2017年05月14日

小田原北条氏の北の拠点 鉢形城

鉢形城 はちがたじょう
荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上に築かれた城。戦国時代の代表的な城の一つと言って過言ではないと思います。現在残る城跡には、最後の支配者だった小田原北条氏の影響が漂います。

つわものどもが夢の跡
hachigata (36).JPG
良く整備してもらっているので、大変見やすい城跡です。ありがたいです。

城の歴史北条氏邦の居城
鉢形城の起源ですが、1476年に関東管領・山内上杉氏の配下の長尾景春が築城したと伝えられています。
やがて北条氏邦(北条氏康の四男・氏政の弟)が整備拡充し、ほぼ現在の構図となりました。

<広い敷地>
hachigata (29).JPG
行ってみると結構広いですよ。関東地方では有数の規模だと思われます。

<遺構が沢山>
hachigata (6).JPG

<城内に渓谷>
hachigata (25).JPG
荒川沿いの断崖の城ですが、更に城内には別の川が長年かけて刻んだ渓谷があります。撮影は二の丸と外曲輪の間付近になります(現在この外曲輪に駐車場や歴史館が設けられています)。

<深沢川>
hachigata (39).JPG
渓谷に降りてみました。清流散歩にでも来たような気がしましたが、ここはあくまで鉢形城の中です。蛇行しながら城内を流れ、荒川と合流します。

<三の丸の奥>
hachigata (54).JPG
復元された四脚門を三の丸側から撮影。門の中は別の区画となっており、土塀と柵で囲まれた庭園跡となっています。北条らしいですね。
(城内については次の記事でもう少し詳しく・・・)

北の拠点埼玉県北部(寄居町)
北条氏にとって鉢形城は北の拠点でした。小田原を本拠としていますので、関東での勢力争いのためには、上州(群馬県)の一歩手前のこの地は重要な意味がありました。北関東支配、そして甲斐・信濃方面からの侵攻を防ぐ砦として、大変重要な役割を担います。

まぁ大きな会社に例えると、小田原城が本社、この鉢形城は小さな支店ではなく、支社くらいですかね。当然それなり方が城の責任者となります。北条氏邦はまぁ大会社の支社長といった感じでしょうか。その期待に応えて、氏邦は転戦しは武功を挙げ、北条氏の領土拡大に貢献しました。神流川の戦い(北条軍vs滝川一益)においても、この城を拠点として戦い、滝川軍を敗走させています。

小田原征伐北国軍到着
1590年、その時が来ました。豊臣秀吉による小田原征伐です。天下軍は分散して関東に点在する小田原北条氏の支城を次々と攻略。ここ鉢形城へは前田利家上杉景勝他の北国軍が襲い掛ります。

1ヶ月籠城して抵抗しますが、勝てる見込みは最初からありませんでした。

つわものどもが夢の跡
hachigata (34).JPG
秀吉の軍勢に対し、北条氏邦本人は城を出ての総力戦を主張したようです。しかし本拠である小田原城の策は籠城。鉢形城も籠城策となりました。氏邦は三千の兵でこの城を守りますが、天下軍から大砲まで撃ち込まれ苦戦。
最後は己の命と引き換えに、城兵の助命を条件に降伏します。
その身は前田利家に預けられることになりました。

※鉢形城はこれで実質廃城となりますが、後に徳川氏下の代官が送り込まれるなど、統治の拠点としてしばらく機能したようです。

[埼玉県大里郡寄居町大字鉢形]



お城巡りランキング


歴史本ランキング(Amazon)
posted by Isuke at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6264462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 永田陣屋 伊奈忠次が築いた陣屋跡
  3. 3. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  4. 4. 上州のおんな城主・妙印尼輝子(新田金山城)
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 難航不落 金山城のなごり
  7. 7. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  8. 8. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]