2021年12月25日

赤山街道 八丁堤のなごり(追記)八丁橋たもとの説明板

赤山街道の八丁堤付近を通過する時に見かけた説明板の内容を追記させて頂きます。

<芝川と八丁橋>
Road-to-Akayama7-Bridge-.jpg
Hacchyo-Bridge.jpg
伊奈忠治が築いた八丁堤が破られ、見沼田んぼの開発が始まったことを象徴する場所です。この橋のたもとに、八丁堤を詳しく紹介した説明板が設置されていました。

<説明板>
Hacchyotsutsumi-Explanation-board.jpg
さいたま市による説明です。以下(『』内)に転記させて頂きます。

八丁堤
『八丁堤は、関東郡代の伊奈半十郎忠治が築いた人工の堤ある。この堤は、長さが八町(約八七〇メートル)ほどあるのでその名がつけられた。
 徳川家康の関東入国後、伊奈氏は累代治水事業に力を尽し、利根川や荒川の流路を替えたり灌漑用水池をつくるなど関東地方の治川事業を次々に完成させた。見沼溜井もその一つである。
 寛永六年 (一六二九)、伊奈忠治は、両岸の台地が最も接する旧浦和市大間木の附島と川口市木曽呂の間に八工堤を築き灌漑用水池をつくった。その面積は一二〇〇ヘクタールに
及ぶ広大な溜井であった。この溜井は、下流地域二三二か村の灌漑用水として使われたが、大雨が続くと犯らんしたり旱ばつのときは、水が足りなくなったりするなどいろいろ不都合が出て、享保十二年(一七二七)、八代将軍吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛為永によって干拓されるに至った。
 また、この八丁堤は、寛永六年に伊奈忠治が陣屋を構えた赤山に通ずる「赤山街道」の一部でもある』


新田開発や治水事業で名を馳せた伊奈氏のことや、八丁堤に関することが記載されています。そして、堤がそのまま伊奈氏の拠点である赤山陣屋に通ずる「赤山街道」の一部であったことも。台地と台地の間の低地を横切るための道、そして水を堰き止める堤。伊奈忠治が築いた八丁堤は、その両方を兼ねていた訳ですね。


■訪問:八丁橋(説明板)
[さいたま市緑区大間木]1885

■参考及び出典
現地説明板(さいたま市)


タグ:赤山街道
posted by Isuke at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道・古道
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11195094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 梶原景時子孫の城跡(犬山市)羽黒城のなごり
  3. 3. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 犬山城のなごり
  6. 6. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  7. 7. 木ノ下城のなごり(犬山市)織田一族ゆかりの城
  8. 8. 北条五代の夢の跡 (小田原城)
  9. 9. 北条氏康初陣の軌跡(川崎市)小沢原の戦い
  10. 10. 伊奈一族と玉川上水
  11. 11. 岡崎城のなごり
  12. 12. 忠臣蔵名シーンの舞台となった坂道(南部坂 雪の別れ)
  13. 13. 義経の正室として生きた豪族の娘 郷御前 (河越重頼・源義経・郷御前供養塔)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]