2019年11月24日

城用語 本陣

今回は『本陣』について。厳密には城用語とは言えませんが、古戦場などを訪ねると◯◯本陣跡なんていう石碑があったりしますよね。かと思えば、宿場の本陣などという言葉を耳にしたりもします。まぁあまりこだわらず聞き流す方も多いと思いますが、敢えて説明させて頂きます。

■総大将がいる場所■
戦場において総大将がいる場所。これが一般的な本陣です。
<菅沢山本陣>説明板のみ
shirononagori385a.jpg
こちらは直江兼続が長谷堂城攻めの時に本陣を置いた所とされる菅沢山にて撮影しました。

<菅沢山から見た長谷堂城>
sirononagori20sakenobe2028729.jpg
この時の兼続は約2万の大軍を率いる総大将。独立峰に築かれた長谷堂城を包囲し、自らは戦況を見守れる菅沢山の中腹に陣を敷きました。総大将の陣。つまり本陣です。


■大名などの宿泊場所■
江戸時代における宿場で、大名や公家といった身分の人たちが宿泊した旅宿も『本陣』と呼ばれます。まぁ旗本やある程度の身分の役人なども含みます。

宿といっても、一般人がお世話になる旅籠屋とは全く異なります。地元の名主の家をイメージした方がいいかもしれません(大筋の話として)。かつての宿場町を訪ねて、本陣跡などと標記されていたら、それなりの身分の人たちが宿泊、あるいは休息するための公認の家と思って間違いありません。

公認と敢えていわせてもらったのは、これは参勤交代が始まった時にしっかりと制度化されたものだからです。『本陣役』に指定される。これは名誉なことです。ただし、それなりの代金は受け取れるものの、現実的にはそれ以上の『おもてなし』が必要なため、ある程度の経済力が伴っていないと務まらない役割でした。

<蕨宿本陣跡>観光用
shirononagori385 (2).JPG
shirononagori385 (1).JPG
蕨宿は中山道の宿場として栄えました。説明板によれば『公家大名などが宿泊』とのこと。蕨宿では加兵衛家と五郎兵衛家の2家が代々『本陣役』の大役を勤めました。加兵衛本陣には、あの老中水野忠邦なども宿泊したそうです。

ということで
戦での本陣と宿場での本陣の説明でした。


お城巡りランキング


タグ:城用語
posted by Isuke at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

城用語 陣屋

今回は陣屋についてです。

<永田陣屋跡>
shirononagori289 (4).JPG
shirononagori289 (7).JPG
こちらはさいたま市西区土屋の陣屋跡。江戸後期創建の長屋門が立派です。徳川家康の家臣で、関東郡代をつとめた伊奈忠次が築いたことに始まります。伊奈陣屋、又は地名から土屋陣屋とも呼ばれています。

よく耳にするこの『陣屋』という言葉。当ブログでは『代官などの館あるいは役所、又は城を持てない大名や旗本の屋敷』といった表現で説明してきました。間違いではないのですが、ちょっと整理してみたいと思います。恒例のようにウィキペディアさんから情報を頂きます。

『一般的に3万石以下の城を持たない大名が陣屋を持った、また上級旗本も知行地に陣屋を構えた。さらに大藩の家老の所領地である知行所の政庁が置かれた屋敷も含まれる。飛地を所領に持つ大名が、現地の出張所として陣屋を設置することもあった。また、箱館奉行所や長崎奉行所なども陣屋として扱われることがある。さらには幕府直轄領地である支配所に置かれた代官所を含む場合もある。領主の領地の居地をあらわす用語は、城主の居城に対して、陣屋を居地とする場合は在所という。』
(出典:Wikipedia 2019/11/24)

とのこと。小大名というイメージでしたが、3万石くらいが目安のようですね。あとはだいたいイメージ通りですが、そう『飛び地』の出張所も陣屋でしたね。

<松山陣屋跡>
shirononagori318 (1).JPG
こちらは石碑しかありませんが、埼玉県東松山市にある『前橋藩』の陣屋跡です。埼玉で群馬の前橋?諸事情により、前橋藩には現在の埼玉県内に領地がありました。これにより、藩の出先機関を設ける必要がありました。これも『陣屋』ということですね。

ということで、やはり大筋では
『城を持たない小大名や上級旗本の屋敷』『それなりの役人の詰め所』といった理解で良いかと思います。ただ、これらは概ね江戸時代の呼び方なので、もうちょっと幅のある使い方がされていることや、戦においける陣所のような使われ方もしていることだけ追加しておきます。

以上
私と同じく、かなり漠然と受け入れてきた方と共有できれば嬉しいです。あと念のためですが、城好き素人のブログに過ぎませんので、その点はご理解下さい。


お城巡りランキング



posted by Isuke at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年04月30日

平成から令和へ 

本日は平成31年4月30日。平成最後の日です。新元号「令和」が 発表された日、私は仕事の関係で赤坂見附にいました。

<平成31年4月1日の赤坂見附付近>
Isuke2020H310401.jpg
桜が満開でした。手前は江戸城の外濠『弁慶濠』です。奥の石垣が赤坂見附。その向こう側はかつての『溜池』になります。予定より早く到着したため、しばしこの眺めに見惚れていました。

<つわものどもが夢の跡>
Isuke2020H310401c.JPG
江戸城三十六見附の一つ「赤坂見附」のなごりです。現在は石垣のみ。工事は黒田家が担当しました。黒田官兵衛の孫の代のお仕事です。

<和食>
Isuke2020H310401B.jpg
外出先での用事は昼前には終了。昼休みも兼ねて昼食をとっている最中に、携帯のニュースで新年号を知りました。

令和か・・・

なんとなく不思議な気分のまま、帰路に日枝神社へ立ち寄り

<日枝神社>
shirononagori323 (2).JPG
新しい時代に何を願うでもなく手を合わせ

<つわものどもが夢の跡>
shirononagori323 (7).JPG
土塁跡とされる場所を確認し

会社へ戻りました。

正直、この時は実感が湧きませんでした。しかし約ひと月が経過し、令和という響きにも慣れ、いよいよ今日で平成も終わるかと思うと、何やら感慨深いものがあります。

天皇退位に伴う改元。今回のことで、退位される今上天皇の在位は、歴代で10番目に長いということを知りました。どうしても比較してしまう昭和天皇は62年、これは歴代1位で特筆して長いということになります。2位は昭和天皇の45年6カ月で、こちらも群を抜いて長い在位だったことになります。また、生前の退位は珍しいことではなく、125代のうち58人とのこと。このような歴史と無関係ではないブログをやっているわりに「自分は何も知らないなぁ」と実感させられました。


<平成31年4月30日の散歩>
Isuke2020H310430B.JPG
平成最後の日、さいたま市は朝から雨でした。遠出はせず、旧浦和市民にとって憩いの場所である「別所沼公園」を散歩。

本日で終わる平成がどんな時代だったのか。いろんな評論があろうかと思いますが、それは各々が各々の立場で受け入れ、決めて良いことかと思います。明日から始まる令和という時代への期待についても、同じことが言えると思います。ただどうであれ、「昔は良かった」と感じる人より、「昔よりいい」あるいは「昔よりマシ」と感じる人の方が多くなることを願っています。当然ながら私本人も、「昔よりいい」と思えるようになりますように。

<弁天島>
Isuke2020H310430.jpg
祀られている弁財天に手を合わせて、公園をあとにしました。

ということで
拙ブログはまだまだ続けていくつもりですので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


お城巡りランキング

posted by Isuke at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年03月03日

城用語 曲輪・郭(くるわ)

お城関係の話でよく耳にする「くるわ」という言葉。漢字だと曲輪、またはと書きます。堀や土塁と並んで最も基本的な城用語の一つですが、今回あえて説明させて頂きます。

■曲輪■ くるわ
まず簡単に言ってしまうと「平らに造成された区画」と思って下さい。
<曲輪>
shirononagori Zen (19).JPG
[膳城跡]ぜんじょう
こちらは膳城の曲輪。なにこれ?と感じられると思いますので、こくの平らな区画の隅の方を見てみましょう。

<曲輪の隅>
shirononagori Zen (15).JPG
右手が曲輪の上。曲輪の外側は堀になっています。平らに造成した場所は、建物を設置したり兵が詰めたりする区画。いわば自分の家の中。ここへの侵入を防ぐために堀が設けられているわけですね。

<堀>
shirononagori Zen (17).JPG
曲輪への侵入を拒む堀

<曲輪の入口>
shirononagori Zen (14).JPG
曲輪を外側から撮影。周辺より高くなっていますね。もともとの地形を巧みに利用し、ここぞという場所を平らに造成し、曲輪とします。ちなみに、曲輪への入り口のことを、城用語では虎口(こぐち)といいます。

<堀の底の案内板>
shirononagori Zen (18).JPG
先程の曲輪は、実はここ膳城にとっては一番大切な曲輪。よく知られる言葉で表現すると本丸ということになります。主郭(しゅかく)ともいいますね。この一番大事な曲輪の周りには、これを補う曲輪がたくさん設けられるのが普通です。勿論、防衛上の理由を意識して。それらの曲輪はその重要度から、二の丸・三の丸というふうに呼ばれます。つまり「丸」は曲輪のことです。上の堀は、二の丸と本丸を隔てるための堀ということになります。


ちょっと別な城も見てみますかね

<山城>
shirononagori311ad.JPG
[茅ヶ崎城跡]ちがさきじょう
山に築かれた城。自然の山の中に、真っ平な場所なんてありえませんよね

<曲輪>
shirononagori313 (9).JPG
でも平らな場所があります。人が城として造成した区画です。

<土塁で補強>
shirononagori313 (16).JPG
膳城を例に曲輪の内側と外側を堀で隔てる例をご紹介しましたが、こちらは曲輪の周囲を土塁で囲んでいる画像です。堀を設ける時に出た土を、曲輪に盛るケースが多いですね。堀の深さと土塁の高さが、すなわち高低差ということになります。攻める側はこれを克服しながら戦わなくてはなりません。

■曲輪の配置■
もともとの地形や外部環境を意識して、この曲輪をどのように配置するのか。そして堀や土塁でどう補うのか。これは築城者の腕の見せ所です。軍事的な意志をもって、なるべく守る側が有利になるようにそれらの配置を決め「城の形」を決める。この設計のことを「縄張り」と呼びます。
※曲輪が軍事的な意味とは無関係の配置となるケースもありますが、今回は省略します。


ということで「くるわ」のご紹介でした。ただ平らな区画にも築城者の思惑がある。それを共有できれば幸いです。

最後に、蒲原城跡で撮影した絵図を貼っておきます。独立峰に築かれた典型的な山城です。山頂の本丸を中心に、外側へ向かって、高低差を意識した城の仕掛けが散りばめられています。平らな区画は全て、今回のテーマ『曲輪』です。

<蒲原城址鳥観図>
shirononagori317B.jpg

拙い説明にお付き合い頂き、ありがとうございました。


お城巡りランキング


■お勧め本(入門者向き)■
当ブログ内でも『枡形』とか『野面積み』『狭間』といった城用語をときどき説明させて頂いてますが、この本ではもっとわかりやすく、そしてなにより「実感」がわくような説明がなされています。科学というとひいてしまう方?いますでしょうか。いえいえ、本当に分りやすい。私自身も愛読者のひとりです。


タグ:城用語
posted by Isuke at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年02月08日

市ヶ谷駅 江戸歴史散歩コーナー

今回は駅の構内で見られる石垣のお話。場所は東京メトロ南北線市ヶ谷駅です。

■石垣■
shirononagori310 (3).JPG
迫力ある石垣が出迎えてくれます。ここは博物館ではなく、あくまで駅の中です。

地下通路だけに「都市開発で地下に取り残された江戸城の石垣か?」と勘違いしてしまいそうですが、あくまで復元です。ただし見事な復元。石垣は実際に江戸城で使われていた石材です。南北線建設に伴う発掘調査で発見されたとのこと。パネルによる丁寧な説明と合わせて、ちょっとしたお城の学習コーナーになっています。

<石垣>
shirononagori310 (4).JPG
実物!表面の穴は石を割る時のためのもの。矢穴といって、クサビを打込むためです。これと関連して、石垣を割る技法が紹介されています。具体的には「打ち込みハギ」という技法。石の角や面をたたいて平たくし、石垣の隙間を減らす方法です。自然の石をそのまま積むのが、よく耳にする野面積み(のづらづみ)ですね。技術的には「打ち込みハギ」の方が高く、これによるメリットは、野面積みより高くて急勾配の石垣が造れることですかね。

■治水について■
石垣だけではなく、治水についても興味深い説明がなされています。
<展示パネル>
shirononagori310 (7).JPG
shirononagori310 (8).JPG
shirononagori310 (9).JPG
江戸が町として機能するのに重要な役割を担った玉川上水。多摩川の水を羽村から取水し、約43qもの道のりを100m以下の高低差しかない傾斜で繋いだ水路です。この説明だと、その水を更に繋ぐため、四谷の外堀には土橋に沿って樋が掛けられていたようですね。石樋や木樋による配水管をあちらこちらに整備することで、江戸の町は潤っていたわけですね。

博物館のような丁寧さ。
図解なので、私のような素人にも実感がわきます。


■江戸の町■
<絵地図>
shirononagori310 (5).JPG
床の絵地図も参考になります。

shirononagori310 (6).JPG
あの大物があんなところに・・・
敷地の広さの比較に加えて、どこに屋敷を構えていたかが興味深いですね。

<屏風絵>
shirononagori310 (1).JPG
暮らしの雰囲気が伝わってきます。


ということで
ちょっとラフですが、だいだいこんな感じです。

さてさて
私はこの石垣を見るためだけに改札を通りました。とりあえずホームに向かい、ここからどこへ行こうか考え込むことに。まぁ私のようにわざわざ訪問とまでは言いませんので、南北線を利用することがあったら、是非思い出して欲しいですね。

<市ヶ谷の外堀跡>
shirononagori310 (2).JPG

■訪問
江戸歴史散歩コーナー
南北線:市ヶ谷駅(改札の中です)
[千代田区・新宿区]


お城巡りランキング

posted by Isuke at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年01月01日

城用語 空堀(からぼり)

今回は最も基本的な城用語のご紹介です。

<空堀の説明板>
shirononagori294 (14).JPG

先日小机城跡を訪問した際に、城用語が丁寧に説明されていることに感心しました。当ブログにも「お城初心者」の方が来てくれることを期待して投稿させて頂きます。

■水の無い堀■
お城の堀というと、まず水のある堀を想像するのが一般的ですね。そもそも城と聞いてまず頭に浮かぶのが、江戸期に造られた近代城郭である場合が多いので、これは自然なことかもしれませんね。ただ、水の無い堀は特別なものではなく、むしろ普通なのです。

■空堀が基本■
土を掘って造るから堀。字の如くです。これが基本なので、土を掘っただけの溝、つまり「空堀」が堀のもともとの意味です。のちに水を引き入れた水堀も登場しますが、中世の城の多くは山城で、水を引き込んだり溜めておくことが困難。よって堀は水のない空堀が中心でした。空堀は古い城の堀?というわけでもなく、江戸時代の城郭でも使用されています。

<空堀>
shirononagori294 (13).JPG
[小机城]

<空堀の底>
shirononagori294 (21).JPG
[小机城]

■堀切ってなに■
丘陵地帯や山に築かれる城で見かけるのが「堀切」です。これも大きな意味では空堀とお考え下さい。

山で比較的移動しやすいのは?山の尾根ですね。これを削るのが代表的な堀切です。まるでナタで切ったかのように、鋭角に土を削り取ります。堀切を設ける場所は、曲輪の手前とか、曲輪と曲輪の間が多いですが、必要とあらば山のどこでも削るので、決まった形はありません。

<堀切>
shirononsgori249D (6).JPG
[山上城]
この例は曲輪と曲輪を分断するための堀切です。城が現役の時には、もっとシャープな角度だったと思われます。


■空堀の効果は?■
<大空堀>
shirononagori278 (19).JPG
[興国寺城]
この例は巨大な空堀(大空堀)です。実際、凄い迫力でした。

ただこういうのはレアケース。なんでもかんでも「敵の侵入を防ぐ」と思わないで、敵の進攻を遅らせるとか、体力を奪うとか嫌な思いをさせるとか、広い意味で空堀を見てやって下さい。要するに、守る側が有利になるなら、効果の大小に関わらず意味があるのです。そこに込められた思いを感じると、どれも感心させられます。


■水堀■
山城の麓や平城については、中世末期から江戸時代にかけて水堀が用いられるようになります。城の防衛施設であると同時に、水運にも利用するケースもありますね。

<水掘>
sn284ad.JPG
[新庄城]
お城の堀として普通に連想される姿ですね。


■最後に漢字の話■
。どちらもホリ又はゴウと読みますね。ただもうお気づきの通り、土を掘るという意味なら壕、水をはる場合は濠になります。壕の字は空堀に限らず、防空壕とか「土を掘る」ことに幅広く使用されてますね。

<道灌濠>
sn225hanzomon (10).JPG
[江戸城:半蔵門付近]


以上、堀の基本は空堀というお話でした。見てくれた人の参考になれば幸いです。

shirononagori294 (33).JPG
[小机城]
タグ:城用語
posted by Isuke at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年09月11日

ほぼ無計画の旅路 福島のローカル線にて

時間も予算も限られる会社員です。旅の前には、ある程度スケジュールや目的を決めておきます。ただ、いつもいつもという訳にはいきません。仕事に忙殺されて「なんとか休暇だけは確保した」なんて経験、皆さんも多いのではないでしょうか。

<8月下旬の福島>
shirononagori264 (1).JPG
車窓に広がるのどかな景色。この日は相当暑かったので、冷房の効いた車内は極楽に感じました。

とりあえず東北新幹線に乗り、米沢ほかいくつかの町を訪ねたあと頭に浮かんだのが、伊達氏のルーツでした。

仙台を拠点に王国を築く伊達政宗は米沢の生まれ。しかしそれ以前の当主の多くは、現在でいう福島県出身です。その居城を訪ねるのも良いなぁ、桑折西山城(桑折町)・梁川城(伊達市)・・・

行きさきに迷い、福島駅の構内でネット検索を開始

<駅構内>
shirononagori264 (2).JPG
リラックスできるゆったりとした構内。大きなわらじが展示されていました。

さんざん悩んだ結果、電車で行きやすい梁川城としました。JRの改札を出て、阿武隈急行の改札を目指しました。

<阿武隈急行>あぶくまきゅうこう
shirononagori264 (3).JPG
福島と宮城を結ぶローカル線です。開業30周年のようですね。

<車両>
shirononagori264 (4).JPG
目指すは福島県伊達市梁川町

<貸し切り>
shirononagori264 (6).JPG
出発時は他のお客さんもいましたが、途中からは私だけ。ワンマン運転で乗客一人ですから、計2人ですね。こうなると分かっていたら、ここで駅弁を食べたのですが・・・

伊達氏はずっとずっと先祖まで遡れば関東武士。常陸国の伊佐氏が、源頼朝の奥州征伐に従って功績をあげたことで伊達郡を拝領しました。移り住んで地名を名乗った時から、伊達氏の歴史が始まります。

<伊佐城跡>いさ
shirononagori264 isajo.JPG
真冬に訪問した茨城県筑西市の伊佐城跡です。仙台伊達藩が「先祖の遺跡」として調査したこともあります。伊達氏はここから始まり、北へ移って根をはったわけですね。

<ローカル線の旅>
shirononagori264 (5).JPG
そんなことに思いを馳せると、会津盆地の景色も、なにやら感慨深いものになります。伊達氏が根をはったエリアのローカル線に乗り、拠点とした城を目指している。まだ目標を達成していないのに、この時点で既に満足していました。


ほぼ無計画の旅
それゆえに、なんの縛りもない。誰かとの待ち合わせも、ホテルの予約も、帰りのキップもない。初めて目にするものを、気が済むまで眺め、納得すれば終わる。見方によっては「非効率」な城巡りとなりましたが、これで良かったような気がしています。

ということで
いつも何かに追われている人が、たまたまこの拙ブログを読んでくれて、とりあえず旅立ってみようなどと思ってくれたら幸いです。どこへ行ったかより、どんな思いがしたか。そういう旅こそ、心の糧になるのではないでしょうか。

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

<梁川城跡>
shirononagori265 (1).JPG
posted by Isuke at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年09月02日

旅のとも 米沢名物 牛肉どまん中

東北旅行の楽しみの一つに駅弁があります。特にランチ。移動しながら食事がとれるので、時間の節約にもなります。

牛肉どまん中

<新幹線の車内にて>
shirononagori262 (8).JPG
価格:1,250円(税込)私の定番です。

最近はバラエティが増えましたが、基本である醤油味を買い求めています。

上杉ファンなので、東北を旅する時には必ずといってよいほど米沢に立ち寄ります。上杉家ゆかりの地。何度行っても飽きません。

<上杉神社にて>
shirononagori262ken.JPG
ゆっくりと何泊もするような贅沢旅行なら良いのですが、休みも予算も限られる会社員の一人旅です。現地での時間は貴重。それでいて、現地らしい気分も味わいたい。牛肉どまん中は、そんな私に救いの手を差し伸べてくれる有難い駅弁なのです。


<米沢駅>
shirononagori262 (4).JPG
そもそも、簡単に米沢へ来れるようになったのは新幹線のおかげ。そして「牛肉どまん中」は、この山形新幹線開業と共に誕生した弁当なのです。米沢へ来るたびにお弁当を買い求める私は、すっかり製造者の販売戦略にはまっているわけですね。

<米沢駅ホーム>
shirononagori262 (5).JPG
駅では米沢牛がお出迎え

米沢で牛肉

本場という感じがしますよね

shirononagori262 (6).JPG

ただ・・・
実はこのお弁当に「米沢牛」は使われていないそうです。「米沢名物 牛肉どまん中」と聞くと錯覚しますが、米沢牛使用とはどこにも書いてません。

じゃダメなのか?
いいえ。OKです
美味しいから

神戸で焼き肉を食べて、ぜんぶ神戸牛だなんて思いませんよね。それと同じですね。絶妙のタレと適度に保たれた肉の脂の融合、そして美味しいお米。もうそれで満足です。

<パッケージ上部>
shirononagori262 (10).JPG
ところで、パッケージ上部のシルバーの部分。ここだけ妙に凝ってるというか、全体のほんわり感とちょっと雰囲気が違いますね。描かれた謎の人物。この男性は誰?

<米沢牛の恩人>
shirononagori262 (1).JPG
ここは松岬神社の東側の公園。上杉鷹山像の裏手です。むかしは無かったような気がしますが、米沢牛を世に広めたとされるチャールズ・へンリー・ダラスの顕彰碑が建てられています。そう、あのパッケージに描かれている人物はこの方なのです。
また厳密なことを言うと、「牛肉どまん中」に米沢牛は使われていませんよね。ですから、ダラス氏は「米沢牛」を広めた方というより、米沢に肉食文化を広めた方という受けとめ方が良いかと思います。

ダラス氏は英国人。明治初期に東京開成学校(東大の前身)の教授として来日し、後に米沢の旧藩校興譲館洋学舎へ教師として招かれました。

<過去のパッケージ>
shirononagori262 (2).JPG
一時期こんなパッケージだったこともあります。これは記念に持ち帰りました。「花の慶次」好きですので。

<米沢駅ホームの売店>
shirononagori262 (3).JPG
ということで、大好きな駅弁のご紹介でした。旅のともに如何でしょうか?

ちなみに、ネーミングの「どまんなか」は米の品種です。山形県のオリジナル品種「どまんなか」がこのお弁当には使われている。そういう意味ですね。


shirononagori262 (7).JPG
はい。また来ますよ!





タグ:山形への旅
posted by Isuke at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  2. 2. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  3. 3. 群馬県庁の土塁 前橋城のなごり
  4. 4. 豊島一族の城跡(練馬城)
  5. 5. 笠間城のなごり
  6. 6. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  7. 7. 外濠さんぽ 四谷見附から赤坂見附
  8. 8. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  9. 9. 山上道及と唐沢山城
  10. 10. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  11. 11. 東北屈指の名城 会津の若松城
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]