独りで訪問し、もうちょっと奥まで歩いてみました。この日は他も回りたかったので、本当にちょっとだけですが <富士浅間神社>ふじせんげんじんじゃ 岩槻太田氏ゆかりの神社です。 この付近は岩..
暗渠と城跡25 岩槻城大構え最南端の堀跡 [2020/07/28 22:21]
つわものどもが夢の跡 街ごと堀と土塁で囲んだ岩槻城総構え。今回はその最南端の堀跡と高台の話です。 ■大構え■おおがまえ 城だけでなく、城下町も含めて外周を堀や土塁で囲んだ構造のことを総構え(そうがまえ)、あるいは総曲輪(そうぐるわ)といいます。小田原が有名ですが、ここ岩槻も同じ。岩槻では大構え(おおがまえ)と呼んでいますが、意味は同じです。現地での表示を見ると『え』は不要で『大構』で良いようです。 <岩槻城の縄張り> 岩槻城址公園で撮影しました。..
追記 元荒川の旧流路(暗渠と城跡22岩槻城の天然堀のなごり) [2020/07/24 22:44]
2ヶ月ほど前に、元荒川の旧流路に気づいて川跡を追った記事を投稿しました。 暗渠と城跡22 岩槻城の天然堀のなごり [投稿:2020年05月31日] →『記事へすすむ』 -------■概 要■------- 岩槻の龍門寺というお寺を訪問し、その近くで川跡の雰囲気を醸し出す空き地をみかけた。それは岩槻城にとっての天然堀・元荒川のむかしの流路だと分かった。 <川跡> <龍門寺> 龍門寺[さいたま市岩槻区日の出町] ざっとそんな内..
世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり [2020/07/21 21:55]
今回は橋跡というだけで川のなごりと城のなごりが漂う場所の話です。 まずは <城向橋>しろむかいばし 世田谷区豪徳寺の烏山川緑道です。緑道沿いには、暗渠化される前の川のなごりとして、複数の橋の名前が残っています。この橋跡もその一つです。 次に <城向橋>しろむかいばし こちらは世田谷区自由が丘の九品仏川緑道です。道と交差する地点に「城向橋」の標識があります。この道が川を渡るための橋が架けられていたのでしょうね。これも川のなごりです。 城向橋とは..
暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城 [2020/07/19 20:20]
都内にもあるつわものどもが夢の跡。今回の舞台は渋谷です。こんな若者の街に城跡が?と思われる方が大半かと思います。でも実際に存在していました。遠い昔、中世のことですが。 <渋谷城跡> 渋谷3丁目の金王八幡宮の一帯が渋谷城跡と推定されています。当ブログで二度目の投稿となりますが、今回はもうちょっと渋谷の地形を加味してご案内できればと思っています。 ■現地訪問■ 最寄り駅はJR渋谷駅。そもそもこの駅自体が『渋谷』という名が示す通り谷にあります。谷には川が流れ、複..

検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  2. 2. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  3. 3. 岡崎城のなごり
  4. 4. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  5. 5. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 浜松城のなごり 家康が17年間居城とした城
  8. 8. 鳥居元忠を祀る神社(壬生町)精忠神社
  9. 9. 久地円筒分水と溝口暗渠散歩(川崎市)
  10. 10. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  11. 11. 山上道及と唐沢山城
  12. 12. 高天神城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]